自己分析で強みが見つからない理由は3つ!誰でも強みを見つけられるコツを解説

エントリーシート(ES)や面接対策をする中で、「自分は平凡だから」「強みや長所なんてない」と悩む就活生は多いものです。しかしそういった学生は強みがないのではなく、自己分析が足りなくて強みに気づけていないだけである可能性があります。人には自分では気づいていないだけで長所が沢山あります。

この記事では、自己分析で強みを見つけるコツについてご紹介していきます。自信を持ってアピールできる強みを、ここで見つけていきましょう。

自己分析で把握しておくべき大切な要素

取り掛かる前に、自己分析で把握しておくべき要素を確認しておきましょう。自己分析をし直す時は、以下の要素を押さえるように意識してみましょう。

【自己分析で大切な要素】①強みと弱み

強みは「自分が企業にとって貢献できる人材だ」と売り出す上でもっとも大切な情報となります。自己分析で過去や経験を見つめ直すことで、仕事で武器となる強みを見つけておきましょう。

また、強みとあわせて「弱み」についても分析できるとなお良いです。「細かい作業が苦手」「初対面の人と話すのは苦手」など、弱みは仕事選びで失敗しないために役立つ情報になってくれます。

【自己分析で大切な要素】②価値観

価値観と聞くと難しく感じてしまいますが、簡単に言うと「人生で大切にしていること」があなたの価値観です。「安定した企業で着実にステップアップしたい」「安定よりもどんどんチャレンジをしていきたい」など、価値観によって選ぶ仕事は大きく異なります。

価値観に合わない仕事を選んでしまうとミスマッチが起こり、早期退職につながってしまうこともあります。自己分析の際はアピールポイントだけではなく、仕事選びの軸となる価値観についてもしっかりと分析してくださいね。

【自己分析で大切な要素】③興味や関心

「やりたい仕事は何か」と言われて、すぐに思い浮かぶ学生は少ないかもしれません。つい昨日まで学生として生活していたのに、急に社会人生活のことについて聞かれてもイメージできないのは当然のことです。

やりたい仕事や理想の仕事像を探す時は、いきなり職業に目を向けるのではなく、自己分析で自分の興味や関心を知ることが大切です。過去の経験から熱中できたことや興味を惹かれたことについて知ると、企業選びの大きなヒントとなってくれるでしょう。

自己分析で強みが見つからない原因とは?

学生の中には、自己分析を重ねても自分の強みが分からないという方も多いです。しかし、どんな学生にも必ず強みはあります。ここでは、自己分析で強みが見つからない学生が陥りがちな原因について解説します。

【自己分析で強みが見つからない原因】①強みに気がついていない

他の人から見たら強みであることでも、自分にとっては当たり前すぎて強みとして認識できていないことがあります。過去の体験を客観的な視点で見直してみると、意外と簡単に強みが見つかるかもしれません。

自分で考えても分からない場合は、友人や家族に自分の強みや性格に聞いてみてもいいでしょう。適性検査など、自己分析を手助けしてくれる診断ツールを活用するのもおすすめです。キミスカの適性検査は、15分~20分であなたの性格傾向、意欲傾向、職務適正などが分かります。こちらの記事から診断できる内容や受け方が載っているので、確認してみましょう!

「適性検査」の受け方・結果の見方!自己分析ツールの使い方を解説

【自己分析で強みが見つからない原因】②強みとして認める自信がない

強みになりそうな成功体験を思い出しても、「たまたまかもしれない」「運が良かっただけだ」と、成功の秘訣を強みとして認める自信がない学生も多い傾向にあります。

自分の成功や強みを認めなければ、「自分が活躍できるチャンス」を逃してしまうかもしれません。成功のために積み重ねた努力や工夫をもう一度思い返し、自分の強みだとしっかりと認めてあげてくださいね。

【自己分析で強みが見つからない原因】③「強み=特別な能力」だと思っている

強みのことを「特別な能力」や「ずば抜けた才能」だと思っている学生も多いかもしれません。しかし、企業は特別な能力を持った学生を求めているわけではありません。「その人がもっとも輝ける仕事や職種が自社にあるかどうか」を判断するために、強みを聞いているのです。

強みを探す時は「他者と比べて」ではなく、自分が一番力を発揮できることを見つけることが大切です。

自己分析で強みを見つけるためのコツ

それでは、ここからは具体的に自己分析であなたの強みを見つけるコツについて見ていきましょう。このコツに従って自己分析を進めれば、必ずあなたらしい強みが見つかりますよ。

【自己分析で強みを見つけるコツ】①自分史で今までの体験を思い出す

自分史とは、自分の過去や現在の経験をまとめたもののことを指します。過去の体験や考え方をノートに書き出すことで、自分のことを深く理解できるようになります。自分史を作る際は成功体験だけではなく、頑張った経験や大変だった経験も思い出しましょう。とくに以下の要素を描き出せれば、強みを見つけるヒントになります。

    • 目標に向けて戦略を立てて行動した経験
    • うまく行かなかった時、どう行動する傾向にあるか
    • トラブルやアクシデント乗り越えた経験

    「アルバイトの繁忙期を乗り越えるために心がけたこと」や「趣味の旅行をするうえで気をつけていること」など、自分史で思い出すのは特別な体験でなくても構いません。そこから、「粘り強さ」や「計画性」などの強みが見つかることもあります。自分史の作り方や使い方について知りたい方は、こちら記事もご覧ください。

    【自己分析】自分史とは?作り方や注意点を簡単解説!

    【自己分析で強みを見つけるコツ】②弱みを強みに言い換える

    自己分析をする中で、自分の弱みについて気づくことがあるかもしれません。今は弱みとして捉えているあなたの性格は、他の側面から見ると強みとして言い換えられる可能性があります。強みを探す時は、同じくらい弱みにも意識を向けてみてくださいね。

    たとえば、弱みは以下の言葉に言い換えることができます。

    ・心配性→責任感が強く、確実な仕事ができる
    ・マイペース→自分の軸を持って行動できる
    ・集団行動が苦手→主体性がある
    ・人見知り→時間をかけて深い人間関係を築くことが得意
    ・負けず嫌い→向上心が高い
    ・繊細→細かいことにも気づける

    自分の弱みが逆に役立ったことはないか、もう一度よく経験を振り返ってみましょう。

    【自己分析で強みを見つけるコツ】③企業研究をする

    志望する企業や興味のある業界が決まっている場合、自己分析よりも先に企業研究をしてみるのもひとつの手です。まずは業務内容や企業が求める人物像をある程度分析し、次にその人物像に合った強みが発揮された経験がないかを思い返してみるのです。

    強みを探そうと意識すると見つけにくくなりますが、企業との共通点という視点なら強みが見つかりやすくなるかもしれません。

    企業研究のやり方についておさらいしたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

    知らないと損する企業研究のやり方

    自己分析で強みを探す時の注意点

    最後に、自己分析で強みを探す時の注意点について解説していきます。エントリーシートや面接で好印象を残すために意識したいことばかりなので、しっかりと押さえておきましょう。

    【自己分析で強みを探す注意点】①「自己分析」と「他己分析」を分けて考える

    一口に強みと言っても、実は2種類に分類することができます。ひとつは「協調性」や「優しさ」、「コミュニケーション能力」など、自分の経験などから導き出される強みです。この場合は大きな実績は必要ありませんが、面接やエントリーシートでは強みを裏付けるような具体的なエピソードを説明する必要があります。

    ふたつめは、「TOEIC850点」や「ゼミ研究での評価」など、外部評価によって導き出される強みです。この場合は実績を軸としてアピールしていくことになりますが、企業は実績そのものに関しては大して興味はありません。その実績を得るためにした努力や工夫について知りたいと考えているので、面接ではその点に関する質問をされるでしょう。内定を勝ち取るためには、あなたの考え方や課題への向き合い方をしっかりとアピールする必要があります。

    このように2つの視点から見たの強みをしっかりと区別し、それぞれに合ったアピール方法を理解しておきましょう。

    【自己分析で強みを探す注意点】②ありきたりなこと言葉にしない

    行動力やコミュニケーション能力など、強みのアピールで他の学生も使いそうな言葉には注意が必要です。たとえば自己PRで「私には行動力があります」と言ってしまうと、ありきたりすぎて周りに埋もれてしまいます。差別化が図れるように、他の言葉に言い換えることが大切なのです。

    あなたの強みがよりどんなものかえぴからキャッチコピーになりそうなワードと組み合わせます。「行動力=チームの最善を提案し続ける」「コミュニケーション能力=誰とでも3分で仲良くなれる」など、一言で強みの具体性が表せると、人事の印象に残りやすい表現ができるようになります。

    【自己分析で強みを探す注意点】③企業と関連性があるかどうかを意識する

    自己分析をする際は、企業や業務と関連性がある強みがあるかどうかに着目しましょう。どんなにあなたが魅力的な人物でも、就活の場では「企業に貢献できること」をアピールできないと、ただの自慢話になってしまいます。

    自分の強みが仕事でどう活きるのか、どんなメリットをもたらすことができるのかを説明できなければ、企業に自分を売り込むことはできません。自己PRなどで使う強みは、必ず業務と関連性のあるものを選びましょう。

    さまざまな角度から自己分析をして強みを見つけよう!

    「どんなに自己分析をしても強みが見つからない」という学生は、もしかしたら強みに関する認識や探し方を変えると強みが見つけられるかもしれません。あなたにとって当たり前なことも、他者からしたら立派な強みです。周囲の手も借りながら、もう一度自己分析をしなおしてみてくださいね。

    自己分析方法をもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしましょう。

    就活に使える自己分析方法まとめ【最新版やり方3選】