お役立ちコラム

たったこれだけ!知らないと損する自己分析のコツ

myself

こんにちは!
キミスカ運営事務局です(^^)
落選通知を受けて、「こんな質問がまさかくるとは思わなかった…」「もっと自己分析をしておけばよかった」と思った経験ありませんか?

面接を成功させるためには、
自分の強みや弱み、どんなことに興味があるのか等をどれだけ正確に把握できるかが就活成功の鍵と言っても過言ではありません。
では、「自分のことを正確に把握する」には何をしたら良いのでしょうか?

そう、自己分析です。
そこで今回のコラムは≪自己分析のコツ≫について書きたいと思います。
私も、いざ就活!と気持ちを切り替えてから、一番初めに取り組んだのが自己分析でした!少しでもお役に立てればと思います(^^)


1.自己分析って?
2.自己分析の例
3.自己分析を一通り終えて


自己分析って?

「就活」と言われると、自己分析という言葉をよく耳にすると思います。
実際にいざやろう!と思っても何をどうしたらいいのかわからず、なんてこともありますよね。
そもそも自己分析とは、

≪自分を知って理解して考えを深めること≫

≪自分が大切にしていることや価値観を理解すること≫

このために自己分析をして、分かったことを面接やESで活用していきます。

2.自己分析の例

さて、ここで一例として私の自己分析で使ったノートを見てみたいと思います。 %e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e8%87%aa%e5%b7%b1%e5%88%86%e6%9e%90%e4%be%8b このやり方は一例としてですが、
  1. 自分が頑張ったこと
  2. なぜ頑張れたのか
  3. そこから分かる自分の像を書き出す
といったやり方でまずは自己分析を始めました。 私は、アルバイトをしていた時に、最初は正直あまりやる気を出せない時期もありましたが、 店長が変わるという環境の変化によって、やる気が湧いてきました。
そして、やる気が出たきっかけも、やる気が出なかった理由も、すべて「周りの人」によって左右されていたということがわかりました。 これは長所にも短所にもなり得ますが、この時点では、素直に自分がそのような人間なんだということがわかることが大切だと思います。
大まかに頑張ったこと・自分がこんな人なのかを書き出した後に、「自分がどういうときに幸せを感じるか」というトピックをノートに書きだします。
%e8%87%aa%e5%b7%b1%e5%88%86%e6%9e%90%e4%be%8b%ef%bc%92
このときに大切なのは、
【自分の行動の源となっているのは何かを見出すこと】です。
これが「自分がやりたいことって何だろう?」という就活の大きなテーマに繋がる大事な要素なのです。
みなさんは、面倒くさい、やりたくない仕事はやりたいと思う人はいないとおもいます。
自分にとって1番合う業界・職種・仕事内容は何かを探していく時に、
「何をしている時が1番楽しいか」
「何をしている時が1番幸せか」
反対に、
「何をしている時が1番つまらないか」
「何をしている時が、1番不幸と感じるか」
を自分が頑張った経験ごとに出してみると、自分が何を求めているかがでてくるかもしれませんね。

3.自己分析を一通り終えてから

さて、ここまで自己分析の簡単なやり方を書いてきましたが、 実は、自己分析を一通りやり終えてからが最も大切なのです!
大切なのは、自己分析を一通りやり終えて自分の像が見えてきたとしても、何回も自己分析をやり続けることです。
理由は、 自己分析はその時の環境だったり気持ちだったりに左右されるからです。
何回も自己分析を繰り返すことで、共通する項目、もしくは新しい発見が必ず出てきます。

例えば私の場合は、周りの人によってモチベーションの変化が激しいですが、
それ以上に自分ができないことに対して悔しいと感じる場面のほうが多い、という発見を自己分析3回目にして発見しました。

自己分析は、その時の気持ちの状態、時期によって思っていることに変化が生まれます。
しかし、何回も繰り返すことで、本当に自分が思っていることを見つけることができます。

特にやり直すのにオススメな時期は、就活中に落ち込んだり、やりたい仕事があいまいになってしまった時です。
落ち込んでいるときや、投げやりになっているときだからこそ、自分に素直に慣れ、新しい発見、本当に思っていること
を発見できることがあります。
また、自分の気持ちを整理することで、気持ちよく再スタート!なんてこともきっとできますよ!

以上、自己分析のコツについてでした!
みなさまいかがだったでしょうか??
意外と自己分析ができていない学生が多くて、本当の自分をわからないまま就活・就職をしてしまうパターンが多いのが現実です。
みなさまにはぜひ、自分が本当にやりたいと思う仕事に就けるよう参考にして頂ければと思います!

会員登録