自己PRで使える「4種のタイプ別強み一覧」と例文【詳しい解説付き】

就活において、必ずと言ってよいほど聞かれる「あなたの強みは?」という質問。「自慢できるものはない…」と弱気になってしまう就活生も多いですが、それは単にアピールする方法が分かっていないだけなのかもしれません。そこで本記事では、自己PRで使える「強み」をタイプ別に4種類紹介していきます。

自己PRは自分の強みを企業にアピールする場

就活のESや面接では、必ず自己PRが必要になります。この自己PRは「自分にはこんな強みがあって、こんな風に活かせるぞ」とアピールする場です。

しばしば自己PRでサークルやアルバイトの実績をアピールする就活生がいますが、それは人事に響く自己PRとはいえません。大事なのは、その経験を元に自分の強みを見つけることです。自己PRを作る時は、まず自分の強みを理解するところから始めましょう!

自分の強みを理解しないと自己PRは作れない

自己PRは、自分の強みをどう活かせるのかを企業にアピールする場だと説明しました。つまり、自分自身が強みを理解していなければ、人事に好印象を与える自己PRはできないということです。

強みが理解できていない状態で自己PRを作ってしまうと、本来のあなたのアピールポイントではない部分を主張してしまうことになります。これでは企業側が抱く印象とのズレが生まれる可能性があるので、ミスマッチを防ぐためにも自己分析をして強みを見つけることが重要です。

自分の強みを理解するにはキミスカの自己分析がおすすめ

まだ自分の強みが分かっていない就活生は、キミスカのサービス「自己分析ツール」を使って自己理解を深めましょう。

選択式の質問に答えていくだけで、あなたの強みや意欲・価値観の傾向、職務適性などを簡単に知ることができます。どんな業界で働き、どのようなキャリアを積みたいかを考えるきっかけになるでしょう。

自己分析ツールは就活が捗るから使え【Twitter就活界隈で話題】

自己PRで使える強み一覧【タイプ別】

就活生の中には、「自分の強みは分かっているけれど、言語化するのが難しい…」と感じている人も多いのではないでしょうか?そんな就活生に向けて、自己PRで使える強みを種類別に一覧にしてみました。あわせて解説も記載しているので、ぜひ参考にしてください。

【自己PRで使える強み一覧】①真面目タイプ

●当事者意識が高い
長所…主体性がある、決断力がある
短所…独りよがりになりがち
●責任感がある
長所…一貫性がある、リーダーシップがある
短所…悩みを一人で抱え込みがち、他人に厳しく接してしまう
●礼節を重んじる
長所…礼儀作法や節度を大事にする、言葉遣いや所作が美しい
短所…礼儀知らずな発言や行動にイライラする、人間関係に悩みがち
●誠実である
長所…嘘をつかない、他人の心情を察した行動ができる
短所…完璧主義、曲がったことが苦手
●忠誠心がある
長所…とことん尽くす、信じると決めた人は裏切らない
短所…本音が分からない、独立心が養われない、依存心が強い
真面目タイプの自己PR例文

私の強みは、責任感があることです。Web制作会社のインターンシップに参加した際、2週間でLPを作成することになりました。ミスもありましたが、責任感を持って仕事を進め、無事に納期に間に合わせることができました。社会人になっても、責任感を持って取り組む姿勢を忘れず、仕事に励みたいと考えています。

【自己PRで使える強み一覧】②起案者タイプ

●想像力が豊か
長所…他の人の気持ちを読み取るのが得意、固定観念に囚われない
短所…傷つきやすい、繊細
●創造力がある
長所…人と違うことを気にしない、多角的な視点を持っている、純粋
短所…アウトプットが苦手な場合がある、話し掛けにくい、気難しい
●直感力がある
長所…自信を持っている、人を見る目がある
短所…常識から外れがち、傲慢に見えることもある
●考察力がある
長所…あらゆることを言語化できる、物事をスムーズに進められる
短所…行動力が乏しい、人を信用しにくい
●理解力がある
長所…仕事を効率よくこなす、記憶力が高い
短所…話を遮りがち
起案者タイプの自己PR例文

私の強みは、想像力が豊かなことです。子どもの頃から読書が好きで、これまで数百冊の本を読んできました。この想像力は創作に活きてきましたが、それと同時に相手の立場に立って物事を考えることも得意になりました。この強みを活かし、創作はもちろん対人折衝の面でも御社に貢献していきたいです。

【自己PRで使える強み一覧】③冷静タイプ

●注意深い
長所…慎重に物事を進める、人間関係は狭く深い
短所…性格が内向的、受け身
●観察力がある
長所…気配りができる、人の性格を見抜く力がある
短所…勘ぐる癖がある
●情報収集力がある
長所…有益な情報と不要な情報の区別ができる、行動力がある
短所…相手を見下す傾向にある
●リスク察知能力がある
長所…ミスが少ない
短所…ミスをした時に深く落ち込みがち
●伝達力がある
長所…リーダーシップがある、表現力がある
短所…相手を見下す傾向にある
冷静タイプの自己PR例文

私の強みは、観察力があることです。結婚式場の配膳アルバイトをしていましたが、親族の方が何かを探しているようでした。私は髪飾りを落とされたことに気付き、スタッフに伝えるとすぐに代わりの髪飾りを用意してもらうことができました。無事に結婚式を終え、お客様にも大変感謝していただけました。

【自己PRで使える強み一覧】④調和タイプ

●洞察力がある
長所…直感が優れている、慎重
短所…地味、行動力に乏しい
●調整力がある
長所…人間関係を円滑にできる、グループをまとめる
短所…誰の意見にも同調しがち
●俯瞰力がある
長所…自分と相手の考えの違いを客観的に見ることができる、空気を読める
短所…リーダーシップを取るのは苦手、感情的になれない
●受容力がある
長所…人間関係に悩まない、新しい環境に馴染みやすい
短所…主体性に乏しい
●説明力がある
長所…会話を楽しめる、相手に配慮できる
短所…聞く力に乏しい、理屈っぽい
調和タイプの自己PR例文

私の強みは、洞察力があることです。広告代理店のインターンシップに参加した際、グループで企画を立ち上げる課題がありました。私は洞察力を武器に、メンバーの意見を深掘りして1つにまとめ、優秀賞を得ることができました。社会人になっても、この強みを会議の場や営業面でも役立てたいです。

強みは弱みと表裏一体であることを理解しておこう

先ほど「自己PRで使える強み一覧」で紹介したように、強みも行き過ぎると短所に変化してしまうことがあります。例えば「計画力」が自分の強みなら、「瞬発力」には欠けているということです。自己PRを作成する際は、どんな長所も裏を返せば「短所になりうる」ということを理解しておいてください。

どうしても強みが見つからない就活生は、短所から強みを考えるのも1つの手として有効です。

自分の強みが理解できたら自己PRを作ろう

自分の強みを見つけられたら、キミスカで自己PRの書き方をチェックしましょう。例文も用意しているので、ぜひ自分のスキルや働きたい業界に合わせてアレンジしてくださいね!

【ES・面接対策】落ちない自己PRの書き方を徹底解説【長所別例文一覧付き】

自己PRで強みをアピールして良い評価に繋げよう!

自己PRは単に実績をアピールするのではなく、自分の強みを企業でどう活かせるかをアピールする場です。もし強みが見つからないなら、キミスカの自己分析ツールを使って自己理解を深めましょう。

また、強みと弱みは表裏一体であることを理解しておくと、短所から強みを生み出すこともできます。自己PRで使えるタイプ別強み一覧を参考に、改めて自分の強みや短所・長所を見つめ直してみまし