キミスカ就活研究室

Archive List for 就活

就活に使える自己分析方法まとめ【最新版やり方3選】

就活をはじめようとしても、何からはじめれば良いのかが分からず迷ってしまう人もいるでしょう。何となくのイメージで業界や職種を選んでいては、想像とは違う社会人生活にひどく悩まされてしまう恐れも出てきます。企業へ履歴書やES(エントリーシート)を提出する前に、まずは自己分析を徹底的に行うことからはじめてみませんか?この記事では、就活における自己分析の意味や、効果的のある書き方について説明していきます。 就活は自己分析からはじめよう まず、就活を成功させるためには、自己分析で自己の性質を把握し、自分にとっての最善の道を選択することが肝心です。就活で自分の良さを企業に伝えるためにも、前もって自己分析を丹念に行う必要があります。 自分はどういう人間になりたいのか 今後どのような人生を歩みたいのか 自分は何を楽しいと思うのか 自分にとってのやりがいは何か 何に対して苦痛を感じやすいのか これらの問いに対する答えを得るため、過去の出来事を掘り起こし、自己の性質や特徴を細かいところまで分析してみるのです。 「自分のことは自分が一番分かっている」「興味がある業界があるから、自己分析をする必要はない」と思っていても、自分の認識がズレていることもあります。本当の自分の姿を知るためにも、就活のタイミングで一度自己分析を行うのをおすすめします。 自己分析とは『自分の人生の「目的」と「手段」を知ること』 自己分析は、一般的には自分の強みを見つけるためにするものといわれています。ただ、「自己分析で自分の強みが分かれば、自己PRを作りやすい」という単純な理由だけで行うものではありません。自己分析は『自分の人生の「目的」と「手段」を知ること』であると意識しておきましょう。 人生の目的・手段を明確にすれば、就活において重要な下記3点を抑えることができます。 就職の目的を定義できる 自分の入るべき企業が分かる 面接官に自分のことを伝えることができる 「就職の目的」を問われたときに、自分の本当の気持ちを即座に答えられますか?自己分析で人生の目的を明確にすることで、就職の目的が定まります。 やりがいのため お金のため 安定した生活のため プライドのため 人によって「就職の目的」はさまざまです。自己分析で自分の「就職の目的」と「人生の目的」を知ることで、自分の入るべき企業もおのずと見えてきます。 「やりがいがあれば低賃金や長時間労働にも耐えられる」という人もいれば、「給料の高さが最優先」「生活できる範囲で程々に楽な仕事なら何でも良い」という人もいるでしょう。自分の人生を少しでも過ごしやすいものにしたいなら、まずは自分の心の声に耳を傾けてみてください。 人生の目的・手段を明らかにすることで、面接でも自分のことを伝えやすくなります。けれども、就活という狭い範囲だけを見るのではなく、人生という大きな規模で俯瞰して自らを見ることが大切です。そうでなければ、本当の意味で自分の入りたい会社を見つけ、熱意をアピールすることは難しいでしょう。 就活における自己分析の目的とは はっきり定義しておきましょう。自己分析の目的とは、『自分の人生の「目的」と「手段」を知ること』です。自己分析を入念に行い、自分の性質・人生の目的などを知ることで、企業を選ぶ際にも揺らぎがなくなります。自分の進路選択の軸が明確になるのです。この軸をしっかりと定めることで、本当に興味がある業界にだけ注力できるようになります。志望理由にもブレがなくなるので、より意気込みを伝えやすくなるでしょう。 また、自己分析によって、他人に自分の強みや武器をアピールしやすくなります。企業はESや面接を通して、その人がどういった人物か、どんな能力や価値観・志向性を持っているのかを見抜こうとしています。採用を決めてもらうためには、自分の強みや武器を企業に売り込まなければなりません。あらかじめ自己分析を済ませることで、自己PRの場でも迷わず主張することができるでしょう。 就活における自己分析の方法3選 就活には自己分析が必要だと分かっても、具体的なやり方が分からず、妥協して終わらせてしまう人もいるでしょう。就活向けの自己分析と一口にいっても、その方法はさまざまです。どのような方法があるのかを知り、自分の取り組みやすいものから初めてみましょう。 次の項目では、就活をはじめたばかりでやりたいことがはっきりしていない人に向けて、おすすめの自己分析方法を提案します。 ①自分史を書く 自分に起きた過去の出来事を紙に書き出し、自分史を作ります。過去に打ち込んだ活動、一生懸命取り組んだ経験などを、細かい部分まですべて洗い出すことが肝心です。 小学校・中学校・高校・大学というふうに、学生時代の経験を時代ごとにまとめてみましょう。過去の出来事が自分にどのような影響を与えたのか、何を感じたのか、その選択をしたのはなぜか、といった自分の心の深部を追求します。 自己PRとして使える内容でなかったとしても、とりあえず箇条書きにまとめておきましょう。中には失敗談や恥ずかしい経験など、書き出すのを止めたくなるほどの出来事ばかりが浮かんでくるかもしれません。とはいえ、自分史はあくまで自分を見つめ直すための道具として利用するものです。苦い経験も含めて、まずはひと通り書き出すことが大切です。 自分史を眺めていると、自分の根幹にある価値観に気付くことができるでしょう。もしかしたら、過去と現在とではまったく異なる考え方をしているかもしれません。その場合は、考え方に影響した出来事が何かしらあったはずです。心の変化に関わる出来事があったなら、それを自己PRのエピソードとして活かすことができるでしょう。 もし抵抗がなければ、誰かに自分史を見てもらうのも一つの方法です。紙に書き出すことで客観視がしやすくなるものの、自分に関わる内容である以上、主観を完全に排除するのは難しいものです。家族や友人に依頼し、一緒に自分史を分析してもらうことで、より客観的に自分という人間を分析することができます。 ②マインドマップ マインドマップの場合は、紙の中心にキーワードを書き、そこから想起されるイメージを放射状につなげていくことで細部まで分析を行います。関連するキーワードから発想を広げていくことで、自分の脳内にあるものを可視化できるのです。 就活用の自己分析であれば、中心のキーワードとして「自分の名前」を置くと良いでしょう。そのまわりには、性格・特技・過去の活動・将来の目標・好きなことなど、発想の軸となるキーワードをいくつか配置します。各キーワードから連想できるものを、できるだけたくさん書いてみてください。 ポイントとしては、長い文章を書き込むのではなく単語で書き込むという点です。あまり考え込みすぎず、思いつくままに書き込みましょう。短い単語で済ませることで、途中で思考を停滞させず、次々に発想をつなげることができます。 マインドマップがもたらす効果については、以下の通りです。 自分の脳内を簡潔に整理できる 一つの物事を深堀できる 新しい自分を発見できる 自分の考え方や、思いを再認識できる マインドマップを作成することで、頭の中に散らばっていた思考が整理され、新たな発想が生まれやすくなります。自分の思考パターンや、過去の活動における共通点など、自分でも気付かなかったものが見えてくるかもしれません。 マインドマップを使っていくうちに、次第に物事を深く掘り下げ、細部まで分析することに慣れていくでしょう。就活に限らず、頭の中を整理する方法として有効な手段ですので、思考に行き詰まったときには是非利用してみてください。 ③モチベーショングラフ モチベーショングラフとは、ある一定の時期から現在までのモチベーションを振り返り、自分がどんな時にモチベーションが上がるのか・それはなぜかを明らかにすることで自分の価値観や特徴を理解することができる自己分析方法です。実際に下記のようにグラフを描いて、自分への理解を深めていく作業です。 モチベーショングラフを行うと、次の2つがわかります。 自分の進路選択の軸を明確化する 自分の事(強みや武器)を他人に伝えられるエピソード この2つを見つけて、より自分にとって良い道を選択しましょう. 詳しいやり方については下記に記事にて詳細に解説をしています。この記事を参考にモチベーショングラフでの自己分析を進めてみましょう。 モチベーショングラフで効果的に自己分析をしよう【テンプレ付き】 […]

就活生の7割が知らない!自己㏚で人事が見ているポイント【書き方例】

多くの就活生が頭を悩ませている自己PR。うまく書けない、何をアピールすればいいのかと悩んでいる方も少なくないでしょう。自己PRで重要なのは、人事が何を知りたいのかを理解することです。そこで、ここでは自己PRで人事が見ているポイントなどをまとめてみました。 自己PRでよく勘違いされやすいポイント 意外に多いのが、自己PRを自慢話する場だと勘違いしている方です。どのような経験であってもアピールにはなりますが、ただの自慢話を延々と続けていても人事担当者の心には何も響きません。また、根拠を示すことのできない成果もアピールにはならないので注意が必要です。 例えば「私はダンスサークルの会長として全国大会に出場した実績があります。上位3位に入賞することができ、会員たちからもたくさん感謝されました」のようなPRを読んでどのような感想を抱くでしょうか。これではただの自慢であり、まったく自己PRにはなっていません。 自己PRで人事が見ているポイントとは? 就活を成功に導く自己PRを作るには、まず、企業の人事担当者が何を見ているのか、応募者の何について知ろうとしているのかを理解することが必須です。的外れなアピールをしても意味がなく、逆に評価を下げてしまう恐れもあります。 【ポイント①】思考回路が見えてくるか 人事担当者が知りたいのは、あなたがこれまでに残してきた成果、出した結果ではありません。あなたという人間の思考回路を理解することに着眼点を置いています。そこで必要になるのが、プロセスです。その成果・結果を出すまでに辿った経路を伝えることで、人事担当者があなたの思考回路を理解しやすくなります。プロセスと同時に、あなたの思考や行動、そこから得た学びなどについて伝えることを意識しましょう。この人を採用することで組織によい影響を与えてくれるかもしれない、新しい風が吹くかもしれない、と思ってもらえたら勝ちです。 【ポイント②】人間性 人事担当者が重視しているポイントの一つが人間性です。企業によっては、この部分をもっとも重視していることもあるので、決して軽視できません。人間性に問題があると、入社してトラブルを起こすかもしれない、ほかの社員とうまくやっていけないかもしれない、と不安視されてしまいます。 採用されたいからと嘘のアピールをするのもNGです。本来の自分を隠してアピールし、それで採用されたとしても、後々辛くなるのは自分です。入社後、能力以上のことを求められる可能性もあるでしょう。もはや、採用のミスマッチでしかなく、退職に至った場合には、企業はもちろん自分自身も無駄な時間を過ごしてしまうことになります。このような事態に陥らないためにも、素の自分をさらけ出した素直な自己PRを作成しましょう。 【ポイント③】将来自社で活躍できるか 当然のことですが、企業としてはできるだけ優秀な人材を採用したいと考えています。採用コストもそれなりにかかっているため、将来的にそれを回収できるくらいの活躍を期待しているのです。 人事担当者は、あなたを採用することでどのようなメリットを得られるのか、ということを見ています。そのため、自己PRを作成するときには、あなたが企業に与えられるメリットをアピールしなくてはなりません。ここが採否を分ける大きなポイントでしょう。 誰でも簡単に自己PRが書けるようになる4つの手順 自己PRが書けないと悩んでいる方も、もうその心配はありません。ここでご紹介する方法をマスターすれば、誰でも簡単に作成できるようになります。プレゼンの際に利用されるPREP法と呼ばれる手法を簡略化したものなので、この手順で素晴らしいPRをぜひ作成してください。 【手順1】初めは結論から書きだす 自分が一番主張したいこと=強みを最初に述べましょう。前置きがいたずらに長くなってしまうのはNGです。最初に何を伝えたいのかを明確にさせることで、話を聞いている人事担当者にも要点が伝わりやすくなります。前置きが長くなると内容がまとめられず、主張したいことがブレてしまいます。 「私の強みは体力です」や「私の強みは責任感の強さです」など、最初にズバリと強みを伝えてください。もちろん、これだけではPRとしては不十分です。強みを伝えたあとには、その根拠となる理由を示さなくてはなりません。 【手順2】なぜその結論になるのか理由を伝える 強みを伝えただけではまったく説得力がありません。ただの自慢話になってしまうので、どうしてそれが強みなのか根拠を示す必要があります。これをしないと信頼性に欠けたPRとなるので注意しましょう。 例えば「私の強みは体力です」→「学生時代は野球部で激しい練習を日々乗り越え、風邪をひいたことも一度もありません」のような感じです。 【手順3】具体的な事例を交える 具体的な事例を交えることによって、話に真実味が増します。また、問題や課題をどのようにクリアしたかによって、人事担当者はあなたの思考回路を知ることができるでしょう。先述しましたが、人事担当者は、その人の思考回路を知りたいと考えています。そのためにも具体的なエピソードを交えるのは効果的なのです。 「交通事故に遭って全治1ヶ月といわれたのですが、持ち前の体力のおかげで2週間もたたないうちに回復しました」や「アルバイト先でシフトの数が足りなくなりましたが、タフな私が多めにシフトに入ることで問題を解決しました」などが例として挙げられます。 【手順4】最後にもう一度結論 最初に伝えた結論を、最後にふたたび主張します。こうすることで自分の強みをより強調することが可能になります。また同時に、その強みが入社してどのように活かせるのか、という部分もアピールしなくてはなりません。人事担当者はあなたを採用してどんなメリットがあるのかを重視しているので、それを伝えなくてはならないのです。 「この経験で〇〇を学ぶことができました」→「御社で働けるようになれば、それを活かして××に貢献したいと思います。」や「丈夫な体と体力を活かし、休むことなく粉骨砕身、働きたいと考えています」などと終えるとよいでしょう。 自己PRをさらに良くするためのポイント 大切なのは、志望している職種にマッチしたアピールをすることです。また、自分にキャッチコピーを付けることで、ほかの人との差別化を図ることもできるでしょう。ここでは、自己PRをより良くするポイントをお伝えします。 【ポイント1】志望している職種にあった自己PRを心掛ける 例えば、営業職なのに独創性をアピールしてもあまり意味はありません。むしろ、営業職ならコミュニケーション力や行動力などをアピールするべきです。また、エンジニアを志望しているのに行動力を強みとして強調するのはあまり意味がありません。このようなことにならないよう、企業・職種の研究は必ずしておきましょう。 企業・職種の研究をしていないと的外れなアピールになる可能性があり、評価を下げてしまう恐れもあるので注意が必要です。 【ポイント2】自分にキャッチコピーを付けよう キャッチコピーを付けることで他人との差別化を図ることができ、人事担当者に強烈なインパクトを残すこともできます。たくさんの応募者のいる中、同じようなアピールをする人も少なからずいるでしょう。そんなとき、自分にキャッチコピーを付けていれば、その他大勢の中に埋もれてしまうことを防げます。できれば少しでも印象に残るようなキャッチコピーを付けてみましょう。 例えば「スケジュール帳は私の友達」や「やると決めたら必ずやり抜く男です」、「逆境に強い〇〇です」などが挙げられます。個性的かつ、ユニークで自分を的確に表現したキャッチコピーなら、印象に残りやすいでしょう。 自己PRのポイントまとめ ここでご紹介した通りにやれば素敵な自己PRが作成できます。もしそれでも難しいようなら、自己分析が足りていないのかもしれません。自分の強みを知るためにも自己分析は絶対に必要です。もし書けないのなら自己分析からやり直してみましょう。なお、自己分析については下記のサイトが参考になります。この記事と合わせて、読んでみてください。 自己分析って必要?誰も教えてくれない本当の自己分析【逆算型】 自己PRについて理解できたきみにおすすめのサービス 就活では、御存知の通り自己PRという形で自分を表現することが必要になってきます。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ」 キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。 自己PRするのに必要な長所や、自分に向いてる職業がわかる適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!

エントリーシートの全てを理解して就活を攻略しよう!【気を付けるべきポイント5つ】

「エントリーシート」でいかに自分の魅力を企業に伝えられるかが選考の鍵を握っています!そんな魅力的なエントリーシートを書くためには、いくつか踏まなければならないステップがあります。 この記事では、理解しておくべきエントリーシートの目的や項目、気を付けたいポイントなどを徹底解説していきます。 エントリーシートとは? 就活においてエントリーシートとは、学生が企業に提出し書類選考で用いられる応募書類のことです。エントリーシート以外にも、就活で応募や選考の際に「履歴書」「成績証明書」など合わせて6種類の書類を提出する必要があります。 よく履歴書と、エントリーシートは混同されてしまいがちです。項目ごとに企業が求めている点は違うのでそこをしっかりと押さえておきましょう。履歴書とエントリーシートの違いは下で紹介しています。 エントリーシートとは企業があなたの「人柄」と「個性」をみるもの ではエントリーシートの目的は何でしょうか?ここを理解することが、より良いエントリーシートを作成することに繋がります。 エントリーシートの目的は、企業が「あなたが誰か」という学生の人柄・個性を知ることです。学生からしたら、エントリーシートは自分をアピールする絶好の場です!そのため自分を最大限効果的にアピールできるエントリーシートを作成するには、まずあなた自身が自分の「人柄」「個性」をしっかりと理解していることが必要不可欠なんです。 エントリーシートはいつ提出するの? 2019年度卒の就活では、2018年3月にエントリーが開始されました。提出期限は企業によって異なりますが、大学4年生の4~5月が目安です。 エントリーシートは一朝一夕で書けるものではありません。エントリーシートを書くまでの準備が重要で時間がかかるものだからです。上で、エントリーシートを書くためにはまずあなた自身が自分の「人柄」「個性」をしっかりと理解していることが必要不可欠だと説明しましたが、この自己分析にとても時間がかかります。 特に大学3年生の3月は、企業説明会などの情報が解禁されるタイミングです。それに伴ってやるべきことが増え非常に忙しくなります。そのため、より早い対策が必要です。 エントリーシートと履歴書の違いとは? エントリーシートと履歴書は、目的とその先・入手方法・設問内容が全く異なります! 目的とその先 エントリーシートは、あくまで人材採用の際に参考にする応募書類です。そのため、選考が終了したら特に使用するものではありません。しかし履歴書は違います。選考が終了した入社後も、履歴書を従業員情報として保管しておく場合が多くあります。また履歴書は公的書類のため、情報に捏造などがみられた場合は「私文書偽造」となり、不採用や解雇になってしまう場合があります。 入手方法 履歴書は市販で購入できるものが多いですが、エントリーシートは企業がそれぞれで配布しています。またエントリーシートは、その配布方法も企業によって様々で、ウェブサイトからダウンロードすることもあれば、説明会などで手渡しされる場合があります。手渡しされる場合は代えが効かないので、予めコピーをとっておきましょう。 設問内容 エントリーシートは企業が独自に配布しているものなので、そこに記載されている設問も様々です。逆に履歴書は、ほとんど内容が同じです。 エントリーシートと履歴書の違いは理解できたでしょうか?このように、エントリーシートは企業によって入手方法や設問内容・提出期限が異なるので、自分が志望する企業のこれらの情報はしっかりとリサーチしておきましょう! エントリーシートと履歴書の内容は同じで良い? 企業によっては、エントリーシートと履歴書で問われる設問が同じことがあります。そういう場合、「エントリーシートと履歴書で内容を変えたほうがいいのか…?」「でもエピソード2つも3つもないよ…!」と悩んでしまいますよね。 結論から述べますと、エントリーシートと履歴書の内容は被ってしまってもかまいません。逆にエントリーシートと履歴書で全然違うことを書いて一貫性がなくなってしまうと、逆効果になってしまうこともあります。 しかし全く同じではなく、エントリーシートと履歴書で差別化を図ってください。エピソードが1つのみの場合は履歴書の方を簡潔にまとめて、エントリーシートにより詳しい内容を記述しましょう。エピソードが複数ある場合は、一貫性を持たせることを意識しながらそれぞれに記述しましょう。複数のエピソードを用いて伝えたい強みなどの根拠を示すことで、説得力が上がります。 履歴書だけ提出の企業は? まれに、エントリーシートの提出を求めない企業があります。その場合は、履歴書に力を入れましょう。特に履歴書において「自己PR」と「志望動機」は必ずといっていいほど問われる項目なので、その2つを深堀して伝えられると良いです。 エントリーシートの基本項目とその意図とは?【例文付き】 企業によって設問内容は異なると説明しましたが、その中にも「よく聞かれる項目」があります!今回はその基本項目とそれを企業が問う意図を知って、雰囲気を理解しましょう 【よく出る!エントリーシート】志望動機 エントリーシートにて、志望動機はよく問われます。必ずといっていいほど問われます。志望動機ではその企業に入社して働きたい理由を記述します。 企業はその志望動機で、学生の興味と入社目的を見ているのです。業界・企業分析などを行い、他社ではなく当社を志望する理由を明確にするのがポイントです。 業界研究のやり方はコチラから 業界研究とは?今すぐ始められるやり方3ステップ【おすすめツール】 【よく出る!エントリーシート】自己PR 自己PRも志望動機と同じようによく問われる項目です。自己PRでは自分のことを企業に効果的に売り込む内容を記述する必要があります。 自己PRとは就活において企業に対しての採用を求める者が、自己の良い所をアピールするということであり、エントリーシートの中でも企業に自分を売り込む絶好な場です。企業はミスマッチを避けるために、「あなたが誰か(人柄・能力)」と、「入社後に活躍できる人材か」どうかを見ています。 自己PRのやり方やコツなどはコチラから フレームワークを使って魅力的なガクチカを作成しよう【例文付き】 【よく出る!エントリーシート】学生時代に力を入れたこと よく「ガクチカ」と略さていますね。略称が生まれるほどよく問われる項目です。 この項目では、学生時代に頑張ったことを記述します。内容や実績にこだわる必要はあまりありません。何を頑張ったかではなく「どう頑張ったか」に焦点を当てて書くのがポイントです。 なぜ企業がこれを問うかというと、あなたの人柄を把握し、物事に対しどういう取り組み方をするかを知りたいからです。どのような課題感の中で計画してアクションを起こし、結果どうなったのかを知ることによって仕事への姿勢を見ています。 簡単なフレームワークを使って魅力的にガクチカを書く方法はコチラから フレームワークを使って魅力的なガクチカを作成しよう【例文付き】 【よく出る!エントリーシート】趣味・特技 この項目では、自分の「趣味・特技」を記述します。企業は「趣味・特技」欄であなたの人柄や習慣をみているのです。学生はここの項目を通して、自分のスキルや知識を間接的に企業に伝えることができます! 趣味・特技欄を書くときの書き方やそのコツはコチラから エントリーシートの「趣味・特技」欄の書き方とは?【人事受けする4つのコツ】 【よく出る!エントリーシート】就活の軸 就活の軸とは、働く上でココは譲れない!という条件のことです。自分が働く上で大切にしたい価値観などもこれに当てはまります。 企業はによって社風や理念は異なりますよね。学生が大切にしている価値観や就活の軸を知らないままに採用してしまうと、入社後にミスマッチが起こりやすいため予め把握しておくのです。 たまに聞かれるユニークな質問 主にマスコミや広告業界では、エントリーシートや面接で「ナニコレ?!」と思うようなユニークな質問を問われることがあります。ユニークな質問では、あなたの対応力や素の人柄が見られています。 回答する際は、 […]

本で就活を極める!至高の自己分析本まとめ【コレ読んどけ5選】

就職活動の自己PRを考える際に欠かせないのが自己分析です。自分の価値を会社に説明するためにはまず自分の強みを知る必要があります。とはいえ、自己分析に関する本は数え切れないほど出版されているので、「どれを読めばいいのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、就活中の大学生や、就活を控えていて不安を感じている学生さんに向けて、自己分析の大切さをお伝えするとともに、おすすめ本をご紹介していきます。 自己分析をおさらいしよう 自己分析と聞くと「自分のいいところをみつけなければ」と身構えてしまう方も多いでしょう。しかし、まずは自己分析をする際に使えるおすすめの本を紹介する前に、自己分析についておさらいしましょう。 自己分析の目的 自己分析には大きく分けて3つの目標があります。それぞれについて確認していきましょう。 まず、1つめは「自分自身を知ること」です。そもそも会社に自分をアピールするためには、まず自分で自分のことを理解することが必要です。友人に自分の趣味を進めるときも、その趣味に精通して魅力を伝える必要があります。会社に対して自分が魅力的であることを伝えるためにも、自分のことを熟視しなければなりません。 2つめが「企業選びの軸を知ること」です。自分への理解を深めることで自分の性格やスキルに合った職種をより明確にしていきます。口数が少なくじっくり考えることができる人は、営業職よりも研究職が向いていると考えることができます。また、自分の性格に絶対に合わない職業を外すこともできます。 そして、3つめが「なりたい自分を知ること」です。これは将来のキャリアや目標を明確にすることを指しますが、その目標が自分の本当に目指したいものかという視点も大切になってきます。 このように自分を知り、企業選びの軸を明確にし、自分の将来を設計するためには自己分析が必要不可欠なのです。 本は就活に役に立つ 自分のことは分かっているつもりでも意外と分かっていないことが多く、つきつめてみないと見えてこない資質も存在します。しかし、自分の力だけで自分のことを完全に分析することは大変です。 そこで、自己分析本が役に立ちます。本を活用することでより深いところまで自己分析を行うことができれば、自分を知るヒントを得ることができたり、セルフイメージが明確化したりもします。 本を通して自分自身を知れる 自己分析本は、なんといっても今までイメージできていなかった自分自身を浮かび上がらせてくれる点が魅力です。スムーズに自己分析に取り掛かれるため、就活生には欠かせないアイテムの1つでしょう。また、本を通して第三者の経験や知識に触れることができるのもポイントです。「自分だったらどうするか?」を客観的に考える訓練にもつながりますし、より多方向からアプローチすることで本質にせまった自己分析が可能となります。 就活で本を使うときの注意点 自己分析の目的はリアルな自分を浮き彫りにし、自分で自分を理解することです。本の内容をそのまま面接で使用しても、本当の自分自身を表現することにはつながりません。本は、あくまで参考でしかありません。そこで、自己分析本を読み始める前に注意するべきポイントを確認しておきましょう。 本を読んだだけで就活を「やった気」にならないで… 例えば、「就職説明会で企業の人の話を聞いているだけで、なんとなく就活した気分になって満足してしまう」という人は意外と大勢います。本もまた、読んで満足してしまい、やりきった気分になってしまうことがあります。しかし、読んだ結果を実際の自己分析に積極的に活かすことが大切です。自己分析のモチベーションを維持する集中力も同時に問われます。 本を読むだけでなく、業界研究も怠らず 自己分析を行う一方で「業界研究」も忘れてはいけません。そもそも自己分析の目的は自分の強みを知ること、企業選びの軸を明確にすること、自分の将来を設計することです。自己分析では自分の強みを把握することに気をとられて、内面にばかりフォーカスしてしまいがちですが、大事なのは企業リサーチも怠らずに行うことが大切です。「自分が発揮できるスキル」と「企業が求める人材」を把握することで、ようやく最適な就職が実現します。そのため、自己分析では積極的に自己理解と業界調査を両立できるように努力しましょう。 【20卒の就活】業界研究って何のためにするの? 就活に役立つ自己分析本まとめ【コレ読んどけ5選】 実際に「自己分析」をテーマにした本はかなりの数があって、どれを買ったらいいのか迷ってしまいがちです。そこで、ぜひ参考にしてほしいおすすめの本BEST5をご紹介します。自分の状況に合った本をチョイスして有効活用してみてください。 自己分析本①:「さぁ、才能(自分)に目覚めよう」 さぁ、才能(自分)に目覚めよう 2001年に出版されてベストセラーとなった「さぁ、才能に目覚めよう」のバージョンアップ版にあたる本書は、ストレングス・ファインダーという「才能と資質を明らかにするためのツール」による自己分析ができます。本書では人はダイヤモンドの原石に例えられ、「光り輝くためにはどのようにすればいいのか?」という点を掘り下げていきます。「資質をどう使えば自分の武器になるのか?」というテーマについて現実的なアイデアも踏まえてくれるため、「具体的に何をしたらいいのか分からない」という人におすすめです。自分の強みの、活かし方への理解が深まる一冊でしょう。 自己分析本②:「受かる!自己分析シート」 受かる!自己分析シート 「質問に答えるだけで自己分析ができてしまう」ことを売りにしている本書は、「自己分析」・「他己分析」・「企業分析」の3部に分かれています。左ページには記入例、右が実際に記入するページというように、ワークシート方式で進めていくため、実践的な自己分析ができます。 自分を深堀りするための質問に答えるだけで自分の適性を明確にできるため、本を読んでも実践できないという方におすすめです。ちなみに、質問内容はあくまで自己分析であって、面接で聞かれる質問が多く記載されているわけではありません。面接対策は別途行うようにしましょう。 自己分析本③:「絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方」 絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方 大学生協10年連続売り上げ第1位のロングセラー自己分析本です。内容は毎年更新されるため、最新の採用の傾向が分かりやすく解説されています。特徴は、人気企業や難関会社への多くの採用実績に基づいて、「何をすれば内定するのか」を具体的に提示している点でしょう。94の自己分析ワークシートを活用して、読者が積極的に自分と企業に向き合うための後押しをしている一冊です。 自己分析本④「9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係」 9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 大きな話題となった44万部突破のベストセラー本です。「すべての人は9つのタイプに分けられる」と説明し、タイプを分けるための20の質問が用意されています。質問に答えることによって 「(1)完全でありたい人、(2)人の助けになりたい人、(3)成功を追い求める人、(4)特別な存在であろうとする人、(5)知識を得て観察する人、(6)安全を求め慎重に行動する人、(7)楽しさを求め行動する人、(8)強さを求め自己主張する人、(9)調和と平和を願う人」 のいずれのタイプに該当するかが判明します。自分自身の傾向がいまいち見えていないという方におすすめです。 自己分析本⑤:「就活必修! 1週間でできる自己分析」 就活必修! 1週間でできる自己分析 「自己分析7日間プログラム」と掲げているとおり、一週間で自己分析を完成させることができます。著者はのべ10万人に対して就活セミナーを実施したプロの講師で、実績に裏打ちされた自己分析ロジックが組み込まれています。そのため、なかなか自己分析のために時間をとれない就活生や、急遽就職活動をすることになった人にぴったりでしょう。就活直前のバイブルとしてもおすすめです。 就活に役立つ自己分析本についてまとめ 就活の本来の目的は、自分を知り、自分らしい働き方ができる会社に出会うことです。そのためには自己分析を行って自分を知り、企業選びの軸を明確にし、自身のキャリアをよく考えることが大切です。もちろん、自己分析本を読むことで、自分の意外な傾向や性格を把握できるはずですが、企業にも目を向けなければ理想的な就職はできません。ゴール設定を明確にし、自己分析と業界研究を並行していくように心がけましょう。 自己分析のやり方は本以外にもにもたくさんある 自己分析には様々な手法があると先述しました。下記は、筆者が推奨する自己分析の手法です。参考にしながら、自分の自己分析に生かしてみてください。 逆算型自己分析 【逆算型自己分析】では、文字通り逆算的な思考で自分を掘り下げていきます。多くの自己分析が「自分の過去」から掘り下げるのに対し、あえて逆である「自分の未来」から読み解いていこうという方法です。 詳細なやり方については以下の記事を参照ください 自己分析って必要?誰も教えてくれない本当の自己分析【逆算型】 […]

就活がうまく行かない?うまく行かない理由を徹底解説【理由3選】

就活がうまく行かないと辛いものです。「就活うつ」という言葉が広く知れ渡っていることからも、就活そのものが与える精神的負担は軽いものではないことがわかります。しかし、なぜ就活が思うように行かないのでしょうか? 自分に能力がないから? 学歴のせい? 企業に見る目がないから? どれも事実の一部かもしれませんが、全てではありません。この記事を読んで自分の就活がなぜうまく行かないのかを理解し、就活をいい方向に転換する一手を手に入れましょう。 就活がうまく行ってないからって手遅れなんかじゃない まず就活がうまく行かなくて意気消沈しているあなたに伝えたいのですが、今就活がうまく行っていないからといって別に手遅れというわけではありません。特に最近は顕著ですが、売り手市場の影響からか上場企業でも内定辞退されることも増え、採用を終了できていないケースも多くあります。別に早期じゃないと良い就活ができないといったようなことは、最近の就活においては絶対ではありません。 確かに就活は辛い。でも辛いならやらなくてもいい。 とはいえ、就活がうまく言っていないと自分を否定されるような気分になったり、自分に自身が持てなくなったり、未来への不安感で押しつぶされそうになることもあるかもしれません。 でも、考えてみてほしいのですがその就活、「どうしてもやらなければいけないもの」なのでしょうか。 これについては大いに熟考してほしいと思っています。あなたの人生において就活は必要でしょうか?そもそも、就活とはあくまで手段に過ぎないものです。つまり、自分の人生の理想に対して”就活”がどれだけ有効な手段なのかを考えてほしいということです。例えば俳優として成功することが目的の人に就活は適した手段ではないでしょう。同様に、スキルを身につけることが目的という人も、場合によっては企業やフリーランスのほうが有効なこともあります。幸せな家庭で家族の信用と尊敬を得て、惜しまれながら息を引き取ることが目的の場合は就職するにあたっても長期的に見て必要なのが能力なのか一生いさせていくれる会社なのか考える必要があります。また、その会社の定義も自分の中で明確な理論のもと構築する必要があるでしょう。 自分がどんな人生を送りたいのか、これからどんな行動をしてどんな手段を取ればそんな人生を送れるのかを深く考えてみることは、一度じっくり時間をとって行ってみてほしいと思います。そして、就活が不要なら無理に苦しんでまでやる必要はないのです。だからこそ就活については、そこまで考えた結果自分にとって最適な手段が就活だったと確信た場合にしてくれればと願っています。おそすぎることはありません。 就活がうまく行かないの理由3選 さて、就活がうまく言ってないからには理由があります。その理由を考えることで、本当の解決策を練ることができます。まずはよくある就活がうまく行かない理由を3つから自分の就活を見直しましょう。 うまく行かない理由①:自分の目的を明確にできていない まず、これが最も大きな理由の一つですが、就活を行うにあたって自分の目的を明確にできていないと、なかなか就活がうまく行かない傾向にあります。なぜなら、就活とは企業と学生とのマッチングだからです。企業には理念というものがあり、それに共感できる学生を探しているのです。共感とは、目的が合致することです。目的が合致することで、仕事に対するモチベーションが高まりポテンシャルが発揮されることを企業は期待しているのです。しかし、自分の働くことに対する目的が不透明だったり、企業とそれが合致していない場合は企業がポテンシャルを図ることができません。だからこそ自分が就活・就職に対して目的を明確にしておく必要があるのです。 もし現状就活を「しなきゃいけないものだから」と考えていたり、企業の選び方を「給料良さそうだから」などといったふわっとした理由で選んでいて目的を持てていないのであれば、まずは自分がどんな人生を送りたいのか考え、目的意識の伴った行動ができるようにしていきましょう。 うまく行かない理由②:企業の選び方に問題がある 次に大きな理由の一つとして、企業の選び方に問題がある場合があります。企業を選ぶ上で重要なのは自分との相性です。就活は受験とは違って、内定の有無は必ずしも能力の上下とは限りません。就活の場合、企業は「離職率」について強く課題感を持っています。「自分の目的を明確にできていない」でも先述しましたが、自分の目的や価値観が明確になっていて、かつそれが企業の目的、価値観と合致している必要があります。 例えば選考において、傾向としてGW(グループワーク)・1次選考では最低限会社が求めている能力をが備わっているかを見ています。もちろんこの能力という点においても相性はあります。例えば営業が向いている人と事務が向いている人で素養が違うように、それぞれの職種に適した能力があり、そういった意味での能力を見ています。 一方で、最終面接に近づくほど「人間性」や「人格」「価値観」と言った部分が会社と相性がいいかを見られる傾向にあります。採用の現場でのあるあるですが、「めちゃめちゃいいけどウチじゃないよな・・・」という悩み文句が頻出します。これはその象徴とも言えるでしょう。自分がどんな人生を送りたいのかをしっかり考え、自分の価値観や目的を明確にしてそれに即した企業を選ぶことがとても大切なのです。 うまく行かない理由③:自己分析に問題がある 自己分析に問題があることも少なくありません。自己分析において最も重要な自分の理解という根本を蔑ろにして「自己分析をする」という事自体が目的になってしまい、本質的に必要な自分の理解がおざなりになってしまっているケースを最近だと特に多く目にします。そのような付け焼き刃の自己分析だと、自分への理解が「理解したつもり」程度のものになってしまい、とても自分の理解からは程遠い状態になってしまいます。自己分析を行う上で、自分史やマインドマップなどの方法に囚われ、自分を理解したつもりになるのではなく、自分自身がどんな人生を送りたいのか、そのためにすべきことは何なのかを明確にするような自己分析を行っていましょう。 就活がうまく行かないのは必ずしも自分のせいとは限らない 就活がうまくいかない、そんな状況になると自分に自信が持てなくなったり、途方もない不安にかられることもあると思います。しかし、就活がうまくいかないのが必ずしも自分のせいであるとは限らないのです。というのも、就活はこれまで体験して来た受験やその他のイベントとは違い能力の優越ではなく企業との相性であったり自分について理解していなければならないという、学生時代に触れる機会の少ない全く新しい視点で物事を「考え」なければいけなくなるのです。それにも拘らずこの「考える」という行為に対して、重要性を訴えたり考え方をインプットするような機会がほとんど与えられません。そんな中で就活では「考える」ことが重要だと気づくのは簡単ではありません。 しかし、だからといって他責にしていても自分の人生は一向に良いものになりません。今必要なのは、自分には様々な選択肢があることを知ることです。 就活の方法は一つじゃない 就活の方法は一つだけではありません。OB訪問だって、自校のOBでないと会えないというわけではありません。ナビサイトを使わない就活もあります。その人その人で自分にあった就活をすることができるということを、まずは知ってほしいと思います。本記事では、その中でもおすすめしたいスカウト型の就活と、無料の適性検査について紹介していきます。 キミスカで相性の良い企業にスカウトされよう スカウト型の就活とは、従来の企業に自分からアプローチする就活とは逆で、自分に対して企業からアプローチしてくる就活になります。この形によって何が実現されるのか説明しましょう。 まず、企業にこちらからアプローチする際には無意識レベルで自分を企業に合わせがちです。企業に気に入られるように自分を偽ってしまい、ありのままの自分をだせずに「嘘つき大会」だなんて揶揄されるような状況になってしまっています。しかし、満足度の高い就職には企業との相性が不可欠です。 スカウト型で代表的なサイトである『キミスカ』では、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。どこかの企業に気に入られるための内容ではなく、自分が見せたい姿を登録することではじまる就活。それも、プロフィールを登録したらあとは待つだけです。 就活は何をするのにも時間がかかります。そんな中で、自分と相性の良い企業からバックグラウンドでスカウトされることで、就活を一歩リードできます。 い 『偽らない就活を。キミスカ』 話題の適性検査で自己分析を強化しよう また、キミスカには他にもTwitterやYouTubeで話題の適性検査もあります。 Twitter就活界隈で話題のキミスカ適性検査で就活が捗るという話 150問の選択式の質問に答えていくだけであなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかる適性検査があります。 人物像についてのコメントや折れ線グラフで可視化されるので、 自分の特徴は何か? どんなところを気を付ければ良いか を客観的に見ることができます。 良くも悪くも完全な客観データが結果として現れますが、それを100%真に受ける必要はありません。強そうに見えていた人が実は弱かったりするように、弱い自分がいても心持ち次第で強くなることはできます。『ガタカ』という映画では、データからでてくるものはデータに過ぎず、自分の可能性は自分で決めるという強いメッセージを発信していました。同様に、自分の人生を決めるのは自分なので、あくまで適性検査も参考程度にとどめて改めて自分を理解する機会として利用しましょう。(ガタカは悩んでる時期にとてもおすすめです。) ⇒適性検査を受検する 自己分析ツール『適性検査』の受験方法 キミスカに登録後、自己PRと画像を登録します。その後、画像のような流れで適性検査受験画面にアクセスすると適性検査を受けられます。 ⇒適性検査を受検する 就活は目的を持って、手段を考えることが大事 とにかく、就活に限らず人生においてとても重要なことは「目的を持って行動すること」です。上記のようなサービスに登録するときも、自分がそのサービスをどういう目的で利用するのか・そのためにはどんな使い方をすればいいのか自分の中に定めて利用していきましょう。 また、自分について理解するであったり、自分の目的を考えることについては以下の記事で詳細にその方法や重要性について解説しています。こちらも読むと、改めて具体的に自分がどのような人生を送ってきたいのか、就活とどう関わっていくべきなのかが高い解像度で見えるようになると思います。 自己分析って必要?誰も教えてくれない本当の自己分析【逆算型】 キミスカには「ありのままの自分を好き」だといってくれる企業がたくさんいます。自分の弱い部分と強い部分をしっかり理解した上で、それをありのままに偽らずにプロフィール上で表現してみてください。 就活では、盛ったガクチカや自己PRによって偽った自分を企業に伝えたり、企業も良いところしか語らなかったりという形で就活生に偽り、一部からは「嘘つき大会」だなんて揶揄されるような状況になっています。 しかし、キミスカはこの状況を改善したいと思っています。 […]

就活生が本当に読むべき就活ブログ7選【最新版】

就活で最初にすべき行動はなんでしょうか? 自己分析 業界研究 企業研究 色々考えることがありますが、キミスカとしては、「思考の整理」を推奨します。何事を行うにも、まず”目的”はなにかを認識し、それに対して行動の”優先順位”を設定し、”計画”を立てた上で実行しなければうまくいきません。しかし、就活はみんなが平等にはじめて行うイベントです。自分や周囲のアドバイスだけでは充分でない場合があります。そんなとき役に立つのが就活ブログです。 まずは就活を行うにあたって大事な能力を説明した上で、なぜそれが就活ブログで手に入るのかを解説し、オススメの就活ブログを紹介いたします。 就活に必要な根本的な能力は2つ まず、大前提として就活には「必要な能力」が2つあります。その能力とは以下の2つです。 就活に必要なのは情報のキャッチ力 就活に必要なのは深く考える力 この2つは就活において明言されることは少ないものの、根本的に常に必要とされる能力になります。これら2つの重要性についてまずは解説していきます。 就活に必要なのは情報のキャッチ力 まずは情報のキャッチ力です。就活は戦いではないものの、情報格差による選択肢の増減は非常に激しいものがあります。勝ち負けがない以上情報戦であると言うつもりはありませんが、自分の就活を成功に導くための手段は時間とともに少なくなっていきます。早期の段階でどれだけ情報を集めて自分の手段を広げられるかは非常に重要です。 例えば、就活の準備にはそれなりに時間がかかります。特に自己分析の進行度合いについては、人事からの評価は当然として自分自身が就活をどれだけ有意義なものにできるかに大きく関わります。これに気づくのが遅いと、就活の途中で鼻を折られることになります。また、自己分析をないがしろにした就職は、就職後の満足度を低下させる主要因の一つです。 他にも、「自分の就職したい会社として最適な条件が見つかっても、そこは既に募集を締め切ってしまっていた」などといったタイミングでもそれを痛感するでしょう。採用のスタートは一律ではありません。今からどの時期に何をしているべきなのかについてはしっかりと考えておく必要があるでしょう。そのための手段として、まず1つ就活ブログは良い手段の一つです。 就活に必要なのは深く考える力 次に必要なのは深く考える力です。情報を多く収集しても自分がどのようにそれを活かすか考えられないと全く意味がありません。就活のゴールは内定ではありません。自分の人生を幸せなものにするための手段である就職を実現するための手段でしかないのです。では、自分の幸せとはなんなのか。幸せになるために就職する必要があるのか。自分が幸せになるためにはどんな環境に就職すれば良いのかなど、根本の部分で考えるべきことが多くあります。 自らの深く考える力を身につけるには、多くの人の考えに触れることが大切です。自分だけで深く考えるのには限界がります。他者が物事に対してどのように考えているかを知り、自分と共通することや違いを探すことで改めて自分の考えを深掘ことができます。そういった意味でも就活ブログは良い手段の一つになるでしょう。 ブログなどで過去の就活の体験談を参考にすることはとても有効 未知なる体験の成功率を上げるには、先人たちの学びに耳を傾けることです。人は歴史に学ぶ生き物です。実際に体験した人たちが、その経験からどのような学びを得たのかを知ることで、自分のときに活かすことができます。 今回は、中でもしっかり分析されていて説明も丁寧な本当に役に立つブログ・サイト・動画をいくつか紹介させていただきます。 就活生必見の就活ブログ7選【順次更新】 というわけで、皆さんの就活を豊かにする就活ブログ・サイト・動画を紹介していきます。それぞれ就活に対して個性的な考え方を追求しています。様々な考え方に触れつつ、自分にとってしっくりくる考え方を持ったものを深掘りするのも良いかもしれません。どこも一見の価値有りなので、のぞいてみてはいかがでしょうか! 就活攻略論-就活マン 【就活攻略論】 トップページ:就活攻略論 おすすめ記事:【自己分析の方法は8ステップ!】絶対評価されるおすすめのやり方! このサイトはとにかく異常なほど質が良いです。どのテーマをとっても深く分析されていて、大学在学中にビジネス書など1500冊程もを読破した確かな知識で本質的な記事を高頻度で更新しています。しかも、1記事あたりの充実度は1万字ほど!とくに自己分析や自己PRについての記事は、これを読むだけで準備が完了してしまうほどの圧倒的な内容です。あまりに素敵すぎたので実際に会ってどうすれば人事に魅力が伝わる自己PRがかけるのかインタビューしちゃいました! 就活攻略論が他サイトと圧倒的に違うところは、一つ一つの議題に対して明確に独自の定義を設定し、誰でも道筋をたどれば「自分が何をするべきなのか」を理解できる点にあります。さらに素晴らしいところは、これだけ圧倒的な知識量がありながら、「就活のゴール」を内定においていないことです。 様々なサイトが「内定を取るには」という論調でノウハウを提示する中、就活攻略論ではしっかり就職後の満足度を軸に論旨を展開していきます。就職率だけ高くて就職満足度の低い今、就活のときに本当に必要な情報があるのがこのサイトではないでしょうか。 ↓Twitterもやっているので、フォローして就活を一歩進めよう! 【20卒の努力されている皆さんへ!】 SPIの言語問題(漢字)をまとめました。 ma(@my_20330)さんが難しいと感じた漢字+頻出漢字を加えた76問!ぜひ保存して何回も目を通しましょう。 SPI言語問題なんかで不採用になって欲しくないので、1人でも多くの20卒に届けたいです!記事も作成中!#拡散希望 pic.twitter.com/cngNECuYJG — 就活マン®︎ / 藤井智也 (@shukatu_man) March 20, 2019 早稲田生ソチの就活ブログ トップページ:早稲田生ソチの就活ブログ おすすめ記事:就活体験記の一覧表【大学・卒業年度・内定先で分類】 このサイトが素晴らしいのは、就活のノウハウ記事はもちろんとして「就活体験記」が多くあることです。どんな経歴の人間がどんな会社に就職したのか。そしてそれはなぜなのかといったところを丁寧に掘り下げています。先程も述べたように、就活において多くの人の考えを取り入れることは非常に重要です。そんな中で、このブログで行っている「就活体験記」を参考にすることで、多くの人の深い考えを効率よく吸収できます。 【2021卒】就活のはじめ方を大手企業内定者がわかりやすく解説のように、就活の流れを丁寧に解説している記事もあり、内容の好きの無さもまた魅力です。 また、ソチさんもTwitterで情報を発信しています。 総合系コンサル内定者の就活体験記 ・MARCH以下の学歴でも、書類選考を高確率で通過 ・ESはストーリーに沿って箇条書きから文章を構成 ・WEBテストは選考が早い企業で練習 ・面接では自己紹介でアイスブレイク […]

【やり方】自己分析をすぐにでも意識するべき理由

これ、嘘です。 嘘というのは言いすぎではありますが、あまり正しくはありません。というのも、なぜならからです。 しかし、それをふまえてもだと言い切ることができます。 それはなぜでしょうか? この記事では、主に について取り上げています。 この記事で自己分析の必要性とを理解しましょう。 正直、自己分析なんかしなくても内定は取れる さて、先程自己分析なんかしなくても内定はとれるとお話しました。みなさんは現代の就活がと呼ばれる状態になっていることはご存知と思います。事実、その認識は間違っていません。以下の記事内におけるデータのように、平均的に見ると、企業は人手不足の状態で、学生の数ほどの採用枠がある状態です。 現に、19卒の就活での就職内定率は7月には81%、3月には96.7%と、基本的に就職しようと思っているのに就職できないということはほとんどない状態です。 この96.7%すべての人が真剣に自己分析を行っていたと考えると、そうではなさそうです。そう考えると、内定を取るために自己分析をするという考えは余り正しくはなさそうです。 では、自己分析はなぜやるべきなのでしょうか。 自己分析で得られるもの 自己分析とは、そもそもという目的が根本にある行為です。「自分を理解する」ことを具体的に行うことは実は難しく、就活の時期までにそれが完成していると言える方はほとんどいません。 では一体、自己分析をすることでどんなことが得られるのでしょうか。 自分の長所や短所がはっきりわかる まず1つは自分の長所や短所を理解できることです。自分について正しく理解を行っていくことで、”なんとなく”という潜在的な認識が文章化できるほど具体的に引き出されるので、自らのアピールしていくべき特徴がはっきりします。 これがはっきり認識できていると、自分の魅力が深いところまで整理できるので、自分がどのように振る舞うことでのか考えることができます。 そうすると、 企業選びの軸ができる 自己分析によって自らの価値観や人生観を可視化することで、自分がを認識することができます。 それを認識することで、自分が幸せになるためにという軸が生まれます。 そうした軸の中でこそ最も後悔のない選択ができます。 これが、もっとも確固とした企業選びの軸に繋がります。 自己分析のゴールは? 自己分析における本質的なゴールはがはっきりイメージできていて、ことにあります。 それを理解していれば、自分の人生に必要なものが何なのかはっきりし、就活の渡り歩き方で悩むことが少なくなります。また、当然内定をゴールにするような浅い就活を送ることもなくなります。 自分がその状態にあるかどうか判断するためには、以下の三点と、それに対する「なぜ?」に答えられるかで確認できます。 これに心から答えることができ、 となるような状況をゴールとして目指していくことで良い自己分析が行なえます。 自己分析を面接やESに活かす 自己分析を行って自分について理解した後は、それをいかに魅力的に伝えるかについて考える必要があります。 企業が本当に知りたいこと さて、ここであえて企業視点になってみたいと思います。 現代の就活では、ポテンシャル採用という概念が広く浸透しています。ポテンシャル採用とは現段階に置いてという成長性に価値を置いて採用を行うことを指します。 ことポテンシャル採用と言っても、一体何が重視されているのかピンとこないと思います。しかし、この「就職白書」を見ると、企業が何を最も重視しているのかひと目で分かるようになっています。上から、 といったように並んでおり、要はに価値を置いて採用を行っていることがわかります。 キャッチーな伝え方を考える さて、企業がどのような点に価値をおいて採用活動を行っているか理解できたと思います。 さらに、そこにアプローチできるようなキャッチーな伝え方を考えなければなりません。 あなたがどれだけ魅力的でも、伝え方が9割というようにのです。では面接官を惹きつけるキャッチーな伝え方とはどのようなものでしょうか。 魅力の伝わりやすい話し方 魅力を伝えるには文章の構成などの工夫の他にも、例えば面接などでは声のトーンやスピード、仕草などのような話し方のような部分も非常に大切になってきます。 自らの魅力が伝わりやすい話し方というのは、伝えたいことの性質次第で異なってくるため一概には言えませんが、例えばコミュニケーション能力をアピールするには活発で親しみやすさやフレッシュさのようなものを感じさせる話し方が有効かもしれません。 しかし、論理的思考力をアピールする場合は他にもっと適したアピール方法があるでしょう。 余裕があれば一度を”普段の生活から”考えてみましょう。可能であれば、自分と長く一緒にいる人とそこまで近すぎない距離の人から意見を聞いてみましょう。前者は自分の深い部分での魅力的な瞬間を、後者は早期で伝わるような魅力的な瞬間といったようなヒントをあなたに伝えてくれるはずです。 正直、自己分析なんかしなくても内定は取れるけど・・・ 以上のように、正直自己分析なんて行わなくても内定は取れるものの、しっかり自己分析を行わずに就活を始めてしまうと結果的に満足できず、幸せに直結しない就職となってしまいかねません。 就活に限った話ではありませんが、人生で大きな決断を下すときには結果に繋がる可能性が高くなるものです。 自己分析と一言に言っても方法は様々です。自分にあった方法を探して、しっかりと自分のことを理解し、自分の人生を彩ることのできる就職先をみつけ、魅力的に自分を伝えていきましょう。 『 #キミスカ 』はいま話題の逆求人型就活サービスです‼️ 学生の皆さんが自身のプロフィールや就活の進捗を登録→それを見た企業の採用担当者からスカウトメッセージが届く→説明会や面接へGO😉 ▼詳しい内容はこちら▼https://t.co/1iA5yBDkng […]

就活で「やりたいこと」がわからないのはおかしいことじゃない

「あなたのやりたいことは何ですか?」 就職活動では、面接などの場面で必ずこういったを聞かれます。そういった情報や経験から、「やりたいことが見つからず困っている」という悩みを抱える学生に多く出会います。 しかし、そのような悩みが出てきてしまうのは「いかにやりたいことを用意するか」という視点で内定の獲得を扇動しているメディアが多くあることに原因の一端があるように思います。 そもそも、自分の「やりたいこと」いうのは就活のために焦って用意するようなものではありません。自らの人生をより幸せにする為に自発的に思考して見えてくるものなのではないでしょうか。また、根本的に「やりたいこと」がわからないというのは悪いことではありません。少なくとも”内定のために”とってつけたような用意された「やりたいこと」を口にするよりずっとマシなのです。 この記事では理想論ではなく現状の就活システムを踏まえて、なぜ「やりたいこと」がなくても大丈夫なのか、またその際の面接の対処法を解説します。 企業は学生に「やりたいこと」を求める 企業という存在は目的があるものです。その目的は企業によって様々ですが、最もわかりやすく目的がくみ取れる情報はにあります。 例えば、キリン株式会社では といった理念を掲げています。こういった理念があることで、会社の行動を決める価値判断の基準がこの理念に沿っているかどうかというものに統一されます。なぜならこの理念こそが企業の目指す姿、目標だからです。 さて、そんな企業が新卒学生を対象に採用を行っているのがいわゆる就活です。企業の行動指針が理念にあるのだとすれば、新卒を採用するというのも、基本的にはこの企業としての目標である、が目的だと言えます。 自分に当てはめて考えていただければ明確にイメージできるとは思うのですが、人間が最もモチベーションを発揮できるのは自分の「やりたいこと」に向かっている時です。ゆえに、企業としては自社の理念に共感し、お同じ目標に向かって最大のモチベーションを発揮できる人材をもとめて「やりたいこと」就活生に尋ねているのです。 なぜ「やりたいこと」がわからないとダメなのか 上記のような現状を踏まえて、なぜ就活生には「やりたいこと」があるべきとされているのか考えてみましょう。 内定獲得の確度をあげるために「やりたこと」はあるべき 先述したように、企業は自社の理念に沿って最大限のモチベーションで共に働ける人材を求めています。そのため、事実として面接時などに企業の目標に適応する「やりたいこと」をもっているのは、確かに志望動機に強いアドバンテージと言えます。 企業選びをしていくうえで「やりたいこと」は確かにあるべき 就活というのはやはり企業と学生のマッチングに本質があります。であるならば、企業と学生の目標、いわゆる「やりたいこと」は合致していた方がいいのは明白です。自らの「やりたいこと」が明白である場合、就活していくうえでエントリーする企業は自分の「やりたいこと」を実現できる企業となるため、ブレることもほとんどありません。その上、そういった思考回路でエントリーした先では、企業としても求める人材であることが多い為、かなりスムーズに就活を進めることにもつながるでしょう。 それでも、まだ「やりたいこと」はわからなくてもいい 上記のような現状・必要性をふまえても、結論はです。 そもそも「やりたいことを見つけろ」といった主張には一つ大きな欠落があります。それは、ことです。 ほとんどの就活情報サイトでは「就活の終了=内定=就活の成功」とでもいうかのような表現を行っていますが、根本的に就活というのはです。就職してからも転職や独立など様々な選択の機会はあるもの、やはり最初に入る会社というのは大事なものです。その大切な選択は、どう考えても人生規模で考えるべきです。 しかし、現実的に考えて”就活の成功”を人生の最後に振り返って判断するというのは合理的とは言えません。なので、最も本質的かつ現実的な「就活の成功」の定義は ではないでしょうか。もちろん3年後もその会社に所属し続けているかもしれませんし、もしかしたら独立や転職によって離れてしまっているかもしれません。しかし、どんな状況であろうと3年後に就職活動を振り返り「あの時あそこに入社してよかった」と思える就職活動こそが「就活の成功」ではないでしょうか。 そういった「就活の成功」の視点で、改めてマッチングの話について考えてみましょう。 付け焼刃の「やりたいこと」こそミスマッチングの根幹 “内定獲得の確度をあげるために「やりたこと」はあるべき”という主張に何も間違いはありません。正直なところ、採用活動を行っている企業がどのような人材を求めているのかというのは、理念や現在力を入れている事業などを見れば意外と簡単に把握することができます。そこに対して対策を練り、受けのいい「やりたいこと」を用意することはそんなに困難なことではありません。 しかし、そうしたアピールを目的とした「やりたいこと」の先に得た内定はこれからの「就活の成功」を目的とした場合、結果的にミスマッチによる「就活の失敗」につながりやすくなります。 本質的な意味で「就活の成功」を生むのは、自分の「就職する目的」を明確にし、それを企業と共有しあうことです。 やりたいことがわからないなら「就職する目的」を共有する 例えば自分の「やりたいこと」がわからないような状況であっても、自分が「就活する目的」はどこかにあるはずです。人とは幸せを追求する生き物です。どんな行動も、基本的には自分のもとめている幸せの形を実現するためのものでるはずです。自分にとって、就職という行為が、その思い描く幸せに対してどのような形で影響するのか考えた時「就職する目的」が見えてくるはずです。 なりたい自分を実現するために志望している業界があるかもしれませんし、自尊心を高めるために有名企業への入社を希望しているかもしれませんし、自分の可能性を広げるためにベンチャー企業を死亡いているかもしれませんし、実は就職したくないかもしれません。 しかし、どんな幸せの形であれ、自分が今「就活をする」という選択をしている以上、その選択をとっている理由があるはずです。 そして、その理由について自分なりに誠実に考えて、エントリーしている企業に共有してみましょう。企業に合わせて取り繕った「やりたいこと」をつたえるのに比べてきっと内定率はさがってしまうことでしょう。 就活でやりたいことがわからない場合のまとめ 従来の就活では、企業と自分との1対1の関係で就活していくしかなかったことから、この記事のようなといったニュアンスでの就活は困難だったかもしれません。 しかし、『キミスカ』のようなスカウトサービスを利用していくことで、それも可能になります。 『キミスカ』を一言で表すと、自らのプロフィールを公開し、それを読んで関心を持ってくれた企業からスカウトが得られるサービスです。自分のプロフィールを複数の企業が閲覧し、スカウトされるサービスな為、ありのままのプロフィールを一度公開し、スカウトを待っていることで効率的にマッチ度の高い企業と、”ありのままで”関係構築していくことができます。 『キミスカ』には、自分の性格や価値観を客観的に診断できる無料の『適性検査』もあります。「就職の目的」を考えるうえでの自己分析にも非常に有効ので、この記事に共感した方はぜひ利用してみてください! 『 #キミスカ 』はいま話題の逆求人型就活サービスです‼️ 学生の皆さんが自身のプロフィールや就活の進捗を登録→それを見た企業の採用担当者からスカウトメッセージが届く→説明会や面接へGO😉 ▼詳しい内容はこちら▼https://t.co/1iA5yBDkng pic.twitter.com/lQMEjfOrbv — キミスカ 逆求人型就活サービス【公式】 (@Kimisuka1) 2018年3月1日

【スーツレンタルサービス】キミスーツとは…?

  就活って、以外とお金がかかる。 交通費やリクルートスーツ代を含めて、 平均13万5811円(※1)もの出費を強いられている。時間もお金も有限だ。 人生に一度の就活、せっかくなら もっと有意義に使いたい。 『キミスーツ』は就活スーツ・就活グッズを 安価にレンタル・販売できるサービスを提供します。 レンタル商品は先着限定100着での受付となりますのでお早めにご注文ください。 【一部商品紹介】 キミスーツで節約したお金で 有意義な就活をおくろう! 【リクルートスーツ、レンタルでいい説】 就活では平均13万円も出費があると その中でもリクスーは出費が痛いもの キミスカ思ったんですけど、良いスーツが安価で3ヶ月レンタルできればもう最強じゃないですか? キミスカ×国産ブランドBONMAX キミスーツはじめましたhttps://t.co/1ym4MNc51c — キミスカ 逆求人型就活サービス【公式】 (@Kimisuka1) 2019年1月8日

【例文】就活コンサルタントが選んだ渾身の「自己PR」~ホッケー日本代表…のベンチ!?編~

先日、することで、素敵な自己PRを増やそう!という趣旨で、キミスカのメルマガ会員限定で行われた「すべての自己PRフィードバック作戦」。 その中から選ばれた、最高に素敵な自己PRの中の1つを本記事で紹介いたします。 自己PR例 この自己PRのポイント  そもそも企業は自己PRで何を見たいの? そもそも企業はなぜ自己PRという項目を設けているか考えたことはりますか?当然、就活において自己PRが存在するには理由があります。 株式会社リクルートキャリアによる調査によると、 以上から、企業は「人柄」への注目度が圧倒的に高いことがわかっています。企業が最も見ているのは依然として人柄であり、企業側は”一緒に働きたいと思える人材か。”という目線で見ていると言えます。そこに至る価値判断は企業によってさまざまではありますが、 そのため最も大きな場が自己PRというわけなのです。 自己PRで「一緒に働きたい」と思わせるために 自己PRにおいて、企業に一緒に働きたいと思わせるためにまず必要なことは、当然読んでもらえる文書であることです。 結論から書きだしていること 文章が長くても、内容がわかりやすく簡潔であること は最低限守るべきだと言えるでしょう。 また、残念ながら就活において自己PRとはウソのつかれやすい項目として知られています。虚偽の大げさで一見華やかな自己PRを述べることで高評価を得ようとする学生が多々いるため、人事側の基本的なスタンスとしては疑いの目から始まっていると考えてください。そこで具体性が求められるのです。以下は説得力のある自己PRをするために心掛けるべきことです。 自分の長所が活かされたエピソードがある そのエピソードの中で、明確な成果が出ている その成果を生むにつながった施策がある どんな考えでその施策を行ったか述べられている そして最後に会社は目の前の人材を採用することで会社にどんな利益をもたらしてくれるかを考えています。 つまり、あなたは「あなたの長所が会社で役に立つこと」をアピールするのも忘れてはいけないのです。 以上のようなことを意識すると、話の構成は自然と 以上のようになります。 企業に自己PRを行う上で、ことは必ず認識すべきでしょう。 しかし、必ずこのように自己PRを行わなければいけないわけではありません。自己PRをする目的であることにに最も適しているとされているのがこの型であるだけで、もしあなたがそのでしょう。もしかしたら、その方があなたの「人柄を魅力的に伝える」ことにつながるかもしれません。 例えばゼミ活動をアピールするにあたって「どんなことをしているゼミなのか」「どんなポジションを任されていたのか」等に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなゼミ活動をしていていて、 この記事の例のいいところや改善できるところを自分で考え、あなただけの自己PRを作ってくださいね。 さいごに 「本当にスカウトされた」ゼミ活動についての自己PR例はいかがでしたか?おそらく、いざ自己PRを書く際には、疑問や不安が多々出てくると思います。もしかしたら自分の長所自体に自信がなくなってしまうかもしれません。 客観的視点からのコメントは大きなヒントになることがあります。しかし、あくまで自分のこと。外の意見は第3者の一つの意見として、鵜呑みにしすぎない程度に吸収し、そのうえで 客観的意見を取り入れるためのツールとして最もおすすめなのは友人や先輩、家族ではありますが、こちらの適性検査も大きく役立ちます。 適性検査では150問の選択式の質問に答えていくだけで あなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかります。 また、人物像についてコメントされ、各能力が折れ線グラフで可視化されるので、 自分の特徴は何か? どんなところを気を付ければ良いか を客観的に見ることができます。 自分を知るうえで、客観的な分析を行いたい際にはぜひ受験してみてください! ⇒適性検査を受検するには 今回行われたキャンペーン