就活の面接に必要な持ち物は?選び方やあると便利な物をご紹介!

面接の準備として面接対策も大切ですが、面接当日に忘れ物をしないために持ち物をよく確認することも大切です。必須になるものはもちろんのこと、あると便利なアイテムを入れておくことで心に余裕が生まれます。

この記事では、就活の面接で必ず持って おくべき持ち物と、あると便利な持ち物について解説していきます。この記事を読みながら荷造りをし、面接当日に慌てることがないように備えておきましょう。

就活の面接に必須な持ち物

まずは、面接の時に必ず持っていくべき持ち物をご紹介していきます。必要になる理由や選び方なども解説しているので、面接に行く前に忘れ物がないかをチェックしておきましょう。

【就活の面接に必須な持ち物】①A4サイズが折らずに入るカバン

就活用のカバンは、必ずA4サイズの書類が入るものを選んでください。パンフレットや資料は大体A4サイズですし、履歴書やエントリーシートも折らずに持ち運べます。

ペンケースや貴重品などの他のアイテムも入れることを考えると、マチに余裕のあるカバンを持っていると安心です。また、雨が降ることを想定して、防水加工が施されている素材を選ぶのもおすすめ。書類が濡れてしまうことを防げますよ。就活のカバンは自立しないとだらしない印象を与えてしまいます。必ず自立するものを選ぶようにしましょう。

【就活の面接に必須な持ち物】②財布・携帯などの貴重品類

移動に必要になる財布と、万が一の時に連絡ができる携帯電話も必ず持っておきたい持ち物です。財布には面接会場までの電車賃はもちろん、いざという時のためにタクシー代を持っていると安心です。

携帯電話には、面接を受ける会社の連絡先や住所を事前に登録しておきましょう。すぐに連絡先や住所が見られるようにしておけば、迷ってしまった時もナビ機能ですぐに目的地へ向かえるでしょう。遅刻しそうになった時や道に迷った時に、すぐに連絡ができるようにしておくのは社会人の基本です 。

携帯電話のバイブ音は意外に響きやすく、会場に響いてしまうことがあります。面接会場に着いたら電源を切るか、バイブ音のならない機内モードに設定しておいてくださいね。

【就活の面接に必須な持ち物】③ハンカチ・ティッシュ

最近の若い人は持っていないことが多いハンカチやティッシュは、社会人の身だしなみのひとつとしてカバンに入れておきたい持ち物です。「濡れた手のままお手洗いから出る」「鼻がかめずにずっとすすっている」状態になるのは絶対に避けましょう。清潔感がない学生だという印象を与えてしまい かねません。

ハンカチに関してはとくに「これがいい」という決まりはありません。しかし、ビジネスシーンでも使用できる、落ち着いたデザインのものがおすすめです。男性なら黒や紺のシックなデザイン、女性なら白やパステルカラーの清潔感のあるデザインを選べば、就職後も使用できますよ。

【就活の面接に必須な持ち物】④筆記用具・メモ帳

筆記用具やメモ帳も就活の必須アイテムです。面接と一緒に筆記試験を行う時はもちろんのこと、アンケートなどの記入の際にも必要になってきます。面接官に借りることになってしまわないように、スーツの内側の胸ポケットに入れるなど、就活中はいつも筆記用具を持ち歩くよう心がけてください。

筆記用具は、書類の記入漏れが見つかった場合にも対応できるように、書類の記入に使ったのと同じものを持っておくと安心ですよ。面接などで質問したことは、忘れないうちにメモに取って残しておく習慣をつけておきましょう。

【就活の面接に必須な持ち物】⑤シンプルな腕時計

普段はスマホで時間を確認している人も、面接では必ず腕時計をつけるようにしてください。面接中や説明会の最中にスマホで時間確認をすることは、マナー違反と思われることが あります。また、腕時計をしていないと時間にルーズだと思われるリスクも 考えられます。

腕時計を選ぶ時は、カジュアルすぎるものは避けましょう。ビジネスシーンに適した、スーツと相性がいいデザインのものを選んでくださいね。

【就活の面接に必須な持ち物】⑥企業から指定された提出書類など

エントリーシートや履歴書など、指定された書類は忘れずに持っていきましょう。指示がない時でも、応募書類のコピーはカバンに入れておくようにしてください。事前に言われていなくても、当日になって提出を求められることもあるからです。

また、直前に読み返すことで、どんなことをアピールしたいのかを改めて整理できます。提出書類との一貫性がある受け答えができれば、面接で好印象を残せますよ。

就活の面接であると便利な持ち物

ここからは、必須ではありませんが、あると便利な持ち物についてご紹介していきます。この中から自分に必要だと思うものをピックアップしてカバンに入れてくださいね。

【就活の面接であると便利な持ち物】①学生証

学生証の持参は必須ではありませんが、場合によっては面接で提示させられるケースがあります。また、企業のセキュリティの関係上、写真付きの身分証明証が必要になることもあります。そのため、就活中は常に大学の学生証を持ち歩いておくと安心ですよ。

【就活の面接であると便利な持ち物】②折り たたみ傘

会場に向かっている途中に、突然雨が降ることもあるでしょう。「途中でにわか雨に遭い、スーツが濡れてしまった…」といった事態にならないように、念のため折りたたみ傘をカバンに入れておくようにしましょう。

あらかじめ雨が降ることが分かっている場合は、濡れた足もとなどを拭けるタオルハンカチなども持っておくと安心です。

【就活の面接であると便利な持ち物】③スケジュール帳

面接がうまくいけば、その場で次回の面接日程を提案される場合もあります。就活の日程を管理しているスケジュール手帳を使用している方は、持参しておくとその場で日程調整 をスムーズに行えます。

もちろん、携帯のスケジュール管理アプリでも問題ありません。スケジュール帳を使う習慣がない方も、就活中はアプリなどで予定を管理しておくようにしましょう。

【就活の面接であると便利な持ち物】④携帯用靴磨き

面接会場に向かう途中で靴が汚れてしまうこともあります。就活では第一印象が非常に大切なので、汚れた靴で面接に挑むことは避けたいものです。携帯用の靴磨きを持参しておけば、万が一靴が汚れてしまってもその場で対処できます。足もとを見て気になるようであれば、会場到着前に磨いておくようにしましょう。

【就活の面接であると便利な持ち物】⑤コンタクトやストッキングの予備

「コンタクトを落としてしまった」「ストッキングが伝線してしまった」などのトラブルを想定し、予備を持参しておいてください。こういったトラブルにも冷静に対応できれば、心を落ち着けて面接に挑むことができますよ。

また、コンタクトの方は念のためにメガネも持っていくようにしましょう。「目が充血してしまった」「ゴミが入って痛くなってしまった」という時も、メガネに替えて面接に挑めます。

【就活の面接であると便利な持ち物】⑥自己分析・業界研究ノート

今まで自分がしてきた自己分析や業界研究をまとめたノートがあれば、面接に持参しておくことをおすすめします。面接前に見直して会社の詳細を再確認できますし、「こんなに頑張ったんだから大丈夫!」と心を落ち着かせることができます。

どんなに自宅で自己分析や業界研究をしても、面接の緊張で内容が飛んでしまうこともあります。直前まで研究内容を見ておくことで、アピールしたいことを面接で忘れずに伝えられるようになるでしょう。

【就活の面接であると便利な持ち物】⑦お化粧直し用の化粧品

女性は、突然の悪天候や汗でお化粧が崩れることを想定し、メイク直しができる化粧品を持ち歩いておきましょう。どんな化粧品が必要になるかは人それぞれですが、特にファンデーションとアイブロウ、口紅を持っておけば安心です。コンパクトなポーチにまとめ、スッキリと持ち運べるようにしておいてくださいね。ただし、面接会場のビルのトイレは社員の方が使う可能性もあるので、会場近くでお化粧直しをするのが無難です。

【就活の面接であると便利な持ち物】⑧モバイルバッテリー

携帯電話の充電がなくなって、遅刻の連絡ができなかったり目的地にたどり着けなかったりすると一大事です。充電がなくなっても対処できるように、モバイルバッテリーも持ち歩いておきましょう。

最近はカフェなどでも充電ができるようになってきました。モバイルバッテリーを持っていない場合は、充電器を持ち歩いていざという時に備えておくようにしてください。

【就活の面接であると便利な持ち物】⑨歯ブラシや整髪剤

面接前に食事をする場合は、歯ブラシを持っていきましょう。面接前に歯を磨けば気分がリフレッシュしますし、エチケットにもなります。

また、面接に行く前に風で髪が乱れてしまう可能性もあるため、整髪料もカバンに入れておくと便利です。会場のお手洗いを借りる可能性があることも考えると、無香料のものを選ぶとベターです。

自分に何が必要か考えて面接の荷造りをしよう!

ここまで、面接の時にあると便利なものをたくさん紹介してきました。必須になるもの以外は、持っていかなくても問題ないアイテムです。しかし、カバンに入れておくと、「万が一のトラブルにも対処ができる」という心の安定につながりますよ。

就活の持ち物に、これと言った正解は ないため、自分に必要なさそうなものをあえて持っていく必要はありません。しかし、少しでもトラブルに対する不安がある方は、自分に何が必要なのかを考えて持ち物をカスタマイズしてくださいね。

就活の面接に必要な持ち物は、早めに荷造りしておこう!

就活の面接で必要になる持ち物は意外にたくさんあります。当日や前日の夜に荷造りをすると足りないものが出てきてしまうため、早めに荷造りをするようにしましょう。そうすれば、面接直前に忘れ物をして慌てることがなくなりますよ。

就活の面接で必須な持ち物を入れておくのは言うまでもなく、自分が必要だと感じる持ち物も念のため持っていくことをおすすめします。しっかりと準備をしておけば心の落ち着きにもつながり、面接でよりあなたらしさが発揮できるようになりますよ。