「本当にスカウトされた」自己PR集 ~長所別・活動別~

本当にスカウトされた自己PR集

自己PRを参考にするなら「本当にスカウト」されている例を

自己PRは、就活をしていくうえで避けては通れない道です。
世の中には多くの自己PRがあり、その中でいかに自分の魅力を伝えて興味を持たせられるか。カンタンなようで奥が深いのが自己PRなのかもしれません。

そんな中で、「じゃあ自己PR書こう!」と思っていきなりかけるほど器用な人間はそう多くありません。だからこそ「自己PR 書き方」や「自己PR 例」など検索したり、こういった記事をみて勉強していいものを創ろうとするのです。
ただ、せっかくなので勉強するにしても本当にいい記事で勉強したいところです。そこで、本記事では【「本当にスカウトされた」自己PR集 ~長所・活動別~】と題して、就活サイトで本当に多くスカウトされている自己PRを特集します。
きっと参考になる例文が見つかりますよ。


長所別 自己PR例文

長所別 自己PR例文

コミュニケーション能力の例文

コミュニケーション能力は、一般社団法人 日本経済団体連合会の「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」で15年連続最も重視されていることがわかっています。当然企業にアピールできたら強い項目ではありますが、それだけに同様のアピールを行う学生は数多くいます。そもそもコミュ力とはなかなかに抽象的な概念です。例えばそれは盛り上げるのが上手なコミュ力なのか、目の前の相手から信頼を得るのが上手いのか等、活かし方は多岐にわたるでしょう。その上面接という場に至った際にここまで如実にその程度が見られるものも少ないものです。 コミュニケーション能力をアピールするうえで、自分はどのようなコミュニケーションを行い、その結果どんな価値を生み出せるのかをしっかりと理解していおくといいかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~コミュニケーション能力の例文~

リーダーシップの例文

 リーダーシップとは誰が見ても魅力的な要素の一つで、当然学生がアピールしたがる要素の一つです。しかし、なぜそれが魅力的なのか考えれば、本来それが希少なものであるからに他なりません。にも拘らず多くの学生が主張してくるため、基本的にそアピールに対して相手は必要以上に俯瞰的になっていることでしょう。この項目は他と比較しても圧倒的に具体性と説得力が求められます。 課題に対して「どのように考え」、「具体的にどんな行動」をして「どのような結果」を出したのかしっかり考える必要があるかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~リーダーシップの例文~

協調性の例文

 組織に所属するという点において、この協調性は例外なく必要とされます。求められる個性はすべて最低限の協調性の上に成り立っているといっても過言ではないでしょう。それだけ重要視されるこの協調性、かたや自分のアピールポイントとして売り出すのは非常に難しいかもしれません。協調性の特出をアピールする学生が会社に大きな益を生み出すイメージをすることは容易ではないからです。しかし、それは多くの学生が協調性をアピールすることによる信頼の低下に起因します。かたや、「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」では4番目に重要視されているなど、本来はニーズの高い長所であるはずなのです。いかにして自らの協調性を企業にイメージさせるかを意識してあなただけの自己PRを作ってくださいね。「本当にスカウトされた」自己PR集~協調性の例文~

責任感の例文

 社会人と学生との違いに責任を挙げる方が多くいらっしゃいます。それだけ重要なキーであるこの責任感ですが、ある意味あって当然と思われがちで、意外とアピールするのは難しいものです。かたや、学生は責任感がないという不満を持つ声もよく聞きます。そんな中、 自らに備わった責任感を最大限効果的に伝えるうえで必要なのはやはり説得力かもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~責任感の例文~

気配りの例文

 気配りというのは相手の状況からニーズを瞬時に把握して、人のためになることを率先して行う力のことです。これは気配りと一言で言ってしまえば簡素ではありますが、その実非常に高度な長所であると言えます。また、特に営業などの職種において非常に重宝されるため、効果的にアピールすることができれば非常に強力です。一方で、その奥深さゆえ、一言に「気配りが得意」といっても、そこに説得力を持たせるのは非常に難易度が高いものです。その 気配りを行う際にどんな施行を行っているのか、それが空回りしていない根拠はどこにあるのか等、自身の哲学のような部分が求められるのかもしれません。
「本当にスカウトされた」自己PR集~気配りの例文~

向上心の例文

向上心とは成長の源です。強い向上心は、新たなスキルの習得や困難な課題を達成する助けにさえなります。かたや、それを説得力を持って相手に訴えかけるのは比較的高い難易度を誇ります。というのも、可視化が非常に難しいからです。 向上心という抽象的な概念を訴えかけるのに必要なのは、それをもとに現れた具体的な成果や取り組みを客観的に伝えることかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~向上心の例文~

負けず嫌いの例文

 負けず嫌いという他に対する競争心は、時として圧倒的な自己成長をもたらす強力な武器です。しかし、その一方で 自らの価値判断を周囲という相対的なものの中にゆだねてしまっているかもしれない ことは認識しなければなりません。それが悪いことだという意味ではなく、その周囲の環境次第で自身の成長スピードが大きく変わってしまう恐れがあるということです。そういった 不安視される要素を把握したうえで、自らがどのように目標を置き前進してきたのかを考えてみるといいかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~負けず嫌いの例文~

真面目の例文

 基本的に真面目であることは好評価につながります。かたや、その真面目さをの武器として使っていくのは、深く考えなければ危険かもしれません。真面目という概念は人によって定義があいまいなもので、聞くと「熱心に仕事してくれそう」と考える人もいれば、「頭が固くて使えなさそう」と考える方もいます。 真面目さをアピールしていくうえで必要なのは、いかにそこから生み出される価値を相手にイメージさせられるか、そしていかに先回りして相手の不安を打ち消すかにあるのかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~真面目の例文~

素直さの例文

 残酷な話ではありますが、そもそも学生にすぐさま活躍してくれるような即戦力を求めている会社はそう多くありません。しかし、良くとらえれば”そこからいかに戦力に育つ人材なのか”で採用を行っているとも言えます。その観点で見たときに素直さは大きな長所でしょう。素直であることは、比較的柔軟にいいものを吸収することができる準備が整っていることを意味します。それを悪く思う企業はそう多くないでしょう。ただし、それを魅力として売り出すにはあまりに保守的な特性であることは否めません。この強力な魅力を効果的にアピールするには、 自分が過去にどんな能力を素直さから吸収して成長してきたのかを具体的に伝えるのが有効なのかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~素直さの例文~

継続力の例文

 ”成功を手にする最大の秘訣は継続である”とよく言われるように、この継続力というのは非常に重要でいて心がけることの難しい素晴らしい長所です。しかし、自己PRでは個人の能力とともに「会社が自身を採用することでどんな利益があるのか」を認識させねばなりません。その継続力が会社にどんなメリットをもたらすのかイメージさせる必要があるのです。それをするには、 具体的にその継続力がどんな価値を生み出すことにつながるのか伝えられるよう工夫する必要があるかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~継続力の例文~

主体性の例文

 一般社団法人 日本経済団体連合会によると、主体性は「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」で9年連続2番目に重視されていることがわかっています。しかしやはり同様のアピールを行う学生は多くいます。そもそも主体性は単体では何も生み出しません。主体性が引き金となって価値を生み出すのです。だとすれば、 その主体性もってして何を生み出したのか、何を生み出すことができるのか考える必要があるのかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~主体性の例文~

活動別 自己PR例文

活動別 自己PR例文

サークルの例文

 例えばサークルでの活動をアピールするにあたって「どんなことをしているサークルなのか」に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなサークルにいて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~サークルの例文~

インターンシップの例文

 例えばインターンシップ活動をアピールするにあたって「どこのインターンシップなのか」「どんなポジションを任されていたのか」等に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなインターンシップ活動をしていていて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~インターンシップの例文~

ゼミの例文

 例えばゼミ活動をアピールするにあたって「どんなことをしているゼミなのか」「どんなポジションを任されていたのか」等に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなゼミ活動をしていていて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~ゼミの例文~

アルバイトの例文

 例えばアルバイト活動をアピールするにあたって「どんなことをしているアルバイトなのか」「どんなポジションを任されていたのか」等に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなアルバイトをしていていて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~アルバイトの例文~

さいごに

 「本当にスカウトされた」自己PR例はいかがでしたか?おそらく、いざ自己PRを書く際には、疑問や不安が多々出てくると思います。もしかしたら自分の長所自体に自信がなくなってしまうかもしれません。

 そんな時は第三者の意見も拾ってみましょう。 客観的視点からのコメントは大きなヒントになることがあります。しかし、あくまで自分のこと。外の意見は第3者の一つの意見として、鵜呑みにしすぎない程度に吸収し、そのうえで 自ら思考して結論を出しましょう。 

客観的意見を取り入れるためのツールとして最もおすすめなのは友人や先輩、家族ではありますが、こちらの適性検査も大きく役立ちます。

適性検査

 適性検査では150問の選択式の質問に答えていくだけで
あなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかります。

また、人物像についてコメントされ、各能力が折れ線グラフで可視化されるので、

  • 自分の特徴は何か?
  • どんなところを気を付ければ良いか

を客観的に見ることができます。
自分を知るうえで、客観的な分析を行いたい際にはぜひ受験してみてください!

⇒適性検査を受検するには