自己PRの書き方完全解説【スカウトされた先輩の例文付き】

自己PR完全解説

自己PRを書くときに、自分を理解する必要があるか知っていましたか?人事は自己PRにおいて人柄を見ていると知っていましたか?自己PRはただいい例を参考にするだけでは人事に評価されないって知っていましたか?自己PRは経歴が派手なら良いわけではないと知っていましたか?人事に評価されるだけが良い自己PRではないと知っていましたか?

あなたは、就活を成功に導く自己PRの書き方を知っていますか?

この記事では人事が評価する自己PRではなく、内定が取れる自己PRではなく、自分自身がほんとうの意味で就活を成功させることにつながる自己PRの書き方を解説していきます。

自己PRとは

そもそも自己PRとは、自分の魅力を面接官に伝える場です。ES(エントリーシート)にしろ、面接にしろ、自分がどういった人間なのかを伝えてることで、人事に「なぜ採用すべきなのか」を伝えることを目的とする場です。

「私の長所は◯◯です」
「私は〇〇な人間です」

よく聞くこれらのようなフレーズはいずれも自己PRで使われるもので、頻出するフレーズになっています。「頻出するフレーズがある」ということからもわかるように、自己PRはワンパターンになりやすいものです。それは、就活のサポートをするサイトやキャリアセンターに就活本など、どこをみても同じような方法論を解説しているからというのが背景にあります。自己PRが自分の魅力を伝える場であるなら、個性的で魅力のある内容が良いに決まっています。しかし、自己PRが就活で非常に重要であるがゆえに、多くの就活生はリスクを避けて同じような内容になってしまいがちなのです。

当然、自己PRは、就活において多くの場面で求められます。しかし、なぜ自己PRはこんなにも企業に重要視されているのでしょうか?その理由は採用の背景を見ればわかります。

自己PRから人事は人間性を見ている

なぜ自己PRを見るのか
そもそも企業はなぜ自己PRという項目を設けているか考えたことはありますか?当然、就活において自己PRが存在するには理由があります。学生の中にはよく「企業は即戦力を求めている」と考えて自信をなくしてしまう方がいます。しかしその必要はありません。この方ように即戦力な人材も稀にいるものの、社会経験のない学生に対し即戦力を求めることは現実的ではなく、企業もそれを認識しています。むしろ教育すること前提での伸びしろ、つまり”ポテンシャル”が非常に重視されているのが現状です。

株式会社リクルートキャリアによる調査によると、

企業が重視している項目は
「人柄」(92.1%)
「自社への熱意」(77.6%)
「今後の可能性(65.6%)
の順に高かった。
株式会社リクルートキャリア 「就職白書2018 -採用活動・就職活動編-」

以上からも、企業は「人柄」への注目度が圧倒的に高いことがわかっています。企業が最も見ているのは人柄であり、人柄からどれだけポテンシャルのある人材かを判断しようとしているのです。一言に伸びるといっても、伸びると感じさせる要素は非常に複雑です。「向上心」はもちろん、「会社に馴染むか」であったり。また、企業はそこに至る価値判断は企業によってさまざまではありますが、 学生は、選考を通して自分の魅力を伝えることで”採用したら成長しそうだ”と思わせなければならないのです。  それを伝えるため最も大きな場が自己PRというわけです。

企業が自己PRで知りたいのは「自社が必要とする特徴を持っているか」

人柄がポテンシャルを見る上で非常に重視されていることはわかったかと思いますが、人柄がどう重要なのかはあまりイメージできていないかもしれません。現在採用において「ミスマッチ」という課題があります。「ミスマッチ」とは、就職後の学生と企業の間で”就活時には見えなかったギャップ”が発生し、就職に対する満足度が低くなり、生産性が上がらなかったり退職などにつながったりする現象のことです。

以下の記事はその実情を非常にわかりやすく取り上げています。

企業はこれに対し、人柄を構成する「価値観」や「目標」「性格」などといった部分を加味して相性の良いマッチングを重視することで、一つ一つの採用の効果を最大化しようとしています。この”相性”が人柄においてもかなり重要視されています。
もちろん、この”相性”もポテンシャルにおける大きな一部です。

そういった観点から、マッチングという意味で「自社が必要とする特徴を持っているか」が選考の本質になります。自分の人柄が企業にフィットするか、会社が必要とする特徴を持っているかについて意識し、最大限効果的なアプローチを考えていきましょう。

自己PRを書く前に、自己分析は済んだ?

まず自分の自己PRを書き始める前に、必ず済ませて置かなければならないものがあります。それが「自己分析」です。自己分析とは、自分を理解するための手段です。自己PRが自分の魅力を伝える場であるなら、当然自分についてしっかりと理解しておく必要があります。自分への理解が中途半端な状態でES(エントリーシート)をかけたとしても、面接の際に深掘りされると魅力を伝えられません。しっかりと自分を見つめ直し、明確に自分について理解が進んでから自信を持って自己PRの作成に取り組みましょう。

多くの就活メディアで「自己PRは企業毎に変えよう」といったアドバイスが散見されていますが、本サイトではそれを推奨しません。
自己分析の記事で繰り返し述べている通り、就活とは内定が目的なのではなく自分の人生を幸福なものにするための手段でしかないからです。

「なぜ就職をするんですか?」

あなたはこの質問に対して明確な返答が行えるでしょうか?そもそも就職の目的とは自分の人生をより幸せなものにすることであるはずです。つまり、

「自分の幸せを手に入れるには”今”何をすればいいのか」

これが明確になっていることで、はじめて就職の目的が完成するのです。就活において、とにかく認識しなくてはならないのは『就職は手段に過ぎないということ』です。就職というものが自分の幸せを実現するための手段に過ぎないことさえ把握することができれば、自分の就活の目的を定義することができます。自己分析を行うことで、自分の人生観や価値観を再認識することができます。そこから自分の人生の目的が見えてくれば、就職というものが自分の人生にとってどのような存在なのか認識することができます。

自己分析について、以下の記事が自己分析をすることのメリットや最強の自己分析法について詳細に解説しています。まだ自分への理解度に不安がある場合は必ず一読しましょう。

自己PRの書き方

”I don’t care what you’re doing or what you’re trying to accomplish; you can’t skip fundamentals if you want to be the best.”
(何をやっているか、何を達成しようとしているかなんて関係ない。何事ももし一番になりたいんだったら、基礎基本は絶対外せないんだ。)

これはマイケル・ジョーダンの言葉です。自己PRは個性が非常に重要であるものの、基本を知らずに個性を表現するのは難しいものです。基礎をしっかり定着させた上で独創的な自己PRをつくることが、やはり魅力的な自己PRに繋がります。以下は自己PRにおける最も基本的な作り方について解説します。まずは例文を見てみましょう。

【自己PR例】

私の強みは働きやすい環境を作れることです。
現在、コンビニでアルバイトをしており、店長から新人アルバイト研修などを任されていますが、例えば、自作のマニュアルを作成しました。そこには、自分が経験してきたからわかるトラブルの対処の仕方など、気をつけるところなどを記載します。また、30分早く出社し、自分の仕事を終わらし、新人の方を手伝うこともします。クレーム対応も率先して引き受けます。このように気配りをすることにより、働きやすい環境が生まるからです。
すると、接客なども自然に上達し、顧客満足度の上昇にも繋がっていきました。働きやすい環境を作ることで、従業員の皆さんは安心して働け、自然に接客なども上達することを学びました。働きやすい環境づくりはとても大切なことであると確信しています。

この例文を踏まえて、自己PRの作り方を解説していきます。

自己PRの基本はPREP法

就活において自己PRは必ず結論を先に書くよう説明されることと思います。これは実はPREP法という文章構成法が参考にされています。物事を伝えるには

  1. Point:要点
  2. Reason:理由
  3. Example:具体例
  4. Point:要点

の順序で伝えるのが有効であるとする手法です。自己PRの書き方を解説しているあらゆるメディアで「結論を最初に、具体例となるエピソードを書いてから最後にで意欲を伝える」といった旨の書き方を解説していますが、上記を見れば分かる通りこれはPREP法の応用的な構文になっているのです。このPREP法というのは、ビジネスに於いて最も効率的に自分の主張を相手に伝える手法として有名なものです。先程の自己PR例と照らし合わせてみると、

  • 私の強みは働きやすい環境を作れることです。

ここで最初に自分のPRポイントがどこに有るかという結論を提示していることがわかるかと思います。次に、

  • 例えば、自作のマニュアルを〜〜働きやすい環境が生まるからです。

の箇所にて、自分のPRポイントが長所となりうる理由となる動機と実際に行った取り組みが描かれています。それ以降の文では実際にどのような改善が起きたのかという「具体例」と、改めて自分のPRポイントの重要性を訴える形で「要点」を取り上げています。

このような構文はビジネスでも一般的に使われているもので、頭に入りやすい文章を簡単に作成することができます。必ずというわけではありませんが、よほどいいアイデアがない限りは基本的にこの形に最適化した自己PRを作成することをおすすめします。

自分のPRポイントを明確にする

まず要点において大事なのは自分のPRしたいポイントを明確にすることです。自己分析の中で明確にした自分の魅力を、どのように相手に伝えれば響いてくれるかを考える必要があります。もちろん「どう伝えれば相手に響くか」というのは、企業毎にPRすることを変えるということではありません。自分の魅力を企業目線からも魅力に映るような伝え方を考えなくてはならないということです。例えば自分の長所が「気配り」だったとして、

  • 私の長所は気配りができることです
  • 私の強みは働きやすい環境を作れることです

この2つの伝え方があるとしたら、企業は確実に後者のほうが魅力をイメージしやすいはずです。魅力をイメージできるということは、採用にいたるメリットが具体化できているということになります。多くの就活生はここで「私の長所は〇〇です」と、単ワードで伝えようとしてしまっていますが、これは周りと差別化できずに埋もれてしまう上に魅力をイメージさせる力に欠けるので、自分のPRしたい部分について深掘りし、それを相手にイメージさせられるように工夫しましょう。

自分の考え方が伝わるエピソードを盛り込む

理由/具体例については考え方が伝わるエピソードを盛り込むことで先述した自分のPRポイントに「説得力」と「具体性」をもたせることができます。説得力と具体性がいかに重要かという点においては、現在の就活における背景について考えればイメージしやすいかもしれません。

現在就活は、このような悲観的な意見が交流され、「嘘つき大会」であると揶揄されるほどに虚偽と誇張にあふれているのが現実です。そんな中でどのようにして自己PRを魅力付するか考えると、

  1. 「信憑性」
  2. 「独自性」
  3. 「企業とのマッチ度」

の3軸になります。なぜなら、この環境下で人事は基本的に自己PRに対して「信憑性」を疑い、他者と違う「独自性」があって、それが採用のニーズを満たすような「企業とマッチ」しているものかを判断しているからです。先程のPRポイントについて「独自性」を工夫できたら、次は「信憑性」についても伝えるべきです。そこで役に立つのが「エピソード」です。自分のPRするものに対して、根拠となるエピソードにて具体的に自分の思考回路が伝わることで、自己PRに対する信憑性が増します。また、ここでのエピソードにも工夫によって「独自性」をもたせることができます。

実は「独自性」をもたせるのはそんなに難しいことではありません。しかし、自分のエピソードに自身がないからか多くの就活生は”ちょっと盛る”傾向にあります。この”ちょっと盛る”ことで「独自性」が強化されるのなら良いのですが、多くの場合は「独自性」が隠れてしまっています。大事なのは自分の思考回路をもって人柄を伝えることであるということを認識せずに盛ろうとすると、以下のツイートのような状態になります。

もちろんみんながみんな面白い経験をしてきているわけではないと思います。しかし、ありきたりな経験だって表現の仕方次第で一気に「独自性」のもった唯一のエピソードになります。本記事で扱う自己PRの例では以下はバイトというありきたりな経験を見事に「独自性」あふれるものにしています。改めて例を見てみましょう

【自己PRエピソード例】

私の強みは働きやすい環境を作ることです。
現在、コンビニでアルバイトをしており、店長から新人アルバイト研修などを任されていますが、例えば、自作のマニュアルを作成しました。そこには、自分が経験してきたからわかるトラブルの対処の仕方など、気をつけるところなどを記載します。また、30分早く出社し、自分の仕事を終わし、新人の方を手伝うこともします。クレーム対応も率先して引き受けます。このように気配りをすることにより、働きやすい環境が生まるからです。
すると、接客なども自然に上達し、顧客満足度の上昇にも繋がっていきました。働きやすい環境を作ることで、従業員の皆さんは安心して働け、自然に接客なども上達することを学びました。働きやすい環境づくりはとても大切なことであると確信しています。

上記のエピソード例では、以下のような工夫が見られます。

  1. ただ「気配りを意識して積極的に会話をすることで」のような抽象だけでは得られない説得力を与えるために具体的な取り組みを書いている
  2. 具体的な取り組みに加えて自分の考え方や目的も添えることで、自身の思考回路、仕事感、哲学が伝わるようにしている

これらによって、自身のPRに対して説得力を持って「信憑性」を付与することができています。

「バイトでは、長所である気配りで周囲の信頼を獲得し、最終的には新人育成までも任され、顧客満足度の上昇を実現するに至りました。」

といった内容であれば、一体どのような点が評価されてそれを成し遂げることができたのかイメージすることが難しかったはずです。しかし、具体的に意識していたことを具体的にまとめ、かつ企業側がイメージしやすい形に表すことで圧倒的に魅力的に映る形になっています。また、ここまで具体的になっていると必然的に個性的な自己PRになります。なぜなら、多くの自己PRが個性的でないのは具体性が欠如していることが起因しているからです。自分が課題に対してどう考え、具体的にどのようにアプローチしたかを深掘りした自己PRを作成しましょう。

自己PRの書き方で気をつけたいこと

自己PRを作成するにあたって注意すべきこととして、志望動機とは明確に違うものであるということを意識しなければなりません。志望動機とは、「対象の企業に対して入社したいと思う理由」です。しかし、自己PRと志望動機を混同してしまう学生が多くいます。確かに会社に対する熱意は大きく評価される対象であるため自己PRとして盛り込みたくなるのもわかりますが、あくまで自己PRにおいて企業が知りたいのはあなた自身の人間性と特性です。自分がどんな考え方をする人間で、どんなことをしてきたのかを伝える場として活用し、自分がなぜ・いかにその会社に入りたいかは志望動機の項目で大いに語ってください。

また、志望動機は企業毎に作成してしかるべきものですが自己PRはそうではありません。企業毎に自分のPRを変えるのではなく、自分のありのままの自己PRを魅力に思ってくれる企業を探すことが自分の就職における満足度を大きく変えてくれるからです。自分自身がまず偽らないことで、能動的にミスマッチを防いでいきましょう。

自己PRを参考にするなら「本当にスカウト」されている例を

以上のように、自己PRは就活をしていくうえで避けては通れない道です。世の中には多くの自己PRがあり、その中でいかに自分の魅力を伝えて興味を持たせられるか。カンタンなようで奥が深いのが自己PRなのかもしれません。

そんな中で、「じゃあ自己PR書こう!」と思っていきなりかけるほど器用な人間はそう多くありません。だからこそ「自己PR 書き方」や「自己PR 例」など検索したり、こういった記事をみて勉強していいものを創ろうとするのです。ただ、せっかくなので勉強するにしても本当にいい記事で勉強したいところです。そこで、以下に”キミスカで本当に多くスカウトされた「自己PR」”をまとめました。自分のPRしたい長所や活動内容から参考にできるので、自分にあった例を見つけて役立てましょう。


長所別 自己PR例文

長所別 自己PR例文

コミュニケーション能力の例文

コミュニケーション能力は、一般社団法人 日本経済団体連合会の「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」で15年連続最も重視されていることがわかっています。当然企業にアピールできたら強い項目ではありますが、それだけに同様のアピールを行う学生は数多くいます。そもそもコミュ力とはなかなかに抽象的な概念です。例えばそれは盛り上げるのが上手なコミュ力なのか、目の前の相手から信頼を得るのが上手いのか等、活かし方は多岐にわたるでしょう。その上面接という場に至った際にここまで如実にその程度が見られるものも少ないものです。 コミュニケーション能力をアピールするうえで、自分はどのようなコミュニケーションを行い、その結果どんな価値を生み出せるのかをしっかりと理解していおくといいかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~コミュニケーション能力の例文~

リーダーシップの例文

 リーダーシップとは誰が見ても魅力的な要素の一つで、当然学生がアピールしたがる要素の一つです。しかし、なぜそれが魅力的なのか考えれば、本来それが希少なものであるからに他なりません。にも拘らず多くの学生が主張してくるため、基本的にそアピールに対して相手は必要以上に俯瞰的になっていることでしょう。この項目は他と比較しても圧倒的に具体性と説得力が求められます。 課題に対して「どのように考え」、「具体的にどんな行動」をして「どのような結果」を出したのかしっかり考える必要があるかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~リーダーシップの例文~

協調性の例文

 組織に所属するという点において、この協調性は例外なく必要とされます。求められる個性はすべて最低限の協調性の上に成り立っているといっても過言ではないでしょう。それだけ重要視されるこの協調性、かたや自分のアピールポイントとして売り出すのは非常に難しいかもしれません。協調性の特出をアピールする学生が会社に大きな益を生み出すイメージをすることは容易ではないからです。しかし、それは多くの学生が協調性をアピールすることによる信頼の低下に起因します。かたや、「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」では4番目に重要視されているなど、本来はニーズの高い長所であるはずなのです。いかにして自らの協調性を企業にイメージさせるかを意識してあなただけの自己PRを作ってくださいね。「本当にスカウトされた」自己PR集~協調性の例文~

責任感の例文

 社会人と学生との違いに責任を挙げる方が多くいらっしゃいます。それだけ重要なキーであるこの責任感ですが、ある意味あって当然と思われがちで、意外とアピールするのは難しいものです。かたや、学生は責任感がないという不満を持つ声もよく聞きます。そんな中、 自らに備わった責任感を最大限効果的に伝えるうえで必要なのはやはり説得力かもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~責任感の例文~

気配りの例文

 気配りというのは相手の状況からニーズを瞬時に把握して、人のためになることを率先して行う力のことです。これは気配りと一言で言ってしまえば簡素ではありますが、その実非常に高度な長所であると言えます。また、特に営業などの職種において非常に重宝されるため、効果的にアピールすることができれば非常に強力です。一方で、その奥深さゆえ、一言に「気配りが得意」といっても、そこに説得力を持たせるのは非常に難易度が高いものです。その 気配りを行う際にどんな施行を行っているのか、それが空回りしていない根拠はどこにあるのか等、自身の哲学のような部分が求められるのかもしれません。
「本当にスカウトされた」自己PR集~気配りの例文~

向上心の例文

向上心とは成長の源です。強い向上心は、新たなスキルの習得や困難な課題を達成する助けにさえなります。かたや、それを説得力を持って相手に訴えかけるのは比較的高い難易度を誇ります。というのも、可視化が非常に難しいからです。 向上心という抽象的な概念を訴えかけるのに必要なのは、それをもとに現れた具体的な成果や取り組みを客観的に伝えることかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~向上心の例文~

負けず嫌いの例文

 負けず嫌いという他に対する競争心は、時として圧倒的な自己成長をもたらす強力な武器です。しかし、その一方で 自らの価値判断を周囲という相対的なものの中にゆだねてしまっているかもしれない ことは認識しなければなりません。それが悪いことだという意味ではなく、その周囲の環境次第で自身の成長スピードが大きく変わってしまう恐れがあるということです。そういった 不安視される要素を把握したうえで、自らがどのように目標を置き前進してきたのかを考えてみるといいかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~負けず嫌いの例文~

真面目の例文

 基本的に真面目であることは好評価につながります。かたや、その真面目さをの武器として使っていくのは、深く考えなければ危険かもしれません。真面目という概念は人によって定義があいまいなもので、聞くと「熱心に仕事してくれそう」と考える人もいれば、「頭が固くて使えなさそう」と考える方もいます。 真面目さをアピールしていくうえで必要なのは、いかにそこから生み出される価値を相手にイメージさせられるか、そしていかに先回りして相手の不安を打ち消すかにあるのかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~真面目の例文~

素直さの例文

 残酷な話ではありますが、そもそも学生にすぐさま活躍してくれるような即戦力を求めている会社はそう多くありません。しかし、良くとらえれば”そこからいかに戦力に育つ人材なのか”で採用を行っているとも言えます。その観点で見たときに素直さは大きな長所でしょう。素直であることは、比較的柔軟にいいものを吸収することができる準備が整っていることを意味します。それを悪く思う企業はそう多くないでしょう。ただし、それを魅力として売り出すにはあまりに保守的な特性であることは否めません。この強力な魅力を効果的にアピールするには、 自分が過去にどんな能力を素直さから吸収して成長してきたのかを具体的に伝えるのが有効なのかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~素直さの例文~

継続力の例文

 ”成功を手にする最大の秘訣は継続である”とよく言われるように、この継続力というのは非常に重要でいて心がけることの難しい素晴らしい長所です。しかし、自己PRでは個人の能力とともに「会社が自身を採用することでどんな利益があるのか」を認識させねばなりません。その継続力が会社にどんなメリットをもたらすのかイメージさせる必要があるのです。それをするには、 具体的にその継続力がどんな価値を生み出すことにつながるのか伝えられるよう工夫する必要があるかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~継続力の例文~

主体性の例文

 一般社団法人 日本経済団体連合会によると、主体性は「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」で9年連続2番目に重視されていることがわかっています。しかしやはり同様のアピールを行う学生は多くいます。そもそも主体性は単体では何も生み出しません。主体性が引き金となって価値を生み出すのです。だとすれば、 その主体性もってして何を生み出したのか、何を生み出すことができるのか考える必要があるのかもしれません。「本当にスカウトされた」自己PR集~主体性の例文~

活動別 自己PR例文

活動別 自己PR例文

サークルの例文

 例えばサークルでの活動をアピールするにあたって「どんなことをしているサークルなのか」に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなサークルにいて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~サークルの例文~

インターンシップの例文

 例えばインターンシップ活動をアピールするにあたって「どこのインターンシップなのか」「どんなポジションを任されていたのか」等に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなインターンシップ活動をしていていて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~インターンシップの例文~

ゼミの例文

 例えばゼミ活動をアピールするにあたって「どんなことをしているゼミなのか」「どんなポジションを任されていたのか」等に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなゼミ活動をしていていて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~ゼミの例文~

アルバイトの例文

 例えばアルバイト活動をアピールするにあたって「どんなことをしているアルバイトなのか」「どんなポジションを任されていたのか」等に重きを置きすぎてしまう学生が多くいますが、本来アピールするべきことは「どこに所属していた」よりも「何を考えて行動してきたか」にあります。どんなアルバイトをしていていて、 ”自分はどんな経験をし、どんな課題があって何を考え行動してきたか。そして得どんな結果を得て何を学んだか”を深く考え、最大限自分の魅力を表現できるよう考えてみましょう。「本当にスカウトされた」自己PR集~アルバイトの例文~

エントリーシートは手書き?デジタル?

自己PRを角にあたって、そもそもエントリーシートは手書きで書くのが良いか、デジタルで記入してプリントがするのが良いのか迷うかもしれません。基本的に今はどちらでも良いという企業が多いように感じますが、中では今でも「手書きでなければ評価対象に値しない」とするような企業は少なかず存在まします。そういった際は応募の際に注意に書かれていることがほとんどですが、不安なようであれば会社の価値観と照らし合わせてみましょう。「技術革新」を謳っていながら「デジタルはダメ」とする企業なんてそういないでしょうし、「一人ひとりのお客様に真心を込めて」と言った価値観であれば、もしかしたら手書きのほうが適しているかもしれません。

それでも不安なら、いっそのこと自分がどんな企業に入りたいかでこちらから選ぶくらいの姿勢で好きな様式で提出してしまうのも手です。自分が入りたい会社は書き方にとらわれないところなのか、そこにもストイックに。れるところなのか考える。自分の価値観を信頼して、結果落とされるのなら、その企業で働くほうが後々苦痛になるはずなので、危機回避できてよかったと思い、自分にあう企業を探しましょう。

自己PRができたきみにおすすめのサービス

自己分析がある程度固まってくると、自己PRという形で自分を表現することができるようになっているはずです。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ」

キミスカトップページ

キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。

先述した、自己分析に役立つ適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!

キミスカで偽らない就活をはじめる

自己PRについてのまとめ

  • 文章はPREP法で作成
  • 企業には自分の思考回路が伝わるよう、考え方と行動を具体的に伝える
  • 大事なのは「信憑性」「独自性」「企業とのマッチ度」

これらに対して明確にアプローチできている自己PRを実現し、その上で自分にあった企業を探していきましょう。作成する際に自分への理解が足りないようであれば、まずは自己分析から取り組むべきかもしれません。

もちろん、時期感としてはまさに今すぐやるべきことです。特に自己分析は行う時期が早ければ早いほど、これから先の就活が有意義なものになります。就活では大変なこともたくさんあり、自分がわからなくなってしまうことも多々あると思います。そんなときにも、しっかり自己分析をして望むことで軸が大きくブレずに進むことができます。もちろん自己PRの書き方はこの記事が全てではありませんが、どうか就活/就職が自分の人生を幸せなものにするための手段でしかないことは憶えていてください。

キミスカは、皆様の就活が良いものになるよう祈っています。読んでくれてありがとうございました!

↓Twitterもやっています!