【自己PR例文】集中力で考える!企業への強みの伝え方

「私の強みは集中力です」
この自己PRは、あまり効果的な自己prとは言えません。
此処から先でよほど素晴らしいPRができていないと挽回は難しいでしょう。
その理由にピンとこなかったなら、是非この記事を最後まで読んでみてください。

自己PRにおける長所と強みの違い

そもそも「長所」と「強み」の違いとは何でしょうか。「あなたの長所は何ですか?」と聞かれてほとんどの人は自分の性格に関連したことを思い浮かべるでしょう。「優しい」「協調性がある」「人の話をよく聞く」「リーダーシップがある」「集中力がある」…等々。確かにそれらは長所として間違ってはいません。しかし、実は「長所」=「強み」ではないのです。
「長所」とは性格や人間性など、自分を総合的にみて優れている点のことをいいます。一方、就活で求められる「強み」とは、そうした長所を踏まえたうえで、「私を採用してくれたら、御社にこんなメリットがありますよ!」とアピールできる、 会社にとっての利点 のことなのです。

「そうは言っても長所をどうやって、強みに言い換えたらいいのか分からない」そんな悩みをお持ちの方は多いことでしょう。では、具体的に「長所」を「強み」に変換していく方法を伝授します。

【自己PR例文】集中力で考える!企業への強みの伝え方

長所は自分の性格の中で優れている点、強みはその長所が企業の中でどのように武器になるのか、という違いがあることはお分かりいただけたでしょうか。
では、長所の中でも多くの方がアピールする「集中力」。これをどのようにして強みに変換し、自分をPRするのが適切なのでしょうか。例をあげて説明していきましょう。

自己PR:集中力の例文

「あなたの強みは?」と尋ねた時に「集中力があります!」と答える学生の割合はとても多く、集中力があることを自分の強みにするのは定番です。
そうなると、どんなに自分は集中力があると熱く語ったとしても面接官の印象にはあまり残りません。そんな「集中力あります」エピソードの中でも、よく耳にするのが
「私は、小・中・高校と書道を習っていて、そこで培った集中力においては誰にも負けません」などのようなもの。
この手のエピソードは面接官にとって、耳にタコができるほど聞き飽きているものといっても過言ではありません。むしろ「ああ、またか」という気持ちにさせられ、かえって 「その他大勢の個性のない」学生 として受け止められてしまい、逆効果になってしまう恐れさえあります。

集中力をPRする時のポイントは【客観視】と【仕事化】

では、そうならないためにどうすれば良いのか。そこで重要なポイントを一つ、お伝えします。それは 自身を客観視し、「企業目線で伝える」 ということです。
「書道を通して集中力が培われた」ということについては、何も問題ありません。むしろ、良いことです。しかし、ほとんどの人達が同じようなアピールをしているということが問題なのです。では、このありきたりな長所をどのようにすれば、面接官に響くような自己PRに持っていけるのか。
それは

  • ①「面接する企業の仕事に即した内容を必ず盛り込む」
  • ②「『他の人は絶対言わないだろうな』ということを言う」
この2点です。
むしろ、この2点さえ押さえておけば、あまり悩む必要はありません。では「書道で集中力を磨いた」ということを自分の強みとして伝えたい場合、具体的な自己PR方法を考えてみましょう。

①「面接する企業の仕事に即した内容を必ず盛り込む」

まずは①「面接する企業の仕事に即した内容を必ず盛り込む」について。
「書道で培った集中力」というのは、あまりにフワッとし過ぎていてイメージしづらいため、具体的に「集中力が続く時間を相手に伝える」というのも一つの方法です。たとえば以下の例文を見てみましょう。

【自己PR例】
「私は小学生の頃からずっと書道を習ってきました。作品展の前などは8時間連続で書き続けることもよくありました。まさに『寝食忘れて』といった状態です。人間の集中力が続く平均時間は1時間半程度といわれます。しかし、私の場合、どんなに少なく見積もってもその倍は集中力が続くと自負しております。限られた時間内で最大限のパフォーマンスをあげる自信があります。ぜひ御社でもこの集中力を発揮して…(云々)」
あなたの志望する企業では、どのような「集中力」が求められそうか、その視点から上手くつなげていくことができれば、素晴らしい自己PRが完成するはずです。

②「『他の人は絶対言わないだろうな』ということを言う」

次に②「『他の人は絶対言わないだろうな』ということを言う」についてです。
他の人が絶対に言わないこと。それだけで面接官の心に必ず残ります。とにかくインパクトを植え付けることですたとえば、こんな具合です。

【自己PR例】
「作品展の前に集中して字を書いていたのですが、一つの字を書くスピードが、どんな時でもまったく同じであることに気が付きました。ですから大会の練習が終わる頃には、だいたいどんな字でも、自分の字の書く正確なスピードが分かるようになったのです。以来、ストップウォッチがなくても、正確な時間を計りたい時には、いつも手で宙に字を書くようになりました。たとえば1分間を計る時は、自分の場合起承転結、と書くとちょうど10秒なので、6回書けばいいのです。」
などといった面白いエピソードを入れると、面接官の心に留まることでしょう。少なくとも印象には残ると思います(最終面接ではやめたほうが良いかもしれません)。

集中力のエピソードの書き方

集中力をアピールする上で、エピソードでどんなことを書こうか悩むことがあると思います。そんなときに指標にして欲しいのは、その「主体性」が伝わるかが重要です。
主体性とは、”物事に対して自分が主体となって自ら思考し、行動し、結果が現れるという一連の流れのこと”です。例えば「サークルで賞をとった」のような一見派手なエピソードでも、その賞をとるに当たって自分がそのために何を考えてどう行動したのかが伝わらなければ全く意味がないのです。
企業が見たいのは、あなたが物事に対してどのように考えるのかであったり、何を重要視しているのか、課題に対してどのように行動が取れるのかという部分です。いかにそれにアプローチするかという点において、自分の主体性をアピールできなきゃ意味がないのです。
エピソードを選ぶ際に、派手なインパクトこそが重要だと考えて「話を盛る」であったり「嘘をつく」学生が多々いますが、結局のところ見られているのは派手さではなく主体性からくる思考回路です。地味なエピソードでも、しっかりそこが伝わるようなものを選ぶことを意識しましょう。

集中力を台無しにするNGな自己PR

「学生時代、漁業のアルバイトをしました。」
「ダンスサークルで部長をしていました」
単に経験を述べるだけでは面接官の心をつかむことはできません。
珍しいアルバイト経験や、所属サークルの活動内容が素晴らしいものであれば、 その経験をアピール するように語らなくてはいけません。

【自己PR例】
「冬休みは、何週間もまぐろ漁船に乗り、漁師さんの手伝いのアルバイトをしていました。その時驚いたのは、漁師さんのプレゼン力です。新鮮な魚の見分け方やさばき方を、見事な方法で伝授してもらいました。その時の経験は卒論の発表で十分発揮させてもらいました。」
以上のような内容であれば稀有なアルバイト経験をし、それが今の自分に活きている、という意味で印象に残ることでしょう。具体的にどんなプレゼン力を発揮したのかもう少し聞きたい、と思う面接官がいるかもしれません。
また「ダンスサークルの部長を1年間務め、その年の全国大会では優勝を勝ち取りました。」という内容であれば、全国一まで導いたリーダーとしての資質に面接官が興味を持つかもしれません。
集中力を語ろうとして無理に自分のやってきたことに当てはめる人もいます。
「書道部で部長をしていました。書道は集中しないと良い字が書けないので、集中力を訓練するためにも、書道部のリーダーはとても良い経験になりました。」
「書道というのは、上手く書けるように何度も集中して練習します。集中力はその過程において学びました。」
これらはどちらもありきたりすぎる上に具体性に欠け、 説得力も印象も弱い のです。
たとえば以下のようなものはどうでしょうか。
【自己PR例】
「私は書道を習っていたのですが、正直なところ『達筆』な文字を書くのは苦手でした。そこで、相田みつをさんのような「書画」風の文字を半分趣味のような気持ちで書いていました。それを見た友人から、『プレゼント用に書いて欲しい』『結婚式に飾りたい』といった要望を受けるようになったのです。それ以降、いい加減な気持ちではなく、書道に真摯に向き合うようになりました。書道は集中しないと決して良い文字は書けません。紙に筆を下ろす前から最後の文字を書き終えるまで、高い集中力が求められます。集中力を一定時間維持する訓練が自然にできていたように思います。今振り返ると、他の人に自分の字を通じて自分自身を見てもらう、ということが高い集中力を養ってくれたのだと思います。」
といった風に、書道にまつわるエピソードを付け加えるだけで、相手の印象にグッと残るPRになるのです。

「私の強みは集中力です」という自己PR

「私の強みは集中力です」
「書道で集中力を鍛えました。」
のようなPRでは、具体的にどのようにそれが企業にとっての強みになるのか、伝えることができません。また、印象にも残りづらいでしょう。自身の経験を通して、この 人材は強みとなるに違いない、という印象を面接官に植え付ける ように話すことが肝心です。

「集中力」の自己PRにおける説得力と客観性

集中力が自分の長所だとPRする場合は、誰でも言いそうなことを言っても何も印象に残らないことはお分かりいただけたと思います。
また、今まで例にあげてきた「集中力」というものは、主観的な部分が強いため、より具体的なストーリーで客観性を持って相手に伝えなくてはなりません。それは集中力以外の長所といわれるものにも同じことがいえます。たとえば、忍耐力や協調性、努力家、負けず嫌い、粘り強さ、真面目、論理的・・など、ご自身の長所と思うものを、相手に より深く理解 してもらえるよう、 客観性を持って伝える 努力をしてみましょう。

ニーズの不一致

しかし、自分の強みを相手に分かってもらっても、その内容がそもそも企業の求める強みや能力と関係のないものであっては逆効果なPRになってしまいます。
たとえば企業側は、コミュニケーション能力よりもむしろ高い集中力を持つ人材を探しているのに、自分の強みはいろいろな人とすぐに打ち解けて話すことができるコミュニケーション力である、ということを延々と語っていては、求める人材の強みと面接者自身の強みにおける、 ニーズの不一致 が発生してしまいます。これで企業に自分を魅力的に思ってもらうのは困難であることはおわかりいただけると思います。

自己PRで大切なのは…

「人よりも集中力が高く、新たな価値を生み出せる人間」という、企業の価値観に合ったPRを、ストーリーを交えながら伝えることが大切です。
そして大切なのは、いかに独自性を相手にとって伝わりやすく、好感を与えられる形で出せるかということ。抽象的な言葉はなるべく避けて、相手がイメージしやすいようなストーリーを語りながらアピールしていくことです。
そのために必要なのは、 常日頃から自分の強みを深く理解 し、企業の価値観にあったPRを行えるようにすることです。
面接に臨む時には、「企業目線」と「具体的なストーリー」というこの2点を意識し、実りある就活を実現してください。

ストレス耐性までわかる!?最強の自己分析適性検査

「私って周りと比べてリーダーシップあるのかな…」
「企画系の仕事に就きたいけど、向いているのかな…」

キャプチャ1

誰もが思ったことがある悩みを適性検査で解決しましょう!

適性検査を受検しよう!

キミスカに登録している人は「適性検査」を受検することができます。
150問の選択式の質問に答えていくだけで
あなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかります!
人物像についてのコメントや折れ線グラフで可視化されるので、

  • 自分の特徴は何か?
  • どんなところを気を付ければ良いか

を客観的見ることができます。

適性検査を受けるメリットはここ!

 

点数化されるから自己分析に使える

点数で結果がわかるので、自分の苦手分野・得意分野を客観的に判別することが可能です。
良い意味で自分を見つめなおす、発見する機会になります!
分析項目例)

  • 人間関係を築いていく職務
  • フットワークの軽さを必要とする職務
  • リーダーシップを必要とする職務
  • 過去に事例のない新しい職務
  • 情報を集め問題を分析する職務

等、約50個もの指標であなたを分析することができます。

あなたの適性をもとに企業からスカウトが送られる!

受験の結果は企業に公開されます。
適性結果をみることでよりあなたにあったスカウトが届きます。
「私の適性の結果悪かったんだけど本当にスカウト来るかな…」
不安に思う人もいるかと思いますが、
キミスカには業種・規模・職種において多様な企業が利用しています。
必ずあなたにあったスカウトが来るはずです!

どうすれば受験できるの?

適性検査を受検するためには、キミスカ内の基本情報である自己PRだけ入力してもらう必要があります。


形式は基本的に自由なので、
まだ自己PRを書いたことがない人は選考の練習に!
選考で使用したものがある人はそれを使っても構いません。
自己PR登録+適性検査受験をして企業からスカウトを受け取りましょう!



⇒適性検査を受検する

キミスカを選んで、企業に選ばれた

キミスカで偽らない就活をはじめる  ↓↓ツイッターもやってます!ご質問やご意見をお待ちしてます!↓↓