自己分析の目的とは?絶対にやるべき理由と効果的な分析方法5つを解説

自己分析は今までの経験や考え方などを振り返り、自分の価値観を明確にするために必要になります。就活を始めると自己分析が必要だとよく耳にするようになるかと思いますが、自己分析は就活だけに必要な訳ではありません。自己分析は《自分の人生の「目的」と「手段」を知る》ために必要なものです。

将来どんな人間になりたいのか、何を目的に生きていきたいのかという人生の目的を考えた時に、それを実現するための手段として就活があります。自分の価値観や目的を明確にし、それを実現できる企業を探す判断軸として、自己分析で価値観を明確にしておくことが必要なのです。

自己分析を行こなう目的とは?

では次に自己分析が必要と言われる理由「自己分析の目的」を理解し、自己分析を行う必要性を確認しましょう。

【自己分析を行う目的】①就活の目的を理解するため

みなさんは就活は何のためにしていますか?お金を稼ぐため?とりあえず働かなくてはいけないから?どのような理由でしょうか?

就職の目的は、人それぞれです。何のために働くのか」「どんな目標に向かって歩むのか」「そもそも企業に就職するのが自分にとって一番なのかそれを明確にし、自分の中で整理しなければ、就活する意義が分からなくなってきます。ここが明確になるとどのような企業・職種で働けばいいのか見えてくるので、これからの就活のためにも明確にしておくべき点です

【自己分析を行う目的】②企業選びの基準を理解するため

自己分析をすることで自分の価値観や考えが明確にすることが出来ます。それにより企業を選ぶ基準が見えてくるので、どのような業界・企業・社風が自分にマッチするのかを把握するための判断軸を作ることが出来ます。

軸になる自分の考えがあると、エントリーシートや面接の受け答えでぶれない返答が出来るようになり、内定承諾先を決める時も判断がしやすいです。

【自己分析の目的】③自分の強みを正しく伝えるため

面接やエントリーシートであなたについて質問をされたとき、自分自身のことが分かっていなければあなたの良さを正しく伝えることはできません。しかし自己分析をしておけば自分像が具体的になっているため、迷わずスムーズに答えられるでしょう。

採用担当もあなたのすべてを知っているわけではないため、あなたから聞いた内容であなたを性格や職場での活躍をイメージします。自分自身をしっかり伝えることは内定にもつながってくるので、自己分析は重要です。

自己分析の目的を確認したら自分に合う方法を探そう

自己分析をしたくても、どのような方法が自分に向いているのか分からない人もいるでしょう。ここでは自分自身の考え・傾向を分析できる方法を5つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【自己分析の目的を確認するためにおすすめの方法】①自分史を作る

自分の今までの経験・過去を時系列でまとめ、熱中したことや興味を持ったエピソードをこまかく書いていきます。特に感情が揺れ動いた瞬間や、チャレンジしたきっかけを添えることで、自分の価値観・傾向を理解できるでしょう。

エピソードを深ぼりし、自分はなぜそのように考えたか、どうしてその行動をしたかなど自分の変化に焦点を当てることが大切です。また、自分史を作るときは、【きっかけ→取り組み内容→結果】というプロセスで書くとスムーズに進められます。詳しい作成方法を知りたい人は、下記の記事をチェックしてみてください!

【自己分析】自分史とは?ノートを使った作り方や注意点を簡単解説!

【自己分析の目的を確認するためにおすすめの方法】②モチベーショングラフを書く

モチベーショングラフは、自分のモチベーションの変化に注目して今までの人生をグラフ化する方法です。やる気のアップダウンを可視化でき、自分が頑張れる環境・出来事を理解できるので企業を選ぶときの参考になります。グラフを書いて終わりではなく山と谷の部分をしっかり分析し、それぞれの共通点を分析しましょう。

どんな社風が自分にあるのかがまだ明確になっていない方は、一度モチベーショングラフを作成すると明確にすることが出来ます。

モチベーショングラフで自己分析!やり方解説【10分で終わるテンプレ付き】

【自己分析の目的を確認するためにおすすめの方法】③自己分析ツールを使う

あまり時間が無い、客観的に自分を分析したいという方は、自己分析ツールを使って分析していくのもおすすめです。様々な適性検査を受けることで、多角的に分析することもおすすめですが、キミスカの適性検査であれば自分の性格傾向や意欲傾向を分析することが可能です。15分~20分で自分の客観的に分析できるので、自分では気づいてない性格や価値観に気付きたい方は一度受験してみてはいかがでしょうか?

「自己分析ツール」で就活が捗る!話題の適性検査を実際に受けてみた

【自己分析の目的を確認するためにおすすめの方法】④他己分析する

自分での自己分析に行き詰まったときは、友人や親など周りの人に聞いてみるのがおすすめです。自分ではあたりまでだと思っていた意外なものが長所だったり、短所が分かったりするので、新しい自分に気付けるかもしれません。他己分析の方法が分からないという方は、こちらに他己分析の方法や質問内容をまとめているので、参考にしてみてください。

他己分析はどうやって行うべき?やり方を4ステップで解説【質問例12問つき】

【自己分析の目的を確認するためにおすすめの方法】⑤自己分析セミナーに参加

自己分析をする方法について学べるイベントに参加し、新しい知識をつける方法もあります。自己分析に関することだけでなく他の情報も合わせて勉強できるため、就活初心者の学生にはピッタリです。大学で開催している場合も多いので、セミナー情報を集め機会を逃さないように注意しましょう。

自己分析の目的を確認する際に忘れてはいけないポイント

自己分析を行ううえで、意識するべきポイントが3つあります。コツを押さえるだけで質のよい分析ができるので、あらかじめチェックしておきましょう。

【自己分析する際に忘れてはいけないポイント】①客観的な目線

自己分析をするときは主観ではなく、客観的な視点を持たなければよい結果は得られません。自分の当たり前は他人にとっても当たり前とは限らず、行動や考えを一つひとつ丁寧に分析することが必要です。主観的な思考から抜け出せないと、分析結果は自分にとって都合のよいものになってしまい意味がありません。

また「なりたい姿」や「こうした行動の方が印象がいい」というような思い込みで分析すると、実際とは異なる性格を長所として捉えてしまうこともあります。先入観をなくし冷静に自分を判断しましょう。

【自己分析する際に忘れてはいけないポイント】②自分自身を見つめる

なぜそのような気持ちになったか、なぜそのような体験をしたのかなど、「なぜ」を深堀することが重要です。自分自身をしっかり見つめることで自己分析の質と精度は高くなり、本質がわかるようになります。

また、過去の体験だけでなく長所や短所も分析し、企業選びの軸を作りましょう。強みか弱みのどちらかだけを見てしまうと明確な判断軸をつくることはできません。面接やエントリーシートで強みや弱みについて聞かれる可能性があるため、必ず両方とも分析して全体を見つめるよう心がけてください。

【自己分析する際に忘れてはいけないポイント】③1回で終わりにしない

自己分析は立った1回行うだけで正しい結果が出るとは限りません。就職活動をしていくうちに新たな自分に気付き、分析の結果が変化するかもしれません。頻度は特にありませんが、就活のなかで上手くいかないことや、成長を感じた時に再度自己分析をすると、今までの結果とは違う適性に気付くかもしれません。

また、何度も自己分析をすれば結果もブラッシュアップするため、より質のよいエントリーシートなどを作成できるでしょう。真の自分を知るためには。1回で満足しないことが大切です。

自己分析の目的を確認するときに気を付けること2つ

自己分析をするときに気を付けるべきポイントを確認しましょう。注意点を理解しておけばより就活に活きる自己分析をすることが可能になります。

【自己分析の目的を確認するときに気を付けること】①求める人物像に寄せすぎない

企業が募集している人物像に寄せすぎて自己分析をすると、本来の自分とは異なる結果が出てしまいます。また微妙にニュアンスや表現を変えるだけでなく、面接などで経験を誇張して伝えたり嘘をついたりすると、後々の質問でずれが生じた場合に嘘がばれる可能もあります。誇張した人物像で採用されてしまうと、ミスマッチが起きる原因になるので、それを防ぐためにも無理に企業に合わせず、ありのままの自分を伝えてください。

【自己分析の目的を確認するときに気を付けること】②幼少期の自分に着目する

大学時代の経験だけでは情報が足りず、自己分析しづらい可能性があります。価値観の源は幼少期に形成されている部分もあるので、可能であれば幼少期から分析し自分の価値観の変遷を明確にしていきましょう。子供時代から分析することでより精度の高い自己分析をすることが出来るようになります。

自己分析の目的を理解してより自分をアピールしよう

自己分析をする目的を理解すれば、自分についてより真剣に考えられるはず。この記事で紹介した分析するコツ・注意点をしっかり押さえ、企業に魅力を感じてもらえるステキなアピールポイントを探しましょう。