インターンの面接に適した服装とは?ふさわしい服装を男女別で解説

企業によっては、インターンの選考に面接を設けているところもあります。面接に行く際学生を悩ませるのが服装です。

スーツで行くべきか、私服でもいいのか、私服ならどんな服装で臨むべきかなど、面接時の服装に関して頭を悩ませている学生も多いのではないでしょうか?そこで今回は、インターンの面接にふさわしい服装を男女別に解説します。

インターンの面接での服装はスーツが基本!

インターンの場合でも、面接ではスーツが基本です。「スーツでお越しください」と伝えられた場合や、服装の指定がない場合はスーツで臨みましょう。

スーツは上下そろいの黒か紺、濃いグレーなどの落ち着いた色を選んでください。また、ネクタイの色は赤、エンジ、青、紺がおすすめですが、明るく社交的に見せたい場合は黄や橙でもOKです。柄は無地や小さめのドット、細めのストライプといった無難なものを選びましょう。

ネクタイによって与える印象を変えることが可能なので、悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

就活ネクタイでおすすめのの色は?色が印象に与える影響について徹底解説

インターンの面接で「服装自由」「私服可」と指示された場合

インターンの面接の案内で「服装自由」「私服可」と言われた場合は、スーツでも私服でも構いません。「服装自由」「私服可」と言われた場合の男女別おすすめの服装を見てみましょう!

【インターンの面接での服装】男性編:服装自由・私服可

インターンの面接案内で「服装自由」「私服可」と指示された場合は、スーツでも私服でもOKです。どちらかといえばスーツで参加する学生が多いですが、まだスーツを準備できていない場合は私服で構いません。

私服で面接に行く場合は

・ジャケット
・襟付きシャツ
・チノパンまたはスラックス
・革靴またはスエード靴

が基本となります。オフィスカジュアルを意識し、清潔感のある装いを心掛けましょう。

【インターンの面接での服装】女性編:服装自由・私服可

インターンの面接案内で「服装自由」「私服可」と指示された場合は、スーツでも私服でも構いません。スーツで行く場合はパンツでもスカートでもOKですが、スカートを選ぶ際はスカート丈に注意が必要です。面接でイスに座ることを考慮し、立ったときに膝が隠れるくらいの丈を目安に選びましょう。

私服で行く場合は

・ジャケット
・シャツまたはブラウス
・パンツまたはスカート、パンプス

が基本です。全体を通して、黒やグレー、ベージュなどシックな色合いを選び、ボディーラインが強調される服や露出の多い服は避けましょう。

インターンの面接で服装は「私服でお越しください」と書かれている場合

インターンの面接の案内で「私服でお越しください」と言われた場合は、オフィスカジュアルで臨みましょう。私服を指定されたにもかかわらず、スーツで訪問するのはNGです。

というのも、アパレル業界や美容業界ではファッションセンスを見るためにあえて私服を指定しているからです。また、ベンチャー企業ではその人らしさを評価するために私服を指定している場合があり、スーツで行くと個性がない」「内容を確認していないと思われてしまう可能性があるので注意しましょう。

では「私服でお越しください」と言われた場合は、具体的にどんな服装で臨むべきでしょうか?

【インターンの面接の服装】男性編:私服

インターンの面接案内で「私服でお越しください」と指示された場合は、清潔感のあるオフィスカジュアルで臨みましょう。

・グレーや紺、濃い茶色のジャケット
・白や水色、薄いグレー襟付きシャツ
・黒や紺、ベージュ、カーキなどベーシックな色のチノパンまたはスラックス
・革靴かスエードの靴

が基本です。靴は全体のコーディネートに合わせて決めるといいでしょう。

【インターンの面接の服装】女性編:私服

インターンの面接案内で「私服でお越しください」と指示された場合は、来客があっても失礼のないオフィスカジュアルで臨みましょう。

・フリルやリボンのないベーシックなジャケット
・白や薄い水色・ピンクのシャツまたはブラウス
・チノパンまたは膝丈スカート
・3~5cmのヒールのあるパンプス

が基本のスタイルです。面接では歩く姿勢も見られているので、インターンの面接日までにヒールのある靴に慣れておきましょう。

インターンの面接で服装は「平服でお越しください」と書かれている場合

平服とは、礼服や正装以外の服装を指します。つまりスーツでも私服でもOKということです。インターンの面接の案内で「平服でお越しください」と言われた場合は、「服装自由」「私服可」の場合と同様にスーツかオフィスカジュアルで臨みましょう。

それでは「平服でお越しください」と言われた場合の男女別おすすめの服装を見てみましょう!

【インターンの面接の服装】男性編:平服

インターンの面接案内で「平服でお越しください」と指示された場合は、スーツでも私服でも構いません。スーツで参加する学生が多いので、周りに合わせてスーツで参加してもいいですし、まだスーツを準備できていない学生は私服でもOKです。

私服で面接に行く場合は、清潔感とフレッシュさを感じさせるオフィスカジュアルが基本です。具体的にはジャケット、襟付きシャツ、チノパンまたはスラックス、革靴またはスエード靴となります。

【インターンの面接の服装】女性編:平服

インターンの面接案内で「平服でお越しください」と指示された場合は、スーツと私服どちらでもOKです。スーツにしても私服にしても、パンツを選ぶかスカートを選ぶかは社風や与えたい印象で決めましょう。

私服を選んだ場合は派手な色や柄、露出の多い服や透け感のある服を避けてください。コーディネートとしてはジャケット、シャツまたはブラウス、パンツまたはスカート、パンプスが基本となります。

インターンの面接の服装によっては悪印象を与えることも⁉

身だしなみは社会人の基本であり、社会に出るとTPOに合わせた服装が求められます。インターンの面接で個性を出すために明るい色のスーツを選んだり、私服OKだからとジーンズで参加したりすると、悪印象を持たれてしまうので注意しましょう。

また、「私服でお越しください」と指示されたにもかかわらず、スーツを着て行ってしまうと指示を守らない学生という悪い評価を受けてしまいます。その他、アパレル業界や美容業界では「あなたを表現できる服装でお越しください」と言われることがありますが、この場合もスーツを着て行くと個性がないと受け取られてしまうので気を付けてください。

自分らしさを評価してもらいたいならキミスカがおすすめ!

インターンの面接の案内で「服装自由」「私服可」「平服でお越しください」と言われた場合は、スーツでも私服でもOKですが、毎年学生の大半はスーツで面接に臨みます。そのため私服を着たありのままの自分を評価してほしいと思っている学生は、窮屈な思いをするかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、逆求人型の就活サイト「キミスカ」です!キミスカに登録すると、あなたのプロフィールを見た企業から選考の案内やインターンのスカウトメッセージが届きます。

プロフィール写真はスーツでも私服でもOKなので、ありのままのあなたを評価する企業と出会うことが出来ますよ。

自分の強みを活かせる業界を知りたい方は、キミスカに登録してみましょう!

インターンの面接にふさわしい服装で好印象を与えよう!

インターンの面接で悩むのは、「服装自由」「私服可」「平服でお越しください」と言われた場合でしょう。スーツや私服を指定された場合は指示に合った服装を探すだけで済みますが、スーツでも私服でもいい場合は清潔感を意識し、TPOに合った服装をしましょう。

服装を決める前に業界・企業研究をして、インターンの面接にふさわしい服装で選考通過を目指しましょう!