自己分析

【これだけ!】自己分析を100倍簡単にするやり方

自己PRを100倍簡単にするやり方

「自己分析って、もっと簡単なやり方はないのかよ・・・」

自己分析にも色々なやり方があり、どれもそれなりに難易度の高いものです。
しかし、安心してください。自己分析を 100倍簡単に するやり方がここにはあります。

まずは自己分析そもそもの目的を理解することで、簡単なやり方を手に入れましょう。

自己分析の目的は何か

就活における自己分析は、自分のことを理解し、就職先を選ぶ目を養うことが目的です。孫氏の言葉に

  • 「彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」

とあるように、自分を知ることで 自身の魅力を面接で採用担当者に伝えることができるようになります。 そうすれば、就活をより有利に進めることができます。
自分を理解することで長所と短所が

これから就活を始める学生は、就活を成功させるために「なぜ自己分析が必要か」という点と、正しい自己分析のやり方を知っておくことが大切です。

自己分析をしないと・・・?

就活は、例えるならば「自分という商品を企業に紹介し、購入(採用)してもらう」ようなもの。営業マンが商品の魅力や特徴を知らなければ、顧客に購入してもらうことは難しいでしょう。

就活では、ひとつの企業に多くの学生が集まります。有名企業であれば入社の倍率は 数百倍 になることもあり、内定は簡単ではありません。そのため、しっかりとした自己分析によって自分の魅力や特徴を把握し、それを面接で的確に伝えられるようにならなければ、他の学生との競争に勝つことは困難です。

自己分析では何を明らかにするべきなのか

自己分析のやり方と一言でいっても、何をどう分析すればよいのか悩んでしまう就活生もいるでしょう。自分という商品の魅力を的確に伝えるためには、ポイントを絞っておくことが大切です。自己分析で明らかにしておきたい主なポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 自分の強み
  • 自分の弱み
  • 自分の理想の就職先

この3点を明確にすることが、自己分析の目的のひとつです。

就職白書2018』によると、企業の就活生に対する評価として最も高い割合を占めているのは「働く意欲」で、「学力」が2番目となっています。このことから、いわゆる一流大学であってもそれだけで必ずしも高く評価されるわけではなく、面接で高い評価を得るためには自己分析と自己PRが重要性であることがわかります。

(参考:『就職白書2018』Ⅲ.企業と学生とのギャップ<企業・学生>

自分の本当の強み・弱みって?

「自分の強み」は、強みであれば何でもよいというものでなく、可能な限り 企業にとってプラスになるものが望ましい といえます。例えば、「ファッションセンスが良い」という強みよりも「人に喜ばれるデザインや配色が得意」という強みのほうが企業にとってプラスになることが期待され、それだけ高い評価につながりやすくなります。
企業にとってプラス

「自分の弱み」に関しては、簡単なテンプレートの回答ではなく、自分に足りないもの、伸ばしたいものであり、なおかつ 解決策がセットで伝えられることが望ましい といえます。解決策を一緒に伝えることで、採用担当者に「問題解決の意思や能力がある」と印象付けることができます。

自分の理想の就職先の考え方

「どの企業に就職するか」は、とても重要です。就活時には友人たちが次々と内定を得ることで焦ってしまったり、テレビCMで放送されている大手企業しか受けたくないと考え選択の幅を狭めたりと、うまくいかずに不安になることもあるかもしれません。

就活において大切なのは、 一度しかない人生で、本当に自分にとっての理想の就職先を見つけること です。これまでの人生の2倍近い時間を企業で過ごすことになるため、テレビや雑誌、インターネットでみるような一面の華やかさだけでなく、企業分析と自己分析の両方を通じた、

  • 企業の業務内容
  • 風土や文化と自身の性格
  • 能力やキャリアプラン

以上3つの観点での“マッチング”を知ることが大切です。

本当の自分を明らかにする診断ツール『適性検査』

適切な自己分析のやり方は、自身の適正を知ることから始まります。自身の性格や思考パターン、ストレス耐性、または職務の適性などを理解すれば、より綿密な自己分析と自己PRが可能になります。

自分がどのような適性であるかは、適性検査の診断ツールを使うことで簡単にわかります。『キミスカ』では、無料で適性検査のツールを使えます。

キャプチャ1


「私って周りと比べてリーダーシップあるのかな…」
「企画系の仕事に就きたいけど、向いているのかな…」


誰もが思ったことがある悩みを適性検査で解決しましょう!


適性検査を受検しよう!



キミスカに登録している人は「適性検査」を受検することができます。
150問の選択式の質問に答えていくだけで
あなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかります!

人物像についてのコメントや折れ線グラフで可視化されるので、

  • 自分の特徴は何か?
  • どんなところを気を付ければ良いか

を客観的見ることができます。


適性検査を受けるメリットはここ!


点数化されるから自己分析に使える

点数で結果がわかるので、自分の苦手分野・得意分野を客観的に判別することが可能です。
良い意味で自分を見つめなおす、発見する機会になります!

分析項目例)

  • 人間関係を築いていく職務
  • フットワークの軽さを必要とする職務
  • リーダーシップを必要とする職務
  • 過去に事例のない新しい職務
  • 情報を集め問題を分析する職務

等、約50個もの指標であなたを分析することができます。


あなたの適性をもとに企業からスカウトが送られる!

受験の結果は企業に公開されます。
適性結果をみることでよりあなたにあったスカウトが届きます。

「私の適性の結果悪かったんだけど本当にスカウト来るかな…」
不安に思う人もいるかと思いますが、
キミスカには業種・規模・職種において多様な企業が利用しています。
必ずあなたにあったスカウトが来るはずです!



図37

どうすれば受験できるの?

適性検査を受検するためには、キミスカ内の基本情報である自己PRだけ入力してもらう必要があります。



図39

形式は基本的に自由なので、
まだ自己PRを書いたことがない人は選考の練習に!
選考で使用したものがある人はそれを使っても構いません。

自己PR登録+適性検査受験をして企業からスカウトを受け取りましょう!

⇒自己PRを登録する

⇒適性検査を受検する

会員登録