エントリーシートと送付状は一緒に送るべき?【書き方テンプレ付き】

一般的にエントリーシートなどの応募書類を企業に提出する際に、「送付状(添え状)」というものを同封します。この記事では、送付状とは一体何なのかからその書き方・書く際に気を付けたいポイントを徹底解説します!

送付状(添え状)とは

上にも書いたように、送付状とは応募書類を郵送で企業に提出する際に同封するもので、同封している中身を記載した書類のことです。送付状や添え状など、様々な呼び名があります。送付状は就活の際だけでなく、一般的なビジネスにおいて書類や物品を郵送する際にも必ず同封するものなのでこの機会に知っておきましょう!

エントリーシートを郵送する際に送付状は必要?

ビジネスにおいて送付状は必須ですが、就活においてはそうとも限りません。企業から特に指示がない場合は基本的にそれがマナーであるため同封するべきですが、企業によっては必要ないということもあるので注意が必要です!送付状が不要な企業に同封してしまうと返って「注意散漫」という評価を受けてしまう可能性があります。
まず自分が志望する企業は送付状が不要か否かを調べてましょう。

パソコンか手書きかは企業に合わせて決めよう

送付状を書く前に、もう一点フォーマットに関して確認が必要です。送付状に関しては、手書きパソコンかの2つのフォーマットがあります。
手書きの方が、気持ちがこもっていると判断される場合もあれば、効率的でないと判断される場合もあります。これは企業の社風などによって違ってくるので事前に確認しましょう。
偽らない就活

送付状(添え状)の書き方

現在は手書きよりもパソコンのほうが一般的なので、今回はパソコンを使用して送付状を作成する方法を紹介していきます。送付状はある程度フォーマットが決まっているため、そこに当てはめて作成すると非常に効率が良いです。簡潔にわかりやすく書くということを意識して作成していきましょう。
こちらのテンプレートを参考に紹介します。

送付状(添え状)の書き方日付

投函日の日付を右上に記入します
同封するエントリーシートや履歴書の日付と表記を揃えましょう。

送付状(添え状)の書き方宛名

宛名は日付より下の左側に記入します。
会社名を書く際は、株式会社まで略さずに記入しましょう。
部署名や相手の氏名は、会社名の次の行に記入し、「御中」と「様」をそれぞれに付け加えます。

送付状(添え状)の書き方自分の名前・住所・連絡先

差出人の基本情報を記入します。
何か緊急の際に提出先の企業から連絡が入る場合があるので、連絡がとれやすい連絡先を記入しましょう。

送付状(添え状)の書き方件名

件名は、中央に配置することで分かりやすくなります。
送付状の内容が一目でわかる件名を書けばいいので、「選考応募書類のご送付の件」などと記入しましょう。

送付状(添え状)の書き方本文

「拝啓」などの頭後を書き、文末は「敬具」などの結後で結びます。
時候の挨拶を書きますが、ビジネスにおいては季節に関わらず使用できる「時下」という表現を用います。
*例 「貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」

送付状(添え状)の書き方記書き

本文の結語の下に一行空けて、中央に「記」と記入します。
その下に送付書類の名称と枚数を箇条書きで記入します。
右下に「以上」と結びましょう。

エントリーシートや送付状など書類を郵送する際に準備する3つのもの

実際に送付状が書けたら、同封して郵送しましょう。その際に合わせて必要なものをご紹介します。

送付状と一緒に準備するもの①角2サイズの封筒

エントリーシート等は大体A4サイズであることが多いので、すっぽり入る角2サイズの封筒に入れて郵送しましょう。また、公的文書を郵送する際の封筒の色は白が好ましいです。

送付状と一緒に準備するもの②A4のクリアファイル

A4のクリアファイルに入れて郵送していれば、雨が降った際も大丈夫!大事な書類が雨で滲んでしまうのはもったいないので、クリアファイルに入れて提出しましょう。

送付状と一緒に準備するもの③120円切手

角2サイズの封筒(50グラム以内)を郵送する際には、120円切手が必要です!

送付状(添え状)を送る際にチェックするべき4つのポイント

郵送する前に以下のポイントを確認して完璧な送付状を同封しましょう!!

送付状(添え状)を送る際にチェックするべきポイント①誤字脱字はないか

少しの誤字脱字だとしても、それだけでマイナス評価に繋がりかねないので最後の最後まで確認しましょう!

送付状(添え状)を送る際にチェックするべきポイント②封筒に入れる順番は適切か

封筒に書類を入れる順番は決まっています。「送付状→エントリーシート→履歴書→その他の指定書類」の順番です。

送付状(添え状)を送る際にチェックするべきポイント③フォントやその大きさは適切か

一般的にフォントは明朝体で、サイズは10~12が好ましいと言われています。送付状は何より分かりやすいことが重要なので、一般的な字体とサイズで記入するようにしましょう。

送付状(添え状)を送る際にチェックするべきポイント④日付は作成日ではなく投函日!

送付状の日付、作成日になっていませんか?他の書類も同様です。作成日でなく投函日の日付を記入しましょう。また送付状には、エントリーシートや履歴書と同じ書式(西暦か和暦か)で日付が記入されているか確認してください。

添え状を理解したきみにおすすめのサービス

エントリーシートを書き終え、送付状をも書き終えたあなたは自己PRができるようになっているはずです。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ』
偽らない就活
キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。
先述した、自己分析に役立つ適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!
キミスカで偽らない就活をはじめる

エントリーシートの送付状(添え状)についてのまとめ

企業が不要だと言わない限りは、送付状は添えましょう!送付状は就活だけでなく、これから先ずっとのビジネスでのマナーです。