スカウトを獲得するには

【面接マナー】ノックの回数って何回なのか問題について調べてみた

ノックの回数

面接をするにあたって、扉を前にしたあなた。まず最初によぎる不安は入室の方法、つまり 「ノック」 について悩むことがあるかもしれません。

ノックとは扉をたたき、入室の確認をとる合図のことです。基本的にただそれだけのことですが、ネットで検索してまでこの記事を見ているということはその回数等が気になっているのでしょう。

サイトによっては2回、3回、4回とまちまちなこのノックの回数問題について、結局何回がいいのか考えてみました。

面接のノック回数はプロトコールマナーで定められている?

プロトコールマナー

面接では、入室の際、ドアをノックします。
あなたはドアを、何回ノックしますか。
面接で入室する際、ノックを2回したいところですが、2回はよくないのです。

実は、ノックについては「プロトコールマナー」と呼ばれる国際標準マナーがあり、回数が正式に定められています。HappyLifeStyle

ノックに関して様々な意見があり、どれが正解なのか判断が難しいところ。
しかし、実は「プロトコール・マナー」という世界共通ルールが存在し、ノック回数についてもそこで定められています。 Kichonavi【キチョナビ】

といったように、様々なメディアで「プロトコールマナー」なるものでノック回数が定められているとしています。しかし、ちょっと調べてみると違和感があることに気づくと思います。

どの記事でも「プロトコールマナー」でノック回数が定められていると共通して記述しているにもかかわらず、2回は共通してトイレ用のノックな為失礼に値するとされているものの、適する回数は3回であったり4回であったりとまとまりがありません。

そもそもこのプロトコールマナーとは一体何なのかと疑問を感じ調べたところ、以下の記事にたどり着きました。

この記事の調査によると興味深い結果が現れており、

どうも英語圏のYahooAnswersやマナーに関するページを見る限り、「プロトコールマナー」もなければ、ノックの回数についても正式に決められているようには見えません。ネットロアをめぐる冒険

という一文が冒頭にあります。この筆者はここから更にこのプロトコールマナーにおけるノックの件について調査を行っています(詳しい内容は割愛しますので、ぜひ記事をご覧ください。非常に興味深い調査を行っています。)

結果から言ってしまえば、

プロトコールマナーの真実
  • そもそも「プロトコールマナー」なるものは存在しなく、国際的なマナーについて記されているのは「プロトコール」というもの。

 

  • その「プロトコール」にしても、「居室に入るのはノックが作法」というとこまでで、回数についての記述はない

 

  • 「2回ノック=トイレノック」については、ネット上の初出である元CAや、他のCAの方のマナー本に共通してあらわれることから、航空会社の訓練か実務において、そのように教えている時期があった(ある)のかもしれない
ということを述べています。

つまり、結局のところ現在言われているノックの回数のマナーというのは、うわさに尾ひれのついたものにすぎず、 正式なものでも何でもないという可能性が非常に高い ということです。

それでも面接のノックは3回が適している

ノック
ノックの回数が正式に定められているわけではないであろうことがわかったものの、では回数が適当でいいのかというとそういうわけでもないのです。

というのも、このノックについての初出や由来が何であれ、あまりに広まってしまっているのです。ノックの回数なんて何回でもいいという記事をメディアが取り上げることも非常に増えていますが(↓参照)、依然として3回が適切であるという認識が広く持たれています。
https://news.careerconnection.jp/?p=8666

そんな中、わざわざあえて2回を貫き通す必要も何もないのです。なんたってノックの回数が2回だからって好感を得ることなんてことはないのですから。

 「多くの就活生が3回ノックに流されているなか、信念を貫き通して2回のノックで入室してくるとは・・・ッ」 

なんてことになるとは考えづらいでしょう。特に2回ノックのメリットも3回ノックのリスクもないのですから、ここでは一旦思考を合理的にして扉を3回ノックしてみましょう。

面接マナーにおけるノック回数まとめ

まとめ
「ノックの回数が3回というのが正式なマナーだ!」

といったような主張を真に受ける必要もありませんが、かといって

「だから2回でいいんだ!2回を突き通すぞ!」

とするメリットも特にないので、ドアのノックに関してはそんなに深く考えなくてもいいのではないでしょうか。 そもそもマナーというのは相手に不快な思いをさせないために気遣い のことです。就活においても、最大限相手に敬意を払い接していれば問題になることはりません。
ノックの意図とは「部屋に入室することを相手に知らせる・許可をとる行為」です。

 

  • 意図的に音を鳴らしていることを伝えるために複数回たたくこと
  • しっかり聞こえるような音量であること

 

の2点がこなせていれば問題ありません。

マナーについて神経質になりすぎている方は、もしかしたらそんなに気にしなくてもいいかもしれませんし、この風潮に強く反感を抱いているような方は、ぜひ 面接の場でその個性を発揮して みてください。

会員登録