自己PRを400字でまとめるには?4つのポイントと注意点【例文付き】

就活のエントリーシート(ES)や面接で必須となる自己PR。場合によっては文字数制限があり、シンプルかつオリジナリティのあるアピールが求められます。

そこで本記事では、自己PRを400字でまとめるポイントと注意点を例文付きで解説します。上手くまとめるコツを掴んで、人事にアピールしましょう!

自己PRとは?

就活をしていくにあたって避けては通れないのが自己PRです。エントリーシートや面接ではほぼ確実に自己PRが求められます。自己PRの目的が理解できていないと的外れなアピールをすることになってしまいますので注意してください。

自己PRとは「企業から見たあなたの強みを売り込む場所」です。自己PRはあくまで企業にアピールするものなので、自分の良い所をただ伝えるだけでなく、企業が見て魅力的だと思うようなあなたの強みをアピールすることが大切なのです。

自己PRには文字数制限があることもある

就活で用いられるエントリーシートには、必ずといってよいほど自己PRを書くスペースが用意されています。そして、エントリーシートによっては400字という制限が設けられている場合もめずらしくありません。

400字というと、「ちょっと多いのでは?」と思う就活生もいるかもしれません。しかし、アピールしたいことがまとまらないまま書き進めていると、すぐに制限を超えてしまいます。決められた文字数の中で、いかに効率よく自分をアピールできるかが勝負になります。

自己PRを400字でまとめる4つのポイント

ここからは、自己PRを400字という制限内でまとめるポイントを4つ紹介します。それぞれのポイントを学び、書き方のコツを掴みましょう。

【自己PRを400字でまとめるポイント】①最初に結論を持ってくる

自己PRを400字でまとめるには、最初に結論を持ってくる必要があります。1番に「私の長所(強み)は〇〇です」と結論を提示することで、あなたのアピールポイントを人事に印象付けましょう。

結論に至るまで長々と趣味や特技の話を続けると、伝えたいことがよく分からず、途中で切られてしまう可能性もあります。自己PRを作成する際は、結論ファーストを心掛けましょう。

【自己PRを400字でまとめるポイント】②アピールポイントは1つに絞る

いくらアピールポイントがたくさんあっても、詰め込んでしまうのはNGです。アピールポイントは1つに絞り、盛り込むエピソードも1つにしましょう。

企業は400字という文字数制限を設け、あなたの長所はもちろん、簡潔にまとめる能力も見ています。伝わりやすい自己PRを作成するためにも、1つのアピールポイントを掘り下げたいところです。

【自己PRを400字でまとめるポイント】③具体的なエピソードを簡潔に伝える

自己PRを作成する時に覚えておきたいことは、具体的であればあるほど良いということです。あなたの人柄や思考回路が分かる具体的なエピソードを盛り込み、人事に入社後のあなたをイメージしてもらいましょう。

エピソードに具体性を持たせるには、ただ経験をまとめるだけではいけません。経験や失敗、どうやって乗り越えたのか、そこから何を学んだかを簡潔にまとめ、あなたにしか作成できない自己PRを完成させましょう。

【自己PRを400字でまとめるポイント】④入社後のあなたを人事にイメージさせる

自己PRは「私を採用したら、こんなメリットがありますよ」と伝える場でもあります。そのため、ただスキルを評価してもらうことを目的にしていると、後々苦しむことになるかもしれません。 もちろんスキルを評価してもらうのは大切ですが、それに加えて入社後のあなたを人事にイメージさせることがポイントです。

  • スキルをどう仕事に活かしたいか
  • どのように成長していきたいか

あなたが実際に働いている姿をイメージしてもらえるよう、上記のような内容を具体的に伝えましょう。

自己PRを400字でまとめる時の注意点

次は、自己PRを400字でまとめる時に注意したいことを2つ紹介します。せっかく作成した自己PRにマイナスのイメージを持たれないように、以下の注意点を押さえておきましょう。

【自己PRを400字でまとめる時の注意点】①口調は「ですます」で揃える

文字数制限があると、稀に「である」調で文字数を削減しようとする就活生が出てきます。「である」調で自己PRを書くことはNGとはされていませんが、人事によってはマイナスのイメージを持たれる可能性があるので、おすすめできません。

文字数制限があっても、「ですます」調で揃えるのが無難でしょう。

【自己PRを400字でまとめる時の注意点】②文字数が少なすぎるのはNG

自己PRで文字数制限がある場合、指定された文字数を大幅に超えてしまうのはもちろん、少なすぎるのもNGです。自己PRの文字数の目安をケース別にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    • 「◯字前後」の指定がある場合→指定された文字数の90%~110%が目安
    • 「◯字以内」の指定がある場合→指定された文字数の80%~100%が目安
    • 指定がない場合→300~400字程度が目安

    400字でまとめた自己PRの例文

    実際に、400字の文字数制限がある場合の自己PRを見ていきたいと思います。例文を2つ作成したので、以下を参考に一緒に作成してみましょう!

    【400字でまとめた自己PRの例文】①計画性が強みな場合

    私の強みは、目標を達成するための計画力です。 私は幼い頃から15年間野球を続けており、学生時代には約60人が在籍する野球部でキャプテンを務めていました。地方予選突破を目標に日々練習を重ねていましたが、チームには野球経験の浅い部員も在籍していたため、厳しい練習が原因で怪我を負う部員も増えていきました。その内に部活動を休む部員も出てきて、チームの統制が取れない状況に陥ってしまいました。そこで私は、野球経験の長いメンバーと経験の浅いメンバーで練習内容を変えること、そして定期的にチームで話し合いの場を設けることを提案しました。その結果、野球経験の浅いメンバーが怪我を負うことはなくなり、チームとしてのまとまりも出てきて、最終的には無事に地方予選を突破することができました。 貴社の一員として働くことができましたら、売上を達成するための作戦を計画し、日々努力していきたいと考えております。

    【400字でまとめた自己PRの例文】②分析力が強みな場合

    私の強みは、情報やデータの関係性を見抜く分析力があることです。 私は学生時代に4年間居酒屋でアルバイトをしており、バイトリーダーを任されていました。ある日、新人スタッフのミスによってお客様からクレームがあり、店舗全体を巻き込む大きな問題になりました。そこで私は、スタッフの役割を分けること、そして新人スタッフとアルバイト歴の長いスタッフをチームにして連携を図ることで、問題解決ができると考えました。すぐにスタッフと話し合い、店長に私のアイデアを進言すると、翌日からチーム制で業務を進めることになりました。それ以来、同様のクレームは発生することなく、結果として居酒屋の売上を上げることができました。 貴社の一員として働くことができましたら、私の強みである分析力を業務に活かし、売上やプロジェクトの連携に貢献できればと考えております。

    魅力的な自己PRの書き方

    400字の自己PRを作っていて、「なんか満足いかない…」や「全然思ったように書けない」と悩んでいる方は、こちらの記事に一度目を通してください。キミスカが誇る就活のプロが絶対に落ちない自己PRの書き方を徹底的に分かりやすく解説しています。

    良い自己PRを作ることと就活の成功はイコール関係で結ばれています。あなたの魅力が最大限伝わる自己PRの作成を、キミスカがお手伝いいたしますので是非以下の記事をご覧いただければと思います。

    【就活】自己PRの書き方と例文!絶対に落ちない自己PRを就活のプロが徹底解説

    自己PRを入れるだけでスカウトが来る就活サービスとは?

    自己PRが完成したあなたにオススメなのが「キミスカ」です。キミスカは自己PRと写真を登録しておくと、それを読んで良いなと感じた企業からスカウトが送られてくる就活サービスになります。

    キミスカは「ありのままの自分」を評価してもらえる場を提供しており、「自分を偽って就活をしたくない…」と感じている就活生から大変好評を頂いています。

    ・ありのままの自分をもっと評価してほしい
    ・自分が志望している業界・職種をさらに深く知りたい
    ・まだ知らない業界・職種のことを知ってみたい
    ・自分のことを求めてくれる企業に出会いたい

    こんな考えを持っている方は、キミスカを利用することで就活をより効率的に進めることができるでしょう。キミスカで「偽らない就活」を体験してみませんか?

    偽らない就活

    400字の自己PRで人事に良い印象を残そう!

    履歴書やエントリーシート、面接に欠かせない自己PRは、自分をどれだけ売り込めるかが鍵を握ります。そのためには、ありきたりな内容ではなく、あなたらしさが伝わる具体的なエピソードを盛り込むことが大切です。それと同時に簡潔にまとめることを意識し、自分を効果的にアピールしていきましょう。