【800字で書く】魅力的な自己PRを作るための4ステップ

就活の成否を左右する自己PRですが、魅力的な内容が書けないと悩む方は意外に少なくありません。特に、800字など多い文字数になると「そんなに書けない」と悩んでしまう方はたくさんいます。そこで、ここでは800字で魅力的な自己PRを書くコツについてまとめました。

自己PRの何を見られているのか知っておこう

企業の人事が就活生の何をチェックしているのかを理解することが先決です。なぜなら、それを理解しないと効果的なアピールのしようがないからです。では、人事は就活生のいったいどのような部分を見ているのでしょうか。

主に見られているのは人柄や思考回路、将来的な潜在能力です。特に思考回路は重要で、単なる結果ではなくあなたの思考や行動によって得られた結果や、そこで何を学んだかなどのプロセスを知りたいと考えています。

自己PRに派手さや華やかさは必要ありません。どのような小さな経験でもPRになることを覚えておきましょう。
偽らない就活

魅力的な自己PRの作り方【4ステップ】

ここでは、4つのステップで自己PRを作る方法をご紹介します。基本的に文字数は関係なく、どのようなPRでも文章の構成は同じです。PREP法という手法を用いれば、誰でも簡単に自分をアピールする文章が作れます。

【魅力的な自己PRの作り方①】結論から書き始める

先頭に結論を持ってくるのが基本です。PRということを考えると、最初に持ってくるべきはあなたの強み。ダラダラと前置きをせず、ズバッと先頭に強みを持ってきましょう。こうすることで、もっとも伝えたいことを明確にでき、人事にも伝わりやすくなります。
「私の強みは○○です」から始めるのが基本。具体的な例を挙げると「私の強みは責任感の強さです」や「私の強みはコミュニケーション力の高さです」などです。また、「私の強みはちょっとやそっとのことでは体調を崩さない体力です」「私の強みは時間を厳守することです」なども挙げられます。

【魅力的な自己PRの作り方②】その結論に至った理由を述べる

次に、その強みの根拠を示します。具体性に欠ける自己PRではまったくアピールにならないので、人事の心には響きません。しっかりと根拠を示すことで、説得力が増します。
例えば、「私は○○のアルバイトをしており、そこで○○のような結果を残すことに成功しました」のような感じです。また、「私の強みは体力です」という強みの場合だと、「学生時代には一度も風邪をひいたことがなく学校を休んだことがありません」のような感じです。結論に至った理由をしっかり述べてください。

【魅力的な自己PRの作り方③】具体的なエピソードを交える

具体的なエピソードを織り交ぜることによって、話に具体性を持たせることができます。また、課題や問題、トラブルなどをどのようにクリアしてきたかによって、あなたの思考回路が人事に伝わりやすくなります。
先ほどご説明したとおり、企業の人事はあなたの思考回路を知りたいと考えています。あなたの思考回路を理解することで、採用後に自社で活躍できそうな人材かどうかを判断しようとしているのです。
「アルバイト中に○○というトラブルが発生しましたが、私は○○によってそれを解決に導きました」や「○○という問題に直面しましたが、○○を信じて行動した結果成果を残すことができました」といった具合です。

【魅力的な自己PRの作り方④】最後にもう1度結論を強調する

最初に伝えた強みを最後にもう1度伝えます。こうすることによって、あなたがアピールしたい強みをしっかり人事に印象付けることができるでしょう。また、その強みが就職後にどのように活かせるのかについてもアピールしなくてはなりません。
人事は、あなたを採用することでどんなメリットがあるのかを知りたがっています。企業は人材採用にお金をかけているので、メリットをもたらさない人材をわざわざ採用したいとは思っていません。
「○○の経験から○○を学びました」→「貴社で働けるようになれば、その経験がきっと活かせるので○○で貢献したいと考えています」のような感じでまとめます。

【就活】自己PRの書き方と例文!絶対に落ちない自己PRを就活のプロが徹底解説

自己PRが800字を超えてしまう場合の対策

800字も書けないという方がいる一方で、800字を超えてしまうという方もいます。このようなケースだと、800字に収まるように文字を削らなくてはなりません。

具体的には、変な言い回しは削る、もしくは変更するといった対策があります。また、二重表現があるのならそれも削りましょう。無駄な接続詞や主語を削るのも効果的なので覚えておきましょう。自己PRで大切なのは、相手が理解しやすい内容になっているかどうかです。独り善がりにならないよう注意しましょう。

自己PRで800字も書くことが無い場合の対策

自己分析がしっかりできていないと、800字も書けないことがあります。書くことが無いと悩む方の多くは自己分析不足が原因です。過去の経験や洗い出しができておらず、自分の強みが分からないので書けないのです。自己分析のやり方ついてはこちらの記事で詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

【就活】自己分析の最適なやり方はコレだ!逆算型自己分析を徹底解説

800字で作る自己PRの例

【自己PR例】
私の強みはコミュニケーション力の高さです。コミュニケーション力の高さによって、幼いころから多くの友人に恵まれてきました。また、初対面の人ともすぐに打ち解けることができ、短時間で仲良くなることができます。例えば、私は学生時代にコンビニスタッフとしてアルバイトをしていたのですが、採用後に働き始めたその日のうちに、その場にいたスタッフ全員と打ち解けることができました。あまりしゃべらないという方ともうまく打ち解けることができ、当時の店長も驚いていました。
アルバイト先のすべてのスタッフとすぐに仲良くなれたので、仕事もすぐに覚えられました。また、仕事中に頻繁にコミュニケーションをとることは、業務を円滑に進めることにも非常に役立ちました。日頃からスタッフやお客様とのコミュニケーションの大切さを意識して行動することで、店全体の雰囲気を明るくすることや、ミスの減少につながり、その結果、チェーン店の中での売上成績アップにも貢献できたのです。
このように、私の強みは高いコミュニケーション力があることです。これだけは誰にも負けないと自負しており、これからの社会でも活かしていきたいと考えています。貴社の業務においては、顧客とのコミュニケーションが何より重要だと位置付けられていますが、私ならどのような顧客であっても持ち前のスキルと努力でうまくコミュニケーションがとれると考えています。
貴社に採用された際は、きっとこの力を活かして顧客との関係をさらに強固なものにします。既存の顧客をしっかりつなぎ止め、さらに、新規顧客の獲得にも努めます。私の強みをもっとも活かせる職場こそ貴社だと考えており、貴社でならさらに自分を高めながら働けると考えています。
配属された部署では、すぐにでも先輩社員の方々と打ち解け、協調性を持って業務に当たります。私のコミュニケーション力の高さで貴社に貢献できるよう頑張ります。

【自己PRを800字で書く】まとめ

自己PRは何のためにするのかをまずしっかり理解しておきましょう。大切なのは、企業の人事に自分の強みをしっかりアピールすることです。基本的に文字数に関係なく、文章の構成は同じということも覚えておきましょう。
また、先述したように自己PRが書けないようなら、それは自己分析が足りていない可能性があります。自分のことがよく分かっていないのに、他人にアピールすることはできません。しっかりと自己分析を行い、自分の強みを明確にした上で自己PRの作成をしましょう。ここでは自己分析に役立つサイトもご紹介したので、そちらもぜひ役立ててください。

800字で書く自己PRについて理解できたきみにおすすめのサービス

この記事を読んだあなたは、800時での自己PRに書き方について理解できたかと思います。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ」
偽らない就活
キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。
自己PRするのに必要な長所や、自分に向いてる職業がわかる適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!
キミスカで偽らない就活をはじめる