ネタがない人のための自己PRの書き方【必勝4ステップ】

就活生が最も頭を悩ませていることといっても過言ではない自己PR。就活生それぞれが個性を打ち出して、自分をアピールしています。しかし、中にはなかなか自己PRのネタが浮かばず悩んでいるという人もいるでしょう。そんな人に向けて自己PRのネタを探すための、4ステップをご紹介します。あわせて自己PRを作成する上での注意点にも言及しています。ぜひ人事担当者に好印象を持たれるアピールをするための参考にしてください。

自己PRのネタが浮かばないのはなぜか

就活する上で頭を悩ませている人が多いのが、自己PRの内容ではないでしょうか。自己PRによって採用の可否が分かれてしまうこともあるので、作成するのは細心の注意が必要です。
それ以前に書くネタが思い浮かばないという人もいると思います。そんな方もご安心ください。人事担当者が自己PRを通して何を見ているかをよく考えてみれば、おのずとどういったことを書けば良いかが見えてくるはずです。人事担当者は自己PRを通して、面接対象者の人柄や性格を見たいと思っているのです。どんなに優秀な人材でも、人柄や性格に難点がある場合、職場になじめず調和を乱す可能性があります。自己PRは、人間性を判断することによってそのようなトラブルを避ける目的もあります。やはり人事担当者も人間ですので、自分が一緒に働きたいと思える人を採用する傾向があります。そのため、人事担当者の関心に沿って自己PRをすることが大切です。
まず人事担当者があなたのどこを見ているのかをしっかりと理解した上で、自己PRの作成ノウハウも駆使しつつ、相手に刺さるようにアピールすることが重要です。これから紹介するネタ探しをするための4ステップを参考にして、よりアピール力の強い自己PRを作成してください。
偽らない就活

自己PRのネタにインパクトなんかいらない

自己PRは自分をアピールできる反面、伝え方やネタ選びを誤ってしまうと、印象を悪い方向に大きく傾けてしまうリスクがあります。ただし、残念ながらそういったリスクを全く理解することなく、エントリーシートや面接の自己PRで自分の自慢をだらだらと書き連ねてしまい、語ってしまうという就活生がいるのも事実です。
エントリーシートや面接は自慢大会をするためにある訳ではありません。「サークルでの楽しい思い出」や「大好きな国での留学経験」「一生懸命働いたアルバイト」どれも素敵な経験です。しかし人事担当者は、サークル、留学、バイトなどの詳細には興味がないのです。むしろ、それらの経験を通して、あなたがどのように成長して、どんな考え方になったかという変化を見たいと思っているのです。
あなたがどれだけすごい人なのか、すごいことを成し遂げた人なのかというインパクトよりも経験の密度が重要です。そのため自己PRに用いるネタは、自分の成長を印象付けられる経験のなかから選択する必要があるのです。

自己PR大切なのは「自社で活躍」できるか

人事担当者は、面接対象者の性格や人柄から自社で活躍してくれる人材なのかを判断しているということが最大のポイントです。人事担当者は、企業を代表して、企業の未来を一緒に築いていく人材を採用するという使命があるので、当然のことといえます。
面接の質問事項に「学生時代頑張ったこと」が入っているのは、真剣に打ち込んだものを聞けば、相手の人柄はもちろん将来性も判断できると考えているからです。そのため「学生時代頑張ったこと」についての質問が来た際は、頑張った実績とあわせて「その経験で自分が得た学びや能力を就職後に企業内で発揮します。」というアピールを加えることが大切です。
そのアピールがあるのとないのとでは、合否に大きな違いが出てきます。人事担当者は企業の多くの予算を使って人材採用をします。自分が採用した人材が、現場で役に立たない、すぐに辞めてしまったということになれば、自分自身の評価も下がってしまいかねません。そういった点からも、人事担当者は、企業にとって有益な人材を確保する使命を持って真剣に就職面接に挑んでいるのです。つまり、就活生にとって就活が戦いといえる一方で、人事担当者にとっても戦いなのです。
多くの学生の面接をしている人事担当者は、知識や人を見抜く能力があるという点において、一枚も二枚も上手です。そのようななかで就活生が就職面接で内定を勝ち取るためには、十分な準備が必要といえるでしょう。

自己PRのネタを探すための4ステップ

面接の合否に大きく影響してくる自己PRですが、自己PRに繋がるようなエピソードをたくさん持っている人ばかりではありません。就活生の中には、ネタがないと悩んでいる人ももちろんいると思います。そんな人でも魅力的な自己PRを作成することは十分可能です。
自分では意識していなくても、実は面接官からすれば魅力的だと感じるような経験や能力は誰しも必ずあるもので、問題はそのようなネタを発掘し、他人にもわかりやすく伝えるテクニックが必要なのです。そのために必要なネタ探しの4つのステップをご紹介します。ネタ探しをする際の参考にしてください。

①学生時代の経験を箇条書きで書き出す

まず初めにして欲しいことは、大学時代に情熱を注いで頑張ったことを箇条書きにするということです。その際にインパクトがある、ないなどということは考えないようにします。また、物事の大きさも気にしないようにしてください。どんなに些細な内容でもかまいません。些細なこともネタ探しの材料になる可能性があるからです。

②経験を選別する

次にステップ①で箇条書きにした経験を選別していきます。人柄や将来についてアピールできる経験をピックアップします。さらに、主体的になって試行錯誤しながら取り組んだ経験や問題解決にたどり着いたものを選びます。
上記の条件をクリアしていれば、どんなに小さな経験でもかまいません。これは自己PRに取り入れるのが難しいゲームやアニメでも、自分が主体的に行動した経験であれば大丈夫です。

③経験を掘り下げる

次に経験を掘り下げる作業をします。取り組んだ経験の概要をわかりやすく簡潔に書きます。さらに取り組む上で目標としたことや課題、その課題に取り組んだ動機を書きます。そしてその課題をクリアし成果を出すために行った工夫や行動の詳細を具体的にまとめます。
この経験でぶつかった壁や障害は何だったのか、どのようにして乗り越えたのか、壁や障害に立ち向かえた理由は何か、最終的にどういった結果が出たのか、そして一番重要なその経験から自分が学んだことを具体的に書くことです。このようにして、上記の経験を掘り下げていきます。

④仕事と結びつける

冒頭でも説明した通り、人事担当者はあなたが自社で活躍できるかという点に焦点を置いて、あなたの話を聞いているのです。つまり、今まで経験してきたことを通して得た学びや身に付けた力を、社会に出てどのように活かそうとしているのか、企業に入社してどのように活躍をするのかをしっかりとアピールすることが大切です。
自己PRを通して人事担当者に良い印象を与えることができれば、今後活躍が期待できる人材という判断になり採用の方向に向かいます。そのためにも、応募する企業がどんな事業をしていて、希望のポジションはどんな人材を必要としているのかをしっかりと下調べして、人事担当者に刺さるアピールをしなければいけません。

ネタができた後の自己㏚の書き方

自己PRのネタができたら、次は自己PRの書き方を習得しましょう。同じ内容の自己PRでも書き方を工夫することで、相手に対するアピール力はかなり変わってきます。より効果的な書き方をするように心がけてください。
自己PRの、書き方の詳細を紹介している記事はこちらです。

自己PRの書き方完全解説【スカウトされた先輩の例文付き】

自己PRを書く際の注意点

自己PRを書く上で注意しなければならないことがいくつかあります。まず自分が志望している職種と自己PRが一致していなければ、自己PRの効果が発揮されなくなってしまいます。
例えば営業職を志望しているのに、創造的な発想をアピールしても人事担当者にはほとんど響かないといってもいいでしょう。営業職であれば、体力や行動力、粘り強さ、コミュニケーション能力といったことをアピールした方が好印象を持たれます。一方で、WEBデザイナーやインテリアデザイナーなど、創造性がアピールになる職種もあります。
自分が志望している企業や職種ではどのような人材が求められているのかを事前にしっかりとリサーチすることが大切です。企業のホームページはもちろん、企業説明会などで情報収集するようにしましょう。知り合いでその企業に勤めている人がいれば、その人から会社内の情報を教えてもらうという方法も有効です。

自己PRができたきみにおすすめのサービス

すでにあなたは自己PRという形で自分を表現することができるようになっているはずです。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ」
偽らない就活
キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。
先述した、自己分析に役立つ適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!
キミスカで偽らない就活をはじめる