エントリーシートの提出締め切り時期は?直前で提出する場合の対処法も紹介

個人で行う自己分析や企業が開催する説明会への参加など、多忙を極める就活生にとってエントリーシートのスケジュール管理も簡単ではありません。そんな中「エントリーシートを締め切り間際に出すと読んでもらえないのでは?」という不安を持つ就活生もいるでしょう。

そこで本記事では22卒11月以降のエントリーシートの締め切り時期と、締め切りが合否に影響するのか、締め切りを過ぎてしまうとどうなるのかを解説していきます。

22卒のエントリーシートの締め切り時期は?

エントリーシートの提出締め切り時期について、一部企業の締め切り日を紹介します。エントリーシートの締め切り日は企業によって設定されているため、志望先の提出日を確認する必要がありますが、11月以降は早期選考やエントリーを受け付け始める企業も増えてくるため、チェックしておくことが重要です。

エントリーシート締め切り一覧

・2020/11/17   
アクセンチュア

・2020/12/1  
JPモルガン (アセット・マネジメント部門(クライアント・ビジネス)/ Corporate Analyst Development Program(コンプライアンス部門&オペレーション部門)/ホールセール・ペイメント部門)

・2020/12/6  
P&G Japan (秋冬選考)

・2021/01/03  
シティグループ(東京) オペレーション&テクノロジー部門

・2021/01/11
ドイツ銀行グループ エントリーレベル インベストメント・バンキング・カバレッジ、アドバイザリー、キャピタルマーケッツ部門

・2021/03/25  
伊藤忠商事 総合職

・2021/04/28  
伊藤忠商事 一般職職

【就職活動/新卒採用】 2022卒 エントリーシート(ES)締切一覧カレンダーを参考に記入しています。

エントリーシートに締め切りが設定されている理由とは

そもそもエントリーシートに締め切りが設けられている理由はなぜでしょうか?締め切りがあるのは当たり前だろうと思う方もいると思いますが、一度改めて締め切りが設定されている理由を確認しましょう。

【エントリーシートに締め切りがある理由】①ルールを守れるか見極めるため

締め切りには「社会人としての最低限のマナーや行動規範が身についているか」を見るという意味合いがあります。組織にとってルールや期日設定は重要なものです。ほぼすべての業務には後工程がありますので、ひとつの工程の遅れが全体の遅れにつながっていきます。

締め切りを重視する背景には、最低限のマナーや行動規範を守れない人はリスクになるという企業の考え方があるようです。

【エントリーシートに締め切りがある理由】②新卒一括採用を行う企業が多いため

エントリーシートに締め切りがある大きな要因の一つは「新卒一括採用をしている企業が多いから」でしょう。採用を行う企業にとって、同じ時期に社員が入社する方が、選考やその後の教育日程がそろっている方が調整しやすいからです。

しかし一部の企業では通年採用を行っているところもあり、その場合はエントリーシートの提出期限がないこともあります。自分の志望先の提出時期などはしっかり把握しておきましょう

エントリーシートは締め切り間際だと読んでもらえない?

「締め切り間際に届いたエントリーシートは読んでもらえない」といった噂を聞くこともあるかも知れませんが、結論からいうとそんなことはありません。しかし、締め切り間際は他の学生からの提出も集中するため、早めに出した人よりもしっかり読んでもらえる確率は低くなってしまうことは頭に入れておきましょう。

エントリーシートは早さよりも内容が重要

エントリーシートは早く出すと、企業によっては「早期選考」に案内されたり、「OB/OG面談」が用意される場合もあります。しかし焦って提出してしまい内容が薄い物や、あなたの魅力が伝わりづらいエントリーシートを送ってしまうと、折角提出しても落とされてしまう可能性が高まります。

焦って提出することでエントリーシートの質が落ちてしまうのであれば、しっかり内容を確認したエントリーシートを余裕をもって提出したほうが今後の選考に繋がるでしょう。

しかし内容を確認しすぎて直前の提出になってしまうと、郵送の場合は不達で戻ってくる場合もあるので、その際対応できるよう早めに準備しておくことは重要です。

エントリーシートの締め切りを守るコツ

ここからはエントリーシートの締め切りを守るための方法を確認していきましょう。

【エントリーシートの締め切りを守るコツ】①自分でボーダーラインを決めておく

日本の就活は時期が集中している為、スケジュール管理は非常に重要です。中身の充実したエントリーシートを余裕を持って提出するために、締め切り日の1週間前にアウトラインを作成し、その3日前には完成させておくと理想的です。郵送で提出の場合は、企業に到着するまで3日はかかると考えて、余裕を持って行動しましょう。

【エントリーシートの締め切りを守るコツ】②提出方法を確認する

エントリーシートの提出方法は郵送かWEBの2パターンがほとんどですが、郵送はWEBよりも早めに対応しなければなりません。

郵送で提出する場合は、必着か消印有効かも合わせて確認しましょう。その日までに到着していなければならないのが必着その日までの消印があれば受け付けてくれるのが消印有効です。必着なのか、消印有効なのかでスケジュールは最大3日ほど変わるため、必ずチェックしておきましょう。

【エントリーシートの締め切りを守るコツ】③スケジュール表を作成する

就活のスケジュール表を作成しましょう。エントリーシートの締め切り日から予定する提出日を記載しておきましょう。その際提出締め切り日と提出日は、自分の中で決まった色やスタンプを押すようにすると確認しやすいです。

就活がスタートすると、予定が詰まってくるためスケジュール長は結構見づらくなります。同じ色で書いていると見落としてしまう可能性が高まり、「出せなかった!」と言いうことに繋がりかねません。提出予定日は青のボールペン締め切り日は赤のボールペンで書くなど書き分けてパッと見て分かるスケジュール帳で管理し抜け漏れを防ぎましょう。

併せて携帯のリマインド機能を使って予定日の前日には通知が来るよに設定しておくこともおすすめです。手帳での管理は心配な方は携帯とも連携させてみてください。

エントリーシートを締め切り日当日に郵送する場合の対処法

エントリーシートが締め切り日当日に完成した場合、応募を諦めるか悩むところですが、地域によってはなんとかなる可能性もあります。ここでは、エントリーシートが締め切り日当日に完成したときの裏技を見ていきましょう。

【エントリーシート当日提出の対処法】①ゆうゆう窓口に行く

郵便局には24時間営業の集配局があります。エントリーシートの締め切りが消印有効なら、なんとか間に合わせる事ができるでしょう。ゆうゆう窓口で差し出すときは、必ずその日の消印が必要なことを伝えてください。しかしゆうゆう窓口は大きい郵便局にしかない場合が多いので、事前に近くのゆうゆう窓口の場所を確認しておきましょう。

【エントリーシート当日提出の対処法】②「新特急郵便」サービスを利用する

日本郵便には、午前中の差し出しで当日の午後5時頃までに配達してくれる「新特急郵便」というサービスがあります。

ただし、このサービスが利用できるのは全国でも札幌市内や東京都区内、名古屋市内などの一部のエリアだけです。料金は834円と少し割高で、事前申し込みが必要です。当日に完成したエントリーシートを郵送する方法として考えるには、現実的とは言えませんが、どうしても提出したい場合の対応策として覚えておきましょう。

【エントリーシート当日提出の対処法】③企業に直接持っていく

最終手段としては、企業に直接持っていくという方法もありますが、持参前には必ず応募要項を確認しておきましょう。提出方法に郵送のみと書かれている場合は、持参しても受け付けてもらえません。どうしても提出したい場合は、訪問する前に必ず電話でアポイントを取り、持参していい時間帯を確認してから訪問しましょう。

締め切りを過ぎたエントリーシートはどうなる?

残念ながら締め切りを過ぎたエントリーシートはその時点で評価の対象外になります。しかし、企業の中にはエントリーシートの締め切りを複数回用意しているところもあります。締め切りを過ぎてしまった場合でも気持ちを切り替え、次回の応募で提出できるか確認しましょう。

締め切りが過ぎてしまい、その後の受け付けもない場合は、採用担当者に直接電話をして、エントリーシートを受け付けてもらえるか尋ねるのもひとつの手です。ただし、採用活動中の担当者は忙しいため、対応できないことも多く、締め切りを守れなかった学生への印象はマイナスからのスタートになる事を覚えておきましょう。

いずれにせよ提出期限を守るのが一番なので、スケジュール管理を徹底しておきましょう。

エントリーシートの締め切りを制する者が就活を制する

就活を成功させるには、スケジュール管理が要となります。すべてに対して余裕を持って対応できるように、本来の締め切りよりも早めに締め切りを設定しておくとよいでしょう。

そうはいっても「エントリーシートを何度も書き直しているうちに、気づいたら締め切りが目前に迫っていた」ということもあるでしょう。あまりにも作成に時間がかかるなら、もしかすると自己分析が足りてないかもしれません。AIを活用した客観的な分析ができるキミスカの自己分析ツールは、就活生にも好評です。15分程度で自分の性格傾向などを確認できるのでぜひ活用してみてください。

「自己分析ツール」で就活が捗る!話題の適性検査を実際に受けてみた