インターンでパーマはOK?インターンのおすすめの髪型も紹介!

現在パーマをかけている人は、インターンもパーマで参加して良いのか気になっていませんか?
できることなら、パーマを落としたくない人もいるでしょう。ただ、自分の好きな髪型を貫いた結果、低評価を繋がる恐れもあります。

本記事では、パーマをかけたままインターンに参加しても良いのかどうか、またダメなのであればどんな髪型がおすすめなのかを中心に解説していきます。

インターンではパーマで参加しない方が無難!NGかどうかは企業による

インターン中の髪型でパーマはおすすめできないパーマでインターンに参加しても良いのかどうか、結論は「企業による」です。企業は髪型も含めた清潔感を見ています。なぜなら、清潔感がないとお客さんに不快感を持たせてしまい、結果「受注できない」などの機会損失が生じる恐れがあるからです。そのため、インターンでパーマはしない方が無難と言えます。

ただ、あまりお客さんと接する機会が少ないことや、業界全体の雰囲気として髪型に関する規定が緩いなどの理由から、パーマOKな企業もあります。

以下に各業界とパーマ事情をまとめたので、パーマをかけたままインターンに参加しようと思っている学生は参考にしてください。

まずはパーマOKな例を紹介します。

パーマOKな企業・業界・職種 理由
アパレル・IT・広告業界など 髪型も含めて個性で勝負をする人が相対的に多いため
ベンチャー企業 私服で働く人が多い環境で、髪型に対しても厳しくない傾向がある
エンジニア・デザイナー・ライター・プログラマーなど 外部の人と接する機会が少ないから

続いて、パーマNGな例を見ていきましょう。

パーマNGな企業・業界・職種 理由
金融業界や公務員など 職務上、誠実さや真面目さの印象が大切だから
営業・受付 外部の人と接する機会が多いため

髪型も個性の1つですが、インターンは企業の一員として扱われるため、企業や業界のルールに合わせる必要がある点は認識しておきましょう。

【どうしてもパーマでインターンに参加したい時】①緩めのパーマをかける

どうしてもパーマを落としたくないという人は、できる限り緩めのパーマをかけましょう。過度なパーマでなければ、企業側が気にしない場合もあります。

ただし、緩めのパーマをかける際も「清潔感」が大切です。清潔感がなければ、緩めのパーマでもNGとなる可能性があります。緩いパーマをかけたとしても、寝癖のような見た目にならないよう髪型をセットしてからインターンに臨みましょう

【どうしてもパーマでインターンに参加したい時】②髪型自由のインターンに参加する

インターンの中には、髪型自由で参加できるプログラムもあります。髪型自由のインターンであれば、パーマをかけたままの参加でも問題ありません。インターン検索サイトにて「髪型自由」と、検索窓に打ち込んで調べてみましょう。

ただし検索結果の中には、インターンの案内文に髪型に関する説明がないケースもあります。その場合は、本当に髪型自由なのかは慎重に判断した方が良いです。企業サイトやインターンに関する写真などを見て、本当に髪型が自由なのかを判断しましょう。もし髪型について気になる人は、担当者宛にメールで一度確認しておくと確実です。

インターンにパーマで参加する人が知っておくべきリスク

どうしてもパーマで参加するならリスクを把握しておこうインターンにパーマで参加したとしても、企業から「パーマをやめなさい」と言われることはほとんどないでしょう。そのため、パーマでインターンに参加することは可能と言えます。

しかし、パーマでインターンに参加することで、企業からマイナスの評価を受ける可能性もあるのです。ここではインターンにパーマで参加する人が知っておくべき2つのリスクを解説します。

【パーマでインターンに臨むリスク】①不快感を与えてしまうかもしれない

インターンとはいえ、ビジネスの場です。「パーマをかけてくるなんて、アルバイト感覚で来ているのではないか」と不快感を相手に与えてしまうかもしれません。特に大手企業や老舗企業、シニア世代の人たちが髪型に対して厳しい傾向にあります。

また、他のインターン生がパーマをかけていない場合は悪目立ちしてしまうことも。髪型を含めた身だしなみは、自分目線ではなく「相手がどう思うか」という視点で考えることが大切です。

【パーマでインターンに臨むリスク】②真面目な印象をアピールしにくい

髪型だけで人の印象が決まるわけではありませんが、重要な要素の一つです。社員の中には「パーマ=軽い・カジュアル過ぎる」というイメージを持つ人もいるでしょう。そのため、インターンにおいて大切な「真面目さ・誠実さ」をアピールするには、パーマが適しているとは言えません。

「パーマをかけていたから、インターンに失敗した」と後悔したくないのであれば、パーマはかけないことをおすすめします。

【男女別】パーマ以外でインターン参加時におすすめの髪型

パーマ以外の髪型でインターンに参加する場合、どのような髪型が相応しいのでしょうか。ここでは、男女別でおすすめの髪型を紹介します。以下で取り上げた髪型にすれば、見た目でマイナスの評価を受けることはないでしょう。

なお、インターン中の髪型については下記の記事でも解説しているので、あわせて読んでみてください。

インターンに参加するときの髪型はどうする?好印象な髪型を男女別に解説

パーマ以外でインターンにおすすめの髪型【男性編】

男性の場合は爽やかさと清潔感を印象づけるため、「黒髪・短髪」がベストです。前髪は目にかからないくらい、後ろ髪もワイシャツの襟にかからないくらいが理想的。サイドも耳にかからないようにすると良いでしょう。

できれば、ワックスや整髪料もつけて髪型を整えてください。なお、ツーブロックやマッシュヘアーなどはカジュアル過ぎるため、避けておいた方が無難です。

パーマ以外でインターンにおすすめの髪型【女性編】

女性の髪型は、男性に比べると自由度は高めです。大きなポイントは、暗い印象にならないよう「前髪は目にかからないようにする」こと。髪色は黒色もしくは暗めの茶色が良いでしょう。後ろ髪の長さは好きな長さでOKです。

もし後ろ髪が長い場合はヘアゴムで束ね、ポニーテールやハーフアップにしましょう。ヘアアクセサリーも派手なものではなく、シンプルな黒色・茶色系のピンがおすすめです。ショートヘアの方は寝癖に注意し、髪の毛がハネていないかを入念にチェックしましょう。

インターンの髪型は清潔感が大事!

インターンの髪型は、大切なのが「清潔感」です。清潔感の観点から、インターン生のパーマをNGとする企業は少なくありません。そのため、インターンに集中するためにも、パーマはかけない方が無難と言えます。

ただ、中には髪型自由の企業もあります。どうしてもパーマを落としたくない人は、清潔感を大事にしながら、髪型自由な企業のインターンに参加しましょう。