インターンでピアス穴を隠す方法は?ピアスに関するよくある質問を紹介

インターンの参加が決まったら、当日までに身だしなみを整えておかなければなりません。ここで気になるのがピアス事情です。インターンでネックレスやブレスレットをつけるのはNGとされていますが、ピアスも外しておくべきなのでしょうか。

今回は、インターンに参加する際にピアス穴を隠す方法を紹介するほか、就活中やインターン参加中のピアスに関するよくある質問にお答えていきます。

インターンではピアスを外すべき?

インターンや就活ではピアスを外すのが無難結論からいうと、インターンではピアスを外すべきです。インターンでアクセサリーをつけるのはNGとされており、ピアスやネックレス、ブレスレットなどのアクセサリーをつけて行くとマイナスの印象を持たれてしまう可能性があるので注意しましょう。

ただし、企業によっては「髪色自由、ピアスOK」と謳い、インターンの募集をかけているところもあります。どうしてもピアスを外したくない学生は、ピアスOKのインターンを探してみるといいでしょう。インターンの募集要項に「ピアスOK」という記載があるのは、以下の企業・業界が多い傾向にあります。

  • ベンチャー企業
  • アパレル業界
  • IT業界

また、顧客と接する機会の少ないデスクワークが主な職種もピアスOKな場合があります。ただし、これはあくまでピアスの有無を気にしない企業が多い業界というだけなので、ベンチャー企業やアパレル業界であってもピアスNGの企業ももちろんあります。

反対に、金融業界や公務員のような伝統を重んじる業界や、接客業のような顧客と接する機会の多い職種ではピアスは良いものとされていません。

ピアス穴でさえマイナスな印象を持たれる可能性も⁉

ピアスはアクセサリーの一種なので、ビジネスの場にふさわしくないことは分かりました。「それならピアスを外せば問題ない」と思うかもしれませんが、どうやらそうではないようです。中には、ピアス穴でさえマイナスな印象を与える可能性もあります。

とはいえ、左右1個ずつならそこまで気にする必要はありません。しかし、あまりにもピアス穴の数が多い場合や、拡張している場合は注意が必要です。ピアスを外すとピアス穴が目立っているように感じる学生は、この後に紹介するピアス穴の隠し方を参考にしてください。

インターン時にピアス穴を隠す方法4つ

ピアスの隠し方を紹介どうしてもピアス穴が目立つ場合は、インターンでマイナスな印象を持たれないようにピアス穴を隠す必要があります。ピアス穴を隠す方法はたくさんありますが、ここでは実際に試してみてとくにバレにくいと感じた方法を4つ紹介します。

【インターンでピアス穴を隠す方法】①髪の毛で隠す

最も手っ取り早い方法は、髪の毛で隠すというものです。これは女性に限った方法になりますが、違和感なくピアス穴を隠すことができます。

ロングヘアーの場合は髪をまとめる必要があるので、髪の毛で隠したい学生はボブやショートカットにするといいでしょう。ボブやショートカットでも耳を出した方が清潔感はありますが、強制ではありません。美容院で“耳を出さなくても清潔感が出る髪型”をオーダーしてみるのも一つの手です。

【インターンでピアス穴を隠す方法】②ファンデーションやコンシーラーを塗る

ピアス穴とその周辺にファンデーションやコンシーラーを塗り、その上からパウダーをはたいて隠すことも可能です。

メイク用品を持っていない学生は、この機会にプチプラのメイクアイテムを購入しておいてもいいかもしれません。その場合、乾燥肌の人はリキッドタイプのファンデーションやコンシーラー、脂性肌の人はスティックタイプやパレットタイプを選ぶといいでしょう。

ただ、この方法で隠せるのは18~16G程度の小さなピアス穴が限界です。ファンデーションやコンシーラーで隠れない場合は、次に紹介する方法を試してみてください。

【インターンでピアス穴を隠す方法】③リップクリームやワセリンを塗り込む

リップクリームやワセリンを厚めに塗り、その上からファンデーションやコンシーラーを重ね、仕上げにパウダーをはたきます。これは先ほど紹介した方法に、前段階としてリップクリームやワセリンを厚めに塗るという手順をプラスした方法です。

この方法なら、なかなか隠れないピアス穴の凹凸をカバーすることができます。ただし、手で触ったり服でこすれたりすると、ごっそり取れてしまうので注意しましょう。ワセリンはピアス穴を安定させたり、ふさがりかけたピアス穴にピアスを通す際の潤滑油になったりとかなり優秀です。

ただ、白色ワセリンは油焼けを起こし、色素沈着しやすくなるともいわれています。そのためインターンが終わったら拭き取り、ワセリンを塗った部分に変化がないか観察することをおすすめします。

【インターンでピアス穴を隠す方法】④医療用テープを貼る

医療用テープとは、皮膚に貼ることを前提として開発されたテープのこと。かぶれにくくはがしやすい医療用テープは、注射をした後にガーゼを止めるために用いたり、手術後の傷跡に貼ったりします。

この医療用テープを小さくちぎって、ピアス穴に貼ります。この時点ではテープを貼っていることがバレバレですが、その上からファンデーションを塗ってみてください。至近距離で見られるとバレてしまうかもしれませんが、ある程度相手と距離があれば気付かれることはないでしょう。

インターンのピアスに関するよくある質問(Q&A)

ピアスに悩む学生の疑問を解消簡単かつバレにくいピアス穴の隠し方を紹介しました。続いて、インターンのピアスに関するよくある質問を紹介し、それぞれ回答していきます。インターンが始まる前に、ピアスやピアス穴の疑問を解消しておきましょう!

【インターンのピアスに関する質問】①透明ピアスもダメ?

ビジネスの場に装飾品は必要ないという理由から、インターンや就活中にピアスをつけることはNGとされています。

それならアクセサリー要素の少ない透明ピアスはどうでしょう?学生の中には「透明ピアスにはアクセサリー要素がないから大丈夫では?」「ピアス穴がふさがらないように透明ピアスをつけて行きたい」という人もいます。

しかし、透明ピアスは意外と目立つので外しておくのが無難です。アクセサリー感覚ではなく、ピアス穴を固定させるツールとしてつけていたとしても、人事やインターン先の社員にとってはアクセサリーにしか見えません。

【インターンのピアスに関する質問】②ファーストピアスはどうする?

ファーストピアスは1~3ヶ月間つけ続けるのが好ましいですが、その間にインターン当日を迎える場合は外すしかありません。その場合は、帰宅後すぐにセカンドピアスを通して様子を見てみましょう。

このようにインターン前や就活が本格化する前にピアスを開けても、どうせ閉じることになってしまいます。今はピアスを開けるのを我慢した方がいいかもしれませんね。

【インターンのピアスに関する質問】③拡張している場合は?

ピアス穴を拡張している場合、先ほど紹介した4つの方法では隠しきれない場合もあるでしょう。絆創膏を貼って隠している学生もいるようですが、「完全に隠すことはできない」と思っていた方がいいです。

拡張されたピアス穴はふさがらないので、諦めてそのままインターンに参加するしかないでしょう。今からピアス穴を拡張しようと考えている学生は、インターン前や面接前は控えたほうが無難です。

【インターンのピアスに関する質問】④鼻や口のピアスは?

耳のピアスと同様に、鼻ピアスや口ピアスの穴も隠しておきましょう。キャッチだけ外してシャフト部分だけで過ごしたり、透明ピアスをつけて飛び出た部分をカットしたりする方法もありますが、バレたり話し方に違和感を持たれたりする可能性があります。

ピアス穴がふさがってしまう場合もありますが、インターンに集中するために諦めた方がいいでしょう。

私服のプロフィール写真からインターンにスカウトされるかも⁉

ピアスも立派な個性の一つではありますが、インターンや就活中は外しておくのが一般的です。ただ、学生の中にはどうしてもピアスを外したくない人や、自分のファッションセンスを活かせるインターンを探している人もいるでしょう。

そんな学生に知ってほしいのが逆求人型の就活サイト『キミスカ』です。キミスカはプロフィール写真やプロフィール文を登録しておくだけで、あなたに興味を持った企業からスカウトメッセージが届くサービスのこと。プロフィール写真はスーツ姿でも私服姿でもOKなので、あなたのファッションセンスに魅力を感じた企業からインターンのスカウトがくるかもしれません!

もちろん自分でピアスOKのインターンを探すのもいいですが、自分に合う企業からインターンのスカウトがくるなんて素敵ですよね。キミスカは完全無料で利用できるので、さっそく登録しておきましょう。

インターンではピアスを外してピアス穴も隠すのがマナー

インターンではピアスを外し、ピアス穴が目立つ場合はピアス穴まで隠すのがマナーとされています。とくに金融業界や公務員、接客業のインターンに参加する場合は、ピアス穴にまで注意を払うべきでしょう。

「インターン前はピアスを開けてはいけない」「就活中にピアスは我慢すべき」と言われると、余計に開けたくなる気持ちは痛いほど分かります。しかし、ピアスが原因で就職先が絞られるのは避けたいので、今は開けたい気持ちをぐっとこらえてインターンや就活に集中することをおすすめします。