インターン選考で意気込みを伝えるときのコツを紹介【例文付き】

インターンの選考では、意気込みが重要視されています。しかし就活に慣れていない学生は、どのようにアピールすれば良いのか分からない場合も多いでしょう。

本記事では意気込みを上手に伝える方法を紹介するので、インターン選考に合格し就活を有利に進められるようになりましょう。

企業がインターンの意気込みを大切にする理由3つ

まずは企業がインターン選考の際に、意気込みへ注目する理由を紹介していきます。企業は学生の意気込みから何を判断しているのでしょうか。

【インターンの意気込みが大切な理由】①熱意のある学生に参加してほしい

企業側は意欲のある学生を求めているので、やる気を見る材料として意気込みを重要視しています。とくにインターンは参加が必須のイベントではないため、本当に意欲のある学生だけを選んで充実した時間を作りたいと思っている企業も多いです。

意気込みがしっかり伝われば、企業は「インターンを有意義に活用してくれる学生だ」と感じてくれるでしょう。

【インターンの意気込みが大切な理由】②学生の成長をサポートしたい

企業は有意義なインターンを作り上げ、学生の成長に貢献したいと思っています。意欲が低いが混ざると他の学生の邪魔になる可能性もあるので、担当者に意気込みが伝わらない場合は、インターン選考の段階で落としてしまうでしょう。

意欲をしっかり伝え、充実した時間を過ごしたいことを提示するのが重要です。

【インターンの意気込みが大切な理由】③採用活動に役立てたい

中には採用活動の一環としてインターンを行う企業もあり、優秀な学生を発見したらマークをすることも少なくありません。また、意気込みからも自社に合う人材であるかを判断しているので、十分に自己アピールするのがおすすめ。

本選考で有利になる可能性もあるため、インターンの選考段階から手を抜かず取り組みましょう。

インターンは数をこなして慣れていこう

インターンのマナーや振る舞いが最初から完璧な人はいません。就活を進めていく過程で、徐々に身についていくものです。そのため、インターンは数をこなして慣れていくのが良いとされています。

しかし、インターンを探すのは時間がかかりますよね。探す暇がなかったり、自分に合うインターンが見つからなかったりと、悩みは人それぞれです。そんな方たちに一度試していただきたいのがこちらのツールです。もしまだ使ったことがなかったら、ぜひ使ってみてください。

企業からインターンのお誘いが届く!?10万人以上の学生が使っている就活ツール

ESにインターンの意気込み書く時のコツ

意気込みの書き方は合否に深く影響するため、下記に紹介するコツを確認しておきましょう。就活の本選考でも使えるテクニックなので、ぜひ参考にしてください。

【インターンの意気込みを書くコツ】①構成を工夫する

インターンの意気込みをESに書くときは、相手へ内容が伝わるように工夫してください。参加したいと思ったきっかけや目指す姿を記載し、真剣にインターンへ取り組みたい旨を伝えましょう。

また、文章の構成にはPREP法がおすすめです。PREP法は結論→理由→具体例→結論の順に伝えるテクニックのことで、プレゼンや営業などで幅広く使われています。
この構成で話すと、伝いたい内容を論理的で相手に分かりやすく話す事が出来るため、採用担当者から興味を持ってもらえる可能性が上がるでしょう。

エントリーシートなどで文章を書く際は、PREP法を取り入れるのが効果的です。

【インターンの意気込みを書くコツ】②読みやすい文章を意識する

「い抜き言葉」や「ら抜き言葉」など、誤字脱字に気を付けるのも大切です。間違った表現を使うと常識がないと思われてしまうため、書き言葉に慣れていない学生は日頃から練習しておきましょう。

またやたら長い文章を書いたり、繰り返し同じことを伝えたりするのも避けた方が良いです。採用担当者は忙しく、分かりづらいと読んでもらえない可能性があるので、簡潔で理解しやすい文章を心がけましょう。

ただしインターンへのやる気や意欲を伝えるために、規定文字数の9割は埋まるように意識してください。

【インターンの意気込みを書くコツ】③周りの方に見てもらう

意気込みの文章が書きあがったら、ゼミの教授や友達などに見てもらい、言いたいことが分かる文章かを確認してもらいましょう。自分では気付かなかった点を指摘されることで、より意気込みが伝わる文章に仕上がるはずです。

インターンの面接で意気込みを伝えるコツは?

インターンの面接では、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。ここでは、面接で意気込みを伝えるコツについて詳しく解説していきます。

また前述したようなPREP法で伝えると相手も理解しやすいため、面接でもぜひ実践してみてください。

【インターン面接で意気込みを伝えるコツ】①具体的なエピソードを準備する

インターン選考の面接ではエントリーシートの内容について詳しく聞かれることが多いので、しっかり説明できるよう具体的な経験談を用意しておきましょう。採用担当者はなぜそう思ったのかきっかけを詳しく知ることで、よりあなたの意気込みを理解することが出来ます。

また事前に考えておけば、今日のために備えてきたことをアピールでき、採用担当者からの印象も良くなるはずです。併せて意気込みの中で質問されそうな項目を考えておき、回答を準備しておくと、面接で聞かれても焦ることはないでしょう。

【インターン面接で意気込みを伝えるコツ】②明るい表情を意識する

初めての面接の方はとくに緊張するかもしれませんが、深呼吸して笑顔を意識するのが大切です。目線はしっかり採用担当者のほうへ向けることで、自信のあるイメージを持たせられます。

また、緊張のあまり身振り手振りが増えるかもしれませんが、ジェスチャーなどを使い過ぎるのは落ち着きがないと思われるため、あまり良くありません。事前に面接の練習をする際は動画を録り、話し方やジェスチャーの様子を確認しておくと良いでしょう。

【インターン面接で意気込みを伝えるコツ】③身だしなみを整える

見た目からも企業はやる気を感じ取るので、マナーを守った清潔感のある服装を心掛けてください。シワのついたシャツや曲がったネクタイなど、身だしなみが整っていない状態で意気込みをアピールしても、だらしなく信用できないイメージを持たれるかもしれません。

話しを真剣に聞いてくれない可能性もあるため、社会人としての身だしなみを意識し、見た目から好印象を持ってもらえるようにしましょう。

インターンで意気込みを伝えるための3つの準備

インターンで意気込みを伝えるためには、どのような用意をする必要があるのでしょうか。効果的な3つの準備について、下記にまとめました。

【インターンで意気込みを伝える準備】①目的をハッキリさせる

インターンに明確な目的があれば真剣さをアピールでき、企業からの期待も高まります。何を学びたいのか、目指すものは何かをはっきりさせることで意気込みも伝わりやすくなるので、参加する前にインターンの目的を見出しておくことが大切です。

また、自己分析を行わなければ自分の目標とする姿は曖昧なままです。そのため自己分析がまだ終わっていない方は、下記のツールを利用してみてはいかがでしょうか。

「適性検査」の受け方・結果の見方!自己分析ツールの使い方を解説

【インターンで意気込みを伝える準備】②企業の情報を調べる

インターン参加への意気込みを効果的に伝えるために、公式サイトの情報をチェックしたり、メディアが発信している情報を確認したりするのもおすすめです。業界や企業についての理解を深めておけば、面接の際も企業の考え方に沿った質疑応答ができるようになり、あなたのやる気を伝えられるでしょう。

【インターンで意気込みを伝える準備】③OB・OG訪問はできるだけ行う

同じ大学出身の先輩を探し、企業についてインタビューすれば公開されていない情報を知ることが可能です。もしOB・OGがいない場合は企業の人事部に問い合わせ、社員さんを紹介してもらうと良いでしょう。

インターンへの熱意を伝えられるほか、ネットには書かれていない情報を得られることもあります。

インターンの意気込みを伝えるときのパターン別例文3つ

どのように意気込みを伝えるべきかイメージが湧かない方は、下記に紹介する例文を参考にしてください。

【インターンの意気込みを伝えるときの例文】①ESでの回答

エントリーシートで「意気込みを教えてください」と質問されたときに、どのような回答をすれば良いのか見ていきます。インターンの内容をしっかり理解していることをアピールしながら書きましょう。

インターンでプログラミングを体験できると知り、参加を志望いたしました。実際の業務について深く理解することで、必要なスキルを知りたいと考えております。
自分の課題点を見つけて改善し、入社後に活躍できる人材になりたいです。

【インターンの意気込みを伝えるときの例文】②面接での回答

面接で意気込みを聞かれた際はどのように回答すべきか、以下に例文を紹介していきます。

私は御社のインターンに参加することで、顧客のニーズを的確に把握し、ニーズに応えられるスキルを学びたいと考えております。
一緒に働かせていただくことで、学生のうちにどのような力を身に付けるべきか知りたいです。

【インターンの意気込みを伝えるときの例文】③メール応募

メールでインターンに応募するときは、長くならないよう簡潔に記載するのがコツです。

今回、貴社でインターンを募集していることを知り、どのように商品のマーケティングを行っているのか実際に見てみたいと考えました。 大学ではマーケティングについて学んでいるので、今までの学習内容と絡めながらよりマークティングの理解を深めたいです。

インターンへ申し込む時は意気込みをアピールしよう

採用活動の一環としてインターンを実施している企業もあるほか、インターンシップで得られる経験はその後の就職活動や社会人生活で役立ちます。これからインターンの選考へ臨む方は、あなたらしさが詰まった意気込みをアピールすることが肝心です。ここで解説したコツを押さえ、効果的に意気込みを伝えましょう。