インターンはお礼状で好印象を残す!メールや手紙での書き方や送り方を徹底解説

今では就活生の9割がインターンに参加していますが、インターン参加後、より周りと差をつけたい、アピールしたい場合、お礼状の提出は大変有効です。しかし学生時代にお礼状を書くことはなかなかないため、どのように書くべきかどんな方法で書けばいいのか迷う方もいるでしょう。

そこでこの記事ではお礼状の書き方から、封筒の選び方について解説します。一緒にお礼状を完成させましょう!

インターンに参加したあと、お礼状は出すべき?

結論から言うと、お礼状は出すべきです。企業によっては「学生の負担を増やしたくない」「口頭で教えてくれるだけで嬉しい」という声もありますが、業務の時間に参加させてもらっているので、お礼はしっかり伝えるべきでしょう。また、お礼状を出すことで自分の意欲の高さや志望する気持ちを伝えることが出来ます。

長期インターンで長い期間お世話になった場合ももちろんですが、1DAYインターンで1日だけの参加だったとしても、お礼状は送りましょう。なお1DAYインターンの場合、お礼状を送る学生はなかなかいないので、送るだけでアピールに繋がります。

本選考に進みたいと思っている企業には、お礼状を送っておくことをおすすめします。

インターンのお礼状は参加後すぐに提出しよう

折角お礼状を出すので、より意欲の高さを伝え人事の印象に残すなら、すぐにでもお礼状を提出した方がいいです。2週間後や1ヶ月後に届くと、人事も今更!?とマイナスの印象がついてしまいます。

おすすめはインターン終了後、遅くとも次の日までに作成し、企業に気持ちを伝えましょう。

インターンのお礼状に書くべき内容

お礼状には何を書くとより効果的なのでしょうか?以下の2点を抑えてお礼状は作成しましょう。

【インターンのお礼状に書くべき内容】①感謝を伝える

必ず参加させてもらった感謝の気持ちを伝えましょう。インターンの開催は企業の業務時間内で行われているため、その時間にお邪魔させてもらっていることになります。教育してくれた、業務内容を知る機会を貰えたことに感謝をし、その気持ちをまずは伝えましょう。

【インターンのお礼状に書くべき内容】②学んだことや意欲を伝える

インターンの内容で特に思い出として残っていることや成長したことなどを伝えましょう。企業はインターンの内容が良かったのか、どんな内容を学生は求めているのか知りたいと思っています。

学んだことを伝えることで、あなたの成長や意欲を伝える事ができ、企業にもよかったコンテンツが知れるので具体的に記載してください。何が良かったのか、どんなところに感銘を受けたのか等、自分なりの思いを記載するように心がけましょう。

インターンのお礼状を出す方法はメール?手紙?

お礼状を出す方法としてメールと手書きがあります。より丁寧さや意欲を伝えるのであれば、手紙の方が効果的ですが、メールでも全く問題はありません。手紙・メールの書き方について説明するので、自分にあった方法を選んで作成しましょう。

【インターンのお礼状を出す方法】①メール

手書きの方がより意欲は伝わりますが、メールでも十分に思いは伝わります。作成に時間がかかり提出が遅くなりそうならメールで提出しましょう。またメールであれば、お世話になった人全員に届けることができ、つながっていればその後OB・OG訪問や、ES添削等行ってもらえる場合もあります。

以下のメールの例文を作成したので、書き方が分からない人は参考にしてみてください。

お礼メールの書き方例

件名:インターンシップ参加のお礼 (○○大学 キミスカ由貴)

本文:
○○株式会社
人事部 採用チーム 採用担当様

お世話になっております。
×月×日から×月×日まで~~で開催されたインターンシップに参加致しました、
○○大学 ○○学部 ○○学科のキミスカ 由貴とお申します。
取り急ぎお礼申し上げたく、メールにて失礼いたします。

この度は□日間、貴社のインターンシップに参加させていただきありがとうございました。
皆様に丁寧に温かく教えて頂けたこと、心より感謝申し上げます。

今回のインターンシップではかねてより興味のあった○○職についてよい詳しく知ることができ、
また貴社のお客様を大事にする思いや、クライアントの問題解決に向けてどこまでも追求し
寄り添っていく姿に大変感銘を受けました。
また、今回の○○業務でクライアントの問題解決をするために、より一歩踏み込んだヒアリング力が
必要だということに気付けました。

担当していただいた○○様を始め、皆様の働く姿勢を見て、ぜひ貴社で働かせていただけたらと思っております。

お忙しい中、ご指導ご鞭撻頂き誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

=====================
きみすか 由貴(きみすか ゆき)
○○大学○○学部○○学科
TEL:090-○○○○-○○○○
MEIL:yuki1234@○○○○
=====================

上記の例文には「取り急ぎお礼申し上げたく、メールにて失礼いたします。」と記載しているため、この文章を入れる場合はその日中か次の日までにはお礼状を送るようにしましょう。

メールの基本的な作成方法はこちらの記事に画像付きで解説しているので、ご確認ください。

インターンで役立つメールマナーと作成方法を徹底解説【場面別例文あり】

【インターンのお礼状を出す方法】②手紙

「この企業に絶対入りたい!」「周りよりもより印象を付けたい!」という場合は、手紙で送るのもおすすめです。特に短期間のインターンで手紙でのお礼状を書く人は少ない為、より目立つことが出来るでしょう。

紙は便箋で問題ありません。手紙の書き方は上記の画像を参考にしつつ、下記の流れで書いていきましょう。

頭語

頭語とは、手紙の一番頭にくる言葉で結語とセットで使います。一般的に「拝啓」「敬具」、より丁寧に書きたい場合は「謹啓」と「謹言」のセットで使用します。よく聞く「前略」は全文を省略するという意味なので、親しい人同士で使用するものです。企業に向けて書く際は失礼にあたるので、使用しません。

頭語については、こちらのサイトにより詳しく紹介してあるので、気になる方は確認しておきましょう。【手紙の書き方】

挨拶と名乗り

まず一文目は挨拶文を入れます。通常は季節に合わせたあいさつ文を入れますが、インターンのお礼状の場合は季節に限らず使える下記の言い方を使用するとよいでしょう。

・貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
・貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
・時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

そしてその後にあなたがどこの誰か名乗ります。メールと同じように

お世話になっております。
×月×日から×月×日まで~~で開催されたインターンシップに参加致しました、
○○大学 ○○学部 ○○学科のキミスカ 由貴とお申します。

と記載しましょう。

本文

本文には上記で記載した、学んだことや意欲について入れてください。何が良かった嬉しかった等の感想や、今後もっと身に着けたいと思った力等記載していきましょう。例文をそのまま使わず、自分視点で書くことで、よりあなたの人柄や意欲を伝えることが出来ます。

また手紙を作成する際の注意点として、セットになる熟語や「○○様」などの名前は離れないようにしましょう。例えば「貴社」と書く際、貴を書いて改行になると、マナー的に失礼にあたるので、離れないようにしてください。

結びの挨拶

最後に重ねてお礼の気持ちを伝えます。ここでは企業の今後の繁栄を祈り、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます等記載しましょう。担当の方に送る場合は「○○様のさらなるご活躍を心から願っております」等記載するとよいでしょう。

結びの挨拶の種類についてはこちらのサイトに詳細が記載してありますので、バリエーションを確認したい方は一度目を通しておきましょう。【手紙の書き方】

日付

西暦和暦どちらでも大丈夫です。日付は投函日を記載しましょう。

署名

最後に住所・大学名・学部学科・氏名を書きましょう。

宛名

最後に宛先を書きます。企業名は略さず書き、行を変えて部署名と氏名を書きます。

インターンのお礼状で書き直しをなくす方法

下書きせずにお礼状を書き始めると、書き直しの可能性が高まるので提出まで時間を要します。そこで手紙でお礼状を書く際は、一度ワードで作成してから、紙に書き写しましょう。

ワードで作成すれば、頭語を入れると結語も自動で出てくる為、いちいち調べる必要もありません。急いで出さなきゃと焦ると更なるミスに繋がるので、一度下書きを作成してから本番に臨みましょう。

インターンのお礼状を入れる封筒の選び方

最後に封筒を選びます。折角書いたお礼状を封筒で印象を下げないように、気を付けて選びましょう。

【インターンのお礼状を入れる封筒の選び方】①大きさ

お礼状の封筒は長形4号の物に、三つ折りにして入れてください。通常の花柄やキャラクターがついたものはお礼状の封筒には使いません。

【インターンのお礼状を入れる封筒の選び方】②色

封筒の色は、白色・茶色の物がありますが、正式な書類を送る場合は、白色の封筒に入れるのがビジネスマナーです。そのため、お礼状は白色の封筒に入れましょう。

茶色は事務的な書類の送付で使われる為、一般的な郵便物や重要度の低いものに使われます。社会人になっても使えるビズネスマナーなので、ここで覚えておくと後々便利ですよ。

より選考に進みたくなるインターンに出会うには

就活の期間は限られているため、早く効率的に自分に合った企業を見つけたいですよね。しかしインターンを開催している企業は多いため、自分で自分に合ったインターン先を見つけるのは大変だと思います。

そんな時は、ひとまずキミスカを使ってみませんか?キミスカは新卒採用のスカウト型サイトで、あなたのプロフィールの内容を見て「自社に適性がある!」と思った企業からインターンのお誘いや、極秘座談会の案内等が届きます。企業によってはキミスカから参加してくれた人限定で、特別選考ルートを用意している企業もあるので、自分に合った企業の選考により有利に進むことが出来るようになります。

キミスカを使って効率的に自分にあう企業を見つけましょう!

インターンのお礼状に書く宛名の書き方

宛名の書き方にもマナーがあります。宛名は郵便が届いた時一番初めに目に入るところなので、マナーを守ってしっかり書きましょう。封筒の書き方郵送マナーについてはこちらの記事に詳しく記載しているので、確認してください。

【就活】エントリーシートの封筒はどう選ぶ?宛名の書き方と郵送時のマナーを簡単解説

また書く際の注意点として、封筒に便箋を入れたまま宛名を書かないようにしましょう。上から書いてしまうと、便箋を出した時にボールペンの筆圧で宛名の跡がついているので、詰めが甘そう」「仕事が雑そうというマイナスな印象に繋がってしまいます。

折角手を書けてお礼状を書いているので、最後までぬかりなく好印象を残せるようにしましょう。

インターン参加後はお礼状を送って周りと差をつけよう!

インターンが終わりホッとすると思いますが、そこで落ち着いてはいけません。しっかりお礼を伝えることで、本選考の際より有利に就活を進めることが出来るようになります。

メールもしくは手紙で参加のお礼を伝え、早めに提出することで、意欲の高さを伝えましょう!