エントリーシートに書く数字の正しいマナー!通過率を上げる効果的な使い方も解説

住所や年齢など、エントリーシート(ES)で数字を記入する欄は非常に多いです。また、自己PRやガクチカを書く際に数字を盛り込んで具体性を持たせると、効果的にアピールできることがあります。このように、数字はエントリーシートとは切っても離せない存在なのです。

今回は、そんな就活のエントリーシートにまつわる数字の疑問について解説していきます。細部にも気を配って、面接や内定につながるエントリーシートを作っていきましょう!

エントリーシートに数字を書く時のルール

まずはエントリーシートに書く数字の基本ルールについて見ていきましょう。

【エントリーシートの数字ルール】①横書きは算用数字、縦書きは漢数字

数字には「1、2、3、4、5…」と表記する算用数字と、「一、二、三、四、五…」と表記する漢数字の2種類の表記方法があります。一般的な常識として、横書きの場合は算用数字、縦書きの場合は漢数字を使用することを覚えておきましょう。

エントリーシートや履歴書は横書きなので、基本は算用数字を使用することになります。漢数字を使うと文章が堅く読みにくくなり、忙しい人事に親切でないエントリーシートになってしまいます。数字の書き方で合否が変わることはありませんが、漢数字を使う人はほとんどいないでしょう。

悪目立ちしてしまう可能性があるので、横書きの時は使用しないようにしてくださいね。

【エントリーシートの数字ルール】②年号にも算用数字を使用

エントリーシートでは、基本的にどんな質問に対しても算用数字を用います。なかには年号を書く時だけ漢数字を使用する学生もいるのですが、年号も漢数字ではなく算用数字を使用しましょう。

他の場所は算用数字なのに一箇所だけ漢数字で書かれていると、エントリーシートに統一性がなくなってしまいます。すべての数字を算用数字で統一することで、一気に読みやすいエントリーシートになります。

【エントリーシートの数字ルール】③固有名詞などの数字は漢数字のままでOK

エントリーシートの基本は算用数字とご紹介しましたが、固有名詞や四字熟語などを書く時は漢数字のまま表記して構いません。

漢数字のままでよいのも

・地名:六本木や麻布十番など
・熟語:再三や一喜一憂、一つ一つ など

6本木や1喜1憂と表記するのは、どう考えても読みにくいですよね。このように正式な表記が漢数字の場合は、そのままの表記で記載しましょう。また学校名に含まれる数字も、正式な表記が漢数字の場合は漢数字で記載してくださいね。

【エントリーシートの数字ルール】④半角か全角かを統一する

パソコンで作成する時は、数字を半角もしくは全角で統一しましょう。指定がない場合はどちらでもいいですが、ビジネス文書はアルファベットや数字は半角で記載するのが一般的です。

半角と全角が混在していると非常にバランスが悪く、読みにくい文章になってしまいます。半角でも全角でも合否に影響することはありませんが、すべての数字の表記を統一することが大切です。

エントリーシートの数字は読みやすく書くことが重要!

自分では読める文字でも、他人からすると読みにくい文字になっていることがあります。正しい情報を伝えるためにも、エントリーシートの文字は読みやすく書くことが大切です。

特に0と6や3と8などの数字は、文字のクセによっては相手に誤解を与えてしまうこともあるため、ハッキリ分かりやすく書きましょう。

住所や学歴の部分が読みにくいと、間違った情報が伝わってしまう可能性もあります。内容も大切ですが、読みやすい文字を書くこともエントリーシートでは重要です。提出前に、読みやすい数字になっているかどうかをもう一度確認しておいてくださいね。

エントリーシートを入れる封筒の数字にも注意する

数字を書くのは、エントリーシートや履歴書だけではありません。エントリーシートを郵送する場合は、封筒にも数字を記載することになります。封筒を書く時も、基本ルールは解説した内容と同じです。

一般的なA4サイズを縦に使って封筒を書く際は、横書きの郵便番号は算用数字、縦書きの住所は漢数字を使ってください。ビル名や階数、室号もすべて漢数字で書くようにしましょう。

なかには、横書きで封筒を書く方もいるかもしれません。横書きで住所を書く場合は、すべて算用数字で書くようにしてくださいね。封筒の書き方や選び方について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

【就活】エントリーシートの封筒はどう選ぶ?宛名の書き方と郵送時のマナーを簡単解説

エントリーシートの通過率をアップさせる数字の使い方

エントリーシートで数字を書くのは、住所や学歴の欄だけではありません。ガクチカや自己PRなどのその他の質問も、数字を使うことで効果的にアピールができるようになることがあります。

ここからは、エントリーシートの通過率をアップさせられる、効果的な数字の使い方について解説していきます。他の学生と差をつけるためにも、数字を有効に活用していきましょう。

【エントリーシートは数字を使って通過率アップ】①箇条書きで情報を整理

自己PRや志望動機など、エントリーシートは質問に回答しているとどうしても文章ばかりになってしまいます。ぎっしり埋めたエントリーシートは達成感がありますが、ダラダラとした文章をたくさん書いても読みにくいだけで、人事の印象に残ることはできません。

もしも文章が長くて読みにくくなってしまった時は、箇条書きを活用すると良いかもしれません。箇条書きで情報を整理すると要点がすぐに把握でき、視覚的にも印象に残りやすくなります。

以下の例文で比較してみましょう。

【Before】
私は目標を達成するために、毎日2時間練習して、練習後はコーチにフィードバックをもらい、 家に帰ったら
もらったフィードバックと練習内容をノートにまとめて練習成果を分析しました。

【After】
私は目標達成のために、以下の3つを実行しました。
・毎日2時間の練習
・練習後はコーチにフィードバックをもらう
・フィードバックと練習内容をノートにまとめて成果を分析

どちらが読みやすくて印象に残りやすいかは、見た瞬間に分かるでしょう。このように、文章がダラダラと続いて単調になってしまう時は、箇条書きを使って整理すると読みやすいエントリーシートになります。

【エントリーシートは数字を使って通過率アップ】②実績をアピール

エントリーシートでアピールしたい実績がある時は、必ず具体的な数字を盛り込むようにしましょう。数字があることで実績をイメージしやすくなり、努力の成果が相手に伝わりやすくなります。

【Before】
大学ではマラソンに力を入れ、市民マラソンで優秀な成績をとった

【After】
大学時代はマラソンに力を入れ、2万人が参加する市民マラソンで3位に入賞した

の方が、実績が伝わりやすいですよね。「優秀な成果」には個人差があるため、数字で具体性を持たせることが大切なのです。

【エントリーシートは数字を使って通過率アップ】③頑張りをアピール

実績と同じように、「頑張り」にも個人差があります。したがって、目標達成のために行った努力や行動について説明する時も、具体的な数字を入れると頑張りをよりイメージさせやすくなります。

【Before】
毎日走り込みをして体力作りを頑張った

【After】
最初は2kmも走れなかったが、毎日2時間走リ込みをして体力を作り、今は42.195kmのフルマラソンも走れるようになった

とアピールすると頑張りがより伝わりやすいですよね。努力や行動の具体的な内容からは、入社後の仕事への取り組み方をイメージすることができます。あなたの人柄や強みを正しく伝えるためにも、自己PRやガクチカを書く時は数字を活用してアピールしましょう!

エントリーシートで数字を効果的に使えているか確認するためには

数字を使う事で効果的にアピールできるようになっても、本当に効果的に使えているのかはなかなか確認し辛いですよね。そこで採用担当者に正しく伝わっているのか確認する方法として、キミスカを使ってみませんか?

キミスカは新卒採用のスカウト型サイトです。あなたのプロフィールに登録された自己PRを見て、興味を持った採用担当者から直接スカウトが届きます。

スカウト文にはどのポイントに興味を持ったのか記載されているため、自分の頑張りが伝わったのか、内容は見やすかったのか等を確認することが可能です。現採用担当者の意見を知り、より通過率の上がるエントリーシートにブラッシュアップしていきましょう!
偽らない就活

正しい数字の書き方で読みやすいエントリーシートを作成しよう!

エントリーシートや履歴書を書く時は、横書きの場合は算用数字、縦書きの場合は漢数字で書くことが基本ルールとなります。読みやすいエントリーシートにするためにも基本ルールはしっかりと守り、全角もしくは半角を統一するようにしてくださいね。

自己PRやガクチカなどを書く際は、箇条書きを活用したり詳しい数字の情報を盛り込んだりすることで、より人間性や頑張りが伝わる内容にすることができます。ぜひ効果的に数字を使い、内定に一歩近づきましょう!