就活はピアスをつけたまま進めてもいい?ピアス跡や拡張した穴の対処法

就活は学生の身だしなみも評価対象に入っているため、いつも以上に服装や髪型、メイクなどに気を配ることが大切です。就活の身だしなみを考えるときに出てくる疑問のひとつに、「ピアスはつけたままでもいいのか」という問題があります。

今回は、就活中のピアスについての知識を解説します。ピアスホールを隠す方法やピアスをしたまま就活する方法についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

就活のときはピアスをしてもいいの?

就活ではピアスは控えた方が良いそもそも、就活のときはピアスをしてもいいのでしょうか。まずは、就活におけるピアスについての基本知識を身につけていきましょう。

就活でピアスをつけるとマイナスの印象になることがある

ピアスをつけているからといって、必ずしも選考に落ちることはありません。ただし、企業によってはTPOにふさわしい身だしなみができないと判断され、悪印象になることもあります。そのため、ピアスを外して就活するほうが無難です。

なかには、「家族からもらった」「お守り代わりにつけている」など、外したくない理由がある学生もいるかもしれません。どうしてもピアスを外したくないときは、マイナスの印象を与える可能性があるというリスクを理解したうえで選考に挑むことが大切です。

ピアスホールは多くなければ問題ない

就活の際はピアスを外したほうが安心ですが、ピアスホールがあるときは評価に影響を与えるのでしょうか。ピアスホールは、両耳1個ずつ、片耳に2つなど、少なくて目立たないものであればほとんど影響がありません。そのため、面接に行くときはわざわざ隠したり塞いだりしなくて大丈夫です。

ただし、あまりにも穴が多かったり拡張していたりする場合は、ビジネスシーンにふさわしくないと判断される危険性が高いです。記事の後半で対処法について解説しているので、そちらをチェックしておきましょう。

ピアスをつけたまま就活をするデメリット

就活ではピアスを外しておいたほうが安心だとお伝えしましたが、どうしてピアスをつけたままだとマイナスの印象を抱かれてしまうのか、気になる学生もいるでしょう。
ここでは、ピアスをつけたまま就活をしたときに人事から抱かれてしまう印象やデメリットを見ていきましょう。

【就活ピアスのデメリット】①就活への意識が低いと思われる

就活でピアスをつけていると、どうしても「ファッション性を優先している」と思われてしまいます。その結果、就活への意識が低く、自分の意思を曲げられない学生だと思われる危険性が高まります。

おしゃれをしたくても我慢している学生が多い以上、平等に評価するためにピアスをしている学生の評価を落とすことは十分に考えられます。

【就活ピアスのデメリット】②マナーが備わっていない・不真面目だと思われる

「ビジネスマナーを知らない、」「不真面目で不良だ」と思われてしまう可能性があることも、ピアスをしたまま就活するデメリットです。実際には、ピアスをつけることと「マナーがない」「不良」だということに関連性は全くありません。ピアスは自己表現のひとつであり、つけるかどうかは個人の自由です。

しかし、企業の人事や役員には年齢層が高い人も多く、昔の価値観のまま「ピアスは不真面目な人がするものだ」と思っていることも少なくはありません。人事の価値観ひとつで就活の合否が決まってしまうのはもったいないことなので、不安なときは外して選考を受けたほうが安心なのです。

就活のピアスに対する印象は男女で異なる

就活ではピアスをつけないほうが安心だということをお伝えしてきましたが、実は男女でピアスに対する印象は若干異なります
ここでは、男女別の印象について見ていきましょう。

【就活ピアスの印象】女性はシンプルなものであればつけてもOK

女性の学生は、目立たないピアスであればつけていても問題ないケースが多いです。小ぶりな一粒石などのシンプルなデザインのピアスであれば、両耳に1つずつつけても大丈夫です。

ただし、人事の価値観で「ファッション性高い」と判断されてしまえば、マイナスの印象になることは避けられません。男性よりは寛容ですが、必ず評価に影響しないとは言い切れないため、不安であれば外しておきましょう。

【就活ピアスの印象】男性はつけないほうが無難

残念ながら、男性のピアス着用についての理解がある企業はまだまだ少ないです。ピアスをつけているだけで「不真面目そう」と思われることも珍しくはありません。
自分らしさも大切ですが、就活の期間中は原則アクセサリー類をつけないように気をつけたほうがいいかもしれません。

就活におけるピアスの注意点

ここでは、就活におけるピアスの注意点を2つ解説します。ピアスが原因で就活が不利になることがないよう、しっかりと目を通しておいてください。

【就活ピアスの注意点】①拡張した穴や多すぎる穴は隠す

拡張したピアスホールやあまりにも数が多すぎるピアスホールは、どのような企業でも必ず不利になります。ピアスは自分らしさを表現する方法ではありますが、ビジネスでは相手を怖がらせたり不快にさせたりする恐れがあるため注意が必要です。

また軟骨や鼻など、耳たぶ以外に開けたピアスホールも悪印象になります。隠すのが難しいときは、病院で相談してみましょう

【就活ピアスの注意点】②業界によっては女性でもピアス禁止な場合がある

金融や公務員など、お堅い企業は女性であっても就活時のピアスはご法度です。また、ホテルなどの接客業も一切のアクセサリー類を禁止していることが多いので注意してください。

反対に、ITやアパレル関係、マスコミ関係の企業はアクセサリーをつけたまま面接しても問題ないケースが多いです。業界や企業に合わせて、ピアスをするかどうかの判断をしましょう。

就活のときにピアスホールを隠す方法

「穴の数が多い」「穴が大きくて目立ちそう」というときは、ピアスホールを隠して面接に挑んだほうがいいケースがあります
ここでは、自分でできるピアスホールを隠す方法を解説します。

【就活でピアスホールを隠す方法】①ファンデーションやコンシーラーを使う

小さな穴であれば、メイクに使うファンデーションやコンシーラーで隠せる可能性が高いです。穴を埋めるように塗っておくと、遠目からは全く見えなくなります
毛穴の凹凸をカバーする効果のある化粧下地を塗ってからファンデーションやコンシーラーを塗ると、よりピアスホールが目立ちにくくなります。

【就活でピアスホールを隠す方法】②透明ピアスをつける

透明ピアスをつけると、ピアスホールが目立ちにくくなります。ただし、光が反射すると何かついていることが分かってしまうため、お堅い業界では避けたほうが無難です。

透明ピアスよりも目立ちにくい肌色ピアスもあるので、どちらも試してみてしっくり来るものを使うといいでしょう。

【就活でピアスホールを隠す方法】③絆創膏を貼る

ピアスホールのサイズにカットした絆創膏を貼る方法でも、ピアスホールは隠せます。ただし、長時間貼るとかぶれてしまうため、面接などが終わったらすぐに剥がすようにしてください。

絆創膏が目立ちすぎてしまうときは、医療用のファンデーションテープがおすすめです。肌なじみがよく、自然に穴を隠してくれます。

キミスカならピアスをした姿で企業からオファーがくることも!?

就活ではピアスを外したほうが選択肢は広がりますが、学生のなかには「自分らしさを表現するために、どうしてもピアスを外したくない」という方もいるかもしれません。そんな学生におすすめなのが、逆求人型サイトのキミスカです。

キミスカは、学生が登録したプロフィールや写真、適性検査に魅力を感じた企業からオファーがもらえるところが特徴。ピアスをつけたままの写真を登録しておくことで、あなたらしさに魅力を感じた企業から声をかけてもらうことができます。

ピアスに特別な思い入れがある学生は、プロフィールにピアスへの熱意を書いてあなたらしさをアピールしてもいいでしょう。飾らない自分を評価してくれる企業への入社を目指すなら、ぜひキミスカを活用してみてくださいね!

就活はピアスを外して進めることが無難!

ピアスは自分らしさを表現するためのひとつの手段ではありますが、就活という場では外しておいたほうが無難です。「選択肢を広げたい」「どうしても入りたい企業の面接がある」というときは、外して挑むようにしましょう。

どうしてもピアスをしたまま就活をしたいというときは、ありのままのあなたに魅力を感じてくれる企業を探してみましょう。キミスカなら、飾らないあなたを採用したいと思ってくれる企業に出会えます。