面接の時はマスクを着ける?着用時の注意点や話し方のポイントを解説

これまでの面接では、マスクを外して臨むことを推奨されていました。しかし、新型コロナウイルスの感染リスクを抑えるためにも、マスクを着用して面接を行うことが一般的になっています。

ただ、マスクといっても面接に相応しいものがあるほか、着用中の話し方にもコツが必要です。この記事では、面接に適したマスクの選び方をはじめ、マスクを着けたまま面接に臨む際のポイントをご紹介します。

面接でマスク着用がコロナ禍でのマナーに!

新型コロナウイルスの影響により、対面での面接ではマスク着用が就活のマナーとなりました。企業側も就活生も互いに感染する危険性があるので、できるだけリスクを抑えるためには互いに感染症対策の意識を持つ必要があります

企業にとっても、採用活動の中で従業員が感染した場合、取引先からの信用低下に繋がるかもしれません。また、オフィスの消毒や濃厚接触者の出勤停止により、企業活動を中断せざるを得なくなることもあるでしょう。しかし、感染リスクがある一方で人材獲得は企業活動に必要なことなので、企業はリスクを抑えたうえで選考を行なっているのです。

面接で着けるマスクの選び方

オンライン面接を除き、対面での面接ではマスク着用が欠かせません。しかし、マスクも身だしなみの一つとして考えられているため、幼稚な印象を与えるようなデザインは避けた方が無難でしょう。

ここでは、見た目と素材の2つの観点からマスク選びのポイントを紹介します。

【面接でのマスク選び】①色は控えめの無地がおすすめ

スーツと同様に、マスクの色は控えめのものを選びましょう。面接では見た目の清潔感も見られているため、白やグレーなどの落ち着いた色がおすすめです。また、キャラクターや柄が入ったものは、面接官が話しを聞く妨げになる可能性もあります。

自分の話しに集中してもらうためにも、マスクは無地で落ち着いた色合いのものを着用するようにしてください。

【面接でのマスク選び】②素材は不織布がベスト

ウレタンや不織布など、マスクに使われている素材はさまざまなものがありますが、不織布のマスクがおすすめです。理化学研究所が発表したデータによれば、ウレタンマスクよりも不織布マスクの方が「吸い込みと吐き出しの飛沫をカットできる」と言われています。

面接官の中にはこのことを知っている人もいるので、感染リスクを下げるため、人事にマイナスの印象を持たれないためにも、不織布のマスクを使うようにしましょう。

マスク着用で面接に臨む際のポイント

いつも通り話しているつもりでも、マスクを着けた状態では聞き取りづらかったり、表情が分かりにくかったりします。ここからは、マスクを着用しながら面接に臨む際の4つのポイントを見ていきましょう。

【マスクで面接に臨むときのポイント】①挨拶の際の言葉が大事!

面接では就活生の人柄を見極めていますが、一緒に働きたいと思える人材であるかどうかも重視されています。そのため、初めの挨拶で良い第一印象を持ってもらうことが大切です。

また、企業の中にはマスクに関する指示を出していないこともあるので、マスクを着けて面接に臨む時の挨拶は、以下の例文を参考にしてください。

【マスクで面接に臨む際の最初の一言】
  • 「マスクを着けたままでもよろしいでしょうか」
  • 「いったん、マスクを外してご挨拶させていただきます」

また、余裕があれば「マスクを着けたまま話させていただきますが、聞き取りづらい場合はおっしゃっていただければと存じます」など、一言添えても良いでしょう。

挨拶の段階で丁寧な印象を与えられれば、面接中の質疑応答でも好印象を持ってもらえるかもしれません。

【マスクで面接に臨むときのポイント】②大きい声で話す

マスク着用中は感染リスクが抑えられる一方で、口が覆われているために話し手の声を聞き取りづらいことがデメリットに挙げられます。話している内容が聞こえなければ、聞き直す手間が発生するほか、あなたの魅力が伝わらないまま面接が終わるかもしれません。

そのため、マスクを着けた状態で面接を受ける方は、ノーマスクの時よりも大きい声で話すよう意識してください。

【マスクで面接に臨むときのポイント】③ジェスチャーを使う

マスクを着けていると話し手の表情が分かりにくくなるため、せっかくの回答も淡々としたものに感じられるかもしれません。そこで、話しの内容にこだわるだけでなく、話している時の身振り手振りといったジェスチャーも行いましょう。ジェスチャーを交えて話すことで、視覚的なアプローチが可能です。

マスクを着けている状態でも、聞く人の目線に立って分かりやすく話す工夫が、面接官に評価してもらえるかもしれません。また、適度なアイコンタクトを取ることも効果的です。

【マスクで面接に臨むときのポイント】④マスク着用でも笑顔を意識

マスクで表情が見えないからといって、無表情で話すのはおすすめできません。人間の表情筋は口や目元が連動しているため、目元が笑っていないと無表情のように思われる可能性があります。

回答する内容に合わせて表情を少し変えるのも効果的ですが、マスクを着用していても面接中は笑顔を基本にしておきましょう。

面接のマスク着用に関する就活生のよくある疑問

マスク選びのポイントや面接時のコツを紹介しましたが、学生の中には不慣れな面接で不安に思うこともあるでしょう。最後に、面接でのマスクに関するよくある質問にお答えしていきます。

【面接のマスクに関する疑問】①マスクを外すよう指示がある?

マスク着用が面接での常識になりつつありますが、企業によっては本人確認のために一時的にマスクを外すよう指示を出すことも少なくありません。

マスクを外すケースがあることも把握しておけば、面接当日は落ち着いて対応できるでしょう。序盤で慌てると、面接官に落ち着きのない学生だと思われることもあるため、冷静に対応してください。

【面接のマスクに関する疑問】②メイクはどうすれば良いの?

マスクを着けたままでは表情が見えにくいため、就活生の中には油断してメイクをほとんどしない方もいます。しかし、少しでも表情を良くし面接官に好印象を残せるよう、マスクで隠れていない部分のメイクを工夫することが肝心です。

マスクで隠れていない目元と眉は、特にこだわりましょう。例えば、アイシャドウはメイクが濃くなりすぎないように暖色系のものを選び、ブラウンのアイラインとマスカラを使えば、自然な印象に仕上がります。

ただし、マスク着用中は蒸れてメイクが崩れる可能性もあるため、面接前に確認しておきましょう。眉ティントで眉毛が消えてしまわないようにするのも面接用メイクのコツです。

【面接のマスクに関する疑問】③WEB・オンラインでもマスクは必要?

感染リスクを抑えるために、企業の中にはオンラインで面接を実施するケースも増えてきました。結論から言えば、WEBやオンラインの面接でマスクは不要です。しかし、オンラインでの面接は対面式と異なる点に注意が必要なので、以下の記事でチェックしておきましょう。

【保存版】WEB面接の「準備」と「流れ」を解説!スピードテストは事前にやった?

マスク着用での面接は伝わりやすさを意識しよう

企業の多くがマスクを着けた状態で面接を行っていますが、これまで通りの面接対策をしていては、あなたの魅力が企業に伝わらないかもしれません。

あなたの魅力を邪魔しないシンプルなマスクを着用し、表情やジェスチャーなどを駆使して自分らしさを企業にアピールしましょう。