大学生はインターンに参加しよう!インターンの基礎知識を解説

現在、大学生のほとんどは就活の一環としてインターンに参加しています。スムーズに就活を進めるためにもインターン制度を活用し、自分に合った企業を見つけることが大切です。

しかし、インターンについてあまり分からず、焦っている学生も多いでしょう。そこで、本記事では今さら聞けないインターンの基礎知識を解説していきます。インターンへの参加を考えている学生は、ぜひ参考にしてみてください。

大学生が参加するインターンとは?

インターンは学生が仕事を体験できる制度で、就業体験とも呼ばれています。インターンの中には収入を得られる場合もあるものの、アルバイトとは別物なので要注意です。アルバイトは給料を獲得するために行いますが、インターンシップは仕事内容や自分の適性を理解することが目的です。

インターンは社会に出る前の貴重な経験をする場になったり、企業によっては採用活動の一環となったりするため、手を抜かずに参加しましょう。また、学生にも企業にもメリットのあるイベントで、大学も推奨している場合が多いです。

インターンは大学何年生から参加できる?

インターンは大学3・4年生が参加しているイメージを持つ学生もいるでしょう。しかし、大学1年生からでも参加できるので、興味のある方は積極的に挑戦してみるのがおすすめです。

就活直前の場合、焦って選んでしまったり、人数などの関係で志望企業のインターンに参加できなかったりする可能性もあります。できるだけ早めに行動し、余裕を持って就活を進めましょう。

大学生のためにインターンは3種類用意されている

ここでは、インターンの種類について3つ紹介していきます。

【大学生のインターン】① 1Day仕事体験

1Day仕事体験は1日のみのインターンで、企業説明を中心にグループプログラムや社員との座談会などで構成されています。企業についてとりあえず知りたい学生に向いており、様々な業界に興味のある方にピッタリです。

【大学生のインターン】②短期インターン

短期インターンは1週間~1ヵ月程度で行われ、サマーインターンやウィンターインターンなど長期休み中に多いです。企業説明やグループワークなど、ボリュームのあるコンテンツが揃っています。

本選考の一部が免除になるケースもあるため、就職したい企業が絞れている学生はぜひ参加してみましょう。

【大学生のインターン】③長期インターン

長期インターンは1ヵ月以上の場合がほとんどで、中には4年近く参加する学生もいます。経験を積み重ねながら成長できるほか、給与が支払われるケースもあるのは学生にとって嬉しいポイントでしょう。

インターンを通じてビジネススキルも身に付けられるので、卒業してからすぐに活躍したい学生におすすめです。また、成果によって就活で有利になったり、内定をもらえたりするため、参加することで他の学生と大きく差を付けられます。

大学生がインターンに参加する3つの目的

では、大学生はどのような目的でインターンに参加するのでしょうか。以下に参加する理由を3つまとめました。

【大学生がインターンに参加する目的】①業界への理解を深めるため

学生がインターンに参加する目的の一つに、業界について知ることが挙げられます。入社後にミスマッチを感じないためにも、実際に体験して業界の理解を深めることが大切です。

仕事内容について知識を付けられるので、自分に適性があるのかを判断することもできるでしょう。

【大学生がインターンに参加する目的】②就活で自己アピールに活かせるから

インターンに参加することで業界の知識を付けたり、成果を残したりした学生は即戦力として期待されることもあります。

また、就活の際にインターンでの経験をアピールすれば、企業は入社後の姿を簡単に想像できるため、あなたの魅力を感じてもらいやすくなるでしょう。他の就活生と差を付けるチャンスにもなるので、インターンへの参加は就活に大きく役立ちます。

【大学生がインターンに参加する目的】③単位をもらうため

現在は、半数以上の大学がインターンの単位認定を始めました。優秀な学生を集めたり、働くことへのモチベーションを上げたりするためなど、様々な目的で企業と大学は提携しています。

それぞれの学校で条件や対象企業が異なるので、一度調べてみるのもおすすめです。

大学生がインターンで得られるメリットは?

インターンには様々なメリットがあり、参加することで自身を大きく成長させられます。
具体的な利点について以下で紹介していきましょう。

【大学生がインターンで感じるメリット】①自分の適性が分かる

WEBサイトの情報だけでは分からない業務内容や雰囲気を知ることで、自分にマッチする企業であるかを調べられます。
インターンの経験は深い自己分析にも繋がるので、より自分の適性について理解できるでしょう。

もし自己分析をしたことがないのであれば、以下からキミスカのツールを使ってみてください。質問に答えるだけで自分の長所・短所が分かり、職務適性を調べることも可能です。
インターンを探すときにも役立つため、就活を始めようと思っている方はキミスカを利用してみましょう。

「適性検査」の受け方・結果の見方!自己分析ツールの使い方を解説

【大学生がインターンで感じるメリット】②就活で役立つ

インターンで得られた経験を就活に活かし、自己アピールする学生も多いです。
企業はあなたが実際に職場で働く姿を想像しやすくなるため、魅力を感じてもらえる可能性も上がります。
また、企業によっては本選考の一部を免除したり、長期インターンであれば内定を出したりする場合もあり、将来的に役立つ経験と言えるでしょう。

大学生がインターン参加前に準備すべきこと4つ

インターンに参加することが決まったら、以下の4点をチェックしてください。

【大学生がインターン参加前にすること】①企業研究

企業の展開している事業や経営状況などについて情報を集め、しっかり内容を理解してからインターンへ参加するようにしましょう。

インターン参加中により深い質問をできるようになり、企業の全体像を把握した上での提案や質問を行えば、社員から一目置かれるかもしれません。

【大学生がインターン参加前にすること】②達成目標を立てる

事前にどのようなプログラムが開催されるのか確認し、インターンの内容に合った目標を立てることが大切です。目指す姿を具体的に決めれば、達成するために必要なことが明確になり、インターンでの時間を有意義なものにできます。

参加後は経験したことを振り返り、反省点は次のインターンに活かしたり学生生活を通して改善したりしましょう。

就活の面接で「インターン参加で自分の課題が〇〇だと感じました。そのためインターン後は△△をすることで、改善しました」などと言えば、説得力のあるエピソードを話すことも可能です。

【大学生がインターン参加前にすること】③持ち物、集合場所の確認

事前案内をよくチェックし、インターンに必要な持ち物を用意しておきましょう。また、当日に遅刻しないためにも集合場所と時間、交通機関などを確認しておき、スケジュールを組み立てておくのがおすすめです。

【大学生がインターン参加前にすること】④自己紹介を考えておく

インターンの初日には自己紹介をする可能性があるので、今頑張っていることや将来の目標などをまとめておきましょう。ありのままの自分について知ってもらえるように、個性を活かした内容で作成するのがポイントです。

企業によって自己紹介の長さは異なるため、30秒と1分のパターンで作っておくと対応しやすいです。

インターンの自己紹介の作り方を確認したい方はこちらの記事をご確認ください。

インターンの自己紹介は5つのステップで完成!発表の際の注意点も押さえよう

大学生がインターンへ参加するときに気をつけること4つ

インターンに取り組むときは、下記の点について注意しなければいけません。インターンで失敗しないためにも、しっかり確認しておきましょう。

【大学生がインターンに参加する際の注意点】①大学生活と両立させる

インターンに参加しすぎて卒業できなかったり、プライベートがおろそかになったりするのは好ましくありません。貴重な大学生活をインターンに充てるというイメージで取り組み、大学生活も就活も充実させましょう。

【大学生がインターンに参加する際の注意点】②自分から行動する

とくに短期インターンは期間が短いため、何かの役割を担うなど積極的に行動しなければ何も得られずに終わるかもしれません。1日ごとに自分が成長するようなイメージを持ち、毎日目標を立てて取り組むことが大切です。

【大学生がインターンに参加する際の注意点】③ビジネスマナーを意識する

学生だからといって気を抜かず、インターンには社会人の一員として参加しましょう。服装や態度、挨拶などにはとくに注意し、ビジネスマナーを守るよう心掛けてください。

【大学生がインターンに参加する際の注意点】④ブラックインターンは避けよう

アルバイトと変わらない仕事をしているにもかかわらず、給与が支払われない場合や最低賃金以下の給与しかもらえないときは、ブラックインターンの可能性があります。

利益へ影響する仕事をした場合、労働者扱いになるため企業は給与を支払わなければいけません。ブラックインターンの疑いがあるなら、大学のキャリアセンターや労基署に相談してください。

大学生がインターンを探すときはキミスカを使おう!

インターンを選ぶときは最初から業界を絞らず、興味があれば積極的に参加してみると良いでしょう。とくにキミスカは企業側からスカウトが届くので、様々な業界や職種を知れるのが大きなメリットです。

キミスカは就活生の4人に1人が使っている就活サイトで、プロフィールや適性検査の内容から自分に合う業界の企業からスカウトが届きます。

自分一人ではなかなか見つけられない方はキミスカで自分に合う企業と出会いましょう!

大学生はインターンに参加するのがおすすめ!

インターンへ参加すれば、業界について理解できたりスキルアップできたりします。
今後の就活にも活かせるので、早いタイミングでインターンに挑戦し自身の成長に繋げましょう。