インターンでは前髪が超重要!好印象を与えるポイントやNG前髪を徹底解説

就活の悩みの一つに挙げられる身だしなみですが、インターンの選考や参加時に「自分の髪色や髪型はOKなのか」と不安になることもあるでしょう。スーツの着こなしや靴などの服装はもちろん、髪型や髪色も人の第一印象に大きく関わります。

前髪を整えるだけでも知的さや清潔感といった印象を相手に与えられますが、どういった髪型がインターンに適しているのでしょうか。この記事ではインターンにふさわしい髪型をはじめ、企業に好印象を与える髪型のポイントについて解説していきます。

インターンの時の前髪って重要?

インターンは髪型を整えるのが大事結論から言うと、インターン参加時の前髪は重要になります。前髪は人の印象を大きく左右するため、自分の見せたい人物像に合わせた前髪に整えると、企業へのアピールに一役買ってくれるでしょう。

ベンチャーなどは前髪や髪型を気にしないこともありますが、相手に不快感を与えない身だしなみをすることが社会人のマナーになります。

プログラムによっては取引先に出向いたり、来客対応を任されたりすることもあるので、寝癖がついた状態などで参加しないよう注意してください。

インターンで好印象を与える前髪のポイント《男女共通》

インターンで企業に好印象を与える前髪とは、どういったものなのでしょうか。男女共通でインターンに適した前髪のポイントを解説していきます。

【インターン前髪の好印象ポイント】①3つの部位を見せる

この3つの部位とは「おでこ・眉毛・耳」です。これらの部位を見せることで、スッキリとした印象になり、女性も男性も相手に好印象を与えられます。また、おでこや眉毛を見せることで顔まわりを明るく印象づけられるため、若々しくフレッシュなイメージを与えることが可能です。

【インターン前髪の好印象ポイント】②お辞儀しても崩れない

インターンでは、参加前から面接などでお辞儀をする場面が何度もあります。その度に、前髪を直す様子はあまりスマートではありません。お辞儀をしたり頷いたりした時でも綺麗にまとまっている髪型がベストです。

女性で前髪が顔にかかってしまう場合には、ピンで留めてしまうと顔まわりがスッキリするので、知的な大人な印象となります。

男性は、前髪が顔にかからないようにワックスなどで柔らかく固めておくと良いです。ワックスの量はできるだけ控えめにして、清潔感のある髪型にセットしましょう。

【インターン前髪の好印象ポイント】③髪色は黒色がベスト

日本では「就活の髪色は黒色」という考え方を持つ人が多くいることは事実です。髪色への意見は志望業界によって異なり、アパレルや美容業界では髪色を気にしない場合もあります。一方で、医療や銀行など公的サービス業や金融業などは、髪色に厳しいとされています。インターン中や就活の時期は、地毛が茶色っぽく見えるなら黒く染めておいた方が無難だと言えます。

どうしても髪を黒く染めるのが嫌な場合は、インターンに参加する日のみ髪色もどしの黒スプレーを使うのも手です。しかし、自然な黒髪にはなりにくいので、見た目を重視するのであれば黒く染めることをおすすめします。またインターンの髪色については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

インターンに参加するときの髪型はどうする?好印象な髪型を男女別に解説

インターンでオススメの前髪《女性編》

インターンにおすすめの女性の髪型を紹介続いて、インターンに参加する女性におすすめの前髪を解説していきます。

【インターンでオススメの前髪】①斜めに流す

斜めに流した髪型は、前髪が長めの人も短めの人でも作りやすいのが特徴です。長さが気になる場合にはピンで固定すると良いでしょう。

自然に流れるような前髪を作ることで、柔らかく協調性のある印象を与えられます。また眉毛が見えやすいため、知的な雰囲気に仕上げることも可能です。

【インターンでオススメの前髪】②センター分け

センター分けは顔まわりの髪の毛をまとめ、ピンなどで固定すると清々しい印象を与えられます。顔がはっきり見えるため、明るいイメージを持たれやすい髪型でしょう。「自信がある」「信頼できる」「落ち着いた大人の女性」といった印象を持たれたい方におすすめです。

【インターンでオススメの前髪】③オールバック

オールバックは顔全体が見えることで、キリッとするので自信のある印象を与えられます。前髪が長い人は比較的作りやすい髪型といえるでしょう。

また、オールバックにする際は後毛などが出ないよう、丁寧にまとめるのがコツです。

インターンでオススメの前髪《男性編》

インターンにおすすめの男性の髪型続いて、男性のオススメ前髪についても解説していきます。

【インターンでオススメの前髪】①目にかからない長さの前髪

前髪が短く整えられていると、目元がはっきり見えるので目力のある印象に仕上がります。目力が上がることで、仕事熱心でやる気あふれる印象を与えられるでしょう。

また、目にかからない長さの前髪は清潔感のある雰囲気を演出できます。

【インターンでオススメの前髪】②自然に流した前髪・七三分け

おでこが自然に見えるように左右どちらかに流す髪型です。肌の見える面積が増えることで、顔の印象も明るくなります。

違和感を与えない自然な髪型なので、前髪の整え方に悩む方におすすめです。

インターンで控えた方が良い前髪や髪型《女性編》

インターンにおすすめの髪型について解説しましたが、相手にマイナスの印象を持たれる可能性のある髪型も確認しておきましょう。

「インターンや就活には不向き」と言われる髪型をまとめたので、就活が始まる前から慣れておくのがおすすめです。

【女性がインターンで控えた方が良い髪型】①後毛

女性で後毛を出す習慣のある人は多いかもしれません。後毛はラフな印象を与えることができますが、仕事の場では「だらしなさ」に繋がる可能性があるので控えておきましょう。

インターンや就活の時には後毛は出さず、スッキリと髪の毛をまとめると良いです。

【女性がインターンで控えた方が良い髪型】②顔が隠れてしまう髪型

インターンや面接時に、髪の毛が長くて顔がよく見えないというのはもったいないです。顔まわりが髪の毛で隠れていると、それだけで暗い印象になってしまいます。

その他にも「不健康さ、協調性のなさ、不潔感」などマイナスな印象を与えてしまう可能性があるので、顔がしっかりと見えるよう前髪を整えましょう

【女性がインターンで控えた方が良い髪型】③過度なヘアセット

基本的にインターンでは、オシャレな容姿にする必要はありません。インターンもビジネスの場なので、万人受けしやすく、清潔感のある髪型に整えることが重要となります。

容姿をきれいにしようとして華美になってしまうと逆に相手に不快感を与える可能性があるので、注意が必要です。

【女性がインターンで控えた方が良い髪型】④派手なヘアピンやアクセサリー

就活の時に使うヘアピンは黒色が基本ですが、目立たないのであれば茶色いヘアピンも良いとされています。色のついたヘアピンやキャラクターのついたヘアピン、ゴールドやシルバーのヘアピンなど、華美なものは控えましょう。

美容学生などは、容姿をオシャレにする必要があるかもしれませんが、多くの企業ではオシャレさは求められていません。黒のヘアピン・ヘアゴムを使用し、あなた本来の魅力を評価してもらいましょう

インターンで控えた方が良い前髪や髪型《男性編》

インターンで控えた方が良い男性の髪型について解説していきます。

【男性がインターンで控えた方が良い髪型】①長過ぎる襟足

襟足が長い髪型は、カジュアル過ぎる印象になってしまうため就活には不向きです。女性でも肩につく長さの髪の毛は一つにまとめることが良いとされています。長い髪は短く揃え、爽やかな印象を与えられる髪型で臨みましょう。

【男性がインターンで控えた方が良い髪型】②顔が隠れてしまう髪型

女性の場合と同じく、インターンや面接時に前髪が長くて顔がよく見えないというのはもったいないです。顔まわりが明るくなるよう斜めに流したりワックスで整えたりして、清潔感とフレッシュさを意識した前髪に仕上げましょう。

【男性がインターンで控えた方が良い髪型】③ノーセット

髪の毛を整え過ぎてしまい華美になってしまうのも良くないですが、寝癖だらけのままインターンに参加することもマイナスの評価を持たれかねません。

インターンは学生が参加するプログラムですが、社員の一員として見られるため、社会人としてのマナーを守った髪型に整えてください。

インターン中の前髪は程よく肌が見えるように整え印象アップを狙おう

ビジネスの場では、TPOに合わせた服装や髪型を選択できることも重要視されています。

髪型の一つで顔が暗く、不健康そうに見えてしまうのは、もったいないです。インターンや面接の場では、番人受けしやすく、明るくフレッシュな印象を与えられるよう心がけましょう。髪の毛をスッキリ整え、インターンの成功へ繋げましょう。