インターンで動きやすい服装と言われたら?男女別の服装と迷った時の対処法

インターンに参加する時、企業によっては「動きやすい服装で来てください」と指定されることがあります。インターンというとスーツのイメージを持っている学生も多いかもしれませんが、動きやすい服装と言われた時はどのような服装がベストなのでしょうか。

今回は、男女別にインターンにふさわしい動きやすい服装を解説していきます。インターンの服装で失敗しないよう、参加前にこの記事をチェックしておきましょう。

インターンにふさわしい動きやすい服装とは?

まずは、インターンにふさわしい動きやすい服装の基本について説明します。

オフィスカジュアルが基本

インターンで指定される「動きやすい服装」は、オフィスにふさわしい、スーツとカジュアルの中間に位置する服装である「オフィスカジュアル」を指すことが多いです。

男性 :ジャケットに襟付きのシャツ
女性 :清潔感のあるブラウスにシンプルなズボン・スカート

がオフィスカジュアルとして無難な服装になります。

学生の中には、動きやすい服装と指定された時にジーパンやパーカーなどのカジュアルルックをイメージする人もいるかもしれません。しかし、ビジネスの場でそういったカジュアルすぎる服装は節度がなく、オフィスにはふさわしくないと判断されます。

企業によってカジュアルな服装でも問題ないケースもありますが、慣れるまではオフィスカジュアルで出社することをおすすめします。

工場見学や現場見学も基本はオフィスカジュアル

プログラムによっては、インターンで工場見学や現場見学に行くことがあります。工場見学や現場見学と聞くと、Tシャツなどのラフな服装をイメージするかもしれませんが、実はこの場合もオフィスカジュアルが最適な服装となります。

ただし、工場などで実際に業務体験がある場合はその限りではありません。服装によっては作業の妨げになることもあるため、どのような服装がいいかあらかじめ担当者に確認しておくようにしましょう。

【男性編】インターンにふさわしい動きやすい服装

ここからは、インターンにふさわしい動きやすい服装について具体的に解説していきます。

制服や私服での生活が多かった学生にとって、オフィスカジュアルという服装は分かりにくいかもしれません。まずは男性の動きやすい服装について紹介するので、インターンの服装選びの参考にしてみてください。

【男性編:インターンの動きやすい服装】①襟付きのワイシャツ

動きやすい服装と言われても、インターンでは必ず襟付きのワイシャツを着用しましょう。色は可能であれば白が好ましいですが、派手なデザインでなければ水色や薄いグレーのものでも問題ありません。

Tシャツや丸襟、刺繍などが施されたものは、ファッション性が高くオフィスに適さないため避けてください。清潔感を第一に、学生らしい初々しい服装を意識しましょう。

【男性編:インターンの動きやすい服装】②チノパン

インターンでは実際に業務をしたり立ったり座ったりすることが多いため、動きやすいチノパンがおすすめです。色は黒や紺が無難ですが、カーキやベージュなどでも問題ありません。

コーディネートに統一感を出したいのであれば、ジャケットやカーディガンと色味を揃えることがおすすめです。光沢感やストライプなどのデザイン性が高いものは避け、長さは足首が隠れる程度のものがおすすめです。

【男性編:インターンの動きやすい服装】③ジャケットやカーディガン

ジャケットは必ずしも必要なものではありませんが、慣れるまでは持参しておくと状況に応じて変えることが出来るので便利です。周囲の学生や社員の服装をチェックし、必要に応じて羽織るとよいでしょう。

寒い場合はカーディガンの着用も可能です。ただしオーバーサイズはだらしなく見えるため、身体にフィットしたサイズで落ち着いた色のものを選ぶようにしましょう。

【男性編:インターンの動きやすい服装】④革靴

オフィスカジュアルの場合も、インターン中は革靴を履くことが基本です。人によっては足元を見てビジネスマナーを判断することもあるため、しっかりと磨いたきれいな靴を履くようにしましょう。

動きやすい服装を指定された場合でも、運動靴やスニーカーはビジネスシーンにはふさわしくないため決して履いてはいけません。

【女性編】インターンにふさわしい動きやすい服装

次に、インターンにふさわしい女性の動きやすい服装を見ていきましょう。

女性のオフィスカジュアルは、要点を押さえておけばある程度おしゃれを楽しむことも可能です。自分らしさを表現しつつインターンで好印象を残すためのポイントを詳しく見ていきましょう。

【女性編:インターンの動きやすい服装】①清潔感のあるシャツやブラウス

動きやすい服装を指定された場合は、ワイシャツだけではなく、ブラウスやカットソーも着用可能です。色は白が無難ですが、淡いピンクや水色、紺なども清潔感があって好ましいでしょう。

主張しすぎないパステルカラーのものであれば顔が明るく見え、優しい印象を与えることができます。セーターなどの着用が許可されている企業もありますが、企業により様々なため、慣れてきたら社風に合わせて変更していきましょう。

ただし胸元がざっくり開いているようなデザインのトップスは着用してはいけません。職場だということを忘れず、自然体を意識した服装を心がけましょう。

【女性編:インターンの動きやすい服装】②動きやすいボトムス

インターンの際は、ズボンを着用してもスカートを着用しても問題ありません。

スカートを履く場合は、ひざが隠れる長さにしておくようにしましょう。ビジネスに適した上品なデザインのものを選び、過度なAラインシルエットやフレアシルエット、ボディーラインを強調するタイトなデザインのものは避けておきます。

業務の一環として高所作業がある場合は、スカートではなくズボンを履い ておくと安心です。ズボンを履く場合は、スキニーや七分丈などのデザインは避けます。足首まで隠れる長さで、動きやすく座ってもシワになりにくいチノパンがもっとも無難でしょう。

【女性編:インターンの動きやすい服装】③ジャケットやカーディガン

寒い場合は、ジャケットやカーディガンを羽織っても大丈夫です。女性の場合、ジャケットは必須アイテムではありません。しかし必要かどうか迷う場合は、男性と同様に数日はジャケットを持参し、社風に合わせて羽織るかどうかを判断するといいでしょう。

カーディガンを羽織る場合は、ビジューやラメなどのデザインのものは避けて、ファッション性が高くならないように注意してください。主張しすぎないグレーやパステルカラー、オフホワイトのものがおすすめです。

【女性編:インターンの動きやすい服装 】④シンプルなパンプス

足元はシンプルなパンプスがおすすめです。ヒールは低めで、黒や紺、ベージュなどの控えめな色が好ましいでしょう。

場合によっては、先輩に同行して取引先に出向くこともあります。動きやすさを重視して、脱げにくく装飾のないものを選んでおいてください。

インターンで動きやすい服装を指定されて迷った時の対処法

インターンで動きやすい服装を指定された時のポイントを男女別に解説してきました。しかし、ここまで読んでも「本当にこの服装でいいのかな?」と不安になってしまう学生は多いかもしれません。

そこで、ここからはインターンの服装に迷った時の対処法について解説します。

【インターンの動きやすい服装で迷ったら】①まずはスーツで出社する

服装に迷ってしまった場合、まずはスーツで出社するのもひとつの手です。スーツであれば失敗することもありませんし、万が一周囲にスーツの人がいなくても悪印象を与えることは絶対にありません。

初日はスーツで行き、様子を見てオフィスカジュアルへ移行すると、服装で失敗することがなくなります。

【インターンの動きやすい服装で迷ったら】②企業ホームページを見る

もしも企業ホームページや求人サイトに社内の写真が掲載されているのであれば、そこから社員の服装を見て着ていく服を決めることができます。実際に働いている社員の服装に合わせられるので、服装のテイストを間違えて浮いてしまうリスクを減らせます。

ただし、社員の服装があまりにもラフな場合は注意が必要です。同じ服装でも、社員と学生とでは周囲に与える印象が変わってしまうためです。あくまでホームページの写真は参考程度に、学生らしい控えめな服装を心がけるようにしましょう。

【インターンの動きやすい服装で迷ったら】③人事に直接聞く

どうしても服装が決まらないなら、どんな服装がいいかについて直接聞いてしまうのもひとつの手です。

「こういった服装で行こうと思っていますが、どうでしょうか?」「社員の皆さんは、どういった服装が多いですか?」と素直に聞けば、担当者も正直に答えてくれます。服装を聞いたからといって評価が下がることはないので、安心してくださいね。

インターンで動きやすい服装を指定された時のポイント

最後に、インターンで動きやすい服装を指定された時に最低限意識しておきたいポイントをご紹介します。服装で損をしてしまうことがないように、以下の2点について気をつけましょう。

【インターン動きやすい服装のポイント】①清潔感がもっとも大切

インターンで何よりも大切なのは、学生らしく清潔感のある服装をすることです。重要なのは「どれほどオシャレなのか」ではなく、一緒に働きたいか」「取引先に見られてもいいかというポイントです。

男女ともにファッション性は抑え、露出の高い服は避けるようにしましょう。

【インターン動きやすい服装のポイント】②過度なアクセサリーやメイクは控える

オフィスカジュアルとはいえ、スーツのようなカッチリとした服装ではないため、学生の気が緩んでしまうことが非常に多いです。私服のジャケットやブラウスに合わせて、いつもの調子でアクセサリーをつけたりメイクしたりすると、インターンにふさわしくない身だしなみになってしまうことも少なくはありません。

シンプルなピアス、イヤリング程度であれば問題ありませんが、過度なアクセサリーやメイクはもちろん、派手なヘアセット・香水の使用も避けるようにしましょう。

女性がインターンに参加する時のメイクは、就活メイクを意識すると好印象を残しやすくなります。就活メイクについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

就活の証明写真はメイクをするべき?就活メイクの5ステップを簡単解説

インターンの動きやすい服装はオフィスカジュアルが最適!

インターンで動きやすい服装を指定されると、ついついパーカーやTシャツなどのカジュアルルックを連想してしまうかもしれません。しかし、インターンにおける動きやすい服装はオフィスカジュアルを指すことをしっかりと理解しておくようにしてください。

動きやすい服装と言われても、インターンにおいては清潔感や学生らしい控えめな身だしなみが求められています。もしも服装に迷った時はこの記事をおさらいし、服装のポイントや対処法を思い出してみてくださいね。

またこれからさらにインターン先を探している方は、折角なら自分になった業界のインターンに参加しませんか?キミスカはあなたのプロフィールの内容を見て適性があると思った企業からスカウトが届くサービスです。

インターン期間は本選考に向けて業界を絞る事にも役立つので、この機会に自分にあう業界を把握しておきましょう!