インターンの探し方6つを解説!後悔しない選び方のコツとは?

企業の実際の業務が体験できるインターンは、就活生が志望企業を決めたり選考を有利に進めたりする上で重要な役割を果たす経験です。しかし、インターンが就活において重要な機会だと分かっていても、「どうやってインターン先を探したらいいか分からない」と困っている学生は多いのではないでしょうか。

今回は、インターンの探し方について詳しく解説していきます。早めのスタートダッシュで、周りの学生に差をつけましょう!

インターンの探し方は6つ

まずは、インターンの探し方について見ていきましょう。インターンの探し方には5つの手段があります。

【インターンの探し方】①就活ナビサイト

就活ナビサイトでインターンを探すのが、もっとも一般的なインターンの探し方なのではないでしょうか。サイトによって大企業メインだったりベンチャーだったりと特徴が異なるので、サイトごとの特色を知っておくと、自分に合ったインターンが探しやすくなります。

志望業界や就職を希望する地域が決まっている時は、業界や地域に特化したサイトや就職エージェントを通すと非常に効率的です。

【インターンの探し方】②スカウトサイト

ナビではなかなか探せない、どういった業界・職種のインターンに行ったらいいか決まらない方は、スカウトサイトで自分の強みを活かせる企業に出会うことが出来ます。

その方法の一つとしてキミスカを利用してみませんか?実はキミスカでも早期の時期から多くの企業がインターンを募集しています。また、あなたの自己PRの内容や適性検査の内容を見てスカウトが届くので、あなたに合う企業や職種を早期から知ることが出来ます。

自分の特性が活かせるインターンを探している方はぜひ活用してみてください。

【インターンの探し方】③大学のキャリアセンター

大学のキャリアセンターでも、インターンは紹介してもらえます。大学とコネクションがあってOB・OGがいるケースも多いので、ほかの探し方より採用されやすい傾向にあるところが大きなメリットです。

キャリアセンターなら、エントリーシート(ES)や面接対策のフォローをしてもらいながら有利にインターンの選考を進められます。ただし紹介数はそこまで多くないので、ほかの探し方と併用することでより自分に合ったインターン先を見つけやすくなるでしょう。

【インターンの探し方】④企業ホームページ

企業によってはナビサイトなどには掲載せずに、ホームページでインターン生を募集しているところもあります。またインターン生の募集をしていない場合でも、問合せフォームなどから個別で連絡することで、機会がもらえることがあるかもしれません。

企業サイトからの応募や個別連絡では、意欲が高いことがアピールできます。もしも採用されなくても、就活の時に印象深い学生として覚えていてもらえることもあるでしょう。明確な志望企業がある場合、個別でアプローチする方法は非常におすすめです。

【インターンの探し方】⑤合同説明会・web説明会

インターンに関する合同説明会やweb説明会が開催されている時は、ここでインターン先を探してみてもいいでしょう。

いくつもの企業を一気に検討できますし、説明会でしか応募していない企業もあります。可能性や視野を広げるためにも、こういった場には積極的に参加してみてくださいね。

【インターンの探し方】⑥知人からの紹介

大学の先輩や友人から紹介してもらうのも、インターン先を探すひとつの手です。実際にインターンを体験した学生の生の声が聞けるため、内容に納得した上で安心してインターンに挑めます。

紙面やネットにはない詳しい情報が手に入るので、大々的に募集をしていないレアなインターンに参加できる可能性も高いです。

自分に合ったインターンを探す時のコツ

インターンの探し方にはいくつもの方法がありましたが、多くの選択肢の中で自分に合ったインターンを見つけるのはとても大変な作業です。そこで、ここからはあなたにピッタリなインターンを探すコツについて解説していきます。

インターンは就活の軸を左右することもある大切な機会なので、より有意義な時間を過ごせるインターン先を見つけましょう!

【自分に合ったインターンの探し方】①インターンの期間で選ぶ

インターンは期間によって内容が大きく異なり、体験できる業務や参加するメリットが異なります。業界や職種が決まっていない時は、希望する期間でインターンを選んでいきましょう。

インターンには短期インターン長期インターンがあるので、それぞれについて詳しく解説していきます。

短期インターンシップ

1日~1週間程度のインターンです。
主に企業が学生に対してPRすることが目的で開催されます。会社見学やワークショップなどがメインの内容になります。

実務経験を積みたい学生にはおすすめできませんが、説明会やナビサイトでは分からない企業の雰囲気や社員の声が聞ける点が大きなメリットです。また、1回1回の時間が短いため、さまざまな業界や企業が見られて企業・業界研究にも役立ちます。基本的には、就活を控えた3・4年生を対象に開催されます。

長期インターンシップ

数週間~1年にわたるインターンです。未来の社員育成が主な目的で、就活本番の採用試験に影響する可能性が非常に高い傾向にあります。
場合によっては、一般の就活生とは別のルートで選考に進めることもあるでしょう。

1年生から参加できるケースも多く、ある程度まとまった時間が必要なインターンです。学業との両立が大変ですが、社会人としてのマナーや仕事に必要な基礎知識を習得できるという大きなメリットがあります。インターンで良い成績を残すと内々定が出ることもあるため、志望企業が長期インターンを開催している場合は、忘れずに参加しておきましょう。

【自分に合ったインターンの探し方】②業界や職種で選ぶ

行きたい業界や職種が決まっている時は、それに合わせてインターン先を選びましょう。たとえ参加した企業とは別の企業に応募しても、インターンの経験は必ず評価されます。

また業界の実情や仕事の内容、やりがいに関して身をもって体験していると、より深い志望動機が書けるようになります。裏付けがあって人事を納得させられる志望動機を作成したい学生は、業界や職種に関する知識をインターンで身につけておきましょう。

【自分に合ったインターンの探し方】③インターンの内容で選ぶ

ワークショップ型や社内見学、実際の業務体験など、企業によってインターンの内容は全く異なります。「社内の雰囲気を見てみたい」「就活の前にいろいろな職業を知っておきたい」など、目的に合わせてインターンの内容を選ぶと、有意義なインターン体験にできるでしょう。

後悔しないインターンの探し方

できるだけたくさんの企業が開催するインターンに参加できればいいのですが、残念ながらインターンに参加できる時間は限られています。貴重な大学4年間の時間を無駄にしないためにも、しっかりとインターン先を選ぶことが大切なのです。

それでは、後悔しないインターン先選びで後悔しないためにはどうしたらいいのでしょうか。ここからは、インターンの探し方のポイントを3つ解説していきます。

【インターン探し方のポイント 】①目的を明確にしておく

「就活で有利になりそうだから」「みんな参加しているから」と、なんとなくインターンに参加するのは絶対にやめましょう。目的がなくてダラダラ過ごしていては有意義な時間を過ごせませんし、そもそもインターン採用試験に合格することができないケースもあります。

何を目的にインターンに参加するかを明確するためにも、以下のことを確認しておきましょう。

・なぜアルバイトではなくインターンなのか
・どんな経験を積みたいのか
・身につけたいスキルは何か
・どうしてこの企業なのか

周りに流されるように参加すると、貴重な大学生の時間を無駄遣いすることになってしまいます。せっかく時間をかけるのであれば、就活や夢を達成するために役立つ経験にしていきましょう。

【インターン探し方のポイント】②興味があるインターンを選ぶ

「手当たり次第に応募して受かったインターンに参加する」というのは、できればやめておくべきです。志望インターン先に合格できる学生は一握りかもしれませんが、だからといって保険として全く興味も知識もない企業や業界を選ぶと、後悔する可能性が高いです。

当然、業務をこなすうちに関心が湧いてくる可能性はあります。しかし結局モチベーションが上がらず、インターンに行きたくなくなってしまう可能性も十分にありえるのです。

やる気のないまま参加したり途中で辞退したりすると、学生にとっても企業にとっても機会損失になってしまいます。必ず興味があって、前向きに目標が立てられるインターンを探すようにしましょう。

【インターン探し方のポイント】③複数の探し方を組み合わせる

1つの探し方に限定すると、情報が偏ってしまって選択肢が狭まります。たとえば、大手ナビサイトでは大企業のインターンばかりが大々的にPRされることがあり、中小企業のインターンは見つけにくいかもしれません。また大学のキャリアセンターでは、ナビサイトのような豊富な情報量を取り扱っていないケースが多い傾向にあります。

多くの情報を得てあなたにとって運命の企業を見つけるには、とにかくたくさんの企業を見て知って、視野を広げることが何よりも大切です。そのためにも、複数の方法でインターンを探していくようにしてくださいね。

自分に合ったインターンの探し方で有意義な時間を過ごそう

就活に大きな影響を及ぼすインターンは、就活の準備の中でも非常に大きなウェイトを占める活動です。正しい探し方をして自分に合ったインターンを選ぶことで、より自分らしい就活を進める手助けになってくれるでしょう。

「企業を知りたい」「実務経験を積みたい」など、インターンに参加する目的は学生によってさまざまです。しっかりと目的意識を持ってインターンの時間を過ごせれば、より有意義でかけがえのない体験になるでしょう。