エントリーシートの課外活動はどう書くべき?書き方と無い場合の対処法を解説

エントリーシートや履歴書を書いて初めて「課外活動」の欄があることに気がついた人も多いかもしれません。しかし、課外活動に何を書いたらよいか分からず悩む人も少なくないようです

そこで本記事では、エントリーシートで伝わる課外活動の書き方を解説します。

エントリーシートにある課外活動には何を書くべき?

エントリーシートを書き進める前に、まずは「課外活動とは何か」を理解しておきましょう。

課外活動とは、大学の授業以外の活動のことです。課外活動の例としては次のようなものが挙げられます。

・サークル
・アルバイト
・ボランティア
・インターン
・資格の勉強
・留学
・趣味

上記の例で分かるように、課外活動とは「大学の勉強以外で行ったことすべて」と考えることができます。

    企業がエントリーシートの課外活動を通して知りたいこと

    エントリーシートや履歴書に、課外活動の欄が設けられているのはなぜでしょうか。企業が課外活動を通じて知りたいと考えているのは、あなた自身の人柄や思考性です。

    企業は採用選考の過程でさまざまな視点から、自社にふさわしい人物を見ています。学校の成績や選考テストの点数から分かる情報は限定的です。 入念に準備されていることの多い志望理由や自己PRとは違った角度から学生の素顔を知るために、用意された設問です。

    課外活動はするかしないかも選ぶことができる活動なので、就活生の志向性がはっきりと出るものだと言えるでしょう。課外活動の様子をたずねる意図は企業によって異なるものの、課外活動への取り組み方を知ることで、就活生の考え方をより理解できると考えられています。

    エントリーシートの課外活動で評価されるポイント

    エントリーシートや履歴書の課外活動欄では、どのようなポイントが評価されるのでしょうか?課外活動からくみ取れる能力についてまとめました。

    【ESの課外活動で評価されるポイント】①チャレンジ精神

    企業が就活生の課外活動で見ているポイントの一つは、実行力や発想力です。他の人なら気がつかない、ささいなことに気がついて何かを変えようとしたり、良くしようとしたりした取り組みは評価されます。

    【ESの課外活動で評価されるポイント】②目標達成能力

    目標にはさまざまな種類がありますが、学校の勉強のように決められた目標を達成することよりも、自分で主体的に目標を設定することに価値があると考えられています。

    有能なビジネスパーソンには、目標や課題が明確でない中で目標を見つけだし、それを達成できるまで行動を続けられるという特徴があります。課外活動欄で一度決めたことをやり切った経験を語れると、目標達成能力を評価されるでしょう。

    【ESの課外活動で評価されるポイント】③リーダーシップ

    リーダーシップというと、集団をぐいぐい引っ張る統率力の高さをイメージする人が多いかもしれませんが、必ずしも大人数の中で発揮されるとは限りません。

    実は、リーダーシップは2人以上いれば発揮されるものなのです。リーダーシップはリーダーだけに求められるスキルではなく、メンバー全員が発揮することもできます。目標や基準、優先順位などを定め、メンバー同士の人間関係を良好に保ち、自主的に行動できるように導くこともリーダーシップの一つです。

    アルバイトやサークルでの活動を書くことが多くなるかもしれませんが、周囲を巻き込んで何かを成し遂げた経験なら、必ずしもリーダー的な肩書にこだわる必要はない でしょう。

    【ESの課外活動で評価されるポイント】④特別な体験

    他の学生が経験していない 珍しい経験はインパクトがあるため、 会話のきっかけになるだけでなく、採用担当者の印象にも残りやすい でしょう。特別な体験は多くの人が経験しないことでもあるために差別化しやすく、あなたの人間性を伝えるエピソードとしても役立ちます。

    一般的な活動でも、自分ならではの視点を盛り込むことで特別な体験といえるので、過去の経験を振り返り自分らしさをアピールしましょう。

    エントリーシートで課外活動について書く方法

    エントリーシートで課外活動をエントリーシートでアピール際は、論理的で分かりやすい文章に仕上がるPREP法を使うのがおすすめです。どのように書けば良いか、以下で詳しく解説します。

    【ESで課外活動について書く方法】①活動の概要を書く

    あなたのエントリーシートを始めてみた採用担当者は、あなたの課外活動について知らないので、まずは何の課外活動なのか概要を書きます。組織や活動内容について簡潔に書きましょう。

    【ESで課外活動について書く方法】②課題と解決までの流れ

    どんなことにも、何らかの課題があるはずです。課題というと難しく考えてしまうかもしれませんが、日常生活の中で私たちは課題とその解決のための行動を繰り返しています。たとえば、夕食の食材を買い物に行くという行動の課題は「夕食用の食材がない」です。そして課題解決のための行動は「買い物に行く」となります。

    「わざわざ」するのが課外活動なのですから、その活動にはなんらかの課題があるはずです。課題活動のエピソードでは、何を課題と感じ、それに向けてどのような思いをもって行動したのかをしっかり伝えましょう。

    【ESで課外活動について書く方法】③そこから得たこと

    課外活動をアピールするには、 ただの活動報告にしないことが肝心です。その経験を通して何を学んだのかが分かるように伝えれば、企業にあなたが社会人になった後も経験から学びを得て成長できる人物であることをイメージさせることができます。

    【ESで課外活動について書く方法】④仕事への活かし方

    課外活動での経験をアピールする場合、そこで得た学びや自分の強みをどのように仕事に活かせるかもセットで伝えます。またその際の活かし方については、実際の業務で活かせる内容にします。そうすることで採用担当者が、一緒に働いているところをイメージしやすくなるので、しっかりと企業研究をして業務内容に合わせた内容を伝えましょう。

    エントリーシートに書く課外活動がない場合

    課外活動の大切さは分かったものの「書くほどの活動がない」という就活生もいるはず。そんなときの探し方を解説します。

    【ESに書く課外活動がない場合】①夢中になったことを探す

    時間を忘れて没頭してしまったことはありませんか?普段意識することがなくても、思い返してみると長い間続けている習慣や趣味があると思います。日常の中にアピールの材料は眠っているかもしれないので、今一度自分の行動を振り買ってみましょう。

    【ESに書く課外活動がない場合】②今から始める

    どうしても書くことが思い浮かばない場合は、今から始めるのも一案です。筋トレや料理、資格の勉強 など、なんでも構いません。興味を持って始められそうなものを見つけてみましょう。

    エントリーシートの課外活動を書く際の注意点

    最後に、履歴書やエントリーシートに課外活動を書く際の注意点を見ていきましょう。

    【ESの課外活動を書く際の注意点】①専門用語を使わない

    自分では普通だと思っていることも、他人も同じとは限りません。中にはその課外活動のことを知らない人もいるので、誰が読んでも分かるように書くことが大切です。どうしても専門用語が必要なときは、注意書きで補足すると親切です。

    【ESの課外活動を書く際の注意点】②嘘をつかない

    就職活動に多少の誇張や脚色はつきものですが、嘘はつかないようにしてください。嘘をついても深掘りされてボロが出ると、一気に信用を失ってしまいます。嘘がバレると選考に落ちることもあるので、正直に書くことが大切です。

    【エントリーシートの課外活動を書く際の注意点】③空欄にしない

    課外活動欄に限らず、エントリーシートや履歴書に空欄を作るとやる気がない」「志望度が低いと思われる可能性があります。そのように思われることにメリットはないので、空欄にするくらいなら「特になし」と書いておくことをおすすめします。

    エントリーシートの課外活動では人間性を伝えよう!

    課外活動欄の目的は、あなたの人間性や考え方を知ることです。そのため、特別なことを書く必要はありません。課外活動欄で考えることと、ガクチカや自己PRはつながっています。ガクチカや自己PRがしっかりできていれば、課外活動欄で悩むことは少ないのではないでしょうか。

    難しいようなら、キミスカの適性検査で自己分析をしてみるのもおすすめです。キミスカの適性検査ではあなたの性格傾向や意欲傾向を客観的に知ることができます。その結果から強みを活かせたエピソードなどを思いだすと、ずっと続けて来たことや課外活動を思いだす場合もあります。

    キミスカの適性検査を使って自分を振り返りましょう!