【エントリーシート ダウンロード】

エントリーシートの入手方法は、会社によってそれぞれ違いますが、基本的には3つの入手方法があります。

  • 直接手渡しからエントリーシート入手
  • ナビサイトからエントリーシート入手
  • 企業HPからエントリーシート入手

上記の3点が主なエントリーシートの入手方法となります。ネットが普及したことで、エントリーシートをダウンロードし作成することを求める企業が増えました。

しかし、ネットに慣れている人もいれば慣れてない人もいるでしょう。そこでこの記事では、

  • エントリーシートのダウンロードの方法
  • エントリーシートをダウンロードできない時の対処法

の2点をメインに解説します。事前に情報を頭に入れ、いざというときに慌てないよう準備しましょう。

エントリーシートをダウンロードする方法

WEBからエントリーシートをダウンロードする方法は、大きく分けて2つあります。エントリーシートをどこでダウンロードしたらよいか困っている方は下記の2か所を確認してみてください。

ESダウンロード方法】①ナビサイトからダウンロード

一番多いケースは、ナビサイトからエントリーシートをダウンロードする方法です。ダウンロードの方法は企業により様々で、

ナビサイト経由でダウンロードのケース
  • エントリー後にメールでURL・ファイルが送られてくる場合
  • エントリー時に案内が出る場合 ※「エントリーシートは〇月〇日からダウンロード可能です」など

などがあります。ダウンロード期限が決まっている企業も多いので、うっかり忘れてエントリーできなかったということがないように気を付けましょう。

ESダウンロード方法】②企業HPからダウンロード

企業によっては、ナビサイトに掲載していない企業もあります。しかし掲載されてないからといって諦める必要はありません。その際は企業HPを確認しましょう。

企業HPからダウンロードする場合
  • 企業HPを確認し、採用ページを探す

新卒採用をしている会社は、HPに採用ページがあります。基本的に、そこからエントリーシートをダウンロードすることが可能です。どこにも見当たらない場合は、企業HPの問い合わせページから質問してみるといいかもしれません。

エントリーシートをダウンロードする時に必要なもの

エントリーシートをダウンロードする時に、必要なものは主に3つあります。正しくスムーズにエントリーシートを用意するために、環境を整えて準備することが大切です。今ダウンロードできなくて困っている方は、今一度必要なものを確認してみましょう。

ESダウンロード時に必要なもの】①パソコン

近年はスマホが普及しているため、パソコンに慣れていない学生も増えてきました。皆さんもパソコンよりスマホの方が身近だと思います。エントリーシートをダウンロードする際、スマホでもダウンロード可能ですが、形式によってはスマホでは開けない場合があります。こういった場合はパソコンを使ってファイルを開きましょう。エントリーシートはPDFやExcel、Word形式で配布されるケースがほとんどです。なかでもExcelやWordファイルについては、スマホから開けない場合がほとんどです。就活に使うファイルについては、パソコンを使用するようにしましょう。

また、ダウンロードしたエントリーシートを開く際には、開封するためのソフトが必要になります。PDFファイルなら「Adobe Reader」などのソフトを、Excel形式なら「Microsoft Excel」を事前に用意しておくとスムーズにファイルを開くことができます。

ESダウンロード時に必要なもの】②ネット環境

エントリーシートをダウンロードする際は、ネット環境に繋がっていることが必須です。当然ですが、繋がっていないとサイトにアクセスすることができないので、エントリーシートをダウンロードすることはできません。調子が悪いと感じた時は、有線やWi-Fiに繋がっているか確認してみましょう。

ESダウンロード時に必要なもの】③プリンター

エントリーシートの郵送が必要な企業の場合は、印刷をする必要があります。その際は、ダウンロード時にプリンターも一緒にあると便利です。持っていない方は、大学やコンビニのネットプリントなどで印刷することが可能なので積極的に活用していきましょう。また印刷する際は、書き換え用に3枚以上は印刷しておくことをおすすめします。

エントリーシートをダウンロードする際の注意点

ダウンロードするタイプのエントリーシートは、簡単に入手することができるので大変便利です。しかし方法を間違えてしまうとファイルが開けなかったり、破損してしまったりする恐れもあるので注意が必要です。場合によっては、エントリーシート自体が無効になってしまうこともあるので、注意して正しくダウンロードしましょう。

ESをダウンロードする際の注意点】①ダウンロードページの注意書きを確認する

エントリーシートのダウンロードページには、入手方法や提出方法、作成方法などに関する注意書きがあります。注意書きを確認せずに提出してしまうと、

  • 「規定を守れない人」
  • 「注意書きをしっかり読まない人」

といったような悪い印象がつき、最悪エントリーシートを受け付けてもらえない場合もあります。せっかくのエントリーシートを無駄にしないためにも作成前には一度注意書きをしっかり確認しましょう。

ESをダウンロードする際の注意点】②ファイル形式を確認する

エントリーシートをダウンロードする際、ファイル形式を確認しましょう。ファイル形式とは、指定のファイルをどのアプリケーションで扱うかを決めた規格のことで、「PDF」「Word」「Excel」「zip形式」などがあります。企業によって形式は様々なので、どのファイルにも対応できるよう準備しておきましょう。

形式があっていない場合ファイルを開くことができず、最悪破損してしまう恐れもあります。パソコンが対応してない場合も、大体は無料のソフトで解決します。送られてきたファイル名「〇〇〇〇.××」の、「.××」の部分がファイル形式になります。該当するファイル形式の開封方法を検索し、推奨ソフトをダウンロードして開きましょう。

ファイル形式が対応していない場合の例

「kimisuka.pdf」の場合、
「pdf 開封 ソフト」などの検索ワードで検索

また、企業によっては複数の形式でデータを配布していることもあります。その場合は対応したファイルをダウンロードしましょう。

エントリーシートがダウンロードできない時の対処法

エントリーシートがダウンロードができないと応募書類を作成することができず、選考のチャンスを逃してしまう可能性もあります。早くしなければと焦ってしまうかと思いますが、その際すぐに企業に問い合わせるのはおすすめできません。。自分で解決方法を探さずにすぐに企業に問い合わせてしまうと、選考前から「自己解決能力のない人」という印象を与えてしまうこともあります。

注意事項に記載があることを間違えていないか、その他対処できることはないか、可能な限り自分で原因を探ってみましょう。

ESがダウンロードできない】①ブラウザが対応しているか確認する

ダウンロードできない主な理由のひとつとして、パソコンのブラウザが対応していない場合があります。その場合、ブラウザを更新すると解決することが多いです。

Googlechromeの場合は

Chrome を開く→右上のその他アイコン をクリック
→[Google Chrome を更新] をクリック→[再起動] をクリック

で更新可能です。[Google Chrome を更新]ボタンが表示されない場合は最新になっています。

たその他のダウンロードできない理由として、上記に記載した「ファイル形式が違う」場合もあるので、ブラウザが更新されていた場合は再度そちらを確認してみましょう。

ESがダウンロードできない】②メーカーに問い合わせる

エントリーシートがダウンロードできない原因が、自分では解決ができないソフトの不具合やパソコンの故障が原因の場合は、メーカーや修理専門の窓口などに連絡してみましょう。下手にソフトをインストールしてさらに不具合を起こしてしまうと、エントリーシートの提出に間に合わなくなる事もあります。

ソフトやパソコンのフリーズやバグが原因の場合は、専門家に相談することもおすすめです。

ESがダウンロードできない】③大学のパソコンを使う

どうしても自分のパソコンでうまくいかない、もしくはパソコンを持っていない場合は、大学のパソコンを利用するのもおすすめです。大学では、図書館やパソコン室、キャリアセンターなどにパソコンが設置されていることが多く、人が周りにいる事から何かあっても質問もしやすいです。

また大学のパソコンであれば、ネット環境も整っており、必要なソフト(Word/Excelなど)も内蔵されているので、ファイルが開けないなどの問題も解決する可能性は高いです。

エントリーシートを印刷する際はサイズに気を付けよう

エントリーシートを郵送する企業の場合は、印刷サイズに注意しましょう。ネットで送信する場合は問題ありませんが、エントリーシートを郵送もしくは面接で持参させる企業は多いです。確認せずに誤ったサイズで提出してしまうと、「規定を読まない・守れない人」という印象を与えてしまう可能性があります。指定がある場合は必ず守りましょう。

ダウンロード以外でエントリーシートを入手するには?

エントリーシートの配布方法も企業によって様々。ナビサイトに掲載がなく、自社HPにもエントリーシートのダウンロードページがなかった場合、どのようにエントリーシートを入手するとよいでしょうか?ダウンロード以外の入手方法も確認しておきましょう。

【ダウンロード以外でのESの入手方法】①会社説明会やセミナーに参加する

HPでダウンロードできない場合、会社説明会やセミナーで配布している場合があります。直接でしか配布しない理由は、志望度の高い学生を集めるためです。ネット上で簡単にダウンロードできるのは大変便利ですが、志望度が低い学生からのエントリーにも対応することになり時間がかかります。

企業としては入社意欲の高い学生に多くの時間を割きたい為、説明会に来なければいけないというハードルを設けることで、志望度の高い学生からエントリーを集めるのです。もしエントリーシートを説明会やセミナーでもらった際は、必ず提出方法を確認し、郵送の場は締め切りを必ず守るようにしましょう。

【ダウンロード以外でのESの入手方法】②企業に直接問い合わせる

ナビサイトに掲載していない企業でも、自社HPを見るとを新卒採用を行っている企業や、隔年で新卒採用を行う企業もあります。その際は一度企業に問い合わせてみるのがおすすめです。問い合わせる際には電話やメール、企業の合問合せフォームから新卒採用について問い合わせてみましょう。もし問い合わせフォームに連絡して1週間以上返事がない場合は、電話で再確認をしてください。

エントリーシートをより魅力的に書くには

ダウンロードが完了したら次はいよいよエントリーシートの書き込みです。

  • 「エントリーシートの内容に自信がない
  • 「もっとうまく伝えられる書き方がないか」

と書き方について迷っている方はこちらの記事を参考にしてみてください。

魅力的なエントリーシートの書き方とは?基本的な書き方のポイントを簡単解説

エントリーシートのダウンロードや準備は早めに行おう

ネット上でエントリーシートがダウンロードできるのは、時間もかからず非常に便利です。しかしすぐに準備できるからと締め切り直前に準備していては、何かあったときにすぐに対応できません。折角準備した志望動機や自己PRを選考に活かすために、準備は早めに行い、余裕をもってエントリーしましょう。