自己PRを短くする超簡単な4つのやり方【例文あり】

多くの就活生が抱える悩みの一つが、自己PRが長くなり過ぎるということではないでしょうか。どうすれば端的でまとまりのある自己PRが作成できるのか、悩んでいる方は少なくないでしょう。そこで、ここでは自己PRを短くする方法についてまとめてみました。

就活生がぶち当たる壁「自己PRを短くする」

短く自己PRをするようにいわれても、具体的にどうすればいいのか分からないという方は少なくありません。例えば、800字ほどの自己PRばかり作っている中で、100字など制限のある自己PRに出くわす場合もあります。
このケースだと、700字も削らなくてはなりません。文字を増やすのはそれほど難しくありませんが、伝えたいことを残しながら文字を削るのは意外に難しいものです。文字を削ろうとした結果、一番伝えたかった内容を削ってしまうことも考えられます。
強みをアピールするための自己PRなのに、強みまで削ってしまっては本末転倒といえるでしょう。では、そもそも自己PRでもっとも大事なこととはいったい何でしょうか。

自己PRに大切なことは何なのか?

短くするためには、自己PRで何がもっとも重要なのかを理解しておかねばなりません。それを理解していないと、本当に伝えるべき大切なことまで削ってしまう可能性があるからです。文字数に制限があるのなら、自分が伝えたいことよりも人事の担当者が知りたいことを最優先するのが基本です。

【自己PRに大切なもの①】人間性

企業という組織の中で働く上で人間性はとても重要な要素です。ここが合わないと働きづらくなり、周りと衝突してしまう可能性も。協調性があるかどうか、今いる社員と相性が合いそうかどうかも重要なポイントとなります。
大切なのはウソをつかないこと。素直に作成しないと、採用のミスマッチにつながる可能性があります。せっかく採用されても働きづらく感じるかもしれないので注意しなくてはなりません。

【自己PRに大切なもの②】思考回路

今まで残してきた結果よりも、そこに至った過程が重要です。人事の担当者は、あなたの考えや行動、そこからどのようなことを学んだかを知りたいと考えています。あなたを採用することで会社に新しい風を呼び込める、何か変化をもたらしてくれる、と思ってもらえればOKです。

【自己PRに大切なもの③】潜在能力

企業としてはできるだけ伸び代を感じる人を採用したいと考えています。それなりのコストをかけて採用するので、できるだけ会社に貢献してくれる人を採用したいのは当然のことといえるでしょう。
つまり、人事はあなたを採用することでどのようなメリットがあるのか、という部分を重視しています。そのため、自分が入社することで会社にどう貢献できるかをアピールしなくてはなりません。

自己PRを短くするにはPREP法を使う

PREP法を使えば短く効果的な自己PRを簡単に作れます。PREP法(プレップ法)とは、結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)という順で組み立てる文章構成のこと。この手順以外だとまとまりのない自己PRになる可能性があるので注意が必要です。

【自己PRを短くする方法①】結論から書き始める

自分がもっとも伝えたいことを先頭に持ってくるのが基本です。そうすることで聞き手にあなたが一番伝えたいことが伝わりやすくなります。「私の強みはコミュニケーション力の高さです」や「私が得意なのは問題を解決することです」などが具体例です。

【自己PRを短くする方法②】その結論に至った理由を述べる

ただ結論を伝えただけでは説得力がありません。どうしてそれが強みなのか、その根拠を提示する必要があります。具体性に欠けてしまうと信頼度は上がりません。結論を述べたら次に根拠を示す、この順番をきちんと理解しておきましょう。
例えば、「私はアルバイト先でリーダーを任され、しっかりとまとめ上げてきました」「○○のアルバイトで○○のような成果を残しました」など。

【自己PRを短くする方法③】具体的なエピソードを交える

エピソードを交えることで具体性を増すことができ、なおかつ人事はあなたの思考回路を知ることができます。人事の担当者はあなたの思考回路を知りたいと考えているので、そのためにも具体的なエピソードが必要です。
「アルバイト先で○○のトラブルが起き、それを解決するために○○を実施しました」や「○○をするために○○の困難があったものの、○○を駆使して○○のような結果を出せました」などが具体例です。

【自己PRを短くする方法④】最後にもう1度結論を強調する

最初に述べた結論を最後に持ってくることで、強みを強調できます。また、その強みをどのように活かせるのかについても伝えなくてはなりません。企業はあなたを雇うことでどんなメリットがあるのかを知りたいからです。
「アルバイトの経験から○○を学びました」→「御社に採用されればこの経験を活かし○○で力を尽くしていきたいです」など。企業が採用したいと思えるようなメリットを感じさせることが重要なポイントといえるでしょう。

PREP法を使った短い自己PRの例文

ここでは、実際にPREP法を使った短い例文をご紹介します。PREP法を用いれば、長文でも短文でも自己PRを作ることは難しくありません。どうしても短くできないと悩んでいる方は、この例文を参考にしてみましょう。

【PREP法を使った自己PRの例①】積極性をアピール

【自己PR例】
私の強みは積極性です。学生時代には積極的に学校行事にも参加しており、ボランティア活動にも参加しました。御社に採用されれば、私の強みである積極性を活かしてあらゆる仕事に全力でチャレンジしたいと考えています。

【PREP法を使った自己PRの例②】体力をアピール

【自己PR例】
私の強みは体力があることです。学生時代にはラグビー部に所属しており、日々ハードなトレーニングをこなしていました。体力がついて風邪などもほとんどひきません。御社で働き出しても、持ち前のタフさで日々激務をこなしたいと思っています。

もし自己PR作成に行き詰まったら自己分析をやり直そう

自己PRを短くするどころか、そもそも作成ができないと悩んでいる方もいるでしょう。このような方の場合、自己分析がしっかりできていないことが多い傾向にあります。自己分析ができていないと、自分自身の強みを知ることはできません。自分の強みが分からないとなると、何をアピールすればいいのかも分からなくなってしまいます。
自己分析では、自分の強みはもちろん弱みも把握し、自分の理想の就職先も明確にしなくてはなりません。強みや弱みを明確にできれば、企業とのミスマッチも回避できるでしょう。自己PRが作成できないという方は、まず自己分析から始めてください。下記にご紹介するサイトでは、自己分析を簡単に行う方法が紹介されています。ぜひ参考にしてください。

おすすめの自己分析のやり方・方法を2ステップで紹介!

自己PRを短くするやり方まとめ

短い自己PRを作るには、企業の人事担当が何を知りたいのかを理解しなくてはなりません。決して自分がアピールしたいことを優先しないように気をつけましょう。人事が知りたいことを理解し、その上でPREP法を用いることで、短くてもあなたの強みがきちんと伝わる自己PRを作成できます。
人によってはPR文そのものを作れないという方もいますが、その場合は先述したように自己分析からやり直すことをおすすめします。まずは自分のことを客観的に知り、強みや弱みなどを明確にすること。そうすれば何をアピールすればいいかも見えてくるでしょう。ここでは自己分析にも役立つサイトをご紹介したので、ぜひそちらも活用しつつ自己分析を進めてください。

自己PRについて理解できたきみにおすすめのサービス

就活では、御存知の通り自己PRという形で自分を表現することが必要になってきます。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ」
偽らない就活
キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。
自己PRするのに必要な長所や、自分に向いてる職業がわかる適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!
キミスカで偽らない就活をはじめる