【責任感】自己PRの作り方!評価されやすい書き方を例文付きで解説

就活の自己PRや履歴書で「私の強みは、責任感があることです。」と話す就活生も多いですよね。責任感は社会人に求められる資質ですが、それゆえに責任感を長所にアピールする就活生は非常に多く、ただアピールするだけでは埋もれてしまいます。そこで本記事では、自己PRで責任感をアピールする際に評価されやすい書き方を解説します。

企業から見て評価される責任感とは?

社会人にとって必要不可欠な「責任感」。求人を行っているどの企業も責任感のある人材を求めているので、責任感は自己PRに最適な題材であるといえるでしょう。
ここで知っておきたいのは、責任感がある人には以下の2つのタイプが存在するということです。

①すべて自分に責任があると考える「自責」の人
②原因は他人にあると考えながらも、自分が解決しなければいけないと行動する「当事者意識」がある人

この「自責タイプ」「当事者意識タイプ」には、それぞれ異なる特徴があります。どちらのタイプが評価されるのかは、企業の社風や業務の特性によって変わってくるので、相手の求める責任感がどちらのタイプなのか押さえておくことでミスマッチを防ぐことができます。

「自責タイプ」の特徴

何らかのミスが発生した時に、「確認を怠った自分が悪い」「メンバーへのフォローが不十分だった」と考えるのが「自責タイプ」です。自責タイプは、与えられた持ち場や限られた範囲で高い能力を発揮します。

この責任感はリーダーになくてはならない資質ですが、一方で過剰なストレスを抱えてしまったり、他者のスキルアップを妨げたりする可能性もあります。

「当事者意識タイプ」の特徴

原因は自分にあるとは考えないものの、自分が関係していると認識して課題を解決しようとする「当事者意識タイプ」。当事者意識タイプは常に「自分にできることは?」と考えているので、積極性があると評価されます。

その一方で、自分と相手の責任をしっかり分けて考えるので、冷たい印象を与えることも。感情のブレも少ないので、知らず知らずのうちに近寄りがたい雰囲気が出ていることもあります。

自己PRで「責任感」をアピールするポイント

ESや面接で自己PRとして「責任感」をアピールする就活生は非常に多いので、人事に評価されるには効率的に伝える必要があります。ここからは効率よく責任感をアピールする方法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

【自己PRで責任感をアピールする】ポイント①結論から書く

自己PRを作る時に覚えておきたいのが、まず結論から述べることです。一番伝えたいことを最初に述べることで、その後のエピソードにも興味を持ってもらえます。

【自己PRで責任感をアピールする】ポイント②エピソードを盛り込む

結論を述べたら、続いて興味を引くエピソードを盛り込みましょう。責任感の強さに信憑性を持たせるために、これまでの人生で経験したことを具体的に伝えます。

ここでエピソードが出てこない場合は自己分析不足なので、再度自己分析にトライしてみましょう!もしこのタイミングで自己分析を行う際は、キミスカの自己分析ツールを使ってみてください。

自己分析ツールは就活が捗るから使え【Twitter就活界隈で話題】

【自己PRで責任感をアピールする】ポイント③仕事にどう活かすかを提示する

過去の経験やエピソードを盛り込んだだけでは、人事に評価される自己PRとはいえません。大事なのは、その強い責任感をどう仕事に活かすのかを伝えることです。これには企業研究が必須になるので、自己PRを作る際はしっかりと企業・業界研究をしておきましょう。

業界研究とは?今すぐ始められるやり方3ステップ【おすすめツール】

【自己PRで責任感をアピールする】ポイント④キャッチフレーズを付ける

ただ責任感をアピールするだけでは、数多くの就活生に埋もれてしまう可能性があります。そこでおすすめしたいのが、自分自身にキャッチフレーズを付けるという方法です。自分なりのキャッチフレーズがあれば、他の就活生との差別化を図ることができ、採用担当者の印象にも残りやすくなります。

責任感のキャッチフレーズ例一覧を以下にまとめたので、参考にしてみてください。

やり抜く力がある
・使命感が強い
・真面目である
・意志を貫く
・自主的に動く
・最後までやり遂げる
・言い訳をしない
・約束や義務を果たす

自己PRで責任感をアピールする時の注意点

自己PRで責任感をアピールするなら、単に「頑張った」「やり遂げた」ことを話したところで評価には繋がりません。なぜなら、やり遂げることや頑張ることは当たり前であり、わざわざアピールすることではないからです。

ここで、当たり前のことを責任感だと勘違いして自己PRしている例を見てみましょう。

私の強みは、責任感があることです。ファーストフード店でアルバイトをしていましたが、ゴールデンウィークや長期休暇の時期はとても忙しく、何度も辞めたいと思いました。しかし、私は責任感があるので1度も遅刻や早退をせず、最後までやり遂げました。

この例文では、責任感はアピールできません。遅刻や早退をしないのは、アルバイトとして当たり前のことです。プラスαとして、担った仕事や評価されたことを付け足すと、責任感を具体的に伝えられます。

自己PRで責任感をアピールする時の例文

ここからは、実際に自己PRで責任感をアピールする時の例文を紹介します。エピソード別で4つの例文を用意したので、就活の自己PRを作る時にぜひ役立ててくださいね!

【責任感の自己PR】例文①アルバイト

私には、自主的に動く力があります。居酒屋でアルバイトをしているのですが、お客様目線に立ったメニューを提案したり、積極的に新人とコミュニケーションを図ったりしています。バイトリーダーを任されてからは、売上を2倍にすることができました。貴社に入ってからも、自主的に動く力を活かして売上に貢献したいと考えています。

【責任感の自己PR】例文②ゼミ

私の強みは、最後までやり遂げる力があることです。ゼミのグループでのプレゼン発表が決まりましたが、メンバーはアルバイトや就活の準備で忙しく、なかなか意見がまとまりませんでした。そこで、私はオンライン通話を用いての意見交換を提案し、無事にプレゼン発表を終えることができました。貴社においても、アイデアを駆使してプロジェクトを最後までやり遂げ、貢献したいと考えています。

【責任感の自己PR】例文③サークル

私の強みは、使命感が強いことです。大学で演劇サークルに所属しているのですが、ケガが原因で裏方の照明を担当することになりました。悔しさや残念な気持ちはありましたが、「絶対に公演を成功させる」という強い使命感から、いかに役者を美しく見えるか研究しました。その結果、公演は成功し、役者からも感謝されました。貴社においても様々な部署のサポートを行い、売上に貢献できるよう最大限に努めて参ります。

【責任感の自己PR】例文④大学生活

私は言い訳をしない人間です。3年間に渡り、学科のオリエンテーションの有志実行委員を行いました。その間にはタイムスケジュールの管理ミスや、企画の中止といった困難もありましたが、言い訳をせずに誠実に取り組むことで周囲の協力を得ることができました。社会人になっても、言い訳をせずに困難を乗り切り、周囲の協力を得られるよう取り組み続ける姿勢を大切にします。

自己PRで効果的に責任感をアピールしよう!

責任感には「自責タイプ」と「当事者意識タイプ」の2タイプあり、企業がどちらの責任感を求めているのか事前にチェックしておくことが肝心です。また、当たり前のことを責任感だとアピールしたところで、良い評価には繋がらないので注意が必要です。
この記事で紹介した内容をアレンジし、あなたらしさが溢れる自己PRを完成させましょう。