「好奇心旺盛」の自己PRで人事に一緒に働きたいと思わせる4つのコツ【人事受けした例文付き】

一般的に好奇心旺盛な人は企業に好印象を与えますが、一方でエントリーシートの自己PR欄に「好奇心旺盛さ」を書く際には気を付けなければならない注意点もあります。自己PRを通してこの点を企業にアピールするためには、「好奇心旺盛」のプラスな点とマイナスな点両方を理解することが必要でなんです。
この記事では、好奇心旺盛な人の特徴や、その長所短所、実際に自己PRを書く時のコツ書き方を紹介します。「好奇心旺盛」を自己PRに書こうとしている就活生の皆さんは、ぜひ参考にして下さい。

「好奇心旺盛」の自己PRで面接官に一緒に働きたいたいと思わせよう

まず、企業が自己PRであなたの何を見ているのかを知ることが魅力的な自己PRを作成することに繋がるので、最初にここをしっかりと理解しましょう。

そもそも企業はなぜ自己PRという項目を設けているか考えたことはりますか?当然、就活において自己PRが存在するには理由があります。ココの理解度が自己PRの完成度を左右するので、理解しておきましょう。
株式会社リクルートキャリアによる調査によると、

企業が重視している項目は
「人柄」(92.1%)
「自社への熱意」(77.6%)
「今後の可能性(65.6%)
の順に高かった。
株式会社リクルートキャリア 「就職白書2018 -採用活動・就職活動編-」
以上から、企業は「人柄」への注目度が圧倒的に高いことがわかっています。企業が最も見ているのは依然として人柄であり、企業側は”一緒に働きたいと思える人材か。”という目線で見ていると言えます。そこに至る価値判断は企業によってさまざまではありますが、 学生は、自分の魅力を伝えることで”一緒に働きたい”と思わせられるだけの価値を伝えなければならないのです。  そのため最も大きな場が自己PRというわけなのです。
偽らない就活

好奇心旺盛とは

「好奇心旺盛」の意味を理解しないまま自己PRを書くのは非常にもったいないので、ここで一度確認しておきましょう。
好奇心旺盛とは、「未知の事柄や、珍しく不思議な物事などに対して、興味・関心を盛んに抱くさま」と辞書に記述されています。好奇心旺盛な人は、自分が知らないことを積極的知ろうとしたり新しいものを好むなどの特徴があります。
好奇心旺盛な人はどんどん知識を吸収するので、向上心が高く成長スピードが早い特徴があり、就活において重宝されます。

人事は自己PRで「好奇心旺盛な人」をこう判断する

好奇心旺盛な人は、採用担当者受けが良いですが、一方で気を付けたいポイントがあります。企業により効果的に「好奇心旺盛さ」をアピールするために、短所もカバーした上で自己PRを作成しましょう。

自己成長意欲が高い【好奇心旺盛な人の長所】

企業は、好奇心旺盛な人は行動力がありチャレンジ精神が強いため、仕事に対してや自己成長意欲が高いと評価することが多いです。また企業の求める人物像や社風には、「リスクを恐れずにチャレンジをする人」「仕事に対し前向きな姿勢をもつ人」などが掲げられていることが多く、企業は好奇心旺盛な就活生を求めている傾向にあります。

周りが見えない・継続力が低い【好奇心旺盛な人の短所】

一方で好奇心旺盛というと、夢中になったら周りが見えなくなりがちであったり、飽き性であることも多く、企業は好奇心旺盛な人を、一つの仕事を継続する力ややり抜く力が低いと判断することがあります。
面接やエントリーシートにおいて短所に関する質問を問われることが多いので、自分が継続している事柄</font color=”red”>や視野を広く持つこ</font color=”red”>とができる点などをエピソードを交えて積極的にアピールしましょう。

「好奇心旺盛さ」の自己PRを書く際の4つのポイント


自己PRにおいて、企業に一緒に働きたいと思わせるためにまず必要なことは、当然読んでもらえる文書であることです。採用担当者は一日に何十人分ものエントリーシートを読むこともあるので、読みづらい文章を提出してしまうと、読む気を奪ってしまう恐れがあります。そのため自己PR作成の際には、読み手が読みやすい文章を心がけましょう。

【好奇心旺盛の自己PRで「一緒に働きたい」と思わせるポイント①】結論から書きだす

エントリーシートの自己PR欄を作成する際には、まず、自分が一番伝えたい強みを結論から書きだしましょう。そうすることで、文章全体を通して何を言いたいのかなど文章の構造が分かりやすくなります。

【好奇心旺盛の自己PRで「一緒に働きたい」と思わせるポイント②】内容はわかりやすく簡潔に

エントリーシートにおいて自己PRの項目は比較的広く、文字数もかなり多いです。長い文章だとしても、内容は分かりやすく簡潔にするように心がけましょう。

【好奇心旺盛の自己PRで「一緒に働きたい」と思わせるポイント③】正直に書く

また、残念ながら就活において自己PRとはウソのつかれやすい項目として知られています。虚偽の大げさで一見華やかな自己PRを述べることで高評価を得ようとする学生が多々いるため、人事側の基本的なスタンスとしては疑いの目から始まっていると考えてください。そこで具体性が求められるのです。 具体的であることや客観的であることは、話の信頼性と説得力を高めます。 以下は説得力のある自己PRをするために心掛けるべきことです。

  • 自分の長所が活かされたエピソードがある
  • そのエピソードの中で、明確な成果が出ている
  • その成果を生むにつながった施策がある
  • どんな考えでその施策を行ったか述べられている

【好奇心旺盛の自己PRで「一緒に働きたい」と思わせるポイント④】強みをどう活かせるかまで書く

そして最後に会社は目の前の人材を採用することで会社にどんな利益をもたらしてくれるかを考えています。
つまり、あなたは「あなたの長所が会社で役に立つこと」をアピールするのも忘れてはいけないのです。そのために自己PRの最後に、入社後にどのような形で会社に貢献できるかをしっかりと記述しましょう。

以上のようなことを意識すると、話の構成は自然と

①自分の長所
②それが活かされたエピソード
③エピソード中の課題
④課題解決に向けた施策
⑤具体的な成果
⑥その長所が会社で役に立てることをアピール
以上のようになります。
企業に自己PRを行う上で、 これが基本の型になる ことは必ず認識すべきでしょう。
好奇心は今の時代で非常に輝く長所です。今は多くの情報にまみれ、その裏では信じられないスピードで物事が動いています。そんな中で、強い好奇心による突飛な経験や希少な知識がプロジェクトに与える影響は計り知れません。しかし、好奇心は行動に直結するものです。 説得力を持たせるには相手の会社が求める好奇心における具体性のあるアピールが必要になるかもしれません。
 
この記事の例のいいところや改善できるところを自分で考え、あなただけの自己PRを作ってくださいね。

実際に人事受けした「好奇心旺盛さ」の自己PR例2選

自己PRを作成する際のポイントが分かったら、例を読んで雰囲気を理解しましょう!
今回は、7万人近い学生が利用している就活サービス「キミスカ」で、実際に多くの企業がスカウトを送った人気の自己PRを例として紹介します。
「本当にスカウトされた」自己PR例を参考にして、企業が思わず気になってしまうような自己PRの作り方を学びましょう。

キミスカとは、7万人近い学生がそれぞれプロフィールを作成し、それを見た企業が気になる学生をスカウトする形で就活を進めている逆求人型のサービスです。
学生から企業にアプローチすることはないため、”いかにプロフィールを見た企業に印象を残すか”を考え、どの学生も自己PRに力を入れています。
本記事では、その中でも特に多く企業から「本当にスカウトされた」自己PRを取り上げていきます。

【実際に人事にウケた】「好奇心旺盛さ」自己PRの例文①

 青字はこの自己PR例の内、効果的に工夫された「注目ポイント」 なので、是非チェックしてみてください!
それではさっそく例を見ていきましょう!
自己PR①
私は好奇心旺盛であるが故に、新たな環境に挑戦することに積極的な人間であると自負しております。なぜなら、様々な環境に身を投じることで、その場所に求めていた以上の知識や経験、出会いを得ることができるからです。
 ☑結論から述べている他、その理由まで掘り下げることで考え方から人間性を読み取れるよう工夫出来ている。
 
大学時代には、1回生当時の目標であった起業という夢に少しでも近づくために〇〇のプロジェクトに参加したり、夏季休暇を地方議員の下で活動するインターンシップに充てました。また、昨年度は海外に接点をもって働くという目標のため、カナダの〇〇大学に長期留学に行ってきました。
 ☑自らの長所がどのような行動を引き出したのかを具体的に述べることができている。
 
そのどれもが新たな発見をもたらしてくれるだけでなく、思いがけない出会いが自身の考え方を豊かにしてくれました。そのわくわくするような経験と出会いが好きだからこそ、私は常に新たな環境に飛び込む挑戦を続けています。
 ☑その結果何が得られて、改めて自分がどのようなの人間であるのか述べることで人間的魅力を伝えることができている。
 
※個人の特定などにつながることのないよう内容は改変されています。
この自己PRの情報
  • キミスカで 130通以上スカウト を得ている
  • 経済系学部の男性
  • 好奇心をアピールしている

【実際に人事にウケた】「好奇心旺盛さ」自己PRの例文②

自己PR②
私は他人から、好奇心旺盛であるとよく言われます。 いったん、あることに興味を持つと、とことん追求していくタイプです。そして、興味を失わずに、興味を持ち続けられる性格です。この性格は、持ち前の強い好奇心によるものだと思います。
 ☑結論から述べている他、その理由まで掘り下げることで考え方から人間性を読み取れるよう工夫出来ている。また、好奇心をアピールすることで発生する「興味を失ったら・・・?」といった懸念点を事前に把握し、カバーすることができている。
 
たとえば、今はパソコンに興味があります。最近では、自作PCを製作し、使いこなせるようにまでなりました。自分で製作することで、市販品よりも安くでき、さらに、PCへの理解や関連業界の興味も深まるというなどの利点があることがわかりました。
 ☑その長所が具体的にどんな行動を引き出したのか、そして何を得られたのか述べられている。
 
このように、好奇心は、物事を深く知ることや新たな知識を得るためのきっかけになるものだと思います。 仕事でも、好奇心を活用していきたいと考えています。
 ☑社会に出ても,自らの長所を活かしていくことを表現している。
 
※個人の特定などにつながることのないよう内容は改変されています。
この自己PRの情報
  • キミスカで 100通以上スカウト を得ている
  • 社会系学部の男性
  • 好奇心をアピールしている

自己PRの書き方

自己PRの雰囲気を掴めたら実際に書いていきましょう!自己PRを作成する際には、PREP法を用いるのが有効です。
PREP法とは、「point」「Reason」「Example」「Point」の頭文字を取ったもので、この順番で論理的且つ明快に文章を展開するフレームワークです。

Point

結論ファーストで、一番伝えたい「自分の強み」は何か簡潔に伝えましょう。

Reason

先に述べた結論の説得力を上げるために、その強みの根拠を示しましょう。

Example

次に、その強みにまつわるエピソードの事例や具体例を述べます。そのエピソードの中で、自分が掲げた目標やそれを達成するプロセスなどを入れられたら尚良いです。

Point

最後に結論を繰り返します。その中で自分のその強みを、入社後にどのような形で活かしていきたいかを伝えましょう。企業が欲しい!と思うような内容にすることがポイントです。

自己PRをする上で、エピソードでどんなことを書こうか悩むことがあると思います。そんなときに指標にして欲しいのは、その「主体性」が伝わるかが重要です。
主体性とは、”物事に対して自分が主体となって自ら思考し、行動し、結果が現れるという一連の流れのこと”です。例えば「サークルで賞をとった」のような一見派手なエピソードでも、その賞をとるに当たって自分がそのために何を考えてどう行動したのかが伝わらなければ全く意味がないのです。
企業が見たいのは、あなたが物事に対してどのように考えるのかであったり、何を重要視しているのか、課題に対してどのように行動が取れるのかという部分です。いかにそれにアプローチするかという点において、自分の主体性をアピールできなきゃ意味がないのです。
エピソードを選ぶ際に、派手なインパクトこそが重要だと考えて「話を盛る」であったり「嘘をつく」学生が多々いますが、結局のところ見られているのは派手さではなく主体性からくる思考回路です。地味なエピソードでも、しっかりそこが伝わるようなものを選ぶことを意識しましょう。

好奇心旺盛な人を求める職種とは

  • クリエイティブ職

  • 企画職

  • 営業職

上の3つは、新しいことが好きで行動力が高く、世間のニーズを察知できる好奇心旺盛な人におすすめする職種です。どれも人とかかわることが多いので、合わせてコミュニケーション能力を持っていたらなおおすすめです。
業界や職種によって求められるスキルは異なります。自分の能力を活かせる仕事に就くためには、業界や職種ごとの仕事内容や求められるスキルを知る必要があります。

好奇心の自己PR例まとめ

「本当にスカウトされた」好奇心についての自己PR例はいかがでしたか?おそらく、いざ自己PRを書く際には、疑問や不安が多々出てくると思います。もしかしたら自分の長所自体に自信がなくなってしまうかもしれません。
 そんな時は第三者の意見も拾ってみましょう。 客観的視点からのコメントは大きなヒントになることがあります。しかし、あくまで自分のこと。外の意見は第3者の一つの意見として、鵜呑みにしすぎない程度に吸収し、そのうえで 自ら思考して結論を出しましょう。  客観的意見を取り入れるためのツールとして最もおすすめなのは友人や先輩、家族ではありますが、こちらの適性検査も大きく役立ちます。
適性検査
適性検査では150問の選択式の質問に答えていくだけで
あなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかります。
また、人物像についてコメントされ、各能力が折れ線グラフで可視化されるので、

  • 自分の特徴は何か?
  • どんなところを気を付ければ良いか

を客観的に見ることができます。
自分を知るうえで、客観的な分析を行いたい際にはぜひ受験してみてください!
適性検査とは?