インターンのカバンの選び方は?注意点や基本マナーを解説

インターンに着て行くスーツや私服を用意したら、次はカバンを選びましょう。身だしなみはその人の第一印象を決定づける要素なので、たとえ綺麗なスーツを着ていたとしても汚れや破れのあるバッグを持っていると「清潔感がない」「学生気分が抜けていない」と悪印象を抱かれてしまうかもしれません。

そこで今回は、インターンにふさわしいカバンの選び方を解説します。カバン選びの注意点や基本マナー、おすすめ商品もまとめているので、ぜひチェックしてください!

インターンのカバンは色・大きさ・機能性を重視して選ぶべき

インターンは実際に企業に赴き、社員と接する貴重な場です。そのため普段使いのカバンを持参するのではなく、ビジネスシーンにふさわしい就活用カバンを用意する必要があります。では、インターンに持参するカバンはどうやって選べばいいのでしょうか?

インターンのカバンに求められる要素は、以下の3つです。

インターンのカバンに必要な要素
  • 黒色や茶色などの落ち着いた色
  • A4サイズの書類が入る大きさ
  • 自立するタイプ

    インターンのカバンは黒色か茶色が基本です。単色で主張しすぎないものであれば、紺色や灰色でもOKでしょう。カバンの大きさに関しては、会社案内やエントリーシートなどのA4サイズの書類を折らずに入れられる物を選んでください。また、床に置いた時に倒れず自立するタイプを選びましょう。

    さらに注目すべきは、カバンの機能性です。例えば、内ポケットがあれば筆記用具やハンカチなどを収納したり、取り出したりしやすいですよね。その他にも、防水加工が施されているカバンや持ち歩いても苦にならない軽量カバン、ジッパー付きでカバンの口を閉められるカバンなど、多様な機能を備えたタイプがおすすめです。

    【服装別】インターンにふさわしいカバンの選び方

    インターンの服装にスーツを指定されることもあれば、私服を指定されることもあります。ここから服装別にカバンの選び方を解説するので、インターン前に目を通しておきましょう。

    【インターンに適したカバンの選び方】①スーツで行く場合

    インターンでスーツを指定された場合は、スーツ売り場で販売されているリクルート用のカバンを選べば間違いありません。就活に向けて購入したカバンが劣化している場合は、この機会に新調してもいいでしょう。就活用のビジネスバッグは基本的に3,000~4,000円で販売されています。価格の高いカバンを選ぶ必要はないので、スーツ売り場スタッフのおすすめ商品やネットで口コミの良いカバンを選びましょう。

    以下に、スーツでインターンに行く場合のカバン選びのポイントをまとめておきます。

    【スーツの場合】カバン選びのポイント
    • 色は黒が無難
    • 大きさはA4サイズの書類が入るもの
    • 自立するタイプ
    • 仕切りポケットが多くて収納力があるもの
    • 軽量タイプ

      【インターンに適したカバンの選び方】②私服で行く場合

      インターンで私服を指定された場合は、革のトートバッグがおすすめです。私服といってもビジネスシーンにふさわしいオフィスカジュアルなので、ビジネスバッグでも問題ありません。
      ただし、アパレル業界や美容業界のインターンにビジネスバッグはマッチしないため、私服指定のインターンに参加する場合は革のトートバッグがベストでしょう。

      私服でインターンに行く場合のカバン選びのポイントは、下記の通りです。

      【私服の場合】カバン選びのポイント
      • 色は黒や茶などの落ち着いたもの
      • 素材は革かナイロン
      • 大きさはA4サイズの書類が入るもの

        インターンに持参するカバン選びの注意点

        続いて、インターンに持って行くカバン選びの注意点を3つご紹介します。購入してから後悔することのないように、良い第一印象を与えられるカバンを見つけてください!

        【インターンで使うカバンの注意点】①リュックやカジュアルなカバンは避けるのが無難

        私服だからといって、カジュアルなカバンを持参するのはNGです。とくにリュックはカジュアル感が強いので、避けるのが無難でしょう。最近はビジネス対応のリュックも増えてきていますが、まずはトートバッグで様子を見るべきです。

        また、クラッチバッグやハンドバッグ、ファーやキーホルダーなどの装飾品が付いたファッション性の高いカバンもインターンには不向きです。インターンはオシャレをする場ではないので、ビジネスシーンにふさわしいシンプルなカバンを持参しましょう。

        【インターンで使うカバンの注意点】②耐久性がないカバンはNG

        インターンでは会社案内を渡されたり、場合によってはパソコンを持参する必要があったりするので、耐久性のないカバンでは底が抜ける可能性があります。耐久性を心配してカバンを両手で抱えて歩く、なんてことのないように強度の高いものを選びましょう

        【インターンで使うカバンの注意点】③ショルダーベルトは事前に外しておく

        ビジネスバッグの中には肩から斜め掛けできるように、ショルダーベルトが付いているものもあります。手で持つよりショルダーバッグとして肩掛けする方が楽ですが、スーツにシワが寄ってしまうのでショルダーベルトの使用は避けるのが無難でしょう。ショルダーベルトは邪魔になるので、インターン参加前に外しておくようにしてください。

        【男性版】インターンで使えるおすすめカバン

        ここでインターンに使えるおすすめカバンを男女別に3商品ずつご紹介します。まずは男性のカバンをAmazonで販売されている中から選んでみました!

        【インターンの男性用カバン】1位:エレコム – ビジネスバッグ(BM-F01XBK)

        エレコムのビジネスバッグはAmazon’s Choiceに認定されていて、口コミでも高い評価を得ている商品です。価格は2,980円(税込)とリーズナブルですが、A4サイズに対応しているのはもちろんのこと、仕切りポケットが豊富で収納力抜群。自立するので置き場所にも困りません。

        【インターンの男性用カバン】2位:GLEVIO – 一流の鞄職人が作るビジネスバッグ(AIN-SWN-business3980)

        GLEVIOのビジネスバッグは、アマゾンのメンズビジネスバッグ部門でベストセラー1位を獲得しています。撥水加工が施されているので、突然の雨でも安心です。また、持ち手が折り畳めるようになっているので、コンパクトに収納できます。価格は3,980円(税込)です。

        【インターンの男性用カバン】3位:GUSCIO ITALY- 2WAY トートバッグ(19-8013 )

        私服の場合は、ビジネスシーンにふさわしい大容量のトートバッグがおすすめです。子の商品はビジネスマンのために作られたこだわり設計になっているので、インターンに持参するカバンとしては申し分ありません。
        ただ、自立しにくいので重心を安定させるために中に入れる荷物の配置にこだわる必要がありそうです。

        【女性版】インターンで使えるおすすめカバン

        次は女性向けの就活用カバンを紹介していきます。コチラも先程と同様にAmazonから選ばせて頂きました。

        【インターンの女性用カバン】1位:NEWHEY – トートバッグ

        スタイリッシュで高級感のあるNEWHEYのトートバッグ。撥水加工、A4対応、自立タイプと機能性抜群ながらも、価格は3,580円(税込)と比較的リーズナブルなのが嬉しいですね。

        【インターンの女性用カバン】2位:Miwoluna – トートバッグ

        Miwoluna のトートバッグはAmazon’s Choiceに認定されている商品です。中央で収納が2つに分かれているので、仕分けして収納しやすい作りになっています。価格は3,480円(税込)です。

        【インターンの女性用カバン】3位:BLUEMIKE – ビジネスバッグ

        BLUEMIKEのビジネスバッグは高級感があり、大容量なのに形がキレイと評価が高い商品です。3,398円(税込)でこのすっきりとした見た目のトートバッグが手に入るのは嬉しいですね!

        インターン前に押さえておきたいカバンの基本マナー

        インターンのカバンのおすすめ商品を紹介しました。それでは最後に、インターン前に押さえておくべきカバンの基本マナーに触れておきたいと思います。

        【インターンカバンの基本マナー】①ファスナー付きカバンは閉め忘れのないように

        インターンにファスナー付きのカバンを持って行く場合は、閉め忘れのないように注意しましょう。ファスナーが開いたままでは、だらしない印象を与えてしまいます。持ち運ぶ時や床に置く時は、その都度ファスナーを閉める癖をつけておきましょう。

        【インターンカバンの基本マナー】②挨拶はカバンを両手で持った状態で行う

        まず、カバンを持ったまま挨拶するのはマナー違反ではありません。ただし、カバンを持ったまま挨拶する際は、必ずカバンが膝の前にくるように持ち直し、両手でハンドルや紐部分を持つようにしましょう。トートバッグを肩に掛けた状態では失礼にあたります。

        【インターンカバンの基本マナー】③基本的には床に置く

        インターン中はカバンを持ち歩いて移動することが多く、置き場所に悩むことがあるでしょう。そこで覚えておきたいのが、「基本的にカバンは床に置く」というマナーです。

        カバンは床に置く前提で作られているので、テーブルの上に置くのはマナー違反とされています。ビジネスバッグは基本、底にビョウを打ってありますよね。それは床に置いた時に倒れないようにするためです。
        コートやマフラーと同じように、カバンは外で使うもの。指示がない場合はテーブルや椅子の上ではなく、床に置くことを心掛けましょう。

        インターンにふさわしいカバンで好印象を与えよう!

        インターンに持参するカバンはシンプルかつA4サイズに対応した、使い勝手のいいものを選びましょう。また、カバンの色はスーツの場合も私服の場合も黒を基本とし、主張しすぎない単色のものがベストです。

        なお、今からインターン用のカバンを購入する学生は、3,000~4,000円の価格帯を目安に探してみましょう。迷って決められない場合は、本記事で紹介したコスパのいいカバンを参考にしてみてください!