インターンは何分前に受付するとベスト?遅刻した場合の連絡の方法も解説

学生がインターンに参加する段階ではビジネスマナーに不慣れなことも多く、悩んでしまうシーンも多いでしょう。しかし、インターンにも社会的な礼儀が求められるので、最低限は必要な知識を付けておかなければいけません。

そこで、本記事ではインターンの選考やインターン参加の当日に、マナーとして何分前行動を行えば良い印象を与えられるのか解説していきます。受付から遅刻しそうな場合まで、様々なシーンに分けて紹介していきましょう。

インターンの選考は何分前に受付するのがベスト?

インターン選考の当日は、下記のような流れで進められることが多いです。

・受付をする
・控室で待機する
・選考を行う
・退室する

受付に人がいるときは自己紹介と用件を伝えれば、控室まで案内してくれます。内線電話をかける場合も同様に伝え、電話が終わったらその場で落ち着いて待ってください。

では、最初の段階である受付について、いつ行えば相手に良いイメージを与えられるのでしょうか。インターン選考の何分前に受付すべきか、以下で詳しく解説していきます。

【インターン選考で受付は何分前?】①時間が指定されている場合は5〜10分前

インターン選考で受付時間が指定されている場合は、約束した時間の5〜10分前を目安に到着するようにしましょう。担当者には直前まで予定が入っていることもあり、10分以上前に受付をすると、準備で忙しい社員さんを邪魔してしまいます。

もちろん、ギリギリの時間に受付をするのも来ないんじゃないかと心配をかけるため要注意です。エレベーターが混んでいたり会場が遠かったりする可能性もあるので、余裕を持って向かうよう心掛けてください。

【インターン選考で受付は何分前?】②時間帯に幅がある場合は受付開始の時間から

受付時間と開始時間のどちらも記載されており、例えば受付時間:午後2時半~ 開始時間:午後3時と時間帯に幅があるときは、受付が始まるタイミングで到着しておくのを目安にしましょう。ただし、早くても受付時間ちょうどに到着するようにし、遅くても開始時間の10分前までには受付を済ませてください。

また早く着いた場合は待ち時間が発生してしまいますが、なるべくスマホは見ないようにしましょう。必要な連絡をする分には問題ないものの、ゲームなどで長時間スマホを触るのは企業からの印象を悪くしてしまいます。

【インターン選考で受付は何分前?】③早く着いた場合も受付時間に合わせよう

天候不良による電車の遅延や迷子など、思わぬトラブルが起きる可能性もあるため、余裕を持って到着しておきましょう。選考に遅刻してしまうと印象が悪くなり、合否に影響を及ぼすかもしれません。

しかし、早く着きすぎるのも企業側に迷惑がかかるので、時間が空いたときは面接やディスカッションの練習をしたり、近くのカフェなどに寄ったりすると良いでしょう。また、移動している間に服装や髪型が乱れてしまうこともあります。

駅のトイレなどで身だしなみをチェックし、時間を調整するのがベストです。ただし、身だしなみを気にするあまりトイレに長くいるなど、周囲の迷惑にならないように気をつけてください。

インターン生は何分前行動が好印象?シーン別に学生が気をつけるべきポイントを解説

採用された後のインターン当日は企業からの印象をアップさせるため、指定された時間よりも早めに行動するのがポイントです。具体的に何分前行動を意識すべきか、シーン別に下記へまとめました。

【インターン生は何分前行動?】①出社は始業時間の5分以上前に

インターン先へ出社するときは、始業時間ギリギリにならないよう余裕を持つことが大切です。やる気を伝えるためにも5分以上前には席へ付き、万全の状態で始業時間を迎えられるようにしましょう。

とくに朝は駅のホームやエレベーターが混み合うので、早めに到着するよう心掛けてください。

【インターン生は何分前行動?】②昼食後の着席は5分前が理想的

昼休憩も終了5分前には席へ戻り、いつでも業務を行える状態でスタンバイしておきましょう。必要な物がある場合は業務が始まる前に準備しておくことで、やる気や熱意を効果的に伝えられます。

また、休み時間だからといって騒いだり気を緩めすぎたりせず、落ち着いた態度で過ごすと一目置かれるかもしれません。社員さんとコミュニケーションを取れそうな雰囲気である場合は、積極的に声をかけ、知りたいことを質問してみるのがおすすめです。

【インターン生は何分前行動?】③次の予定に遅れないよう逆算して準備する

インターンでは多数のプログラムが用意されていることもありますが、それぞれの開始時間に間に合うよう、逆算して準備しましょう。移動や用意に時間がかかることも考えられるので、効率よく動くことを意識するのがポイントです。

また次のプログラムに影響が出ないように、指示された仕事をスムーズにこなす必要もあります。企業の一員だと思い、時間と仕事内容に責任感を持って取り組みましょう。

インターンでは何分前に遅刻連絡を入れる?

選考やインターン当日に遅刻してしまいそうな場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか。正しい対処を行えば評価が下がるリスクを減らせるので、下記でしっかり確認してください。

【インターンでは何分前に遅刻連絡する?】①連絡のタイミング

遅刻が分かった時点で、すぐにインターン先へ連絡するようにしましょう。また遅刻するかしないか分からないタイミングでも、間に合わなかったときにイメージが悪くなるのを防げるため、連絡しておくとベターです。

連絡の有無で印象は変わりますし、大幅な電車遅延など仕方ない事情があれば企業も考慮してくれるでしょう。無断で遅刻や欠席をした場合、企業に迷惑をかけますしスケジュールに影響が出ることも考えられます。

そのため、社会人のマナーとして必ず連絡を行い、謝罪の気持ちをしっかり伝えてください。

【インターンでは何分前に遅刻連絡する?】②連絡方法

遅刻の連絡をする際は、確実に相手へ用件を伝えられる電話を使います。もし、担当に繋がらなかったときは窓口の方へ伝言をお願いし、合わせて担当者にメールを送ってください。
メールには下記を記載しましょう。

遅刻メールに記載する内容

・電話をかけたが繋がらなかった旨
・遅刻の理由
・到着の目安時間
・「申し訳ございません」など謝罪の言葉

【インターンでは何分前に遅刻連絡する?】③遅刻を防ぐコツ

選考やインターン当日の遅刻を防ぐために、あらかじめ会社の場所を確認しておきましょう。前日に案内を再度読み直し、時間を間違えたり場所を勘違いしたりしないよう気を付けるのが大切です。

また、緊急連絡先は基本的に資料へ記載されているので、メモを取ったりスマートフォンに記録したりしておくと良いでしょう。必要な物も前日までにバッグへ詰めておき、服装も一式揃えておけば朝になって慌てることを防げます。

さらに、交通機関の遅れを考慮し、予定よりも1~2本早い電車・バスに乗るとベターです。バスの運行は道路状況に大きく左右されるため、余裕を持ったスケジュールを作っておきましょう。初めて行く場所の場合は、より早めの行動を意識してください。

インターンは何分前に行動するのが良いか理解しておこう

インターン選考や当日は、採用担当へやる気を伝えるためにも早めに行動するよう心掛けましょう。受付などは早すぎると迷惑をかけてしまいますが、適度な時間に行くことで熱意を効果的にアピールすることが可能です。

また、インターン当日は開始時間にすぐ動けるようスタンバイしておくことで、仕事ができる学生だと思われやすくなります。何分前に行動すると魅力的に思われるかを覚えておき、就活を有利に進めましょう。