志望動機の文字数の目安を徹底解説!指定文字数ごとの例や注意点も【例文付き】

エントリーシートの志望動機の文字数の目安は、指定された文字数によって異なります。また、「〇文字以内」か「〇字前後」かによっても適切な文字数は異なりますが、具体的に何文字書くべきなのでしょうか?

そこで本記事では、志望動機の文字数の目安について解説します。指定文字数ごとの例文や文字数に関する注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

志望動機の文字数の目安は「文字数制限」の有無で決まる

志望動機の文字数の目安は、文字数制限の有無によって異なります。企業から文字数を指定されなかった場合は、一般的に200~400文字程度を目安に作成しましょう。

このように文字数制限がない場合に200~400文字を基本とする理由は、人が文章を読むスピードは1分間に600文字程度とされているからです。1日に何枚ものエントリーシートをチェックする人事に流し読みされないように、短時間で読める200~400文字を目安にするといいでしょう。

なお、文字数制限がある場合は9割以上書くことが望ましいです。志望動機に文字数制限がある場合は、次の章で詳しい目安文字数を確認してください。

志望動機に文字数制限があったら?文字数を指定された場合の目安文字数

志望動機に文字数制限があった場合、「〇文字以内」であれば指定文字数の9~10割「〇文字前後」であれば指定文字数の9~11割を目安に作成しましょう。できれば指定文字数ジャストが望ましいですが、この範囲を守っておけば評価が下がることはありません。

具体的な文字数を表にまとめたので、志望動機を作成する際の参考にしてください。

指定文字数 〇〇字以内 〇〇字前後
100文字 90~100文字 90~110文字
150文字 135~150文字 135~165文字
200文字 180~200文字 180~220文字
300文字 270~300文字 270~330文字
400文字 360~400文字 360~440文字
500文字 450~500文字 450~550文字
600文字 540~600文字 540~660文字
800文字 720~800文字 720~880文字
1,000文字 900~1,000文字 900~1,100文字

文字数指定のある志望動機に何を書く?パターン別に例文を紹介

志望動機に文字数制限がある場合は、その文字数に収まるように伝えたいことを絞って書く必要があります。とくに少ない文字数でまとめるのは難しく、何を書けばいいのか悩んでいる学生も多いでしょう。

そこでここからは、化粧品を販売する美容部員をテーマにした指定文字数別の志望動機の例文を紹介します。

【志望動機の文字数1】100文字の場合

志望動機の指定文字数が100文字の場合は、「志望する理由」と「入社後の抱負」を書きます。100文字は志望動機の文字数制限の中で最も少ない文字数なので、伝えたいことを端的にまとめましょう。

【志望動機の例文(100文字)】

私が貴社を志望したのは、メイクをきっかけに一人でも多くのお客様に自信を持っていただきたいからです。入社後は、以前の私のように自信が持てずにいるお客様に、メイクを通して美と自信を届けたいと考えています。

【志望動機の文字数2】150文字の場合

150文字の制限がある場合は、「志望する理由」と「自分の思い」と「入社後の抱負」を伝えましょう。自分の思いや考えを伝えることで、よりオリジナリティのある志望動機に仕上がります。

【志望動機の例文(150文字)】

私が貴社を志望したのは、メイクをきっかけに一人でも多くのお客様に自信を持っていただきたいからです。私はメイクをただの作業ではなく、明るく前向きな気持ちにしてくれる魔法だと考えています。入社後は以前の私のように自信が持てずにいるお客様に、貴社のコスメによるメイクを通して美と自信を届けたいです。

【志望動機の文字数3】200文字の場合

志望動機の文字数制限が200文字の場合は、「志望する理由」と「自分の思い」と「経験」「入社後の抱負」をまとめて書きましょう。200文字を指定する企業は少なくないので、この機会に作成しておいてもいいですね。

【志望動機の例文(200文字)】

私が貴社を志望したのは、メイクをきっかけに一人でも多くのお客様に自信を持っていただきたいからです。私はメイクをただの作業ではなく、明るく前向きな気持ちにしてくれる魔法だと考えています。過去に貴社の美容部員の方にメイクをしていただいたことがあり、メイクで姿勢や性格まで変えられるのだと驚きました。入社後は以前の私のように自信が持てずにいるお客様に、メイクを通して美と自信を届けたいです。

志望動機の文字数で気を付けること4つ

志望動機の指定文字数は、絶対に守らなければならないルールです。しかし、それ以上に大切なのは志望動機の内容です。文字数を気にするあまり、志望動機の内容が疎かになってしまうことのないように気を付けてください。

以下に志望動機の文字数に関する注意点をまとめたので、志望動機を作成する前に目を通しておきましょう。

【志望動機の文字数の注意点1】「○○字以内」の場合は指定文字数を超えない

志望動機の文字数を「○○字以内」と指定されている場合は、指定文字数をオーバーしてはいけません。このルールを無視してしまうと、人事にエントリーシートを見てもらえない可能性があるので注意しましょう。

これは手書きのエントリーシートでのみ注意するポイントであり、Webエントリーシートであれば、指定文字数以上は書けないようになってるケースがほとんどです。

【志望動機の文字数の注意点2】詰め込みすぎない

志望度の高さをアピールするために、とにかくたくさんのエピソードを詰め込んだり、小さな文字で志望動機欄のスペースいっぱいに文字を書いたりする学生もいます。しかし、見にくいエントリーシートは流し読みされる可能性があるので、詰め込みすぎはおすすめできません。

志望動機は適度に改行したり、段落分けしたりすることで、読みやすさがアップします。できれば3行、文字数でいえば200字程度に一度改行して、ストレスなく読める志望動機を作成しましょう。

エントリーシートの段落分けや改行のポイントに関しては、こちらの記事をチェックしてみてください。

エントリーシートは段落を分けるべき?改行するポイントと注意点を解説

【志望動機の文字数の注意点3】オーバーする場合は別の表現を探す

指定された文字数をオーバーしてしまう場合は、別の言い回しを探してみましょう。例えば、「常に上を目指す」を「向上心」と言い換えるだけで4文字削減できます。このように別の言葉や表現を探して、制限文字数の範囲内に収めましょう。

ちなみに、文字数のチェックはPCやスマホを使うと、確認および修正が楽になります。手書きのエントリーシートであっても、まずはPCやスマホで大まかな内容を打ち出し、そこから修正を繰り返していくのがおすすめです。

【志望動機の文字数の注意点4】目安文字数に満たない場合は企業分析や自己分析をやり直す

本記事で紹介した目安文字数に満たない場合は、企業分析や自己分析を再度行い、志望動機を見つめ直す必要があります。企業分析をやり直すことで書きたいことが出てきた場合はいいですが、それでも志望理由が思い浮かばない場合は改めて自己分析をしてみましょう。もしかしたらその企業はあなたの適性に合っておらず、志望理由が思いつかないのかもしれません。

自己分析をやり直すなら、キミスカの自己分析ツール「適性検査」を活用しましょう。キミスカの適性検査は、150問の質問に答えるだけで職務適性をはじめとする9項目を診断できる無料ツールです。キミスカで登録を済ませると無料で使えるので、さっそく登録して診断を開始しましょう!

「適性検査」の受け方・結果の見方!自己分析ツールの使い方を解説

志望動機の目安文字数は指定文字数によって異なる

志望動機の目安文字数は指定文字数によって異なりますが、9割以上埋めるのがベストです。文字数は志望度をはかる材料の一つになるので、9割埋められていない志望動機は入社意欲が低いと思われる可能性があるので注意しましょう。

逆に「○○字以内」の指定文字数をオーバーしてしまうと、ルールを守れない人とみなされてマイナスの評価を受けることになります。必ず指定された文字数を守り、内容の濃さでアピールしましょう!