お役立ちコラム

【19卒】今年は売り手市場って言われているけど、内定ってもらいやすいの?

handshake-3198019_640

就職活動の開始に伴って、就活関連の情報を仕入れていると、

・有効求人倍率が今年も高い
・売り手市場

という言葉をよく耳にすると思います。
確かに、19卒の就活において。「有効求人倍率が今年も高い」「売り手市場」というのは本当です。そしてそれらは、一般的に

今年は内定が取りやすい年

と解釈されることが多いです。

しかし、それは本当にすべての企業に対して言える事なのでしょうか?過去からの変遷を踏まえて考えてみましょう。
 

そもそも有効求人倍率って何なの?

 
graph-163509_640
 
こんにちは!
キミスカ運営局の福澤あすかです!
就職氷河期時代に就活を迎え、入社以来就職活動の支援を行ってきた私が今回の記事を執筆させて頂きます。

就活を既に開始した皆さんなら「有効求人倍率」ってもうご存知ですよね!?式で表すと、
有効求人倍率=有効求人数/有効求職者数
となります。新卒採用において考えてみると、
(新卒)有効求人倍率=企業の募集人数/就活生の数となり、

「一人あたりにどのくらいの募集が有るか」

を表しています。
18卒では有効求人倍率が1.78倍だったので、1人当たり1.78社の募集があったわけです。

ちなみに就職氷河期だったと言われる12卒の時は1.23倍、もっと前の就職氷河期の2000年卒は0.99倍でした。
(18卒がかなり高い水準だったことが分かりますね!)

19卒の求人倍率は3/6日時点でまだ不明ですが、18卒と同程度の水準であることが見込まれています。
 

売り手市場ってなんなの?

 
learn-3069053_640
 
就活についての売り手市場、買い手市場の判断は単純明快です。

売り手市場=企業の求人が多く、就活生が有利=有効求人倍率が高い
買い手市場=企業の求人が少なく、就活生に不利=有効求人倍率が低い

就活を売り買いで表すのは、個人的にはあまり好きではないですが、ここ2、3年は売り手市場といわれています。
 

じゃあ今年は内定を貰いやすい年なの?

 
smile-2928326_640
 
ここで気を付けて欲しいのが、
売り手市場=どこでも内定を取りやすくなる、、、とはならない事です。
データから見てみましょう。
■従業員規模(詳細)別 求人倍率の推移

  16卒 17卒 18卒
300人未満 3.59倍 4.16倍 6.45倍
300~999人 1.23倍 1.17倍 1.45倍
1000~4999人 1.06倍 1.12倍 1.02倍
5000人以上 0.70倍 0.59倍 0.39倍

(出典:リクルートワークス研究所)
 
表をみれば明らかでしょう。
従業員規模の大きい大手企業の求人倍率は年々下がり続け、むしろ入社ハードルは高くなってきています。

理由としては、大手企業の募集人数はそこまで変化していないものの、大手企業を志望する就活生が増えているからです。
よって、大手企業はここ数年「買い手市場化」が大きく、入社倍率が上がってきています。
(よくよく考えると、安定成長中の企業が景気改善により、急に人手が足らなくなる事なんてないですよね、、、)

求人倍率が上がると内定のハードルが下がる印象を受けるかもしれません。
確かにハードルを下げてでも人員確保を優先する企業も世の中には有るかもしれませんが、基本的には「企業の求める人物像」に合致しないと内定は出ません。
キミスカを使っている、大手の企業も、「自社に合いそうな就活生」を探してスカウトを送っています。
 

でも大丈夫!世の中には、あなたがまだ知らない優良企業が沢山あります!

 
startup-849804_640
 
この記事を見て不安になった方も多いかもしれません。
ですが、求人数が増えているという事自体はすごく良いことなのです。
なぜなら、景気が良くなってきているので、求人数が増えているからです。
特にITの分野では顕著ですが、ネットインフラの発達により、様々な企業にビジネスのチャンスが広がっています。
そのビジネスの拡大に伴って企業が成長し、人員が必要になったと考えると、求人数の増加ってすごく良いことなんです!

そんな成長企業を今の段階で全く受けていないのはすごくもったいないことです。
しかし、たとえ業界内で有名な成長中優良企業でも、BtoB企業など、皆さんが普段あまり耳にしない企業を発掘するのは難しいです。
そんな時、キミスカなら企業があなたを探してスカウトを送ってきてくれます。
自分で企業を探すのに限界を感じているあなたも、素敵なプロフィールを作成して、まだ知らない優良企業にスカウトされましょう!
あなたを求めている1社に絶対に会えるはずです。
 
 
⇒プロフィールの埋め方を見てみる

会員登録