スカウトを獲得するには

【例文】人事が評価する『ガクチカ』の書き方

ガクチカ

最近頻繁に目にするようになった就活スラングのひとつ、 『ガクチカ』 
SNSを見てみても、「ガクチカが作れない・・・」等といった投稿を見かけます。この『ガクチカ』、当然就活に関連するキーワードなのですが、どういった意味なのでしょうか。

この記事で『ガクチカ』を通した就活の攻略法を見てみましょう。

ガクチカは○○の略

ガクチカ
まず、 『ガクチカ』とは『学生時代に力を入れた経験』の略語 です。面接やエントリーシートおいて避けて通れない就活のキーポイントであり、多くの就活生が苦戦するところでもあります。

『学生時代に力を入れた経験』というのは、自分なりに何かしらあると感じている方が多いとは思いますが、 難しいのはそれを魅力的に人に伝えること です。

例えば

  • 「好成績をとり続けた」
という経験があるとして、それを伝えるのに

  • 「予習復習を行い、常に最前列で授業を聞いていた」

といった内容では不十分です。同様に、

  • 「サークルで代表を務めていた」

という経験に対して、

  • 「意見が割れてもめることがあっても、腹を割って話す場を設けるなどして運営してきた」

のような内容では 十分に魅力は伝わりません。 (後述しますが、成績やサークルの代表に魅力がないわけではありません)

では、人事はいったいこの『ガクチカ』の何を見ようとしているのでしょうか。

そもそも人事はデキる学生を求めていない?

ちがう
例えば以下の記事は、雇用・採用に精通している海老原嗣生氏の記事です。

「7割のエントリーシートはほとんど読まれずに捨てられます!」-雇用のカリスマが語った人事のホンネと“就活”のホント(前編)-

「7割のエントリーシートはほとんど読まれずに捨てられます!」と語る海老原氏は、同時に 「あなた達は、あなたらしいエピソードを用意してください。」 と語っています。というのも、そもそも企業が欲しがる学生はそれぞれ異なります。銀行と人材業界では必要な人材の資質が全く異なるように、その業界内でも会社によって求められる人材は異なります。そんな中で、当然どの企業からも採用したいと思われるような全方位に響く完璧なアピールなどありません。

それは以下の採用者目線の記事でもよくわかります。

採用のミスマッチを防ぐ3つの方法

この記事では 「採用のミスマッチ」 を防ぐための記事になっています。「採用のミスマッチ」とは、

  • ”学生”が”企業”に求めているもの
  • ”企業”が”学生”に求めているもの

この2つのニーズがマッチせずに、入社後の不満足に繋がり思ったように活躍できなかったり、早期退職につながったりしてしまうことを言います。当然ですが、企業は一人採用するのにも莫大な予算を費やしています。予算がかかっている以上、その費用の効果を最大限発揮させたいと考えます。これらの課題がミスマッチである以上、採用の際にはミスマッチにつながらないよう細心の注意を払うものです。(上記の記事におけるポイント2を読むと更によくわかります)

その結果、 「企業と学生の本質的な相性」を重視した採用が現代の主流に なりつつあります。そこで、デキる学生や面白い学生という偏差値的な考えをしてしまう学生が多い中、そもそも企業によってほしい人材が異なる現実との間で認識のすれ違いが起きているのです。

さて、では企業の人事は『ガクチカ』を通して就活生の何を見ようとしているのでしょうか?

【例文】人事は思考回路を評価している

思考回路

まず、結論から言うと人事は『ガクチカ』を通し て就活生の思考回路を評価 します。なぜなら企業と就活生の相性に一番かかわってくるのが仕事や課題に対する思考回路にあるからです。

例えばまた海老原氏の記事の話にはなってしまいますが、”改善”にアイデンティティのある会社において重視されたのが、学生の課題に対する「PDCAの姿勢」だったように、 課題解決において企業の方針と合致する思考回路を有しているか が重要なのです。

その思考回路というのは、例えば「好成績をとる」という課題に対してであれば

  • 「自分の特典が取れていない苦手な科目を分析し、一日に最低1時間はそれに取り組み週末にはその深度を確認できるようなテストを行って目標達成に対する高い確度を維持し続けた」
  • 「自らの特性を考慮した結果、苦手科目よりも得意科目を伸ばした方が平均的に良い成果につながることが分かったため、得意な領域では授業に先行して資格取得に動くなどして、最大限良い特典が取得できるよう努めた」
以上の例のように、一つの目標を達成するために自分がどのように考え行動したかという思考回路が読み取れるよう表現するだけでマッチする企業に強く刺さるような魅力的な内容になります。

派手な経験は無くても平気?

平気?

このような『ガクチカ』をつくっていく上で、よく 「留学やボランティアのような華やかな経験がないけど大丈夫なのか?」 と心配する声を目にします。しかし、上記のように 大切なのはその行動における思考回路 です。たとえ学生時代に力を入れて取り組んだことが留学やヒッチハイクであろうとコンビニ店員であろうと人事にみられる部分は変わりません。

そこに対して自分が何を考えて行動していたか。そこに魅力があれば、遊び惚けてただけでも勉強しかしていなくても間違いなく評価してくれる企業が現れます。逆に言えば、仮に留学のような華やかな経験があろうと、 アルバイト経験の方が思考して行動していたのであれば、そちらをアピールしたほうが評価に繋がる こともあります。

まとめ

まとめ
『ガクチカ』において、重要なのは課題解決における思考回路をしっかりアピールすることだとお伝えしましたが、これは『ガクチカ』に限らず就活全般に言えることです。エントリーシートやグループディスカッション、面接。就活では様々な形で自分が見られますが、企業が見ようとしているものは大きく変わりません。それは、 「あなたがどのような人で、会社で活躍してくれそうか」 というものです。

企業があなたの人間性、つまり個性を見ようとしている以上、 「自分はこのような人間だ。」と思考を積極的に伝える ことが本当にマッチする就活につながるのです。

しかし、「自分はこういう人間だ」とアピールしていくには、それを理解している必要があります。自分の理解とは意外に難しいものです。

 そんな時は第三者の意見も拾ってみましょう。 客観的視点からのコメントは大きなヒントになることがあります。しかし、あくまで自分のこと。外の意見は第3者の一つの意見として、鵜呑みにしすぎない程度に吸収し、そのうえで 自ら思考して結論を出しましょう。 

客観的意見を取り入れるためのツールとして最もおすすめなのは友人や先輩、家族ではありますが、こちらの適性検査も大きく役立ちます。

適性検査

 適性検査では150問の選択式の質問に答えていくだけで
あなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかります。

また、人物像についてコメントされ、各能力が折れ線グラフで可視化されるので、

  • 自分の特徴は何か?
  • どんなところを気を付ければ良いか

を客観的に見ることができます。
自分を知るうえで、客観的な分析を行いたい際にはぜひ受験してみてください!

⇒適性検査を受検するには

会員登録