自己PR

自己PR「強み」の見つけ方/実は「長所」とは別?【書き方解説】

自己PR_強み
「短所はわかるけど、自分の強みってなんだろう・・・」

自分の短所はわかるのに強みはわからない。そんな悩みを抱えている就職活動中の学生は珍しくありません。
むしろ 「自分の長所はココだ!」 と企業に対して最初から自信を持って自己PRできる学生のほうが珍しいものです。なのでこんなことで自信を失う必要はありません。この記事を通して、自分の強みがどのようなところにあるのか認識できるきっかけを手に入れることができたら、その一助になれれば幸いです。
また、自己PRの書き方や書く際のコツも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

自己PRにおける強みって?

まず、強みとは何かを知る前に「強み」と「長所」が異なるものを指していることを理解しましょう。強みも長所も自身が持ち合わせているアピールポイントであることは同じです。

しかし、長所が単にあなた目線で見た自分自身の優れている点を意味するのに対して、強みとは、自身の資質のうち  その企業に入社した後に活用していけるもの を意味しているのです。言い換えれば、企業や面接官があなたを採用することで、どのようなメリットがあるかどのような活躍を期待できるかをアピールできる資質が強みなのです。つまり、

  • 長所:自身の優れている箇所
  • 強み:長所の内、企業にとってメリットになり得る箇所

だと言えます。自己PRをしていく際は、この長所と強みをそれぞれ別のものであると認識して、人事の興味をそそるようにセルフプロデュースしていく必要があります。

長所と強み0

偽らない就活

企業が自己PRで強みを問う理由

応募企業に自身の強みをうまくアプローチして伝えるためには、そもそも 「なぜ」 そのような質問がされるのかを知っておく必要があります。応募先企業企業の意図や質問の本質を理解することで、より的確に自身の強みをアピールしやすくなります。

人間性をより深く知るため

強みは、その人を採用するメリットをを端的に表すものです。強みを聞けば、その人が これまでどのような体験をしてきて、何を重視しているのか といった人間性を通した、採用するメリットが理解できます。共に働く上で、その人の技能以上に人間性は重要です。

  • その人が自身の強みを活かして、どんな風に仕事をしてくれるか

ということを知りたいがためになされる質問なのです。

誠実か知るため

企業は、共に働いていくパートナーに誠実さを求める傾向にあります。自身の強みを聞いた際に、その人が自分の自慢話ばかりをしたり、話を盛ったりしていないかを確認することで、誠実さの度合いを推し量ることができます。

  • 独りよがりな人ではないか、利己心から嘘をつく人ではないかといったことを判断し、誠実さや素直さを確認する

ことを意図しての質問だといえるでしょう。

自社への理解度を知るため

企業は、自社に対して、愛情や熱意を持っている人を採用したいと考えています。採用に際しては「会社への熱意」の度合いをかなり重視するといえます。会社への熱意があれば、当然、会社への理解は高まります。強みを聞いた際に、会社の企業姿勢や風土に見合うアピールポイントを言えれば、その人は会社を理解していて熱意があることが分かります。

逆に、華々しい強みがあっても、それが企業の方向性からかけ離れていたり的外れであったりすれば、その人は企業を理解しようとした熱意がないことが確認できます。自社に対する相手の熱意の度合いをチェックするために、強みを尋ねるのだといえるでしょう。

採用したいと思う人材かみるため

強みを見ることで、その人が採用したい人かを確認することができます。企業風土や社風にマッチしていて、長く働けそうな人かも確認できますし、その人の強みを把握することで、今後どのようにその人が成長していくかを想像することが可能です。その人との相性はもちろん、将来的にその人がどのように能力を開花させて、自社のどのようなポジションで戦力となってくれるかを考えることができる質問だからこそ、強みを聞くのです。

強みを聞く理由

自己PRにおける強みの見つけ方

自身の強みを企業に魅力に感じてもらうようにアピールするためには、自身を掘り下げるだけでなく、企業側が何を求めているかを把握しなくてはなりません。その上で、自身の長所の中から、企業にとって魅力的でメリットとなる特性を見つけていきます。

強みを見つけるためには適した思考の順番がありますから、一度それに従って自身の強みを考えてみましょう。

自己PRの強みを見つけるには企業の価値観を理解する

強みを見つけるための第1ステップは、 企業についての理解を深める ことです。企業が属する業界に関する知識はもちろん、その企業が業界内でどのような事業や業務を展開しているのかを知ることが大切です。

会社説明会やインターンには参加するようにして、可能であれば、OG・OB訪問もしてみましょう。そして、その企業が

  • どのような価値観を有しているか
  • どんな特性のある人を欲しているか

の2点を理解していきます。

自己PRの強みを見つけるには自分の特徴を理解する

企業の価値観を理解できたら、自分自身の特徴や優れていることを掘り下げていきます。この際にポイントとなるのが、

  • 「行動」
  • 「思考」
  • 「他者から褒められること」

の3点から自身を振り返り、メモをしていくことです。

たとえば、「行動」であれば、大勢の前でのプレゼンテーションが得意といったことが当てはまります。
「思考」の例では粘り強いことなどがあげられるでしょう。
また、客観的な特徴も大切ですから、家族や友人から褒められたことなども思い出して把握していきましょう。

自己PRの強みを見つけるには企業の価値観と自分の特徴を照らし合わせる

「自分の特徴」「企業の価値観やニーズ」が理解できたならば、この2つを照らし合わせてみましょう。そして、 両者の間でマッチングする素質や事柄があれば、それこそが自己PRでアピールできる「強み」です。  このとき、自身の長所に企業の価値観とマッチングするものが見つからない場合、短所の中からマッチングする要素を探してみましょう。

たとえば、「決断力がない」という短所は、 「慎重である」ことの裏返し でもあります。慎重であるというのは、アクションの中で起こりうるリスクを想定する能力に長けている証です。このような点は、危機管理能力を重要視する価値観を持つ企業には、強みとして評価されるからです。企業の価値観と照らし合わせてみることで、 短所が強みとなる場合があります。 強みを見つけるには、短所を掘り下げるのも1つの方法です。

企業と学生のマッチング図

強みをアピールする自己PRの作り方【例文付き】

上のフローで自分の強みを見つけることができたら、実際に自己PRを書いていきましょう!下記の6つの構成をマスターして、魅力的な自己PRを完成させましょう。

強みをアピールする自己PRの構成①:結論を先に述べる

自分の強みは何かを、始めに簡潔に伝えることが大切です。面接官に一番伝えたい事から述べることで、分かりやすく伝えることが出来ます。
例)
①私の強みは、目の前にある目標や課題に対する遂行力です。イベントを企画した際に、クラウドファンディングで10万円以上資金を集め、無事イベントを成功に導くことができた経験の中でこの強みが発揮されました。

強みをアピールする自己PRの構成②:エピソード概要

先に述べた結論の説得力を上げるために、その強みが表れているエピソードの概要を伝えましょう。

例)
②所属するサークルでイベントを企画した際、協賛やクラウドファンディングなどで必要な資金を集めることに尽力しました。

強みをアピールする自己PRの構成③:立てた目標や直面した課題

経験したエピソードの中で、どのような目標を立てそれを達成させる過程においてどのような課題に直面したかを伝えましょう。

例)
③当初、イベントに必要な金額である10万円を協賛で集めようとしていました。しかし学生ということもあり、返せるリターンなどが金額に見合わないなどの課題に直面し資金集めは難航していました。

強みをアピールする自己PRの構成④:直面した課題の解決方法

課題に直面した際に自分が行った解決方法を伝えることで、自分の強みが更に引き立ちます。

例)
④ですが、どうしてもイベントを成功させたかったので、問題点を洗い出し、改善策を考えていきました。具体的には、
1.サークルやイベントの理念に共感して下さる企業様対象に協賛をお願いすべく、企業リストの作成と、営業方法をマニュアル化したことによって他のメンバーでも実践できるようにした
2.「想い」に共感して下さる人が多くいるクラウドファンディングを協賛と同時並行で始めた

強みをアピールする自己PRの構成⑤:具体的にどんな結果が出たか

立てた目標に対し、実際にどのような結果が出たのかを伝えましょう。その時に、結果を踏まえて反省を話すと良いです。
実際にそのエピソードにおいて目標を達成することができなかったとしても、誇張して目標を達成したことにする必要はありません。その時、何故目標達成できなかったのか、どこを改善したら達成することができたであろうかの考察をしっかり伝えることが重要です。

例)
⑤これらの施策の結果、イベントに賛同して下さる方が多く集まり、目標の10万円を超える資金を集めることができました。

強みをアピールする自己PRの構成⑥:入社後どのように活躍していきたいか

自分の強みを、入社後にどのような形で活かしていきたいかを伝えましょう。企業が欲しい!と思うような内容にすることがポイントです。

例)
⑥貴社においても与えられた役割以上の努力をし、売上に貢献していきたいです。

例文【自己PR】

【自己PR例】
①私の強みは、目の前にある目標や課題に対する遂行力です。イベントを企画した際に、クラウドファンディングで10万円以上資金を集め、無事イベントを成功に導くことができた経験の中でこの強みが発揮されました。

②所属するサークルでイベントを企画した際、協賛やクラウドファンディングなどで必要な資金を集めることに尽力しました。

③当初、イベントに必要な金額である10万円を協賛で集めようとしていました。しかし学生ということもあり、返せるリターンなどが金額に見合わないなどの課題に直面し資金集めは難航していました。

④ですが、どうしてもイベントを成功させたかったので、問題点を洗い出し、改善策を考えていきました。具体的には、
1.サークルやイベントの理念に共感して下さる企業様対象に協賛をお願いすべく、企業リストの作成と、営業方法をマニュアル化したことによって他のメンバーでも実践できるようにした
2.「想い」に共感して下さる人が多くいるクラウドファンディングを協賛と同時並行で始めた

⑤これらの施策の結果、イベントに賛同して下さる方が多く集まり、目標の10万円を超える資金を集めることができました。

⑥貴社においても与えられた役割以上の努力をし、売上に貢献していきたいです。

自己PRで強みを伝えるポイント

企業の価値観や風土にマッチングする強みを見つけられても、それを うまく伝えられないと効果は半減します。自己PRで、分かりやすく強みを伝えるポイントを確認していきましょう。

結論からアピールする

文章であれ口頭であれ、何かを主張したいのならば、まずは結論から先に述べることが重要です。先に結論を伝えた方が、その後の内容がすんなりと入ってくるためです。さらに、この際に強みを具体的な表現を使うことができれば、より効果的です。

たとえば、

  • 「私の強みは協調性だといえます」

というように、ありがちな言葉を使うと、面接担当者にはありきたりな人物と思われてしまう可能性が高いでしょう。面接担当者に良い印象を与えるためには、他の就活生とは違った自分の考えた言葉で自身の強みをアピールしましょう。

  • 「私は、バラバラの人同士をまとめあげることが得意です」

などのように伝えることで、人事が実際の仕事でどのように活躍できそうか想像しやすくなり、関心や興味を惹き付けることができます。

  • 結論から言い始めること
  • 強みが具体的であること

は有効な一手だと言えるでしょう。

客観的視点の根拠

強みをアピールするとき、「自分はこう思う」という内容を伝えるだけではなく、「人からこう言われる」という内容を盛り込むと、説得力が増します。客観的な意見や事実を盛り込めば、公平さがでてきて、真実味が増すからです。

  • 具体的な数値
  • 体験談

などといった主観の入らない客観的な事柄を適宜盛り込めば、かなり効果的なアピールとなることが期待できます。

自分らしさは大事だが……

就活においても人生においても「個性」はとても大切な要素です。しかし、自己PRにおける「強み」とは、企業にとっていかに貢献できる人物であるかをアピールするための質問です。企業も自社に対して、どれくらいの関心や熱意を持っているかを探るために質問をしてきています。

個性ばかりを重視して、企業の価値観や求める人物像とは ずれている独りよがりな回答をするのは得策ではありません。自身と企業の価値観をきちんと理解した上で、それに合致する強みをアピールするのが重要です。

 


キミスカを選んで、企業に選ばれた

キミスカでスカウトされる

 

 

 ↓↓ツイッターもやってます!ご質問やご意見をお待ちしてます!↓↓ 

会員登録