自己PRの言い方次第で印象は変わる!効果的に伝える方法と注意点を解説

毎年、多くの就活生を悩ませている自己PR。自己PRはほとんどの企業で求められるので、面接の前には必ず練習しておく必要があります。

そこで本記事では、あなたの魅力を効果的に伝えるための自己PRの言い方を解説します。就活の面接で興味を引く方法や注意点もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

自己PRの言い方次第で伝わり方が変わる

就活の自己PRは、あなたの人柄やコミュニケーション能力、入社意欲をアピールする場です。それらを効果的に伝えるには、どのような言い方を心掛ければよいのでしょうか?

まず初めに、今以上に自己PRを魅力的に伝えるためのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

自己PRを魅力的な言い方にするための3つのポイント

あなたの自己PRをさらに魅力的にするために、3つの言い方のポイントを解説します。就活の面接に活かせるように、面接対策に取り入れてみてください。

【自己PRの魅力的な言い方】ポイント①結論から述べる

自己PRは結論から述べることを心掛けましょう。例えば「私の長所は○○です」「私の強みは○○です」などと簡潔に述べることで、あなたがアピールしたいことを人事に印象付けましょう。

反対に、結論に至るまでだらだらと話し続けてしまうと、あなたのアピールポイントが伝わらないどころか論理的に話せない人だと見なされる可能性があります。自己PRをより分かりやすく、論理的に伝えるためにも結論ファーストの言い方を心掛けましょう。

【自己PRの魅力的な言い方】ポイント②理由と具体例を述べる

結論を提示したら、次はなぜその結論に至ったのか具体的な理由を述べましょう。また、論理の飛躍がないように、あなたの人柄や思考回路が分かるエピソードを盛り込みます。

この具体的な理由は、最初に述べた長所や強みを裏付ける根拠となるため、自身が経験したことをベースに伝えます。用意した原稿をただ読み上げているように聞こえないよう、はきはきと強弱のついた言い方を練習しましょう。

【自己PRの魅力的な言い方】ポイント③仕事での活かし方を述べる

最後に、あなたの長所や強みを仕事でどう活かすのかを述べます。どれだけ高いスキルを持っていても、そのスキルを仕事に活かせないようであれば、高評価は得にくいでしょう。あなたを採用すれば企業にどのようなメリットがあるのかを伝え、入社後のあなたの姿を人事にイメージさせることがポイントです。

さらにアピール時間がある場合は、今後のキャリアプランや入社後のビジョンを述べましょう。これには企業・業界分析が不可欠なので、キャリアプランやビジョンが見えてこない就活生は、企業・業界分析からやり直した方が良いかもしれません。

就活の面接で興味を引く自己PRとは?

先ほど解説した3つのポイントは、就活の自己PRの基本中の基本です。それでは面接で他の就活生との差別化を図るには、どのような言い方を心掛ければよいのでしょうか?

ここからは、就活の面接で興味を引く自己PRの言い方を紹介します。

【自己PRの興味を引く言い方】①数字を用いて具体的に話す

自己PRの言い方で興味を引くには、数字を用いて内容に具体性を持たせることをおすすめします。数字を用いることで説得力が増し、情報が整理された印象を与えられます。

例えば、アルバイトで売上を何%上げたとか、ゼミのリーダーとして何人を率いたとか、あなたの過去の出来事を思い出してみましょう。もし何も思い当たることがないなら、自己分析をやり直してみるのもひとつの手です。

【自己PRの興味を引く言い方】②あなたらしさが伝わる話を盛り込む

他の就活生と被らないように、あなたらしさが伝わるエピソードを盛り込みましょう。たとえ長所や強みが他の就活生と被ってしまっても、自分が経験したオリジナルのエピソードまで被ることはないでしょう。

こうして「自分らしさ」を考えた時に、ステレオタイプの理想像を掲げる就活生がいます。しかし、企業はそんな作られた人物像を求めてはいません。企業分析は必要ですが、企業が求める人材を追い求めるあまり、ありきたりなエピソードにならないように注意してください。

自己PRの言い方で注意したい4つのこと

続いて、自己PRの言い方で注意したいことを4つ紹介します。後悔のない面接になるように、面接の前に目を通しておきましょう。

【自己PRの言い方】注意点①ESや履歴書に沿って話す

ESや履歴書と異なった内容を話すと、一貫性がないと判断されてしまう場合があります。面接ではいろんな面をアピールしたいところですが、あなたのアピールポイントを印象付けるためにも、ESや履歴書に沿って話すことをおすすめします。

【自己PRの言い方】注意点②さまざまな時間指定に対応できるように練習しておく

企業によっては「3分間で自己PRをしてください」というように、アピール時間を1~3分程度に指定されることがあります。その時間指定に対応できるように、1分バージョンや3分バージョンなど自己PRのエピソードをいくつか用意しておきましょう。

ちなみに、1分で話せる文字数は300文字程度だといわれているので、面接対策を行う際の目安にしてください。

【自己PRの言い方】注意点③「思います」は控える

会話の中でつい使ってしまう「私は○○だと思います」という表現は、就活の面接では控えるのが無難でしょう。なぜなら、「思います」は強調したいことを弱めてしまう可能性があるからです。

自己PRの中で「○○です」と言い切ることが難しい場合は、「考えます」を使った方が良い印象を与えられます。

【自己PRの言い方】注意点④ネガティブワードはNG

就活の面接では、「苦手」「不得手」「自信がない」といったネガティブなワードは避けましょう。しかし、企業によっては短所を聞かれる場合もあります。そうした時は、どのように答えるべきなのでしょうか?

就活の面接で短所を聞かれた場合は、克服しようと努力していることをアピールできればOKです。この言い方であれば、自分を客観視できることと、改善に向けて前向きな取り組みができていることの2点をアピールできます。

先ほどネガティブワードはNGだと解説しましたが、短所の質問への回答に限らず、自己PRの中に「苦手意識を持っていましたが、今ではできるようになりました」と入れる場合も問題ありません。苦手だったことを隠さず正直に伝えることで、誠実な印象を与えることも可能です。

自己PRの言い方で好印象をゲットしよう!

「物は言いよう」と言うように、同じ長所や強みをアピールする場合でも、言い方を変えるだけでより魅力的な自己PRになります。今回解説したポイントや注意点を参考に、自己PRの言い方を工夫して好印象をゲットしましょう!