インターンの私服はこう選べ!押さえるべきポイントとコーディネート例を解説

インターンは就活で自分の適性を知ったり、志望先を見つけたりする際にとても重要なものですが、いざ行こうとして「私服OK」の文字があると、何を着ればいいのか迷いますよね。

そこでインターンに私服で行く際の好印象を与える服装・悪い印象を与える服装を男性女性別に紹介していきます。今インターンの服装に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

企業がインターンで私服を指定する理由

企業がインターン参加時に私服を指定する理由にはどういったものがあるでしょうか?服装を準備する前に、まずは企業側の意図を理解しましょう。

【企業がインターンで私服を指定する理由】①学生の素の状態を見る為

スーツを着ると選考を意識してしまう人や、普段着ない格好の為、窮屈に感じ普段通りのパフォーマンスができない人もいます。そういった学生のチャンスをつぶさず、素の状態の学生を知るために、私服を指定している企業も多いです。

また企業によってはインターンから選考へ案内する場合もあるので、ミスマッチを減らすために素の状態を見て評価したいという考えがあります。

【企業がインターンで私服を指定する理由】②会社の雰囲気を知って欲しいから

インターン生でも同じ会社で働く一員です。私服出勤が多い企業の場合は、会社の雰囲気を体感して欲しくて、私服を指定している場合もあります。

【企業がインターンで私服を指定する理由】③学生の負担を減らすため

就活が始まると備品をそろえたり、移動したり等、金銭的な負担が増えてきます。スーツでの参加になると、クリーニング代や備品の購入で負担がかかります。

また慣れないスーツでの移動は精神的にも負担になるので、金銭的・精神的な負担を減らすために私服を指定している企業も多いようです。

インターンは本当に私服で行っていい?

参加先の企業から当日の情報が来る際、服装について記載されていることが多いです。この記載をしている理由の多くは、学生が服装で迷わないようにという配慮で書かれていますが、受け取った側からすると「本当に私服で行っていいのか」「試されているのではないか」と勘ぐってしまいますよね。

そこで事前に書かれている内容から、どう判断すべきか把握しておきましょう。

「私服可能」「私服で結構です」と書かれている場合

この場合は私服だけと指定されていない為、スーツでも私服でもどちらでもよいです。もし参加してみてスーツの学生が多くても、私服可能と書いてあれば、そこで減点されることはありません。

どうしても決められない場合は、企業のHPやインスタグラム等を見て、社員の服はどういった傾向の人が多いか見るとよいでしょう。スーツが多ければスーツに、私服が多ければ私服にすると、会社の雰囲気に合わせることが出来き、変に浮いてしまうことを防げます。

「私服でお越しください」と書かれている場合

私服を指定されている場合は、私服で行きましょう。この場合逆にスーツで行ってしまうと連絡事項読んでないのかな?と思われてしまう可能性もあります。しかし私服であればなんでもよいわけではありません。

インターンの私服は、普段着や遊びに行く際の私服とはまた別になるので、その点は意識して準備しましょう。

インターンの私服を選ぶ際のポイントは3つ!

インターンで着る私服を決める際、よく耳にするのはオフィスカジュアルという言葉だと思います。しかし急にオフィスカジュアルと言われても、何を選んだらよいのか迷いますよね。

正直に申し上げると、オフィスカジュアルに明確な基準はありません。しかし選ぶ際に押さえて頂きたいポイントが大きく3つあります。

清潔感があるか(相手に不快を与えない服装か)
仕事をする服装として適正か
派手な色・露出が多くないか

インターンでも企業の仕事現場に行くため、会社のイメージを悪くすることは避けなければいけません。会社を訪れた取引先や顧客から不信感を抱かれないように不快を与えない仕事に適した格好を意識しましょう。

インターンでおすすめの私服コーデ【男女別】

インターンに着ていく私服では清潔感を意識しましょう。見た目から得る情報は人物のイメージに大きく影響します。メラビアンの法則では人の印象を決定づける項目として、

・話の内容 7%
・声の大きさトーン 38%
・見た目 55%

と、見た目の情報がその人の印象に大きく影響していることが分かります。インターンでは服装などの印象から自社に合うかも判断材料になるので、清潔感を意識してコーディネートしましょう。

以下に男女別のコーディネートを紹介するので迷った際は参考にしてください。

【インターンでおすすめの私服コーデ】①男性

まずは男性の服装について解説します。男性のオフィスカジュアルは、スーツ程堅苦しくなく、清潔感のある格好が求められます。ジャケットやボトムスのカラーは派手過ぎず、紺・黒・グレー・茶など落ち着いた色選びをしましょう。

またジャケットやシャツは肩幅が合っていないと窮屈にみえたり、だらしなく見えるので、事前に試着してサイズが合っているのか確認してください。

URLに服装のイメージ画像があるので、どんなものを買うべきか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

インターン好印象コーデ(男性)

outer
ジャケット:黒/紺/グレーなどの色でフォーマルさを出す。肩幅に合ったものを選ぶ。
コート:黒/紺/グレー/茶色系の色にする。
tops
ポロシャツ:皺になりにくいポリエステル/ウール/ナイロンの物がおすすめ。
ニット:厚手の物よりも薄めの物の方がフォーマル。
Bottoms
チノパン:黒/茶/ベージュがおすすめ。
スラックス:黒/グレー系がおすすめ

革靴:黒/茶色系 ベルトの色と合わせるとまとまる。
黒系のスニーカー:紐は白でも黒でもよい。
ローファー:黒/茶色系。少々の金具なら問題なし。

ジャケットは夏だと着たくないと思いますが、フォーマル感をだすことに役立ちます。訪問の際は念のため持っていき、直前に羽織ることをおすすめします。

また靴について、基本的には革靴がおすすめですが、夏は通気性が悪い為群れてしまいます。夏は黒のスニーカー、もしくはローファーにすると暑さ対策もできるので、使い分けてください。

インターンの私服でNGな男性コーデ

インターンのコーディネートを考える際、下記の物は悪い印象に繋がる為避けましょう。

outer:MA-1等ナイロンのシャカシャカ系トップス
tops:よれたり皺皺のシャツ
Bottoms:ダメージジーンズ。ハーフパンツ・明るいカラーのジーンズ、サルエルパンツなどのだぼだぼのもの
靴:黄色や赤等色が派手なスニーカー、汚れが目立つ靴、サンダル

皺のついたシャツや汚れた靴からは、だらしない」「仕事もずさんそうというイメージがついてしまうので、シャツはクリーニングに出したものかアイロンをかけたものを着ましょう。

靴も一番下だからと言って気は抜けません。靴の状態から細かなところに気を配ることが出来るのかという人間性が見えるので、訪問前日は靴の状態を確認し、汚れがあれば落とし、革靴・ローファーの場合は必ず磨いておきましょう。

【インターンでおすすめの私服コーデ】①女性

女性のインターンでの私服コーデでは、清潔感と品の良さを意識しましょう。

インターン好黒印象コーデ(女性)

outer
ジャケット:黒/紺/グレー系。襟無しは柔らかい印象に、有りだときっちりした印象になる。
tops
シャツ:皺になりにくいポリエステル/ウール/ナイロンの物がおすすめ。
ブラウス:透けすぎないものを選ぶ。
ノーカラーシャツ:白/紺/グレー等
Bottoms
タイト過ぎないスカート:体のラインがあまり出ないものを選ぶ
テーパードパンツ:下着が透けないものを選ぶ。

パンプス:黒/白/グレー系 ヒールはあってもなくても良い。
黒系のスニーカー:紐は白でも黒でもよい。
ローファー:黒/茶色系。少々の金具なら問題なし。

パンプスはヒールにすべきか悩む方もいると思いますが、ヒールは合ってもなくてもどちらでもよいです。しかし5㎝以上のピンヒールや厚底の靴は、オフィスには向きません。インターンは会社への訪問、オフィス内での移動等歩くことが多いので、歩きやすさを重視した靴選びをしましょう。また靴は男性同様、汚れが無いか確認し落としておきましょう。

インターンの私服でNGな女性コーデ

私服を選ぶ際は下記のポイントを避けてコーディネートしましょう。

outer:MA-1等ナイロのシャカシャカ素材の物
tops:肩だし・部分だし・ノースリーブ
Bottoms:ミニスカート・ショートパンツ
靴:スニーカー・指先がみえる靴・5㎝以上のピンヒール・厚底の靴
小物:派手な装飾のイヤリングやネックレス

女性の私服では肌見せのものも多いですが、フォーマルな場での肌見せは下品な印象を与え、あなたの品位を落としてしまいます。肩出しやミニスカはいくらかわいくても普段着として取っておきましょう。

また、意外と盲点なのはキャミソールの色です。シャツが白の場合、色が派手なものや白色のキャミだと透けてしまいます。その場合は、オフホワイト・ライトグレー・ラベンダー系の色だと透けにくいので、透けてないか確認し、透けそうな場合は色を変えるなど対策しましょう。

インターン先がアパレル業界の場合は別

上記でインターン先の好印象コーディネートについて解説しましたが、アパレル業界の場合は別です。

アパレル業界はファッションや流行を取り扱う業界の為、私服のセンスから適性や、ブランドのカラーと合っているかを見られています。そのため、ファッション業界志望の学生は、その企業の個性やHPなどで会社の雰囲気を事前にしっかり確認してから、訪問しましょう。

インターンに私服で行く前のチェック項目

私服のコーディネートも決まったので、最後は出発前に必要なチェック項目を把握しておきましょう!

出発前のチェック項目

✔髪はぼさぼさになっていないか
✔皺やほつれが無いか
✔上着や肩にフケはついてないか
✔下着は透けていないか
✔かかとがすれていないか
✔靴は汚れていないか
✔ストッキングは破れていないか

女性のストッキングは大変破れやすいので、心配な場合はバックに予備を入れておくと安心です。またストッキングは履くと足をきれいに見せてくれますが、肌に近い色を選ぶと肌の色と合わず、浮いてしまいます。

ストッキングを選ぶ際は、自分の肌よりもすこし濃いめの物を選ぶと自然できれいな色になります。鏡で見てちょっとちがうなと思った方は試してみてください。

インターンでは私服と併せて姿勢も要チェック

私服でマイナスの印象を与えないことも重要ですが、姿勢もあなたの印象に大きく影響してきます。猫背に場合、なんだか頼りない印象を受けてしまうので、初めてインターン先に行く際は、格好のチェックに加え、猫背になっていないかを確認しましょう。

しっかり胸を貼って、頼りがいのある印象を企業に与えましょう!

インターンの私服は清潔感を意識しよう

インターンで私服を指定されると迷ってしまいまうよね。その際は清潔感仕事をする服装として適正かどうか」「派手な色・露出が多くないかを考えて、服を選びましょう。そして準備が出来たらしっかり姿勢を伸ばし、好印象を与えましょう!