就活の履歴書に使う写真は自分で撮れる!撮影時に意識したいポイントとは?

就活の履歴書やエントリーシートで必要になる証明写真を適当に撮ってしまっていませんか?実は写真は非常に重要な役割を担っているため、適当に撮ってしまうとあなたの就活に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

履歴書やエントリーシートに貼る写真がどのようにあなたの就活に影響するのか、そして証明写真を自分で撮る際のポイントを本記事では詳しく解説していきます。

履歴書の写真は一番最初に目がいく項目

写真は初めて履歴書を手にした採用担当者が、一番最初に見るポイントです。自己PRや志望動機に書いた文章と同じくらい、写真はあなたがどんな人物であるか伝えるものとなっています。

写真で合否の判断をされることはありませんが、履歴書に書いた内容と写真の雰囲気とを照らし合わせて、ある程度の印象が決まってしまうことが多いので、写真にはこだわりたいものです。

就活の履歴書で使う写真はプロに撮ってもらうべき?

写真が第一印象に大きく影響するなら「プロに撮ってもらった方がよいのではないか?」と思うかもしれません。しかし、プロに撮ってもらうとなると、当然、時間もお金もかかります。なので余裕のある人は写真館で撮ってもらうと良いですが、必ずしもそうしなければならないものではありません。なぜなら、ポイントさえ押さえてしまえば自分でもある程度良い写真を撮ることができてしまうからです。

もし「不安要素を一つでも減らしておきたい」と考える方は、写真館などでプロに撮ってもらうことをおすすめします。その際に「どこの写真館で撮ろう…」と悩んだら、選び方やおすすめのスタジオを詳しくご紹介している以下の記事を参考にしてみてください!

就活の証明写真はスタジオで撮るべき!選び方とおすすめ写真館4選

就活の履歴書で使う写真を自分で撮る時のポイント

就活用の写真を証明写真機や自分のカメラなどで撮影する際に、心がけてほしいポイントを〇つご紹介していきます。

【履歴書の証明写真を自分で撮る時のポイント】①背筋をばして座る

まず1つ目のコツは姿勢についてです。姿勢が前のめりになっていると顔が大きく写ってしまい不自然なものになりますし、猫背になっていると卑屈な印象を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

写真を撮る時は、横から見て耳と肩の位置が真っ直ぐ縦に揃っている姿勢が好ましいとされています。普段から猫背になってしまいがちな人は、肩甲骨を寄せるイメージで座ると真っすぐな姿勢が保てるので参考にしてください。

【履歴書の証明写真を自分で撮る時のポイント】②歯を見せない程度の笑顔

証明写真を撮る際は、歯を見せない程度の笑顔が基本になります。口を閉じ、両側の口角を少し上げるようなイメージで表情を作ると、丁度良い微笑み顔を作れます。

基本はこの表情で写真を撮りますが、業界や業種によっては歯を見せたほうが良い場合もあるので注意してください。例えば、マスコミ業界やエアライン業界では歯を見せた写真を求められることが多いです。同じ業界でも企業ごとに条件が変わってくるので、履歴書はしっかりと規定を確認してから提出するようにしてください。

【履歴書の証明写真を自分で撮る時のポイント】③体と目線の角度

履歴書に証明写真を貼る理由は、顔の確認をするためです。そのため、真正面からの写真でなければ意味が無いことを覚えておいてください。ただし、これもマスコミ業界やエアライン業界では別角度からの写真を求められることがあります。なので提出前にしっかりと確認をしてください。

目線は、椅子の高さが関わってきます。写真を撮る前に必ず椅子を調節し、カメラと視線が水平になるようにしてください。視線が見上げたり見下したりしていると、高圧的に見えたり自身がなさそうに見えたりするので注意が必要です。

【履歴書の証明写真を自分で撮る時のポイント】④清潔感のある髪型

証明写真を撮る際は、男女ともに“清潔感”を意識してスタイリングしてください。前髪が目にかかっていたり、寝癖が付いていたりするのは就活的にあまり良い印象を与えません。

髪型については以下の記事で男女別に詳しく解説していますので、悩んでいる方は是非読んでいただけたらと思います。

【男女別】就活の証明写真の髪型を徹底解説!髪型のポイントや注意点とは?

【履歴書の証明写真を自分で撮る時のポイント】⑤フォーマルな服装

写真を撮る際の服装は、黒か紺のスーツに白いワイシャツ・ブラウスやシンプルデザインのカットソーが基本です。個性を出したいからといって、派手なジャケットやインナーを着て撮ってしまうのはマナー違反になってしまいますので注意してください。

また、スーツのサイズも気を付けて欲しいポイントになります。首回りやジャケットの肩回りが緩いとだらしない印象を与えてしまいますので、スーツを選ぶ際はジャストサイズを意識してください。

写真を撮る時の服装については以下の記事で詳しく解説していますので、お悩みの方は是非一度目を通して見てください。

就活の証明写真の服装はスーツが基本!男女別のポイントと注意点を解説

キミスカでは自分らしい写真が評価される

履歴書やエントリーシートに貼る写真は撮る際のマナーや規律が厳しいとお伝えしてきましたが、逆求人型就活サービスであるキミスカでは人間味があふれ出ている個性的な写真のほうが企業から評価される傾向にあります。

というのも、キミスカは「ありのままの姿を企業に見てもらおう」というのをコンセプトに運営しており、キミスカを使っている企業もそういった「個性あふれる学生」を求めているからです。

もし「ありのままの自分を見てほしい」や「堅苦しい就活が苦手だ」と考えている方は、是非キミスカに登録をして就活を進めていくのをオススメします!

偽らない就活

就活の履歴書に使う写真はポイントを押さえれば自分で撮れる

少しの不安も残したくないと考える人はスタジオや写真館で撮影してもらうのが無難ですが、お金や時間がかかってしまいます。お金や時間に余裕が無い場合は、証明写真機や自分のカメラで撮影するという選択をしても問題ありません。

その場合は「姿勢」「表情」「髪型」「服装」などの基本マナーを抑えておく必要があるので、撮影する前に必ず確認するようにしてください!