就活_コロナ_対策
  • 合同説明会の禁止
  • 企業の採用取りやめ
  • 内定の取り消し
  • 面接のweb化

新型コロナウイルス(COVID-19)による 影響は就活にも現れています。なかなか外に出て企業の説明会や面接に行くのも気が引けるという心理面での課題もあるかもしれません。そんな就活生の皆さんに、COVID-19の影響下にあってもできる就活方法について解説していきます。

新型コロナで企業も学生も大変

まず知っておいたほうがいいのは、就活生の皆さんもそうですが企業側も今とても大変です。景気は過去最大の下落幅となっていて、「採用どころじゃない」という状態になってしまった企業も珍しくありません。さらに、都内の企業では特にテレワーク/リモート勤務の拡大が進んでいます。そんな中で、企業の採用活動はフローの変更を余儀なくされています。

そういった状況下で苦しい思いをしているのは就活生も企業も同じです。就活生の皆さんに必要なのは新型コロナウイルスによってダメージを受けた就職活動に嘆いたり、対応が二転三転する企業について不満を抱くことではありません。この状況を踏まえて、自分がどううまく適応していくか考えることです。

新型コロナの中できることをしよう

先述の通り、企業はできる限り環境に適用しようとしています。同様に、就活生の皆さんも新型コロナの中変わりゆく状況に柔軟に対応し、環境に適用していくことが重要です。企業の採用後ろ倒しや採用枠の縮小、さらには企業の採用活動のストップなど、自分ではどうしようもない部分での弊害は多くあります。しかし、だからこそ自分ができることとできないことを切り分けて、できることに集中する必要があります。まずは、できることとできないことを整理してみましょう。

家

新型コロナの影響でできなくなった就活手法

まず、新型コロナの影響でできなくなってしまった(あるいは難しくなった)就活の形態を整理していきましょう。

【できない就活手法1】合同説明会に参加する

合同説明会とは、多数の企業が一つの会場に集ってそれぞれ説明会を実施するイベントのことです。学生にとっては、1日に多くの企業を知ることができ、また選考の機会を得られることから就活において最も重要なイベントの一つとされていました。

しかし、新型コロナの影響で「3つの密」に当てはまる大型イベントの開催は自粛する必要があることから、少なくとも大規模なものは開催されません。就活イベントはこの先も開催されても小規模なものになってくるかと思われるので、イベントはあったらいいな程度に、イベントに頼らない方法での就活を検討する必要があるでしょう。

【できない就活手法2】対面での面接を重ねる

新型コロナの影響で、まだまだなくなったわけでは有りませんが対面で直接面接する企業が減っています。リモートワークの企業も増え、それによって企業の面接が徐々にweb化してきています。「zoom」「meet in」などといったビデオ通話のできるツールを用いたweb面接ももはや珍しいものでは有りません。よくも悪くも直接対面して行う面接とは感覚は異なってきてしまうので、別軸で慣れていたほうがいいかもしれません。

新型コロナの影響下でもできる就活手法

では反対に、新型コロナの影響下でもできる就活対策について考えていきましょう。

【できる就活手法1】web面接の環境を整える

web面接対策として、wi-fi回線のスピードを見直してみるといいかもしれません。自分のインターネット速度が遅いと、円滑にweb面接が進まず互いにストレスになってしまいます。本来であれば採用されるレベルだったとしても、そのストレスの印象が悪い結果をもたらしてしまう可能性はあります。

以下のリンクから接続回線のテストができます。自分がweb面接をするのに適していない速度だった場合、ルーターの買い替えを検討してもいいかもしれません。

『SPEED TEST』

speedtest

通信速度目安

DOWNLOAD: 50Mbps以上
UPLOAD: 30Mbps以上

上記の速度があれば、基本的には快適にweb面接ができると思っていいでしょう。それぞれの数値に対して10Mbps低い程度だった場合でも、多少のラグはありますが問題なく通信を行うことはできます。しかし大幅に下回るようであれば、やはりルーターを高速なものに買い替えてみましょう。

【できる就活手法2】家でできる就活を進める

就活のスケジュールが後ろ倒しになっているとはいえ、すでに就活は解禁・開始されています。コロナを理由に行動を送れさせていると、知らない間に厳しい状況になっている可能性は大いにあります。今ではいろいろな場所に出向いて就活するということが難しくなっています。だからこそ、家でできる就活について考えていきましょう。

これまでで、コロナはもちろん就活ルール見直しの動きなどもあって採用の形は変わってきています。そのうちの一つが「スカウトサイト」を活用したものです。「企業がテレワーク/リモート勤務の拡大とともに採用活動のフロー変更を行っている」という話を先ほどしましたが、その一環として「スカウトサイト」への移行が行われています。

「スカウトサイト」とは、就活生がプロフィールをweb上に公開し、それを閲覧した企業が就活生に直接スカウトを送るサイトのことです。『キミスカ』はその代表的なサイトの一つです。キミスカに自分のプロフィールを登録しておくことで、家にいながらも企業とのつながりを増やすことができます。
偽らない就活

キミスカでは、自己PRの入力を行っている学生は平均して6通ほどの特別なスカウトを受信しています。 世の中こそコロナ真っ只中ですが、企業も学生もオンライン上でつながることはできます。「スカウトサイト」の代表的なサービスである『キミスカ』に自己PRを入力し、ありのままの自分で家からも就職活動を進めましょう。

21卒としてプロフィールを登録する 22卒としてプロフィールを登録する

コロナ世代の就活についてまとめ

新型コロナの影響で経済へのダメージは非常に大きく、それは就活にも大きな変化をもたらしています。企業側はもちろんのこと、就活生側も状況に合わせて適応していく必要があります。スカウトサイトの活用など、家からでもできる就活のやり方は多くあります。変化していく状況の中で自分なりに考え、「例年通り」や「普通はこう」にとらわれない柔軟な就活を進めていただければと思います。

21卒としてプロフィールを登録する 22卒としてプロフィールを登録する