キミスカの使い方

キミスカはプロフィールが大事すぎる!魅力的なプロフィールの作り方。

profile
『キミスカ』はプロフィールが一番大切です。

他の就活サイトなら企業に向けて自らエントリーすることで差別化できますが、キミスカではスカウトをもらわない限り、メッセージは送れません。

企業の採用担当者から「良さそうな人じゃん」と思われなければ、スカウトをもらえず、何も始まりません…!

なので、プロフィールはじっくりじっくりと時間をかけて完成させ、その後も時々更新するようにしましょう。

より良いプロフィール作りをしていれば、徐々にスカウトをもらえるようになります!


【目次】
1 まずはプロフィール入力率100%を目指していく。
2写真編集
3 基本プロフィール
4最も大事!「詳細プロフィール」     
5会社選びの軸
6選考状況               
7何度も書き直して!


1まずはプロフィール入力率100%を目指していく。

早速プロフィール作りをしていきましょう。

キミスカの画面で左上の自分の写真の下に現在のプロフィール入力率が表示されています。

登録したてだと15%くらいかと思いますので、まずはこれを100%にしましょう。

順番にみていきましょう。

2写真編集

プロフィール編集の「写真編集」からトップ写真も登録しておくといいでしょう。

企業によっては、写真を登録している人しかスカウトしない企業もありますので、スカウト受信数やマッチング率が上がります。

理由は、信頼度がアップするからです。

証明写真でも、通常の私服の写真でも、単純に載せている方が、より身近に感じられるようになります。

他の就活サイトが証明写真なら、キミスカは普段のあなたがより伝わる写真がいいかもしれませんね。

バイオリンカメラ

3基本プロフィール

希望業種:幅広く業種をチェックしておくことで、企業からのスカウト件数はアップします。

ただ、やみくもに多くチェックしすぎると、希望とは全然違う企業からのスカウトを受け取ってしまうことにつながりますので、

あまり見栄を張り過ぎない方がいいです。

→ 【キミスカ攻略】:一番興味が大きいところを中心に3~5つ選択するのがおすすめ。

希望職種:こちらも上記同様、幅広くチェックしておくほうが良いですが、本当に自分が働くとイメージの持てるものを選択するようにしましょう。

4詳細プロフィール

自己PR:★ここ重要です★タイトルと本文を分けて登録することが可能です。

採用担当は、まず自己PRを見てスカウトをするかしないかを決めているといっても過言ではありません。

本文の文章量としておすすめは300文字~400文字。

これは、履歴書に記入して提出する分量と同じくらいです。

自己PRの作り方に困ったら→

コンサルタントに相談する!!(遠方の方はメール、skypeでのご対応も可能です)

取得資格:これまでに取得した資格で、ご自身をアピールできる資格をご登録ください。こちらに関しては特に必須事項ではありません。

TOEIC:直近で受験経験がある方は、登録しておくことをお勧めします。とくに、海外に向けて仕事をしたい方は
大学卒業レベルでスコア750を基準に判断されますので、日々の勉強の手も緩めることなく、頑張っていきましょう!

学生時代に力を入れた事★ここ重要です★:大学のゼミ、アルバイト、留学、部活、学外活動、、etc
あなたの学生時代を振り返って力を入れて取り組んだことを記入していきましょう。

その際、状況描写だけでなく、どんな目標をもって取り組んだのか、どんな工夫を取り入れたのか、結果としてどんな実績が得られたのか、をわかりやすく伝えられるとGoodです。

所属している学生団体・部活:学生団体の名前と、具体的にどんなことを行っている団体なのかを記載すると良いかもしれません。

開発経験がある場合:記載しておくと、よりマッチ度の高い企業のスカウトを受け取ることができます。

趣味:話題のために2,3個書いておいて下さい。単語で、「ドライブ」「読書」「バスケ」みたいに書いておけばOKです。

5会社選びの軸

業界、職種ではなく、社風やそれ以外の仕事選びの軸としてあなたが重要視しているポイントを登録しましょう。

このことで、企業とのマッチング率が飛躍的に向上します!!

6選考状況の登録

現在受けている会社の進捗状況を登録しましょう。

名前は知らなかったけれども、近しい企業からスカウトが来るかも・・・!

7何度も書き直して!

がんばろう!

何度もいいますが、キミスカでは本当にプロフィールが全てと言っても過言ではないくらいです。

後々メッセージのやりとりで多少ミスっても、プロフィールがしっかりしていれば採用担当者はお会いしてみようと、プラスに捉えようとしてくれます。

逆に悪ければ、そもそも企業からスカウトを受け取れない可能性が高いです。

時々読み返して自分の伝えたいことが伝わっているプロフィールになっているか確認しましょう。

記事を読んでいただきまして、ありがとうございます。

わからないことなどお気軽にこちらからご連絡下さい。

 

会員登録