キミスカ就活研究室

Archive List for 逆質問

【例文】こんな逆質問は逆効果!?面接の逆質問NG集

面接の最後に必ず聞かれるいわゆる逆質問。その時あなたがなにげなくしてしまった質問、もしかしたら悪手かもしれません。避けた方がいい質問のNG例を確認していきましょう。 逆質問NG例 そもそも質問がない 質問がないという場合には大きく分けて3パターンあります。 ①や②のような理由は、企業にとってあまり。企業は基本的に入社意欲が高く、自ら情報を得て思考できるような学生を求めているからです。 また、なかなかない例ではあると思いますが、③の場合はこの主張をするに足る企業への深い理解と、アツい志望動機が伝わっていることが必要です。 明らかに準備不足 面接にあたって会社について説明会で話した内容や、HPや採用ページに書いてあるような事を把握していないのはナンセンスです。そういった基本的な企業情報や募集条件を質問してしまうと、明らかな準備不足を露呈してしまい入社意欲の低い学生に見られてしまうので避けましょう。 もちろん、それらについての深い部分について掘り下げる分には問題ないので、気になったら積極的に聞いていきましょう。 自信がなさそう 就活を行っていくうえで、入社について考えれば考えるほど自信がもてないのはおかしなことではありません。しかし、その中でも企業はいかに活躍してくれそうな人材を採用できるか躍起になっています。 就活とは営業に似ていて、企業に自分という商品を以下に売れるかという考えることができます。商品を売るときに、自信なく売り込むことが営業において有効な手であることは少ないでしょう。多少の懸念点があっても、「その上で役に立ちます!」とことが多いものです。 例えばスキルを要する仕事に未経験で乗り込むことが不安であるなら、 といったように、前向きな聞き方をするだけで、自身と熱意を同時に伝えることができます。 具体性があまりにも欠けている 会社を選ぶ軸で将来性は非常に大切なことですし、ほかにも「社内の雰囲気」等ざっくりと入社するうえで気になることがあると思います。しかし、単刀直入に「将来性」「雰囲気」ときいたところで、答える側にとってその質問はことがよくあります。 例えば 等のように、聞きたい抽象的な情報をような工夫をしたうえで質問を行いましょう。 あまりにもテンプレな質問 あなたが実際に働くことをイメージしやすくする質問であり、実際気になるという学生も多くいると思います。しかし、人事は。面接官もある意味答えやすい質問かもしれませんが、ありきたりな質問なので、好印象を与えるという目的があればそれは実現できませんし、人事に恐れだってあります。こちらもできるだけ避けて別の質問を、もしくは聞き方を工夫するようにこころがけましょう。 逆質問でも人事は見ている! 逆質問の場は、一見企業側の好意で設けてくれているようにも見えますが、 志望度 質問というのはある一定以上の関心を持っていないとなかなかできないものです。関心がないのに無理やり質問しようとすると、前述のように準備不足が露呈するような質問になってしまいます。 繰り返しにはなりますが、企業は採用においてしています。それを踏まえて、を心がけましょう。 思考力 また、質問を行う上での観点や、聞きたいことを的確に尋ねる能力といった観点からされています。ココで悪印象をもたれないため、上記のNG例のような質問をしてしまわないよう注意することが非常に重要です。 まとめ 逆質問というこちらが質問するだけの場でも、結論を言えば評価される対象になっているためこの記事のようなNGな質問をしてしまわないよう十分に注意してください。逆質問に限らず、です。過敏になりすぎても逆効果ではありますが、常に人事の目線を意識しながら一挙一動を意識していきましょう。 質問することが思いつかないあなたのために 【例文】逆質問が思いつかない人のための逆質問例文集 『 #キミスカ 』はいま話題の逆求人型就活サービスです‼️ 学生の皆さんが自身のプロフィールや就活の進捗を登録→それを見た企業の採用担当者からスカウトメッセージが届く→説明会や面接へGO😉 ▼詳しい内容はこちら▼https://t.co/1iA5yBDkng pic.twitter.com/lQMEjfOrbv — キミスカ 逆求人型就活サービス【公式】 (@Kimisuka1) 2018年3月1日

逆質問が逆効果になるNGな面接の逆質問【例文】

面接の最後に必ず聞かれるいわゆる逆質問。その時あなたがなにげなくしてしまった質問、もしかしたら悪手かもしれません。避けた方がいい質問のNG例を確認していきましょう。 逆質問NG例 そもそも質問がない 質問がないという場合には大きく分けて3パターンあります。 ①や②のような理由は、企業にとってあまり。企業は基本的に入社意欲が高く、自ら情報を得て思考できるような学生を求めているからです。 また、なかなかない例ではあると思いますが、③の場合はこの主張をするに足る企業への深い理解と、アツい志望動機が伝わっていることが必要です。 NG①逆質問が明らかに準備不足 面接にあたって会社について説明会で話した内容や、HPや採用ページに書いてあるような事を把握していないのはナンセンスです。そういった基本的な企業情報や募集条件を質問してしまうと、明らかな準備不足を露呈してしまい入社意欲の低い学生に見られてしまうので避けましょう。 もちろん、それらについての深い部分について掘り下げる分には問題ないので、気になったら積極的に聞いていきましょう。 NG②逆質問で自信がなさそう 就活を行っていくうえで、入社について考えれば考えるほど自信がもてないのはおかしなことではありません。しかし、その中でも企業はいかに活躍してくれそうな人材を採用できるか躍起になっています。 就活とは営業に似ていて、企業に自分という商品を以下に売れるかという考えることができます。商品を売るときに、自信なく売り込むことが営業において有効な手であることは少ないでしょう。多少の懸念点があっても、「その上で役に立ちます!」とことが多いものです。 例えばスキルを要する仕事に未経験で乗り込むことが不安であるなら、 といったように、前向きな聞き方をするだけで、自身と熱意を同時に伝えることができます。 NG③逆質問の具体性があまりにも欠けている 会社を選ぶ軸で将来性は非常に大切なことですし、ほかにも「社内の雰囲気」等ざっくりと入社するうえで気になることがあると思います。しかし、単刀直入に「将来性」「雰囲気」ときいたところで、答える側にとってその質問はことがよくあります。 例えば 等のように、聞きたい抽象的な情報をような工夫をしたうえで質問を行いましょう。 NG④あまりにもテンプレな逆質問 あなたが実際に働くことをイメージしやすくする質問であり、実際気になるという学生も多くいると思います。しかし、人事は。面接官もある意味答えやすい質問かもしれませんが、ありきたりな質問なので、好印象を与えるという目的があればそれは実現できませんし、人事に恐れだってあります。こちらもできるだけ避けて別の質問を、もしくは聞き方を工夫するようにこころがけましょう。 逆質問でも人事は見ている! 逆質問の場は、一見企業側の好意で設けてくれているようにも見えますが、 逆質問から見ている①「志望度」 質問というのはある一定以上の関心を持っていないとなかなかできないものです。関心がないのに無理やり質問しようとすると、前述のように準備不足が露呈するような質問になってしまいます。 繰り返しにはなりますが、企業は採用においてしています。それを踏まえて、を心がけましょう。 逆質問から見ている②「思考力」 また、質問を行う上での観点や、聞きたいことを的確に尋ねる能力といった観点からされています。ココで悪印象をもたれないため、上記のNG例のような質問をしてしまわないよう注意することが非常に重要です。 NGな逆質問まとめ 逆質問というこちらが質問するだけの場でも、結論を言えば評価される対象になっているためこの記事のようなNGな質問をしてしまわないよう十分に注意してください。逆質問に限らず、です。過敏になりすぎても逆効果ではありますが、常に人事の目線を意識しながら一挙一動を意識していきましょう。 質問することが思いつかないあなたのために 【例文】逆質問が思いつかない人のための逆質問例文集 『 #キミスカ 』はいま話題の逆求人型就活サービスです‼️ 学生の皆さんが自身のプロフィールや就活の進捗を登録→それを見た企業の採用担当者からスカウトメッセージが届く→説明会や面接へGO😉 ▼詳しい内容はこちら▼https://t.co/1iA5yBDkng pic.twitter.com/lQMEjfOrbv — キミスカ 逆求人型就活サービス【公式】 (@Kimisuka1) 2018年3月1日

【面接】逆質問が思いつかない人のための質問例

「最後に何か質問はありますか?」 面接の最後にほとんど必ず聞かれる、いわゆる逆質問。何か聞かなくてはいけないと考えても、思うように質問が出てこないことがあります。この記事では、そんなあなたのための、逆質問例を取り上げていきますので是非参考にしてください。 逆質問はアピールしたいことからも考えられる! 逆質問とは、こちらから人事に対して自由に質問をぶつけられる時間です。これは別の見方をすると、人事に質問されて、それに答えるだけだった面接の中で唯一自由に自分が話の主導権を握ることのできる時間とも言えます。 せっかくの機会ですので、できるだけ好印象を与えたいところです。好印象につながる質問と言っても結局はその人事によるところが大きいのですが、一般的に好印象につながりやすい質問例を以下に取り上げましたので参考にしてください。 【逆質問例】入社意欲をアピール やる気をアピールする際に大事なのは、ができているかにあります。 等に関する質問を行うことで、人事は 【逆質問例】人間的魅力をアピール 自分がどういう性格なのかということを踏まえて、やりたいことが可能かと質問することで人事に人間的魅力をアピールできます。ただし、その魅力が会社のニーズに合致していないと逆効果になることもあるのでです。 【逆質問例】人事の主観にまつわる話を聞く 人事は、就活においては会社の顔です。それ故、基本的に会社としての意見を述べています。しかし、せっかく目の前に内部の人間がいるのに、その目線からの意見を取り入れないのはもったいないものです。また、やはり人事とはいえ人間ですから、そういったものです。貴重な情報も得ることができて話も盛り上がるのですから、自分にも益になり、かつ好印象を得やすい質問といえるでしょう。 逆質問でも人事は見ている! 逆質問の場は、一見企業側の好意で設けてくれているようにも見えますが、 「こんな場でも評価されているのか」と嫌気がさすかもしれませんが、これは考えてみると非常に大きな好機であることがわかります。通常、面接では質問されたことに対して回答していく形ですが、逆質問の場では唯一自分が自由に話題も決めることができ、会話のコントロール権を得ることができる場でもあるのです。 以下を参考にし、逆質問の場で人事は何を見ようとしているかを把握したうえで、効果的に自分をアピールしていきましょう。 志望度 質問というのはある一定以上の関心を持っていないとなかなかできないものです。関心がないのに無理やり質問しようとすると、前述のように準備不足が露呈するような質問になってしまいます。 繰り返しにはなりますが、企業は採用においてしています。それを踏まえて、を心がけましょう。 思考力 また、質問を行う上での観点や、聞きたいことを的確に尋ねる能力といった観点からされています。ココで悪印象をもたれないため、上記のNG例のような質問をしてしまわないよう注意することが非常に重要です。 まとめ 人事が見ようといている「志望度」と「思考力」について理解すると、挙げたような例がなぜ有効なのか改めて理解できると思います。 上記以外にも無数にアプローチはありますので、逆質問を攻略していきましょう。 こんな質問はNG アプローチは無数にあるとはいえ、悪印象につながる危険な質問もあります。以下の記事ではそんなNGな質問例を取り上げています。不安がある方は、ぜひ一度ご覧ください。 【例文】こんな逆質問は逆効果!?面接の逆質問NG集 『 #キミスカ 』はいま話題の逆求人型就活サービスです‼️ 学生の皆さんが自身のプロフィールや就活の進捗を登録→それを見た企業の採用担当者からスカウトメッセージが届く→説明会や面接へGO😉 ▼詳しい内容はこちら▼https://t.co/1iA5yBDkng pic.twitter.com/lQMEjfOrbv — キミスカ 逆求人型就活サービス【公式】 (@Kimisuka1) 2018年3月1日