レディース就活スーツを選ぶ時のポイント7選!注目したい機能や注意点を徹底解説

就活の必須アイテムであるスーツは、選ぶのに一苦労しますよね。とくに女性は、スカートかパンツのどちらを選ぶべきか悩む就活生も多いものです。

そこで本記事では、レディース就活スーツの選び方や注意点を解説します。あなたにぴったりのスーツを選び、人事に好印象を与えましょう!

レディース就活スーツは印象を左右する重要なアイテム

一印象が重要になる就活では、就活生の身だしなみから入社意欲の高さを図る人事もいます。それほど身だしなみが与える印象は大きいので、ES対策や面接対策と同じくらい身だしなみにはこだわりたいですね。

特に女性の就活生は、スカートスーツかパンツスーツか、レギュラーカラーシャツかスキッパーカラーシャツかによって印象ががらりと変わります。レディース用のリクルートスーツを選ぶ際は、与えたい印象によってスーツのタイプを選びましょう。

レディース就活スーツを選ぶポイント7つ

それでは、レディース用の就活スーツを選ぶポイントを解説します。大事なポイントを7つに分けてまとめたので、レディース就活スーツ選びの参考にしてくださいね!

【レディース就活スーツを選ぶポイント】①色

レディース就活スーツの色は、黒・紺・グレーの3色が主流です。明るいグレーやベージュなどのスーツも販売されていますが、就活には不向きなので避けるのが無難でしょう。

【レディース就活スーツを選ぶポイント】②ジャケット

レディース就活スーツのジャケットは、2つボタンタイプが基本となります。ジャケットのボタンはすべて留めましょう。

ジャケットのサイズに関しては、以下のポイントを参考にしてください。

ジャケットの部位 サイズの目安
肩幅 ジャケットの肩幅と、自分の肩幅がぴったりフィットすること
胸囲 ボタンをすべて留めても、少し余裕があること
胴回り ボタンを留めたときに、ウエストが適度にシェイプされること
着丈 ジャケットの裾がヒップの1番高い部分にかかる程度
袖丈 手首が隠れる程度

【レディース就活スーツを選ぶポイント】③素材

レディース就活スーツの素材は、ウールやポリエステルなどが一般的です。

ポリエステル素材のスーツは軽くて丈夫ではありますが、テカリが出る場合があります。それに対してウール素材のスーツは、テカリやシワは出にくいものの、へたりやすくて価格が高いというデメリットがあります。

【レディース就活スーツを選ぶポイント】④柄

レディース就活スーツは、なるべく柄のない無地のデザインを選びましょう。ストライプやチェックは就活向きではないので、避けるのが無難です。

【レディース就活スーツを選ぶポイント】⑤ブラウス

ブラウスは、無地で白のレギュラーカラーシャツまたはスキッパーカラーシャツを選びましょう。定番は第一ボタンまで留められるレギュラーカラーシャツですが、首元が大きく開いたスキッパーカラーシャツも人気があります。

レギュラーカラーシャツは清楚な印象を与え、スキッパーカラーシャツは活発な印象を与えます。レギュラーカラーシャツは金融系や公務員などの真面目さ堅実さを必要とする業界に向いており、スキッパーカラーシャツは美容業界やエアライン業界、広告業界など華やかさが求められる業界向きといえるでしょう。

【レディース就活スーツを選ぶポイント】⑥ボトムス

ボトムスは職種や与えたい印象に合わせて、スカートタイプかパンツタイプから選びましょう。事務職や金融業界を志望している就活生や、女性らしさやフレッシュ感を出したい就活生には定番ともいえるスカートをおすすめします。対して、ベンチャー企業や広告業界、営業職を志望している就活生や、活動的なイメージを出したい就活生にはパンツが最適でしょう。

スカート丈とパンツ丈の目安は、以下を参考にしてください。

ボトムスの種類 サイズの目安
スカート丈 立ったときに膝が半分ほど隠れて、座ったときに膝上5cm以内の長さが目安
パンツ丈 パンプスのヒールにかかる程度の長さが目安

スカートかパンツのどちらを購入すべきか困っている就活生は、ジャケット+スカート+パンツの3点セットがおすすめです。

【レディース就活スーツを選ぶポイント】⑦ベルト

パンツタイプのスーツを選んだ場合は、ベルトをつけた方がきちんとした印象を与えられます。デザインはシンプルに黒で無地、素材はレザータイプがおすすめです。太さはベルトループに合わせて、2cm程度の細めのものを選びましょう。

バックルの色は控えめなシルバーが定番であり、形は四角型もしくは丸みのあるラウンドタイプがおすすめです。ただし、パンツによってはベルトループがない場合もあるので、ベルトを購入する前にベルトループの有無を確認しましょう。

レディース就活スーツを選ぶときに注目したい5つの機能

続いて、レディース就活スーツを選ぶ際に注目すべき機能を紹介します。求める機能が備わったスーツを選び、快適な就活ライフを過ごしましょう。

【レディース就活スーツの機能】①ストレッチ機能

移動が多い就活中には、ストレッチ機能が備わったスーツが活躍します。スーツは窮屈なイメージがあるかもしれませんが、ストレッチの効いたスーツは動きやすく、快適な着心地が特徴的です。

【レディース就活スーツの機能】②ウォッシャブル(洗濯)機能

ウォッシャブル機能が備わっているスーツなら、家庭用の洗濯機で丸洗いできます。クリーニングに出すと返却まで待たなければいけませんが、ウォッシャブル機能つきのスーツならその日のうちに汚れや汗を落とせるので、説明会や面接が続いても安心です。

【レディース就活スーツの機能】③防シワ(形状安定)機能

立ったり座ったりを繰り返す面接では、スーツにシワができてしまいます。シワがついたスーツはだらしない印象を与えてしまうので、できれば防シワ(形状安定)機能が備わった就活スーツを選びましょう。防シワ機能があってもシワができることもあるので、面接の前にチェックし、気になる箇所にはアイロンがけをしましょう。ただし、素材ごとに適した温度があるため、アイロンがけの際は注意が必要です。

【レディース就活スーツの機能】④消臭・防臭機能

とくに夏の就活は、汗をかくので臭いが気になりますよね。そこでおすすめなのが消臭・防臭機能つきのスーツです。不快感を与える嫌な臭いを防ぎ、清潔感を演出しましょう。

【レディース就活スーツの機能】⑤オールシーズン対応

就活生なら1着は用意しておきたいのが、季節問わず着用できるオールシーズン対応のリクルートスーツです。スーツには春夏用や秋冬用がありますが、オールシーズン対応なら季節によって買い替えずに済むので経済的です。

レディース就活スーツを選ぶ際の注意点

最後に、レディース就活スーツを選ぶ際の注意点を解説します。人事に好印象を与えるために、事前に目を通しておきましょう。

【レディース就活スーツの注意点】①サイズの合っていないスーツはNG

レディース就活スーツを購入する際は、できれば試着をしましょう。なぜなら、体型に合っていないスーツは窮屈な印象を与えたり、だらしなく見えたりするためです。

ネット通販を利用する場合は、サイズ交換や返品が可能なショップを選びたいですね。

【レディース就活スーツの注意点】②ミニ丈・長すぎるスカートはNG

スカートタイプのスーツを選ぶ場合は、立った状態だけでなく、椅子に座った状態でも丈を確認しましょう。ミニ丈はもちろん、長すぎるスカート丈も印象が悪くなってしまいます。

あなたにぴったりのレディース就活スーツで好印象を!

就活用のスーツの中でも、レディース向けの選び方や注意点を解説しました。レディース用の就活スーツは、与えたい印象や志望する業界・職種に合わせてタイプを選べば、効果的に選考を進められるかもしれません。ボトムスをなかなか決められない場合は、ジャケット+スカート+パンツの3点セットがおすすめです。

今回の記事を参考に、あなたに合った一着を見つけてみてください。