キミスカで企業からスカウトされる

「就活はルールを守らないと企業に評価されない」

そう思ってませんか?

ルールの通り黒いスーツを着て、
ルールの通りマナーを勉強して
ルールの通り自己PRを考えて

いつの間にか”よくいる就活生”になってしまってませんか?

企業にとっても、”よくいる就活生”は評価しづらい

実は、企業に見せる画像は証明写真」じゃなくてもいいし、

面接にリクルートスーツ以外で行く」のも大丈夫です。(もちろん企業にもよりますが)

それどころか、素直にありのままの自分について話せたほうが好感度が高かったりします。なぜなら、企業は「あなたがどんな人間なのか」が見たいからです。

しかし”よくいる就活生”になってしまうと、「自分がどんな人間なのか」を伝えることができません。

とはいえ、大事な面接で失敗はしたくない。いきなり”自分らしく就活しよう”なんて言われても難しいですよね。

ありのままの自分を企業に伝えるには?

そもそも、他人に自分がどんな人間なのか話すのは、簡単ではありません。

そんなわたしたちのために、「偽らない就活」ができる就活サービス『キミスカ』が存在します。

簡単に一般的な就活との違いを比較してみましょう。

一般的な就活
  • リクルートスーツで就活
  • 履歴書やエントリーシートでは証明写真
  • 自分から企業にアプローチ
  • 企業の求める人物像に合わせて自己PRを作成
『キミスカ』での就活
  • 自分らしい服装で就活
  • 普段の自分らしい写真を登録
  • 企業が自分にアプローチ
  • 自分らしいプロフィールをひとつ作成。それを見た企業からスカウトがくる

このように、誰でも自分らしく「偽らない就活」ができるサービスになっています。(YouTubeでも紹介されてますね)

本当に企業からスカウトされるのか【やってみた】

そんなわけで、「ありのままの自分」をプロフィール登録するだけで企業からスカウトされる『キミスカ』

本当にスカウトされるのか、架空の就活生「吉田」を使って試してみました。

吉田の写真は爽やかスマイル

キミスカのプロフィール

プロフィールができてないと当然スカウトが来ないので、まず最初にプロフィールを作成しました。

写真は証明写真のような堅いものではなく、あえて爽やかスマイル。

吉田から溢れ出るありのままのフレッシュ感をよく表現できている一枚です。

眩しいなあ吉田は!

 

以下の証明写真と比べると、やはり爽やかスマイルのほうが吉田の人間性が伝わるような気がしますね。

吉田の証明写真いい感じに”ありのまま”な写真が用意できました。スカウトされるかなあ。

スカウトされるといいなあ。

期待に胸が高鳴るままに、この勢いで自己PRも登録しちゃいましょう。

吉田の自己PRはバイト経験

バイトリーダー?留学?ゼミ?そんな高尚な経験は吉田にはありません。

吉田はただの真面目なアルバイターです。ただ、お酒の情報をパワポでまとめてGoogleDriveに上げただけです。そんな普遍的な吉田の経験も誰かに響くことがあるはず。

吉田の自己PRを作るのに心がけたのは以下の3ポイント

吉田の自己PR作成で心がけたこと
  • どんな課題があって
  • どうアクションしたのか
  • 「なぜ」その行動を起こそうと考えたのか

この3ポイントを心がけて自己PRを作ると、吉田の普遍的な行動から「人柄」や「思考回路」が見えてきます。とても素直な子なのでしょうね。

 

キミスカ所属サークル

ちなみに所属サークルは「学生団体トマト・エッグ」。
何をしている団体なのかよくわかりませんが、多分朝食を食べるなどしているのでしょう。

フレンチレストランの経験に結びついている気がしないでもありません。

無料の自己分析ツール『適性検査』を受検してみた

ついでなので、150問の質問に答えるだけで自分の能力や適職を診断できる『適性検査』も受験してみました。

この結果をもとに企業からスカウトが来ることもあり、俄然気合が入りました。

全ての質問に「吉田だったらどう答えるかな」と真剣に悩んで回答したので、結果を部分的に紹介しますね!

適性検査結果

絵に書いたような平凡さでした。

あ〜〜なんかすごく吉田っぽいですね。私の思い描く吉田像はまさにこんな感じです。

適性検査結果2

戦闘力はやや低く、職務の特性に関しては好き嫌いがはっきり分かれそうです。

フットワークは軽そうですね。

キミスカに登録したプロフィールまとめ

わかりやすいように吉田のプロフィールをまとめてみました。

吉田の最強プロフィール
  • 笑顔が素敵
  • フレンチレストランでバイトしていた。
  • 学生団体トマト・エッグに所属。
  • 性格は平凡で、フットワークは軽い

・・・スカウト来るのかこれ??

吉田は本当にこれといった強みが見られません。

就活は「バイトリーダー」や「ボランティア経験者」が大量に集まる”異種格闘技”だと言うのに大丈夫なのでしょうか?

さながらハンター試験に紛れ込んだトンパさんのようです。

トンパさん出典:HUNTER×HUNTER2 冨樫義博

不安がないといえば嘘にはなりますが、吉田はこういう人間なので今更どうしようもありません。

学生団体トマト・エッグでの経験がバングラディッシュへの留学経験に変わることはないし、フレンチレストランでのバイトリーダーは吉田ではなく「6つ年上の原田さん」でした。

もうありのままの吉田で勝負するしかないのです。

あとは、本当にスカウトされるのか、1ヶ月待ってみたいと思います。さて、どれだけスカウトを受け取ることができるでしょうか?

さあいけ!吉田!



1ヶ月で企業から大量のスカウトを獲得!

さて、吉田のプロフィールを登録してだいたい1ヶ月が経ちました。果たしてスカウトは受け取れているのでしょうか。

早速『キミスカ』にログイン。スカウトの受信状況を確かめてみました。

キミスカメッセージ一覧
めちゃめちゃスカウトされてる!!!!!

なぜかすっごいスカウトされてしまいました。「学生団体トマト・エッグ」ってそんなに魅力的なのでしょうか???

そりゃ3スカウトくらいは受け取れると思ってはいたのですが、この数は完全に想定外です。そもそもコロナ渦で採用ってあまり動いてないものだと思ってました。

一体何が起きているのでしょうか・・・一応スカウトの結果をまとめてみました。

1ヶ月のスカウト受信結果
  • プラチナスカウト8通
  • 本気スカウト11通
  • 気になるスカウト30通

※プラチナスカウトは月30通
本気スカウトは月100通のみしか送れない”すごいスカウト”

1ヶ月でこれだけのスカウトをもらえるとは・・・恐るべし吉田。

『キミスカ』の分析機能で、プロフィールが見られた時期も確認してみましょう。

2〜3回ほど明らかに注目度が爆増している日がありますね。

思い返してみると、この日はちょうどログインした日付近になっていることがわかりました。

ログインすることでも企業からの注目度が増えるんですね。もっと頻繁にログインしていたら更にスカウトが増えていたかもしれません。

また、当然ですが年末は企業も沈黙していますね。

企業から受け取ったスカウトを一部紹介

しかし、吉田のどこがそんなに良かったのか気になります。試しに企業から実際に受け取ったスカウトを覗いてみました。公開できない内容もあるので、一部分のみにはなりますがご了承ください。

スカウト内容



めちゃめちゃプロフィール読んでくれてる!!

全然自分のことじゃないのに、これまでの人生を全肯定されたような気がして泣いてしまいました。

これは嬉しい。自己肯定感が上がります。自信を失いがちな就活中には大きな心の支えになるかもしれませんね。

自分が大した経験じゃないと思っていることでも、見る人によっては輝いていたりするもの。

こうして自分のありのままの姿を見て、「一緒に働きたい」なんて言ってくれる企業に就職できたら楽しく働けるのではないでしょうか。

まあ、冷静に考えると私は吉田ではないのですが

キミスカはどんな就活生におすすめ?

さて、実際に『キミスカ』を使ってみて、”よくいる就活生”ではなく、”ありのままの自分”で就活することができることがわかりましたね。

しかし、どんなサービスにも人によって向き不向きがあります。『キミスカ』の場合は、以下のような就活生におすすめだと感じました。

『キミスカ』はこんな就活生におすすめ
  • ”普通の就活”に嫌気が差した就活生
  • 就活マナーが苦手な就活生
  • スーツを着たくない就活生
  • 自分らしさを評価されたい就活生
  • バイトやゼミで時間がない就活生

『キミスカ』がありのままの自分で就活できるサービスだというのは感じられたかと思います。しかし、意外と魅力的だったのは「とにかく楽に就活できるというところです。

『キミスカ』では、プロフィールを登録したら、あとはもう勝手にスカウトが送られてきます。これはバイトやゼミで忙しい就活生の強い味方になると感じました。

どんな企業がキミスカを使ってるの?

『キミスカ』を使う企業は、近年急速に増えています。特に22卒『キミスカ』においては昨年の2倍以上の企業が使用しています。

企業名や数は基本的に公開されていませんが、トップページを見る限り『ニトリ』『SUZUKI』『湖池屋』などの大手もしっかり利用していることがわかりますね。

キミスカ企業一覧もしかしたら、プロフィールを登録するだけで人生が変わるような企業との出会いがあるかもしれません。みなさんも『キミスカ』を使ってみてはいかがでしょうか?

私は「吉田をスカウトした企業様方」に謝罪の連絡をしなければいけないので、この辺りで失礼します。

最後までご高覧いただきましてありがとうございました。