企業インタビュー

ご利用企業様の声「エクスコムグローバル株式会社」

1L8A9557-min

小宮さん(左):
新卒4年目。新卒で入社後、業務部ロジスティクスグループへ配属。1年10ヶ月勤務をしたのち人財開発グループへ異動。さわやかな笑顔と情熱に溢れている、社員も学生も頼れる存在。

飯田さん(右):
新卒3年目。新卒で入社後、業務部ロジスティクスグループへ配属。1年10ヶ月勤務をしたのち、新卒採用の拡大に伴いこれまで座談会等にも積極的に参加していたこともあり人事に抜擢。色々なことに挑戦することが好きで現在の会社を選んだ。人事の道も飯田さんにとって新しい挑戦になっている。

採用に対しての課題感や感じていたことはありますか?

19年卒まではナビサイトを中心に採用を行ってきました。しかし、年々集客が上手くいかなくなり限界を感じるようになりました。特に人という面で当社とのミスマッチが多くなりました。
光栄なことに当社の商品が若者を中心に認知されるようになり、知っている聞いたことのある会社だからという理由でエントリーしてくる学生が増えたように感じます。そのためエントリーの数は例年より増えましたがインターンからの選考へ進んでくれません。説明会などは参加人数に限りがありますので志望意欲の高い学生と会いたいという思いがありました。
その中で採用チャネルを増やすため、キミスカのような逆求人など、様々な採用手法を検討し始めました。

キミスカを導入してみてどうですか?

ナビサイトとは異なり、当社の大切にしている考え方とマッチしている学生にピンポイントでお会いし接点を持てることは良いと感じています。
「社風や社員の雰囲気が良かったから承諾しました」という理由だけでなく、「経営理念に共感」や「社会貢献をしたい」という軸を持った学生がおり、誰かの為に役に立ちたいと考えている学生と会うことができるようになったので当社の求める学生の層に近づいたと思います。

1L8A9486-min

スカウトする際に見ているポイントはどこですか?

過去の経験ややってきたことをしっかりと書かれている学生は魅力的だと思います。
どんなに小さなことでも良いです。これだけは誰にも負けない!といった気持ちや明るさを持っていて欲しいです。このような学生はとても素直だなと思います。自己PR等の文面にその人の志向性や性格が出ています。
あとは写真も見ますね。元気で明るそうなイメージだと、当社は営業もあるので活躍できそうだなと思います。逆に写真がないと、自信がないのかな?楽しくないのかな?という印象を抱いてしまいます。

御社に興味を持っていただくために工夫されていることはありますか?

当社のことを良く知ってもらいたいという思いからエントリーしてくれた学生については面談を行います。これは「人」を大切にするという当社の方針に基づいて行っています。
当社側で学生のこれまでの経験や考えを聞くことはもちろんですが、エントリーをしてきた学生に対して、まずは色々な話をできる環境を作ることが何よりも大切だと思います。最初のコミュニケーションはとても大事だと思っていて、最初で話しにくい人事だな、あまり打ち明けられそうにないなと感じてしまうと双方にとっていい気持ちにはならないですし、良い縁にはなりません。

実際に選考に進んだ学生はどのような印象ですか?

役員からのフィードバックとしてもキミスカ経由の学生は経営理念等への共感を得られていると感じているようです。言葉を通して直に伝わってくると聞いています。

1L8A9507-min

御社に入社承諾をしてもらうためにしていることはありますか?

基本的に当社に引き込むといった行為はしません。その学生が大切にしていることは何か、本当に当社が合っているのか等を学生自身に決めて欲しいと思っています。学生が自分の将来を決定するための材料を当社としては全力で協力して一緒に集めたいと思っています。
そのために電話やLINEを通してリアルタイムで就活の相談に乗ることで学生を本当に進みたい方向へ導きます。キャリアカウンセリングに近いですね。
ですが周りに対して何かをしたいという思いが強い学生には当社を選んで欲しいです。

キミスカをおすすめするならどんな企業ですか?

会社の軸や経営理念等を大切にしている企業は合っていると思います。会社としてどのようになりたいかという思いがぶれてしまうと難しいかもしれませんね。
または社員一人ひとりの信念や思いを大切にできる企業です。行動の幅が広かったり、自分の力を発揮できるような企業だと、キミスカにいる学生とマッチしやすいのではないでしょうか。

学生へメッセージをお願いします。

小宮さん:新卒の就職活動は一生に一度です。軸をぶらさず自分で企業を選ぶということを忘れないで欲しいと思います。これまでの行動や経験に一貫性があると思います。なぜその選択をしたのかしっかり振り返って自分の将来と向き合ってください。
飯田さん:とにかく妥協して欲しくありません。売り手市場ということもあり早期に内定を決める学生も増えています。大切なのはスピードではなく、自分が活躍できる場所と出会えることです。なので周りに惑わされないでください。そして自分がこうなりたいという思いを大切にして軸を曲げないでください。

会員登録