お役立ちコラム

『夢と兄を追うランナー』高崎経済大学川内鴻輝さんへインタビュー

「失われた20年」の間に生まれた世代の人たちの職業観はとにかく「安定」。
仕事にさえ就ければ職種は問わないという人も案外多いのが現状です。

そんな中、社会人ランナーという狭き門に挑戦するのが高崎経済大学 川内鴻輝さん。
彼の仕事とは一体どんなものなのでしょう?!

川内さんの口癖は「好きなように走りたい」

川内大学の友人やチームメイトが就職活動に精を出していた頃、川内さんは一人、黙々と走り続けていました。地方国公立大学の陸上部に所属する川内さんの周りに、スポーツで働きたいと考える人は全くいませんでした。

人と違うことをするのは勇気がいるように思われがちですが、2歳から陸上をはじめ、走ることが大好きだった川内さんにとって就職活動は夢を捨ててまでするものではなかったそうです。

「契約社員でも構わない」 「自分の可能性を捨てたくない」

そんな限界を感じるまで走りたいという彼の想いを受け止めたのは(株)モンテローザさんのマラソン部でした。「バイトランナーになる」という彼の言葉を新聞が取り上げたことがきっかけでした。

「走る」を応援してくれる職場だからこそ、仕事も頑張れる!

(株)モンテローザさんには現在3名のマラソン部員がおり、川内さんは今年の4月からその4人目として業務をこなしていきます。午前中は各々がマラソンの練習を行い、2時から6時までは本社で営業やイベントの企画、立案といった業務に就くのが日常です。スポーツ宴会獲得チームとして、各種マラソン大会後の参加者の宴会や打ち上げにおける集客やそれに関連する販促活動、営業を行うのも彼の仕事です。もちろん、大会等に出場し、記録を出すことも大きな仕事(課題)です。

元々人前に出ることや話が好きな川内さんにとって、営業やイベントの仕事ができ、「自由に走りたい」という要望にピッタリの練習環境がある(株)モンテローザさんは最高の就職先だとおっしゃっていました。

「いつかは兄貴を超える」のが目標

川内川内さんがマラソンを続ける背景には、マラソンを始めるきっかけをくれたお兄さんの存在があります。お兄さんと共に国内外様々な大会を巡った経験によって川内さんの人脈は大幅に広がりました。

「自分の実力では会えなかった人たちに会うことができた」「人との出会いは宝」であり、マラソンやそれに関わる多くの人たちと出会わせてくれたお兄さんに感謝していると同時に、いつかはお兄さんを超えたい、と川内さんは熱く語ってくれました。

感動を与える・社会に元気を与えるランナーになる

川内川内さんは自身のマラソンの記録を向上させるだけでなく、社会に貢献したいと考えています。「頑張れば見ていてくれる人もいるのだとわかったから」と語る彼の嬉しそうな表情は、夢を追いかけたい就活生に勇気を与えているように思えます。

川内さんのマラソンの目標は、2時間20分を切り、18分、15分・・・
そして目標は2時間10分を切っていくことです。

お兄さんを追い越すという大きな目標を持ちながらも「小さな目標を立てながら少しずつ頑張って行きたい」と言ってくれました。今後のマラソン大会では、(株)モンテローザさんのユニフォームを着た川内さんを見ることになるでしょう。

川内さんは「バイトランナー」から、企業の看板を背負う「マラソンランナー」になり、「なりたかった職業」をついに勝ち取ったのです。

マラソンを頑張りながら、スポーツと宴会をもっと若い人の選択肢として広めること、自身がマラソンで活躍することで(株)モンテローザさんを広めることが、まさに夢と兄を追うランナーのお仕事なのですね。

「マラソンを頑張って、お酒もできれば飲めるようになりたい」
こんなこともボソッとおっしゃっていました。

「選択をする」ということ・・・

就職活動では常に「何ができるか」を問われます。
また、「やりたいこと」と「できること」のギャップに苦しむ人は多いのではないでしょうか。同時にそこへ「やるべきこと」という項目が加わってくると、職業の選択は、容易にはいかないでしょう。

しかし、川内さんのように「やりたいこと」を一心に求め続けた結果、(株)モンテローザさんのような企業が手を差し伸べることもあります。

なにかを「選択する」ということは
なにかを「捨てる」ということでもあるのです。

だからこそ、他者の生業について知り、自らの選択肢を増やし、強い意志と自信のもとに
「選択」をしていきたいですね。同時にそんな「選択」を応援してくれる(株)モンテローザさんのような企業がもっともっと増えていって欲しいものです。

川内鴻輝さんプロフィール

川内株式会社モンテローザの「スポーツ宴会獲得チーム」所属として内定。ランナー(マラソン大会)に限らずスポーツイベント後の宴会獲得を目指し、広報部隊として2015年4月より活動を開始。

大学名 高崎経済大学
名前 川内鴻輝(かわうちこうき)
生年月日 1992年9月8日生まれ
身長 / 体重 180cm / 56kg
経歴 花咲徳栄高校-高崎経済大学
主な実績 ・全国高等学校駅伝競走大会埼玉県予選会 準優勝(2010年)
・ディリ国際ハーフマラソン 優勝(2012年)
・田沢湖マラソン 優勝(2012年)
・グアムインターナショナルマラソン 優勝(2014年)
マラソンベストタイム 別府大分毎日マラソン 2時間21分48秒(2014年)
2015年4月からの所属 株式会社モンテローザ

川内鴻輝さんの活動

株式会社モンテローザ スポーツ宴会獲得チーム
川内選手「ランナー応援プロジェクト」の運営・販促・認知度向上
ランナー応援プロジェクトマラソン部のメンバーの経験を最大限に活かし、記録向上のための練習方法や大会に向けた調整法などのお役立ち情報を配信。そのほか、「走った」あとに「飲みたい」というランナーの皆さまの声に応えるため、マラソン会場の近くにある当社居酒屋店舖の日中営業の情報も配信。今後はマラソンに限らず、スポーツ全般で活動を実施予定。
モンテローザロゴ
株式会社モンテローザ
1983年5月設立。2015年3月全32業態・2,121店舗運営中

Webサイト:http://www.monteroza.co.jp/marathon/
Facebook:https://www.facebook.com/monteroza.marathon

会員登録