志望度を下げない面接を行うには?

 

面接官の主な仕事は「見抜く」ことだと思われがち。

面接官と聞いて、一般的に必要だと思われるスキルは、応募者の能力や 価値観等から合否を判定する、いわゆる「見抜く」スキルだと考えられがちです。
しかし、人材不足に陥った今の採用市場では、「口説く」力が要求されます。特に「オンライン面接」が一般化した 今の新卒採用市場では、コミュニケーションの難易度が上がるため、「口説く」スキルを意識的につけていく必要があります。

では、学生の志望度を落とさずに「口説く」面接を行うには何を行えばいいのでしょうか?

本資料では、弊社の新卒採用サービス「キミスカ」で行ったアンケート調査結果から見えた、 志望度を落とさずに面接を行うには何が必要とされているのかについてお伝えいたします。

欲しい学生の志望度を上げたい。 「口説く」スキルを身に着けるためには、何をすればいいのか? などに関心をお持ちの方はぜひご覧ください。

 

目次

  • 面接官に必要とされるスキルとは?
  • 「口説く」力が要求されている理由
  • 魅力的な面接官を育てる方法