エントリーシートとは?基本から解説!【押さえるべき5つのポイント】

就活において、「エントリーシート」というワードはよく耳にしますよね。エントリーシートとは一体何なのか?を理解することは、企業の選考を通過する上でとても重要です。
この記事ではそんなエントリーシートについて、基本情報からエントリーシートを書く際に気を付けたいポイントまで紹介していきます。

エントリーシートって何?履歴書との違いは?

就活においてエントリーシートとは、学生が企業に提出し書類選考で用いられる応募書類のことです。「履歴書」との違いとして、「履歴書」は基本的に二本では共通のフォーマットです。しかし、エントリーシートについては企業毎に独自のものが作成されていて、より企業にあった人材化を判断できるような資料になっています。
就活で応募や選考の際には、「エントリーシート」の他に「履歴書」「成績証明書」など数種類の書類を提出する必要があります。
中でも、よく履歴書とエントリーシートは混同されてしまいがちです。項目ごとに企業が求めている点は違うのでそこをしっかりと押さえておきましょう。履歴書とエントリーシートの違いは下で紹介しています。

では一体いつから準備を始めればいいのでしょうか?

エントリーシートの提出時期

2019年度卒の就活では、2018年3月にエントリーが開始されました。提出期限は企業によって異なりますが、大学4年生の4~5月が目安です。
エントリーシートは一朝一夕で書けるものではありません。エントリーシートを書くまでの準備が重要で時間がかかるものだからです。上で、エントリーシートを書くためにはまずあなた自身が自分の「人柄」「個性」をしっかりと理解していることが必要不可欠だと説明しましたが、この自己分析にとても時間がかかります。
特に大学3年生の3月は、企業説明会などの情報が解禁されるタイミングです。それに伴ってやるべきことが増え非常に忙しくなります。そのため、より早い対策が必要です。
偽らない就活

エントリーシートと履歴書の違いとは

エントリーシートと履歴書は、目的とその先・入手方法・設問内容が全く異なります!

エントリーシートを見る人事の目的

エントリーシートは先述のように企業毎に異なる独自のフォーマットで用意されています。この目的は、企業が「あなたが誰か」という学生の人柄・個性を知ることです。学生からしたら、エントリーシート自分をアピールする絶好の場です!そのため自分を最大限効果的にアピールできるエントリーシートを作成するには、まずあなた自身が自分の「人柄」「個性」をしっかりと理解していることが必要不可欠なのです。
一方で履歴書はどこの会社に対しても同じフォーマットのものを提出することになるので、個性や人柄と言うよりは、データとして重要なものになります。履歴書に記載した

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先
  • 学歴
  • など、従業員データとして使われるようなものになります。履歴書は公的書類のため、虚偽の記載に対しては私文書偽造などによって不採用や解雇の要因になることもあります。
    アピールを目的としているものがエントリーシート、自分のステータスや情報を渡すものが履歴書という認識でいるといいでしょう。

    エントリーシートの入手方法

    履歴書は市販で購入できるものが多いですが、エントリーシートは企業がそれぞれで配布しています。またエントリーシートは、その配布方法も企業によって様々で、ウェブサイトからダウンロードすることもあれば、説明会などで手渡しされる場合があります。手渡しされる場合は代えが効かないので、予めコピーをとっておきましょう。

    エントリーシートの設問内容

    エントリーシートは企業が独自に配布しているものなので、そこに記載されている設問も様々です。逆に履歴書は、ほとんど内容が同じです。

    エントリーシートと履歴書の違いは理解できたでしょうか?このように、エントリーシートは企業によって入手方法や設問内容・提出期限が異なるので、自分が志望する企業のこれらの情報はしっかりとリサーチしておきましょう!

    エントリーシートの基本項目とその意図とは

    企業によって設問内容は異なると説明しましたが、その中にも「よく聞かれる項目」があります!今回はその基本項目とそれを企業が問う意図を知って、雰囲気を理解しましょう。

    志望動機とは

    エントリーシートにて、志望動機はよく問われます。必ずといっていいほど問われます。志望動機ではその企業に入社して働きたい理由を記述します。
    企業はその志望動機で、学生の興味と入社目的を見ているのです。業界・企業分析などを行い、他社ではなく当社を志望する理由を明確にするのがポイントです。

    自己PRとは

    自己PRも志望動機と同じようによく問われる項目です。自己PRでは自分のことを企業に効果的に売り込む内容を記述する必要があります。
    自己PRとは就活において企業に対しての採用を求める者が、自己の良い所をアピールするということであり、エントリーシートの中でも企業に自分を売り込む絶好な場です。企業はミスマッチを避けるために、「あなたが誰か(人柄・能力)」と、「入社後に活躍できる人材か」どうかを見ています。

    学生時代に頑張ったこととは

    この項目では、学生時代に頑張ったことを記述します。内容や実績にこだわる必要はあまりありません。何を頑張ったかではなく「どう頑張ったか」に焦点を当てて書くのがポイントです。
    なぜ企業がこれを問うかというと、あなたの人柄を把握し、物事に対しどういう取り組み方をするかを知りたいからです。どのような課題感の中で計画してアクションを起こし、結果どうなったのかを知ることによって仕事への姿勢を見ています。

    就活の軸とは

    就活の軸とは、働く上でココは譲れない!という条件のことです。自分が働く上で大切にしたい価値観などもこれに当てはまります。
    企業はによって社風や理念は異なりますよね。学生が大切にしている価値観や就活の軸を知らないままに採用してしまうと、入社後にミスマッチが起こりやすいため予め把握しておくのです。

    エントリーシートで気を付けたいポイント5つとは

    さてここまで基本項目を紹介しましたが、ここでは実際にエントリーシートを書く際に気を付けておきたいポイントを紹介します!

    気を付けたいポイント①消せるボールペンはNG

    企業に提出する応募書類に、シャーペンや鉛筆の使用はできません。公的文書は、後々の文書改ざんなどを防ぐために、ボールペンや万年筆が使用されます。
    消せるボールペンは、ペンではありますが、摩擦の熱で消えてしまいます。企業に見られる際にエントリーシートが何かの摩擦で滲んでいたりすると、マイナス評価に繋がってしまう恐れがあるので使用は控えましょう。

    気を付けたいポイント②ミスは避ける

    ミスをした際に修正ペンを使ってしまうと、オフィシャルな文書においては非常識と捉えられてしまいます。書き直すことができる場合は、修正ペンを使用するより書き直したほうが印象は良いです。ミスを避けるために、鉛筆やシャーペンで薄く下書きをしてから記述するのをお勧めします。

    気を付けたいポイント③読みやすく

    丁寧な字で書く・空欄を作らない・誤字脱字は絶対にしないなど、面接官の立場になって読みやすいようなエントリーシートを心がけましょう。特に手書きのエントリーシートからはその人の熱意や性格が読み取りやすいため、読みにくいエントリーシートは良い印象を受けません。

    気を付けたいポイント④提出期限を守る

    提出期限を守るというのは当然であり、社会人とし最低限のマナーです。期日は必ず守りましょう。企業によって提出期間が異なるので、しっかりと期日内に提出するためにもリサーチは必要不可欠です。

    気を付けたいポイント⑤ありのままを書く

    エントリーシートははありのままの自分で勝負しましょう。自己分析をした結果、見えてきた自分に自信を持ちましょう。
    書類選考が通過したら、面接があります。自己PRのエピソードなどで本当の自分を偽って書いてしまうと、その内容を面接で深堀されるため人事は偽りを見抜く可能性が高いので注意!

    エントリーシートを書く前に

    エントリーシートがどういったものか理解できたでしょうか??理解できたら実際に書く、という流れになると思うがその前に確認!自己分析は十分できていますか??
    選考を通過するエントリーシートを書くためには、十分な自己分析が必要です。
    自分はどういう人生を送りたくて、どんな風になりたいか、自分の中で大切にしている価値観や強みは何かを理解したら自ずと進む道が見えてくるはずです。
    エントリーシートを書く前に自己分析を深く行い、悔いのない就活を送りましょう!
    この記事では、そんな自己分析について目的や意義からやり方まで徹底解説してますので、ぜひ読んでみてください。
    自己分析って必要?誰も教えてくれない本当の自己分析【逆算型】
    自己分析って必要?誰も教えてくれない本当の自己分析【逆算型】

    エントリーシートを理解したきみにおすすめのサービス

    自己分析が理解できたらエントリーシートも書けるようになります。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ』
    偽らない就活
    キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。
    先述した、自己分析に役立つ適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!
    キミスカで偽らない就活をはじめる

    「エントリーシートとは」についてまとめ

    エントリーシートで、企業はあなたの人柄・個性をみています。企業によって形式や設問、提出期限がバラバラなので事前に確認が必要です。また、自己分析をしっかりと行ってからエントリーシートを書きましょう!